信仰ガイド

33 件の記事

十四万四千人の勝利者とは誰か

終わりの日に十四万四千人の勝利者が起り、その勝利者が大いなる災の時に神の守りを受けるという黙示録の預言については、聖書に親しんでいる人なら誰もが知っています。黙示録14:1は「なお、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っていた。また、十四万四千の人々が小羊と共におり、その額に小羊の名とその…

真の教会とは──どうすればヒラデルヒヤ教会が見つかるのか

世界は今や混乱状態にあり、あらゆる類の災害が人類を襲っています。そして多くの人々が、「主はもう再来されたのだろうか? もしもう再来されたのなら、なぜ私たちは大災害の前に携挙されないんだろう?」と悩んでいます。また、牧師や長老たちがいつも昔ながらの説教をしていたり、信者たちは信仰が冷めて世俗的な流行を…

災いが頻繁に起こり、神の心意とは何か

人々を恐怖に陥れる「新型コロナウイルス」は、中国の武漢で発生し、世界中に広がりました。世界中で大勢の人々が犠牲になり、さらに多くの人々がパニック状態に陥り、大きな災いが迫っていることを予感しています。このパンデミックがどれくらい続くのか、どれくらいの命を奪うのか、誰にもわかりません。しかし、神を信じ…

説教「わたしと父とは一つである」(ヨハネによる福音書 10:30)

主イエスは言いました。「わたしと父とは一つである。」(ヨハネによる福音書 10:30)「ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。わたしが父におり、父がわたしにおられることをあ…

聖書のヨハネの黙示録の主イエスの再臨の六つの預言は既に実現された

年前、主イエスは「見よ、わたしはすぐに来る」(ヨハネの黙示録 22:12)と約束されました。今、主の再臨の兆候がありとあらゆる形で表れており、主の日が近づいていることを多くの兄弟姉妹が予感しています。主はすでに再臨されたのでしょうか?主を迎えるために私たちができることは何でしょうか?ここでは、聖書に…

聖書解説:真のキリストと偽キリストの見分け方

今、あらゆる種類の災害が発生し、主の到来に関する聖書の預言の大部分が実現しています。多くの兄弟姉妹は、心の中で主はすでに再来したのではないかと感じ、皆が主を探していますが、聖書のこの節を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『…

マタイの福音書25章の说教:どのように賢い乙女になって主を迎えるか

主イエスは言われた。「また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである」(マタ…

どのように悔い改めれば、救われ天国に入れるのか。

年、新型コロナウイルスCOVID-19が世界中に広がり、全世界をパニックに陥れました。また、アフリカで大発生したバッタのニュースも衝撃的でした。こうした疫病や飢餓という災害の発生により、主を信じる人々の中には、主の到来の日が近づいており、神の国はまもなく到来すると感じる人が増えています。主イエスはか…

世界は大災難に見舞われている──私たちは大患難の前に引き上げられるのか

今日、世界各地で大災害がますます激化しつつあります。ニュースは飢饉や地震、洪水、旱魃の記事であふれています。あなたは、主の再臨の預言は成就されたのになぜ私たちは主に迎えられていないのだろう、と心の中で考えたことはありますか?このようなことが続くなら大艱難が到来したとき、私たちも大災害に陥ることになら…

聖書黙示録終末の預言は成就された──主の再臨をどうお迎えすればよいか

年前、主の弟子たちはイエスに尋ねました。 「あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか」(マタイによる福音書 24:3) 主イエスは答えられました。 「また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。…

他人との付き合い方の三原則

日常生活における人間関係の複雑さは、悩みの種になることが多く、他人とどのように付き合うかは私たち一人一人にとって大きな課題になっています。クリスチャンとして、私たちはどうすれば兄弟姉妹と仲良く付き合うことができるでしょうか。読み進めましょう…

三位一体の謎、明かされる

1997年、私は幸運にも主イエスの福音を受け入れました。洗礼を受けたとき、牧師は三位一体の神、すなわち父、子、聖霊の名において祈り、授洗しました。以来、私は祈るとき、いつも慈愛ある天の父、救い主イエス、聖霊である三位一体の御名において祈りを捧げました。

私たちの罪が赦された今、私たちは天国に入れるのか?

今日、集会の後、ある兄弟が心配そうな顔で私の所にやってきた。彼は「神は人々に聖なる人となることを求められますが、私は無意識のうちに罪を犯してしまいます。いつもこのように罪を犯しながら生きていたら、私は主が来られる時に天国に入れるのでしょうか?」と言った。

東方閃電が真の道であるなら、なぜ抑圧されるのか

陽(ヤン)光(グアン)は全能神の御言葉から多くの真理を理解し、その渇いた心と霊は潤されました。しかし彼女にはどうしても取り除けない混乱があります。それは、東方閃電が真の道であるなら、なぜ抑圧されるのか、ということです。