全能神の教会はどのように出現したか

2017年11月13日

キリスト教の教会同様、全能神教会は肉となった神の働きによって出現した。キリスト教の教会は肉となった主イエスの出現と働きによって出現し、全能神教会は肉となった終わりの日の全能神の出現と働きによって出現した。したがって、世の初めから代々にわたっての教会は肉となった神の出現と働きによって作り出された。神は働きを行うために肉になるたび、多くの真理を表し、多くの人々が神が表すこれらの真理によって、神を受け入れ、神に従い、その結果、教会を造った。このことから、教会は神の働きを受け入れ、従う人々により形づくられることがわかる。神の選民によるこれらの集まりが教会と呼ばれる。キリスト教の教会は二千年前、肉となった主イエスの出現と働きによって作り出された。主イエスは次のように説教した。「悔い改めよ、天国は近づいた(マタイによる福音書 4:17)。そして主イエスは贖いの働きを行い、恵みの時代の人々が実行し入るべき真理を表した。そこで多くの人々は主を信じ、主に従うようになり、こうして当時の教会が出現した。その後、主イエスの福音はあらゆる国、あらゆる地域に広まって、ついに終わりの日までには地球の果てまで広まり、その結果、キリスト教の教会はあらゆる国に出現した。これらは恵みの時代の教会であった。終わりの日の最終段階で、中国本土に受肉した全能神が現れ、働きを行う。恵みの時代の主イエスの贖いの働きを基礎にして、全能神は聖書に「さばきが神の家から始められる(ペテロの第一の手紙 4:17)と預言されている働きを実行する。すべての人類に対して全能神は六千年に及ぶ神の経営(救いの)計画の奥義をすべて明らかにし、人類の清めと救いのためにすべての真理を表す。終わりの日の全能神の出現と働きによって、宗教界のあらゆる教派や分派の多くの人々、長年にわたり主を信じてきた人々はついに神の声を聞き、主イエスがやって来て、終わりの日の裁きの働きを実行したことを目にした。彼らは全能神が主イエスの再臨であることを確証し、それによって終わりの日の全能神の働きを受け入れた。中国本土では、少なくとも数百万の人々が全能神を受け入れ、今や従っている。したがって、全能神教会は完全に全能神の出現と働きの結果である。教会は全能神が直接設立したもので、人が建てたものではない。全能神教会のクリスチャンは全員が全能神は主イエスの再臨であり、終わりの日のキリストであり、神の出現であることを認めている。全能神教会のクリスチャンたちは、全能神の名において祈る。彼らの読むもの、聞くこと、そして交わるものは全能神の言葉であり、彼らが固守するものはすべて全能神が表した真理である。これらの真理は、終わりの日に神がもたらす永遠のいのちへの道である。終わりの日の肉となった神は、その働きの中で、神が使う人を直接指名し、その人が神の働きに協力するようにと、その人に対して証を立てた。ちょうど主イエスが働いた時に、十二使徒を直接選び、指名したようにである。しかし、神に使われるこれらの人々は神の働きに協力するだけで、神の代わりに働くことはできない。教会は彼らによって設立されたのではなく、神の選民が信じ、従う人は神に使われる人々ではない。恵みの時代の教会はパウロとその他の使徒によって築かれたのではなく、主イエスの働きによって作り出された。主イエスによって直接設立されたのである。同様に、終わりの日の全能神教会も神に使われる人によって築かれたのではなく、全能神の働きから生まれた。全能神によって直接設立されたのであり、神自身によって牧されている。神に使われる人は、自分の本分として教会に水を注ぎ、養い、導くだけである。神の選民は、神に使われる人によって導かれ水を注がれ養われるが、神の選民が信じ、従うのは全能神である。この事実は誰も否定できない。全能神教会にいるほとんどの人は様々な教派・分派出身で、何年もの間主を信じてきた人たちである。彼らは皆聖書を理解し、そのもとの教派・分派において主イエスがこの世に来たこと、イエスは全能神であり、終わりの日の裁きの働きを行なったことの証しをする。全能神の言葉は真理であり神の声であることが分かった結果、多くの人々は全能神を受け入れるようになる。彼らは神の前に引き上げられた人たちの最初の一団である。全能神教会はキリスト教、カトリック教、その他の教派・分派の中で全能神の名を受け入れた人々から生まれた。今日、さまざまな教派・分派のほとんどの人々が終わりの日の全能神の働きを考察し始めており、それにより聖書の「すべて国はこれに流れてき……(イザヤ書 2:2)という預言が成就されている。結局、本当に神を信じる人々は全能神のもとに戻ることになる。これはずっと以前に神が計画したことであり、神の定めであり、誰も変えることができないので、避けられないことである。「わたしの民は確実にわたしの声に耳を傾け、わたしを本当に愛する人は一人ひとり確実にわたしの玉座の前に戻って来る(『神の出現と働き』「全宇宙への神の言葉、第一章」〔『言葉』第1巻〕)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

東方閃電はどこに由来するのか

私たちは今、終わりの日を生きています。主の再臨の預言は基本的には成就し、何千人もの敬虔な信者が主イエスの再臨を熱烈に待ち望んでいます。しかし同時に東方閃電は、主イエスは終わりの日の受肉において全能神として既に再臨しており、神の家族から始まる裁きの働きを既に行なっているという証を告…

全能神教会の目的は何か

全能神教会は聖書の神の言葉、および全能神が述べた『言葉は肉において現れる』という言葉に完全に従う形で神の選民に水を与え、彼らを牧養する。これによって、すべての信者は全能神の言葉による導き、施し、潤し、牧養のもとに神の言葉に含まれるすべての真理を理解し、人生と価値観に正しい見通しを…

全能神教会の基本的信条

(1)全能神教会の教義 キリスト教の教義は聖書が起源であり、全能神教会の教義は創造の時以来、律法の時代、恵みの時代、神の国の時代に神が表したすべての真理が起源である。すなわち、新・旧約聖書、そして終わりの日の戻ってきた主イエス、全能神が表した『言葉は肉において現れる』という神の国…

キリスト教と全能神教会の違いは何か

キリスト教と全能神教会は同じ神を信じている。宗教の歴史を理解している人々は、イスラエルのユダヤ教はヤーウェ神が律法の時代に行なった働きから生まれたことを知っている。キリスト教、カトリック教、東方正教はすべて肉となった主イエスが贖いの働きを行なった後に現れた教会であった。それと同様…