神の受肉 神の三段階の働き 終わりの日の裁き 神の御名について 恵みの時代と神の国の時代 救いと完全な救い 永遠のいのちの道 神の働きと人の働き 聖書と神 神の声を知る 真の道は常に迫害されてきた 引き上げられることの本当の意味 キリストを知る 神は中国に降臨された 教会と宗教 パリサイ人の見分け方 三位一体の解釈 真理と教義 神の御心に従う 神を知る
  • 福音に関する20種類の真理
    • 神の受肉
    • 神の三段階の働き
    • 終わりの日の裁き
    • 神の御名について
    • 恵みの時代と神の国の時代
    • 救いと完全な救い
    • 永遠のいのちの道
    • 神の働きと人の働き
    • 聖書と神
    • 神の声を知る
    • 真の道は常に迫害されてきた
    • 引き上げられることの本当の意味
    • キリストを知る
    • 神は中国に降臨された
    • 教会と宗教
    • パリサイ人の見分け方
    • 三位一体の解釈
    • 真理と教義
    • 神の御心に従う
    • 神を知る
神による救いの働きの三段階に関する真理

人類に対する神の経営(救い)の働きの三段階の目的

.人類に対する神の経営(救い)の働きの三段階の目的 関連する神の言葉 わたしの全経営(救いの)計画、六千年にわたる経営(救いの)計画は三段階、あるいは三時代から成る。それは始まりの律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして終わりの日の神の国の時代である。これら三時代におけるわたしの働き…

神の働きの三段階のそれぞれの目的と意義

終わりの日の働きは言葉を語ることである。大きな変化が言葉を通して人にもたらされる。言葉を受け入れた人たちにもたらされた変化は、恵みの時代にしるしや不思議を受け入れた人たちにもたらされた変化よりもはるかに大きい。

神の働きの三段階の相互関係。

ヤーウェの働きからイエスの働きまで、イエスの働きからこの現在の段階の働きまで、これら三段階は神の経営の全幅を覆うもので、そしてすべてひとつの霊による働きである。神が世界を創造した時から、神は常に人類を経営して来た。神は初めであり終わりであり、最初であり最後であり、時代を始められる存在で、また時代を終わらせられる存在である。

人々が救われ完全にされるように、神の働きの三段階はどのように次第に深化するのか

神の経営全体は、三段階に分割され、各段階において、人間に対して適切な要求が為される。さらに、様々な時代が経過し進行してゆくにつれ、全人類に対する神の要求はより高くなる。このようにして、この神の経営の働きは、人間が「言葉は肉として現れる」という事実を目の当たりにするまで、段階ごとに進んで絶頂に達する。

なぜ神は人類を救うための働きを行われるのか

代表的な神の言葉 はじめ、神は安息の中にいた。その時、地上には人類も他の何物もなかったし、神は何も働きをしなかった。人類が存在するようになり、さらに人類が堕落してしまった後、神ははじめて経営(救い)の働きに取りかかった。その時から神はもう安息せず、人類の間で忙しく働き始めた。人類が堕落したため神は安…