キリスト教と全能神教会の違いは何か

2017年11月13日

キリスト教と全能神教会は同じ神を信じている。宗教の歴史を理解している人々は、イスラエルのユダヤ教はヤーウェ神が律法の時代に行なった働きから生まれたことを知っている。キリスト教、カトリック教、東方正教はすべて肉となった主イエスが贖いの働きを行なった後に現れた教会であった。それと同様に全能神教会は、神が裁きの働きを行なうために終わりの日に肉となった時に出現した。恵みの時代のクリスチャンは旧約聖書と新約聖書を読み、神の国の時代の全能神教会のクリスチャンは今日、終わりの日に神が直接語った『言葉は肉において現れる』を読む。キリスト教は恵みの時代に主イエスが行なった贖いの働きに従い、全能神教会は戻ってきた主イエス、つまり全能神の終わりの日の裁きの働きを受け入れる。キリスト教と全能神教会の違いは、キリスト教が律法の時代と恵みの時代に神が行なった働きに従い、一方全能神教会は終わりの日に神が実行した神の家から始まる裁きの働きに従うことである。キリスト教と全能神教会の違いは、キリスト教とユダヤ教の違いに似ている。すなわち、恵みの時代に主イエスは旧約聖書の律法の時代の働きを基礎にして人類を贖う働きを実行した。しかし、ユダヤ教の祭司長、律法学者、パリサイ人は主イエスが肉となったヤーウェであること、イエスが彼らが待っていたメシアであることを認めなかった。彼らは頑固にヤーウェ神が制定した旧約聖書の律法と戒めに固執した。彼らはまた人類を救った慈悲深い主イエスを十字架につけ、したがって神の性質を犯した。そこで神は旧約聖書の律法に固執するユダヤ教全体を見捨て、救いを異邦人に向けた。異邦人は主イエスを受け入れ、従った後、新約聖書の教会を形成した。それらもキリスト教と呼ばれた。一方、ユダヤ人は旧約聖書の律法の時代のヤーウェ神の働きにだけ固執し、主イエスの贖いの働きを拒絶し、いわゆるユダヤ教を形成した。同様に、恵みの時代の主イエスの贖いの働きを基礎にして、全能神は神の国の時代に真理を表し、神の家から始まる裁きの働きを行なってきた。真理を愛し、主の出現を切望するすべてのキリスト教の教派の多くが全能神の言葉を読み、それらが神の声であることを認識した。全能神が主イエスの再来だと確信した彼らは、全能神を受け入れた。そうして全能神教会が誕生したのだ。このことからキリスト教と全能神教会は同じ神、すなわち天と地とあらゆるものを創造した主を信じていることがわかる。人々が固守する神の名前と働きが違うだけのことである。全能神教会は神の国の時代の神の新しい名前に従い、終わりの日に神が実行する新しい働きを受け入れる。一方キリスト教は恵みの時代の神の名を固守し、それまでの時代に神が行なった古い働きを受け入れる。これがキリスト教と全能神教会のもっとも重要な違いである。しかし、両者が信じる神は同じであり、天と地とあらゆるものを創造した唯一の真の神である。この事実は誰もゆがめたり否定したりすることはできない。

キリスト教徒の多くは天国に入るには主イエスの贖いの働きを受け入れることだけが必要で、終わりの日の全能神の裁きの働きも受け入れる必要ないと信じている。このような考えは完全に間違っている。恵みの時代に主イエスは贖いの働きを行なった。人々は信仰によって救われ、律法によって罪に定められたり、処刑されたりすることはもはやなくなった。しかし、主イエスは人の罪を赦すだけで、人の罪深い本性を赦したり、解消したりはしなかった。人々の中のサタン的な性質、すなわち傲慢とうぬぼれ、わがままと強欲、歪んだ心とずる賢さ、神に対する反抗と反対はまだ残っていた。人々はまだ神によって完全には清められていないし、救われても得られてもいなかった。そのため主イエスは何回も自分は戻って来なければならないと言った。聖書の多くの箇所で、神は戻ってきて、裁きを実行し、天国に聖徒を引き上げると預言されている。肉となった終わりの日の全能神は人類の清めと救いのためにすべての真理を述べ、主イエスの贖いの働きを基礎にして神の家から始まる裁きの新しい働きを実行した。それは人類の罪深い本性を解消し、人類を罪の束縛と拘束から完全に解放し、本当の人間らしさで生き抜き、神に得られるようにし、神が人類のために用意した美しい終着点に到達できるようにするためである。主イエスが実行した贖いの働きは終わりの日の神の救いの働きの基礎であり、一方終わりの日の裁きの働きは神の救いの働きの核であり、中心であると言える。これは人類の救いにとってもっとも決定的で重要な働きの段階である。終わりの日の全能神の裁きの働きを受け入れる人々だけが救われ、天国に入り、神の前で引き上げられる人になる機会をもつだろう。今日、宗教界のさまざまな教派・分派には全能神は終わりの日の主イエスの再臨であることがわかった人々がいて、彼らは全能神を受け入れ、従い始めている。一部の未信者も全能神が述べた真理によって全能神を受け入れている。全能神を受け入れているこれらの人々が全能神教会を形づくっている。終わりの日のキリスト、全能神の導きと牧養のもとに、全能神教会のクリスチャンたちは全能神の言葉を経験し、実践することを通して次第に多くの真理を理解するようになり、人類の堕落の根源と本質をはっきりと目にした。神の言葉の裁きと刑罰のもとに、人々は神の義と犯すことのできない性質を本当に実際に味わった。彼らは神を知っているので、次第に神を畏れ、悪を遠ざけ、神の言葉に従って生きるようになった。真理を理解するにつれて、神についての人々の認識は次第に深まり、神への服従心はますます大きくなり、ますます多くの真理を実践するようになった。気づかないうちに、これらの人々は完全に罪から解放され、聖性を達成することだろう。その間、全能神の新しい働きを受け入れないクリスチャンたちは相変わらずキリスト教を信じている。彼らは主イエスの名前を固守し、聖書の教えに従い、神によって随分以前に暗闇に投げ込まれており、神の配慮と加護を失っている。これは認知されている事実である。人々が悔い改めないことを主張し、終わりの日に戻ってきた主イエス、全能神を盲目的に罪に定め、抵抗し、終わりの日の全能神の裁きの働きを受け入れることを拒むのであれば、最後には、全員神の働きによって淘汰されてしまうだろう。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能神教会は受肉した神を信じると言われるのはなぜか

キリスト教の世界二大教派であるプロテスタントとカトリックは、いずれも主イエスを信じ、主イエスが受肉した神であると認めています。主イエスは外見上はごく一般的な普通の人の子に見えましたが、神性の本質を備えていました。真理を表して人に悔い改めの道を授け、人類のために十字架にかけられ、贖…

全能神教会の基本的信条

(1)全能神教会の教義 キリスト教の教義は聖書が起源であり、全能神教会の教義は創造の時以来、律法の時代、恵みの時代、神の国の時代に神が表したすべての真理が起源である。すなわち、新・旧約聖書、そして終わりの日の戻ってきた主イエス、全能神が表した『言葉は肉において現れる』という神の国…

なぜ神は神の国の時代に全能神という名前を選ぶのか

全能神とは終わりの日の主イエスの再臨なのだから、裁きの働きをするために終わりの日にやって来る主イエスは全能神と呼ばれると言われても、多くの人々にはその理由がわからない。なぜ主イエスと呼ばれ続けないのだろうか。実際、神は新たな働きの段階を始めるごとに新しい名前を使う。この新しい名前…

全能神の教会はどのように出現したか

キリスト教の教会同様、全能神教会は肉となった神の働きによって出現した。キリスト教の教会は肉となった主イエスの出現と働きによって出現し、全能神教会は肉となった終わりの日の全能神の出現と働きによって出現した。したがって、世の初めから代々にわたっての教会は肉となった神の出現と働きによっ…