神の受肉 終わりの日の裁き 神の三段階の働き 神の御名について 恵みの時代と神の国の時代 救いと完全な救い 永遠のいのちの道 神の働きと人の働き 神を知る キリストを知る 聖書と神 神の声を知る 引き上げられることの本当の意味 神は中国に降臨された 教会と宗教 パリサイ人の見分け方 真の道は常に迫害されてきた 三位一体の解釈 真理と教義 神の御心に従う
  • 福音に関する20種類の真理
    • 神の受肉
    • 終わりの日の裁き
    • 神の三段階の働き
    • 神の御名について
    • 恵みの時代と神の国の時代
    • 救いと完全な救い
    • 永遠のいのちの道
    • 神の働きと人の働き
    • 神を知る
    • キリストを知る
    • 聖書と神
    • 神の声を知る
    • 引き上げられることの本当の意味
    • 神は中国に降臨された
    • 教会と宗教
    • パリサイ人の見分け方
    • 真の道は常に迫害されてきた
    • 三位一体の解釈
    • 真理と教義
    • 神の御心に従う
神の受肉に関する真理

受肉およびその本質とは何か

参考聖書箇所: 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」(ヨハネによる福音書 1:1) 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた」(ヨハネによる福音書 1:14) 「イエス…

受肉した神の働きと霊の働きの違い

参考聖書箇所: 「モーセは言った、『どうぞ、あなたの栄光をわたしにお示しください』。ヤーウェは言われた、『わたしはわたしのもろもろの善をあなたの前に通らせ、主の名をあなたの前にのべるであろう。わたしは恵もうとする者を恵み、あわれもうとする者をあわれむ』。また言われた、『しかし、あなたはわたしの顔を…

神が終わりの日における裁きの働きをするのに人を使わず、肉となって自ら行うのはなぜか

関連する神の言葉: 裁きの働きは神自身の働きであり、そのため当然ながら神が自ら行わなければならない。それは神の代わりに人が行うことはできない。裁きとは真理を用いて人類を征服することなので、この働きを人のあいだで行うために神が受肉した姿で再び現れることは疑いもないことである。つまり、終わりの日におい…

受肉した神と神に使われる人との本質的な違い

関連する神の言葉: 受肉した神をキリストと呼ぶ。キリストは神の霊が肉をまとった姿である。この肉はいかなる肉ある人間とも異なる。キリストは肉と血でできているのではなく、神の霊が受肉したものだからである。キリストは普通の人間性と完全なる神性の両方を持っている。キリストの神性はいかなる人も持っていないも…

堕落した人類には受肉した神の救いがさらに必要だと言われるのはなぜか

関連する神の言葉: 神による人の救いは、霊の手段や身分を直接用いて行なわれるのではない。と言うのも、神の霊は人が触れることも見ることもできないものであり、人が近づくこともできないからである。もしも神が霊のやり方で直接人を救おうとするなら、人は神の救いを受け取ることができないだろう。そして、もしも神…

神の二度の受肉が受肉の意義を完全にすると言われるのはなぜか

参考聖書箇所: 「キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、救を与えられるのである」(ヘブル人への手紙 9:28) 関連する神の言葉: 最初の受肉は人を罪から贖うもの、つまりイエスの肉体によって…

キリストが真理、道、いのちであることを認識するには

参考聖書箇所: 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった」(ヨハネによる福音書 1:1-2) 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。...めぐみとまこととに満ちていた」(ヨハネによる福音書 1:14) 「イエスは彼に言われた、『わたしは道で…

終わりの日、サタンが支配する暗い時代を神はいかにして終わらせるのか

関連する神の言葉: 民がみな完全にされ、地上のすべての国がキリストの国となるとき、それは七つの雷鳴が轟くときである。現在はその段階へと大きく前進するときであり、その日に向かってすでに進撃している。これが神の計画であり、近い将来実現する。しかし、神は自身が語ったすべてのことをすでに達成している。した…

神を認識できるようになるには、終わりの日における神の裁きの働きを経験する必要があるのはなぜか

関連する神の言葉: 終わりの日には、キリストはさまざまな真理を用いて人間を教え、人間の本質を明らかにし、人間の言動を解剖する。そのような言葉は、人の本分や、人はいかに神に従うべきか、人はいかに神に忠実であるべきか、いかに正常な人間性を生きるべきかや、また神の知恵と性質など、さまざまな真理を含んでい…