神の受肉 神の三段階の働き 終わりの日の裁き 神の御名について 恵みの時代と神の国の時代 救いと完全な救い 永遠のいのちの道 神の働きと人の働き 聖書と神 神の声を知る 真の道は常に迫害されてきた 引き上げられることの本当の意味 キリストを知る 神は中国に降臨された 教会と宗教 パリサイ人の見分け方 三位一体の解釈 真理と教義 神の御心に従う 神を知る
  • 福音に関する20種類の真理
    • 神の受肉
    • 神の三段階の働き
    • 終わりの日の裁き
    • 神の御名について
    • 恵みの時代と神の国の時代
    • 救いと完全な救い
    • 永遠のいのちの道
    • 神の働きと人の働き
    • 聖書と神
    • 神の声を知る
    • 真の道は常に迫害されてきた
    • 引き上げられることの本当の意味
    • キリストを知る
    • 神は中国に降臨された
    • 教会と宗教
    • パリサイ人の見分け方
    • 三位一体の解釈
    • 真理と教義
    • 神の御心に従う
    • 神を知る
終わりの日の神の裁きの働きについての真理

神は恵みの時代に人類を贖ったのに、なぜ終わりの日に神はまだ裁きの働きを行う必要があるのか

イエスがその働きを行なっていたとき、イエスに関する人の認識は依然として漠然として不明瞭だった。人は昔からイエスをダビデの子と信じ、偉大な預言者で人の罪を贖う情け深い主であると宣言した。信仰によって、イエスの衣の端を触っただけで癒された人々もいれば、盲人たちが見えるようになり、死人さえ生き返った。

ヨハネの黙示録で預言されたように、終わりの日の神の裁きの働きは大きな白い玉座の裁きである

過去に語られた神の家から始まる「裁き」において、その言葉における「裁き」は、終わりの日に神の玉座の前に来る人々に神が今日下す裁きのことを指す。終わりの日が来ると、神は天に大きな卓を据え、その上には白い布が広げられ、すべての人が地にひざまずいているところに神が大きな玉座につき、一人ひとりの人間の罪を明らかにし、それにより人々が天国に昇るか火と硫黄の湖に落とされるかを決める、というような超自然的な想像の表象を信じている人もおそらくいるであろう。

終わりの日の神の裁きの働きは、どのように人類を清め救うのか

参考聖書箇所 「たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその人をさばかない。わたしがきたのは、この世をさばくためではなく、この世を救うためである。わたしを捨てて、わたしの言葉を受けいれない人には、その人をさばくものがある。わたしの語ったその言葉が、終りの日にその人をさばく…

終わりの日の神の裁きの意義は、達成される成果に見ることができる

神は裁きと刑罰の働きを行うが、それは人が神についての認識を得られるようにであり、また神の証しのためである。人の堕落した性質を神が裁くことなしには、犯すことを許さない神の義なる性質を人は知ることはできず、神についての古い認識を新しいものに変えることもできない。