真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

全能神教会の起源と進展

恵みの時代に主イエスは弟子たちに次のように約束した。「そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」(ヨハネ14:3)イエスはこうも予言した。「ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう。」(マタイ24:27)終わりの日に、自ら約束し預言したように、神は再び肉となり、主イエスの贖いの働きを基礎にし、言葉を使って裁き、刑罰、征服、救いの働きをするために、世界の東方――中国――に降りてきた。ここでも、聖書の次の予言が果たされた。「さばきが神の家から始められる時がきた。」および「耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい」 終わりの日の神の働きは恵みの時代を終わらせ、神の国の時代を開いた。全能神の御国の福音は急速に中国本土に広がったので、全能神教会が出現した。事実で証明されたように、全能神教会が出現したのは完全に終わりの日の神の働きの結果であり、決して人の手によって設立されたものではない。これは、全能神教会の選ばれた人々は全能神の名において祈り、全能神の働きに従い、彼が明らかにしたすべての真理を受け入れるからである。このように、 これらの選ばれた人々が、人を信じるのではなく、終わりの日に肉となったキリスト、神の霊の化身である実際の神を信じるのは明らかである。外見上、全能神は普通の人の子にすぎないが、実質上は神の霊が具現化したものであり、真理であり、道であり、いのちである。神の働きと言葉は神の霊の直接的表現であり、神自らの現れである。したがって全能神は肉となった実際の神である。

全能神、終わりの日のキリストは、1991年に正式に中国における職分の実行を開始した。それから神は何百万もの言葉を述べ、終わりの日に大きな白い玉座で裁きの働きを開始した。全能神がちょうど次のように言うとおり、「裁きの働きは神自身の働きなので、当然、神自身が行う。神の代わりに人が行うことはできない。裁きは真理を通した人への征服なので、人の間でこの働きを行うため、神はやはり受肉した姿で現れることは疑う余地がない。つまり、終わりの日には、キリストが真理を用いて地球上の人を教え、真理を用いて彼らに真理を全て明らかにする。これが、神による裁きの働きだ。」(『言葉は肉において現れる』の「キリストは、真理を以て裁きの働きを行う」より)「神は終わりの日に言葉による働きを行うが、そのような言葉は聖霊の言葉である。神は聖霊であり、また肉になることもできるからである。したがって、過去に語られた聖霊の言葉は、今日では肉となった神の言葉である。…神が言葉を発して働きを実行するためには、肉とならなければならない。そうでなければ神の働きは目的を達成させることはできない。」(『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を規定している人がどうして神の啓示を受けることができるだろうか」より)終わりの日のキリストの出現と言葉によって、真理を渇望し、探し求めているますます多くの人々が全能神の言葉によって征服され、清められ、神の裁きと刑罰の中に神の出現と救い主の再来を見るようになった。

全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト、全能神の現れと働きによって、しかも全能神の義なる裁きと刑罰のもとに出現した 。教会は全能神の終わりの日の働きを本当に受け入れ、神の言葉によって征服され、救われるすべての人々によって成立している。教会は全能神自身によってすべて建てられ、全能神によって直接導かれ、指導される。決して人によって設立されたものではなかった。これは全能神教会の選ばれたすべての人々が認める事実である。肉となった神に使われる人は誰でも神によって定められており、神によって直接指名され、証しされる。イエスが直接12使徒を選び、指名したのと同様である。神に使われる人々は神の働きに協力するだけで、神に代わって神の働きを行うことはできない。教会は神に使われている人々によって建てられたのではないし、神の選民は彼らを信じたり、彼らを従ったりしない。恵みの時代の教会はパウロやその他の使徒によって設立されたのではなく、主イエスの働きによって創り出され、主イエス自身によって建てられた。同様に、終わりの日の全能神教会は神に使われた人によって設立されたのではなく、全能神の働きによって創り出されたのである。神に使われる人は教会を清め、与え、導くだけであり、人の本分を尽くしているのである。神の選民は神に使われている人に導かれ、清められ、与えられるが、全能神以外は信じないし、後について行かない。全能神の言葉と働きだけを受け入れ、従う。これは誰も否定できない事実である。受肉した神の出現と働きのために、すべての宗派で主を本当に信じる多くの人々はついに神の声を聞き、主イエスはすでに人々のもとに来て、終わりの日の裁きの働きを実行していることを知り、彼らは皆、全能神は戻ってきた主イエスであることを確認し――その結果、彼らは終わりの日の全能神の働きを受け入れた。全能神の言葉によって征服される人々はすべて、神の名前に従うようになる。したがって、全能神教会の選ばれた人々はすべて全能神に向かって祈り、神に付き従い、服従し、礼拝する。神の裁きと刑罰の働きを経験した後、中国の選ばれた人々は神の義なる性質を理解するようになり、神の尊厳と怒りを知り、そこで完全に神の言葉に征服され、全能神の前に身を投げ、進んで神の言葉の裁きと刑罰に従い、受け入れる。こうして彼らは神の救いを得た。

まさに、全能神の表した言葉は人を救うという神の経営計画の奥義を明らかにしているから、神の言葉が明らかになる時、神は時代ごとに新しい名前を持ち、神の新しい名前は神が新しい働きを行っていることの象徴であり、さらに、神が古い時代を終わらせて、新しい時代を先導していることを、神の選民たちは理解するようになる。神の名前の意味はそのように偉大で深遠なのである。名前には神の働きの重要性が含まれている。神は、名前を以て時代を変え、その時代の神の働きを表すのである。律法の時代には、神は律法や戒めを発行し、地上で人類の生き方を導くために「ヤーウェ」の名を使った。恵みの時代、人類を贖う働きを行うために「イエス」の名を使った。神の国の時代の到来とともに、神の家から始める裁きの働きを実行し、人を清め、人を変え、人を救うために「全能神」という名を使ってきた。神の新しい名前は人に勝手に呼ばれるものではなく、神自身によって必要な働きのために使われたものである。神が各働きの段階で使う名前は聖書を根拠としており、主イエスが終わりの日に戻った時に使う名前はずっと以前にヨハネの黙示録で予言されていた。「勝利を得る者を、わたしの神の聖所における柱にしよう。彼は決して二度と外へ出ることはない。そして彼の上に、わたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、天とわたしの神のみもとから下ってくる新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを、書きつけよう。」(ヨハネの黙示3:12)「今いまし、昔いまし、やがてきたるべき者、全能者にして主なる神が仰せになる、『わたしはアルパであり、オメガである』」(ヨハネの黙示1:8)「わたしはまた、大群衆の声、多くの水の音、また激しい雷鳴のようなものを聞いた。それはこう言った、「ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は、王なる支配者であられる。」(ヨハネの黙示19:6)神の国の時代の全能神の名前はヨハネの黙示録の予言をきちんと満たしている。神は全能であり、万物を造り、支配している。神は最初であり最後であるので、全能神と呼ぶのがもっともふさわしい。それゆえ、人々は受肉した神を全能神と呼び、さらに、受肉したキリストを実践の神と呼ぶ。全能神教会はこうして名付けられた。

神の国の福音が中国本土に広がると、神は全宇宙の聖霊のすべての働きを取り戻し、終わりの日の神の働きを受け入れたこの一団の人々と神によって定められ、選ばれ、誠実に真理の道を探し求めた人々の上にそれらを集中して与えた。聖霊の働きが移されたので、すべての宗派は聖霊の働きを失い、荒れ地となり、人々は真理の道を求めるしかほかはなかった。これはまさに聖書の予言の実現である。「見よ、わたしがききんをこの国に送る日が来る、それはパンのききんではない、水にかわくのでもない、主の言葉を聞くことのききんである。」(アモス8:11)真理を追求し、真に神を信じていたさまざまな宗派の人々は、聖霊の導きを受けて、反キリストや悪い僕の制約や妨害を打ち破り、ついに神の声を聞き、認め、ますます多くの人々が神の玉座の前に戻ってきた。すべての宗派が一つになり、すべての民族がこの山へ向かって流れて来る喜ばしい光景が至る所で現れた。すべての宗派の中から真に神を信じる人々が大量に戻ってきたので、ほとんどの宗派は崩壊し、それ以来ずっと名前だけで存在している。神の働きの歩みを誰が止められるだろう。神の選民が神のもとに戻って来るのを誰が止めることができるだろう。まるで宗教界全体が正されてしまったようであった。神のもとへ戻る流れは激しくうねり寄せる波のようであった。どんな力も神の働きを邪魔することはできなかった。全能神が出現し、その働きが始まってから、CCP(中国共産党)政府は全能神教会の迫害を絶え間なく行っている。キリストと神の僕たちを無我夢中で捜し、神の選民を残酷に迫害し、終わりの日の神の働きを破壊しようと試みている。政府は全能神教会を破壊する方法を企てるために数多くの緊急会議を開催した。多くの秘密文書を作成、発行し、卑劣で極悪非道なさまざまな手段を実行した。すなわち、至る所に警告を掲示し、公示を発行し、テレビ、ラジオ、新聞、インターネット、その他のメディアを使って噂や中傷や悪口をでっちあげて、全能神教会を誹謗する。悪い教えや間違った考えを無理に人々に吹き込み、洗脳や同化を実行する。監視とコントロールのために三自愛国教会を利用し、公然と調査し、秘密裡に調べるためにスパイを送り、大衆操作を行い、隣人に監視するよう命令し、莫大な報奨金を約束して人々に密告するよう促す。人々の家庭を無作為に調べ、彼らの家をくまなく捜し、私有財産を没収し、罰金で金を巻き上げ、不正な手段で富を蓄積する。神の選民を極秘逮捕し、思いのままに彼らを拘束して強制労働収容所に入れ、拷問で無理に自白させ、身も心もひどく破壊し、何の咎もない人々を撲殺する。武装した人々や軍隊を動かして全能神教会を抑圧さえする。等々。中国共産党政府は全能神教会のキリスト教徒たち――神の選民――を非人道的に逮捕し迫害し、私有財産を悪質な手段で奪い、肉体的、精神的苦しみと苦痛を味あわせ、多くの死を引き起こしさえする。政府の行動は最悪である。立証されているように、少なくとも10人のキリスト教徒が迫害を受けて死んでいる。たとえば安徽省遂渓県五溝町のキリスト教徒謝永江(43才、男性)は1997年4月30日早朝に地元警察によって秘かに逮捕され虐待を受けて死んだ。5月10日、謝永江の家族が火葬場で彼の死体を見た時、全身が黒紫色になって血だらけで、頭にはいくつかの致命的な傷に苦しんだ跡があった。江蘇省沭陽県のキリスト教徒葉愛忠(42才、男性)は2012年3月26日、教会用品を買っている時にCCP警察によって逮捕された。3日目、彼は殴打されて死んだ。河南省平與県清河区のキリスト教徒姜桂枝 (46才、女性、当時全能神教会の幹部)は2013年1月4日に河南省新密市でCCP警察によって秘密裡に逮捕され、投獄された。警官は違法裁判を開き、自白を引き出すために拷問を行った。姜桂枝は警察に肉体的虐待を加えられた結果、2月12日の早朝に死んだ。その他にも何万ものキリスト教徒がCCP警察によって逮捕され、投獄されている。中にはドラッグを注射され、その結果、統合失調症を発症した者もいれば、拷問でひどい重傷を負わされ、自立できなくなった者もいた。強制労働収容所に送り込まれ、解放後CCP政府の監視を受け、個人の自由を奪われた者もいた。大雑把な統計によると2011年から2013年のわずか2年間で神の選民の380,380人が中国本土のCCP政府によって逮捕され、拘束された。こうした人々の中で43,640人が不当な取調べを受ける間にあらゆる種類の拷問に苦しんだ。111,740人はさまざまな罪を負わされ、臆面もなく243,613,000RMB(人民元)以上の罰金を科されたり、巻き上げられたりした。35,330人は家を荒らし回られ、少なくとも1兆RMB(教会への寄付や個人資産を含め)が公安機関およびその部下たちによって強引に、理由もなく没収されたり、悪徳警官によって着服されたりした。CCP政府による全能神教会のキリスト教徒たちの逮捕と迫害に関しては、これらは大雑把な統計であり、全能神教会のキリスト教徒全員に関しては、彼らはほんの氷山の一角にすぎない。実際、全能神が働きを開始して以来、無数の全能神教会のキリスト教徒がCCP政府によって逮捕され、迫害を受け、尾行され、監視されてきた。政府はあらゆる残酷な手段を使って全能神教会を血まみれにさせて抑圧し、中国本土を恐怖の世界に変えた。その上、全能神教会はすべての宗派によって中傷され、非難され、攻撃を受けた。これはたちまち噂となって広がり、あらゆる形の中傷、罵り、呪いの嵐になった。社会全体、宗教界全体があらゆる種類の悪い評判で満たされた。本当の神に対する堕落した人類の抵抗と真理の道に対する迫害はピークに達していた。

人類はサタンによって堕落させられてから、神は人類を救う計画を決して中止しなかった。しかし人類は真理を知らず、ましてや神を知らない。その結果、神が新しい働きを始めるために受肉するたびに、神は権力者たちや宗教界によって拒絶されたり、迫害を受けたりする。2000年前、イエスが受肉した時、彼はローマ政府とユダヤ教の迫害を受け、逮捕され、結局磔刑にされた。終わりの日に神は裁きの働きをするために中国で受肉し再臨した以来、CCP政府によって残酷な迫害を受け、追われて、あらゆる宗派やキリスト教会派からも罵られ、罪を着せられ、非難され、拒絶されている。このことは、人の堕落と悪を明確に示している。黒い雲が重くのしかかり、悪魔たちが力を振るう悪魔の砦の中で神が働くのはいかに困難なことかを、私たちは想像できる。それにも関わらず、神は全能であり、最高の権威と力を持っている。サタンの力がいかにはびこっていようとも、いかに抵抗し、攻撃を開始しようとも、すべては無効である。およそ20年で、全能神の国の福音は厳しい抑圧のもとで中国本土の全域に広がった。何十万もの教会が全国各地に現れて、何百万もの人々が全能神の名に服従した。ほぼ即座にかつての宗派はすべて荒れ果ててしまった。神の子羊たちは神の声を聞き、声に従ってすでに戻り、神の前にひれ伏し、神によって直接注がれ、牧養された。これは聖書の次の予言が果たされたのである。「もろもろの民はこれに流れくる。」神を本当に信じる者はすべて結局全能神に頼るのは避けられないことである。なぜならこれは神によってずっと以前から計画され、定められていたからである。誰もそれを変えることはできない。神への信仰の目的がパンを腹いっぱい食べることでしかない偽の信者や、悪事を働き、全能神に抵抗し、非難するさまざまな敵は皆神の働きによって取り除かれた。宗教界全体は神の働きによって完全に破壊され、崩壊された。全能神の働きは最後には栄光のうちに終わった。この期間、CCP政府の狂気じみた抵抗や残忍な抑圧にもかかわらず、神の国の福音は電光石火の速度で広がった。神の働きを取り除き、無効にするというCCPの陰謀は失敗に終わった。神に反抗するすべての悪の力は、威厳と怒りに満ちた神の裁きの中で完全に破壊され、打倒された。全能神が次のように語る通りである。「わたしの愛する者はみな、必ず永遠に生き、わたしに敵対する者はみな、必ず永遠に刑罰を受ける。わたしはねたみ深い神だから、わたしは人間の行いを軽々しく赦さない。わたしは地上すべてを観察し、世界の東に義と威厳、怒り、刑罰をもって現れ、すべての人間たちにわたしを現す。」(『言葉は肉において現れる』の「二十六番目の言葉」より)「わたしの国が全宇宙に造られ、わたしの玉座が何兆もの人々の心をつかむ。天使の助けで、わたしの大事業はすぐに成功裡に完了する。わが子らとわが民が集まって、わたしの帰還を今や遅しと待つ。再会して、二度と離れない時の訪れを待つ。わたしの国の人々全員が喜びに走り回らないことが、どうしてあろう。わたしが彼らと共にあるのだ。これは代価なしの再会だろうか。わたしはすべての人の目に貴いものであり、わたしはすべての人の言葉で告げる。わたしは戻って来ると、敵の勢力をさらにすべて征服する。時は来た。わたしはわたしの働きを進め、人間の中で最高支配者となろう。わたしは戻って来る。わたしは出かけて行く。これはすべての人が期待していること、人々が望んでいることである。わたしはすべての人に、わたしの日の到来を見、わたしの日の来たことを喜び迎えてほしい。」(『言葉は肉において現れる』の「二十七番目の言葉」より)神の国の福音が広がるにつれて、全能神教会もますます大きく成長し、信者の数は止まることなく増加する。今日、教会は以前になかったほど繁栄している。全能神――終わりの日のキリスト――が発する言葉はずっと以前から何千もの家庭に広がっており、ますます多くの人々によって受け入れられている。神の言葉は最高の権威と力を立証している。この疑う余地のない事実は次のことを完全に証明している。「すべては神の言葉によって達成される。」

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。」(ヨハネ1:1)初めに神は天と地を造り、その中のすべては言葉とともにあり、言葉で人類を導いた。終わりの日にも神はすべてを言葉で完成させる。神の選民の完成とキリストの国の実現はどちらも神の言葉によって達成されるであろう。そういうわけで全能神教会が神の言葉の働きからどのように始められたか、全能神の言葉の指導のもとでどのように発達し、さらにはCCP政府の野蛮な抑圧や迫害、宗教界の反キリストたちの狂気じみた非難や反対の力にもかかわらずどのように成長を続けているかについては例外的なことは何もない。これは完全に神の言葉の権威と力を立証している。全能神の出現と働きがなければ全能神教会はなく、神の発する言葉がなければ全能神教会は存在しないだろうと言える。今日、神は発する何百万もの言葉で選民を注ぎ、養っており、神の働きを受け入れたすべての人々は神の言葉による導きを享受し、人を救う神の働きを経験している。全能神は次のように語る。「宇宙の隅々までわたしはわたしの働きを行っている。東方では、雷のような轟音が終わることなく発生し、すべての宗派や分派を震わせている。すべての人々を現在に連れて来たのはわたしの声である。わたしはわたしの声が人を征服するようにする。彼らはみなこの流れに落ち、すべての者はわたしの前に帰服する。わたしはずっと前に全地からわたしの栄光を取り戻し、東方で新たにそれを発したからである。わたしの栄光を見ることを願わない者がいるだろうか。わたしが戻ってくるのを心待ちにしない者がいるだろうか。わたしが再び現れることを渇望しない者がいるだろうか。わたしの愛らしさを懐かしがらない者がいるだろうか。光の元へ来ようとしない者がいるだろうか。カナンの地の豊かさを見ようとしない者がいるだろうか『贖い主』が再び来るのを待ち望まない者がいるだろうか。偉大なる全能者を敬慕しない者がいるだろうか。わたしの声は全地の隅々まで広められなければならない。わたしはわたしに選ばれた者にもっと話しかけたいと願う。わたしが発する言葉は強大な雷のように山々や川を震わせる。わたしは全宇宙と人類へ話しかける。そしてわたしの言葉は人の宝になり、すべての人々はそれらを大切にする。稲妻が東から西へひらめき渡る。わたしの言葉は、人が決して手放したくないもの、そして測り難いものであるが、それ以上に彼らに喜びをもたらすものである。生まれたての赤児のように、すべての人々は喜びに満ち、わたしの到来を祝う。わたしはすべての人々を、わたしの声によってわたしの前へ連れて来る。その時から、わたしは正式に人々の中へ入る、人々がわたしを礼拝するために。わたしから放たれる栄光とわたしの言葉によって、人々はみなわたしの前へ来るようになり、稲妻が東方から閃くこと、またわたしが東方の「オリーブ山」に降ったことも知るようになる。彼らはわたしがずっと前からすでに地上にいたことを知り、「ユダヤ人の息子」ではなく、東方の稲妻だと知るだろう。なぜならわたしはずっと前に復活し、人々の中から去って、その後栄光と共に再び人々の中に現れたからである。わたしは幾時代も前に崇拝された神であり、幾時代も前にイスラエル人によって見捨てられた「赤児」である。それだけでなく、わたしは今の時代の栄光に満ちた全能神である。すべての者をわたしの玉座の前に来させ、わたしの栄光に満ちた顔を見せ、わたしの声を聞かせ、わたしの業を見せなさい。これがわたしの心の全てである。これがわたしの計画の結末であり、クライマックスであると同時に、わたしの経営の目的でもある。すべての国々にわたしをひれ伏させ、すべての人にその言葉でわたしを認めさせ、すべての人にわたしを信頼させ、またすべての人がわたしに服従するようにしなさい。」(『言葉は肉において現れる』の「七つの雷が轟く――神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」より)神の選民は全能神の言葉によって偉大な救いを受け取った。中国本土における神の働きは最後に栄光のうちに終了した。今、神の選民はあらゆる国、場所に神の言葉を広め、神の業の証しをしている。神の言葉は全世界に広められ、神はまもなくすべての国、すべての民族の前に公然と現れるだろう。神の出現を待ち焦がれるすべての国や場所の人々は、神が公然と出現するのを待っているが、神がすでにこっそり中国に降りてきて、征服と救いの働きの段階を実行しているとは夢にも思ってはいなかっただろう。

時代が終わろうとしている終わりの日に、神は受肉し、ひそかに赤い大きな竜の住む場所、独裁的支配者たちの大集団、すなわち無神論の頑丈なとりでである中国に降りて来る。多様な知恵と力によって、神はサタンと戦い、経営(救いの)計画の中心的働き――サタンの完全な敗北とすべての人類の救済――を実行する。しかし、権力の座にあるCCPの野蛮な主張、非難、うそ、中傷のために、事実に気づかない多くの人々はCCPの発する噂話を実際に信じる。特に宗教界は今日に至るまで神の到来を非難し、冒涜し続け、すっかり無神論者であるCCP政府の側に立ち、神の働きに抵抗する。なんと悲劇的なことだろう。これらの人々は全能神、彼らが抵抗する神はまさに戻ってきた主イエスであることを決して予期しない。神が公然と現れるとき、彼らは歯ぎしりし、胸を叩いて泣くだけだろう。これはヨハネの黙示録の次の言葉を完全に実現するものである。「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン。」(ヨハネの黙示1:7)大きなな白い玉座における裁きはついに始まる。全能神は次のように語る。「わたしの国では、無数の被造物がよみがえりを始め、生気を取り戻す。地上の状態が変化したため、地と地の境界にもまた、変化が起こる。以前、わたしは預言した──地が地から離れ、地が地とつながると、そのとき、わたしは国々を打ち砕くと。このとき、わたしはすべての被造物を新たにし、全宇宙を区切りなおす。それにより、全宇宙を秩序立て、古い状態を新しいものに変える。これがわたしの計画だ。これらがわたしの業だ。国々と世界の人々がみな、わたしの玉座の前に戻ると、わたしは天の富をすべて人間の世界に与え、わたしによって、比類ない富にあふれるようにする。しかし、古い世界が存続する間、わたしは国々の上に怒りを投げつけ、わたしの行政を全宇宙に公布し、違反する者には刑罰を下す。わたしが全宇宙に向かって話すと、人間はみなわたしの声を聞き、そこで、わたしが全宇宙で行ってきた業を見る。わたしの心に逆らう者、つまり、人間の行いでわたしに敵対する者は、わたしの刑罰を受けてひれ伏す。わたしは天の多くの星々を取ってそれらを新しくし、わたしにより、太陽と月は新たになる──空はもはや以前のものではない。地上の無数の物事が新たになる。すべては、わたしの言葉により完全になる。全宇宙の多くの国々は、新たに区切られ、わたしの国に置き換わる。地上の国々は永遠に消え去り、わたしを崇める一つの国になる。地上のすべての国々は破壊され、存在しなくなる。全宇宙の人間のうち、悪魔に属する者はみな、滅ぼし尽くされる。サタンを礼拝する者はみな、わたしの燃える炎に倒れる──つまり、今、流れの中にいる者以外は、灰になるのだ。わたしが多くの民を罰するとき、宗教界にいる者は、わたしの業に征服され、程度の差はあれ、わたしの国に戻る。彼らは「聖なる方が白い雲の上に乗って」降臨するのを見たからである。人間はみな、種類に従い、それぞれの行いに応じて刑罰を受ける。わたしに敵対した者たちは、みな滅びる。地上での行いがわたしと関わりのなかった人たち、その人たちは、自分たちの行いによって、地上にわたしの子らとわが民の支配下で存在を続ける。わたしは無数の人々と無数の民族にわたしを現し、わたしは自ら声を発して地上にわたしの大いなる働きの完了を告げ、全人類が自分たちの目でそれを見られるようにする。」(『言葉は肉において現れる』の「二十六番目の言葉」より)人類の歴史の中で、ひどく神に反対し、むきになって神に抵抗するすべての悪の力が神によってどのように破滅されるかを私たちは見る。3000年前、嘆かわしい罪の結果、ソドムとゴモラの町は神が天から送った硫黄の火によって滅ぼされた。ローマ帝国も主イエスに抵抗し、激しく非難したため、またキリスト教徒を迫害したため、神の手による災害で破滅された。終わりの日に神を非難し、抵抗する悪の力はすべて神に呪われ、必ず破滅されるだろう。これがまさに神の義なる性質である。

全能の神は次のように語る。「神の国は人間たちの間で拡大する。神の国は人間たちのただ中で形作られている。神の国は人間たちのただ中に建てられている。どんな力もわたしの国を破壊できない。…あなたがたは、必ずや、わたしの光の導きの下、闇の力の拘束を打ち破るだろう。あなたがたは、絶対に、闇のただ中にあって、あなたがたを導く光を失いはしないだろう。あなたがたは、必ずや、すべての被造物の主人となる。あなたがたは、必ずや、サタンの前で勝利する。あなたがたは、必ずや、赤い大きな竜の国が滅びるとき、無数の者たちの中で立ち上がり、わたしの勝利を証しする。あなたがたは、必ずや、秦の国にあって、堅固で揺るぎないだろう。あなたがたの耐え忍んだ苦しみによって、あなたがたはわたしからの祝福を相続する。そして、必ずや、全宇宙においてわたしの栄光に輝くだろう。」(『言葉は肉において現れる』の「十九番目の言葉」より)「働きの3段階が終わる時、神の証しをする人々の一団、神を知る一団が作られるだろう。これらの人々はすべて神を知り、真理を実践に移すことができるだろう。彼らは人間性と分別を持ち、だれもが神の救いの3段階の働きを知るだろう。これは最後に達成される働きであり、これらの人々は6000年に及ぶ救いの働きの結晶化であり、サタンの最終的敗北のもっとも力強い証しである。神の証しができる人々は神の約束と恩恵を受けることができ、最後の最後に残り、神の権威を所有し、神の証しをする一団になるだろう。おそらくあなたがたの中の人々はこの一団のメンバーになれるだろう、全員が、あるいは半数だけ、あるいはごく少数の人が――それはあなたがたの意志と探求心次第である。」(『言葉は肉において現れる』の「神の働きの3段階を知ることは神を知るための道である」より)

神の言葉は成し遂げられ、成し遂げられたことは永遠に続くだろう。神の国の未来は明るく、素晴らしい。全能神はすでに中国本土で勝利者の一団を作った。終わりの日の神の働きはすでに成し遂げられた。今、中国で神の秘密の到来の間に神によってなされた先導的働きは栄光のうちに終了し、神はまもなくすべての国家、国民の前に公然と現れるであろう。全能神教会の選ばれた人々は、神が中国で作られた勝利者の一団である。聖なる使命を引き受けて、彼らは神の働きの証しをし、神の聖なる名前を全ての国家、国民に宣言している。全能神の国の福音は急速に世界中に広がっている。『言葉は肉において現れる』このことはすべての国家、国民が探し求め、考察するためにインターネットを開けば自由に手に入る。あえてそれが神の言葉であることを否定する人は誰もいないし、それらが真理であがることをあえて否定する人は誰もいない。真理を渇望し、光に憧れるますます多くの人々が終わりの日の全能神の働きを探し求め、考察している。ますます多くの人々が全能神のもとに戻っているので、世界中の何十もの国や地域で全能神教会が設立されている。人類は神の言葉の中で徐々に目をさましつつあり、真理を受け入れ、知ることを始めた。神の言葉はすべての人類を導き、すべてを完成させるだろう。本当に神を信じ、真理の道を探し求めるすべての人々は必ず神のもとに戻り、神の玉座の前で従順になり、人類全体は神が到来し、出現したこと、神の名前は必ずすべての人類の中で偉大になるであろうことを知るだろう。