全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の国の福音に関する代表的な質問と解答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

質問8.この2千年間、宗教界は聖書は神様の御言葉、神様の霊感を受けて書かれたと言ってきました。つまり、聖書は主を代弁すると、聖書が神様からの霊感で書かれ、御言葉であることを、否定する者は間違いなく宗教界から、異端視されるでしょう。ですから、聖書に忠実なことは決して間違いはないんです。

解答: 聖書はすべて神様の霊感を受けて書かれた、神様の御言葉であると宗教界では信じられています、これは明らかに、間違った思い込みです。聖書に収録された書簡や、使徒たちの経験や証言は、すべて誰が書いたものなのか、分かっています。聖書を記したのは、さまざまな時代の人々です。その人たちの経験や証言を、なぜ神の御言葉だと?宗教界の意見に従えば、聖書の著者はすべて人間だというのに、その言葉が神様の御言葉として扱われる、理屈に合いますか?神様と人の本質は根本から異なり、神様のみが御言葉を語れます。人が話すのは人の言葉です。もし人の言葉を、神様の御言葉と言うなら、おかしいですね、聖書の著者は全員、神様なんですか?著者たちがそう言いましたか?どの言葉も神様の霊感を受けて書いたと言いましたか?この問いに、どのように答えますか?もし彼らが神様だというなら、事実に反します。神様はお一人だからです。聖書の著者は全員が人なのに、神様だとおっしゃる、神様に対する冒涜、許されざる罪です。著者が人であると認めても、その言葉は神のものであると主張し続けるなら、事実をゆがめ虚偽を吹聴すること、神様への反抗と冒涜になります。モーセや預言者は別として聖書の著者は誰一人、御言葉を伝えるように神様から指示されたわけではありません。その著書の中でも、神様の霊感を受けたとは言っていません。確かな証拠もないのに、著者たちが神様の御言葉を語っていると主張するなら、恥知らずなたわ言と言わざるを得ません。旧約・新約の著者は、神様に用いられた人たち、当時神様の働きを体験した人たちで、神様についての知識があり、心に重荷を負っていた、彼らは経験と証言を書き記し、教会の聖徒たちに伝えた、それが事実です。彼らの経験と証言を、普通の人たちの経験や証言よりはるかに、崇高であると考える人もいました、そしてそれを、盲目的に崇め始めたんです。一般人が書ける内容ではないので、それを神様の御言葉と思い込み──不適切で誤った観念がまかり通るようになりました。このような誤った観念は、多くの人に受け入れられ、広く普及して、やがて宗教的な人たちの、通念として定着したんです。その悪影響は計り知れません。全能神が来られなかったら、一体誰が、このことに気づいたでしょうか?ものごとは聖書や神様の御言葉に一致しなきゃいけないと、多くの人は言いながら、御言葉に従って真偽を見分けようとしたり、真理を追求し、この問題の事実関係を詳しく調べようとする人はだれもいません。

 全能神の御言葉を読みましょう。全能神は言われます。「今日、人々は聖書が神であり、神は聖書だと信じている。また、聖書の言葉のすべてだけが神の語った言葉であって、それはみな、神が語ったと信じている。神を信じている人々は、旧約と新約の六十六書はすべて人間が書いたものだけれど、これらはみな神から霊感を受けており、聖霊の告げたことを記録しているのだとさえ考えている。これは人々の解釈が誤っているのであって、事実に完全に沿ったものではない。実際、預言の書以外、旧約のほとんどは歴史的記録である。新約の書簡のいくつかは人々の経験に基づいたもので、またいくつかは聖霊の啓きによるものである。たとえば、パウロの書簡はひとりの人間の働きから生まれたもので、それはみな、聖霊の啓きを受けた結果であった。また、その書簡は教会のために書かれたもので、教会の兄弟姉妹への勧告と激励の言葉だった。聖霊の語った言葉ではなかったのである。パウロは聖霊の代わりに語ることはできなかった。また、彼は預言者でもなかったし、まして幻を見てもいない。パウロの書簡はエペソ、フィラデルフィア、ガラテヤ、その他の教会に向けて書かれた。……もし人々がパウロの書いたような手紙や言葉を見て、聖霊の言葉として神のように崇めるなら、それはあまりにも分別がないと言うことになるだろう。もっと厳しい言い方をすれば、これは冒瀆以外の何物でもないのではないか。どうして人間が神に代わって話せるのか。また、どうして人々は人間の手紙や語った言葉の記録をまるで聖なる書か天の書であるかのように、その前に額づくことができるのであろうか。神の言葉は人間が何気なく口にできるものなのか。どうして人間が神に代わって話せるのか。」「聖書にあることがみな、神が直接語った言葉の記録だというわけではない。聖書はただ、神の働きのうちの前の二段階を文書で記録しているに過ぎない。そこには預言者たちの預言と、各時代で神に用いられた人々の経験と認識を記したものが含まれる。人間の経験には人間の意見や認識が紛れ込んでいるが、これは避けられないことである。聖書の多くの書には、人間の観念、人間の偏見、人間の愚かしい解釈が含まれている。もちろん、ほとんどの言葉は聖霊による啓示と教えの結果で、それらは正しい解釈である。しかし、すべてが真理を正確に表現しているとは言えない。」(『言葉は肉において現れる』の「聖書について(3」より)

 全能神の御言葉でもうお分かりでしょう。聖書はすべて神の霊感によるのではなく──御言葉だけでもない。聖書のうち、どれが神様の御言葉で、どれが人の言葉か、眼識があれば分かります、著者の名前は、聖書の各書に明記されています。さらに、どの箇所が神様の御言葉かも示されています。なぜ人々は平然として、人やサタンの言葉を、神様の御言葉だと言い続けるんでしょう?それは不当な言い分なのでは?もし主の信者が、聖書に書かれた人間の言葉を、御言葉だと言ったら、神様はどう思われるでしょうか?不当と思われるのでは?神様を貶め冒涜することじゃないですか?神様には、人の言葉の重みはどのくらいでしょうか?皆さんちょっと考えてみてください、人の言葉を神様の御言葉と比較できますか?神様と人の本質は全く異なり、人の言葉と神様の御言葉はもっと違います。もし人が聖霊の啓示によって、真理に沿う話ができればすばらしいことです。聖霊の導きがないと、人間の言葉など、間違いと嘘だらけでしょう。もし信者が、これを理解しないなら、あまりに無知で愚かです。今では、宗教界全体が、聖書に書かれた人間の言葉を、御言葉と受け取っています、宗教界では、誰も真に神様を知らない証拠でしょう。宗教界の指導者は、ほとんどが偽善的なパリサイ人です。本当に神を知る者なら、聖書の全文が、霊感を受けて書かれた御言葉だとは信じません、ましてやみくもに聖書を崇め、神と敬うなどありえないことです。宗教界の通念では、聖書は、霊感を受けて記された、神様の御言葉であり、神様の代弁とされています、これは宗教界の最も愚かな、まやかしの観念なんです。

『私の主は誰か』の映画台本から

前へ:質問7.主イエスは再臨され、それが全能神だと。多くの真理を表して、終わりの日の裁きの働きをしていると証しなさってますが、でもそれはありえません。御言葉と働きは、すべて聖書にある、それが定説でしょう。神様の御言葉は、聖書の外には存在しません。主への信仰は、聖書に沿っているべきと考えます、聖書に従う限り、天国に入れるんです。神様の救済の全部は聖書の中にあり、聖書は神様の啓示です。主への信仰は聖書に基づきます、逸脱するのは、主を否定し裏切ることだ。私たちの理解に、どこか誤りはありますか?

次へ:質問9.聖書こそが主の証しであり、信仰の土台なんです。この2千年信者たちはみな、聖書を基に信仰してきました、つまるところ聖書は主の代弁です。主を信じることはすなわち、聖書を信じることなんです。何があろうとも聖書から逸れてはいけません、聖書なしにどう信仰を実践するんですか?信仰と言えますか?教えてもらいましょうか?これのどこが間違っているんですか?