全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神様の恵みにより私は金銭に優る富を持っています

228

シュン・シン(タイ)

編集者注 もしあなたの近くに裕福になりたいけれども上手くいかずに苦しんでいる人がいたならば、その人が苦しみから逃れられるためには、どのように助けるべきでしょうか。ここに書かれているのは、まさにそのように苦しんだシュン・シンの経験です。彼女は今では金銭的損得を冷静に考えることができるようになり、金銭以上に価値のある富を見出しました。彼女はどのように苦しみから脱出したのでしょうか。そして、金銭より価値のある富とはなんでしょうか。彼女の物語にその答えを見出しましょう。

神様の恵み,金銭

裕福になろうとあがき続ける

子どもの頃に貧しさゆえに惨めで辛い経験をした私は、一生懸命勉強して将来はお金持ちになり贅沢な生活をし、周りの人達に称賛され尊敬されるようになろうと決心しました。十年以上の辛い勉強の末にやっと入学できたのは三流の大学でしたが、それでも落胆はしませんでした。一生懸命働けば、裕福になれると信じていたからです。

大学卒業後、私は英語教師の仕事に就きました。二年間働いてきた同僚の給料がほんの二千元余りと聞いた私は、きっぱりと退職しました。その後、販売の仕事に就くために上海と青島の訓練学校に行きました。毎日朝から晩まで電話で営業活動をし、懸命に努力した結果、私の月収は一万元近くにまでなりました。もっと業績を上げようと思っていたちょうどその時、学校のリーダーシップが変わり、理由もなく私はクビになりました。仕事を辞めたくはありませんでしたが、残念に思いながら職場を去るしかありませんでした。

カナダ移住後、再び金銭欲が湧く

結婚後、私は夫とともにカナダに移住し起業しました。当時妊娠中だった私は、働くことができなかったため、教会の礼拝に出席しました。初めて教会を訪れた時、牧師が私を大歓迎してくれましたが、私が裕福ではないと知ると、私を無視し、裕福な人達ばかりを歓迎し、その人達にへつらいました。牧師の態度を見て、私はますますお金の重要さを確信しました。誰もがお金第一の今の時代、お金さえあれば何でも手に入れることができる。そしてお金がなければ、どこに行っても見下される。だから私はもっと稼いで、私を見下げる人を見返そうと再度決心したのです。

長男を出産後、私は収入を得るために働き始めました。どんなに大変な仕事も厭いませんでした。その後再び妊娠し、その頃の私は身体的にとても弱っていました。それにもかかわらず、もっと収入を増やそうと、産後1ヶ月で友人と輸入代行業を始めました。私は商品の知識を増やそうと一日中ケータイを見ていました。授乳中も販売スキルやネットでのプロモーション方法などを調査しました。毎日長時間ケータイを見続け、夜遅くまで作業したせいで、目があまりにも痛くなり、目を開けることすらできず、背中も凝って痛みました。それでもお金を稼ぐためにはやめる訳にはいかず、ベッドに横になったまま仕事をしました。仕事ばかりになってしまった私には、子育てのための余力はありませんでした。ある時、長男は私の手からケータイを奪うと地面にたたきつけ、一日中ケータイを見ているだけで少しも自分達のことを構ってくれないと言って怒りました。それでも私は申し訳ないとは思いませんでした。良い生活を提供してやれないのなら、子供と一緒に過ごす意味がないと思ったからです。お金が全ての世の中に住んでいるのだから、たとえお金が全てを叶えてくれる訳ではないにしても、お金なしでは何もできないのです。より良い生活を楽しみ、周りの人達に尊敬され称賛されて堂々と生きていくにはお金以外にはないのです。子供達のことがどんどんおろそかになっていることが分かり、このことで苦しく感じたものの、相変わらず輸入業務に没頭しました。

その後私は、更に収入を増やそうと、直販の仕事をパートタイムでしました。しばらく熱心に働くと、ある程度の収入になり喜びました。人と話すときには以前より声が大きくなり、両親に送金する自分を誇らしく思いました。お金を持っているのはいい気持ちでした。更に成績が良く、何万という月収を得て贅沢で良い暮らしをしているアップラインの人たちを見ては、自分も更にダウンラインを増やせば、そのうちあの人たちのようになれると思いました。けれども事は私が思うようには進みませんでした。一年かけてダウンラインを十人育成しましたが、誰も私と一緒に働きたくなかったため、私は振り出しに戻らざるを得ませんでした。それは私にとってとても悔しい挫折でした。その一年間一日中働いてダウンラインを訓練したのに、なぜそんな結果になったのでしょうか。

救いが訪れても無視

そのとき、終わりの日の神の福音が私に伝えられたのです。お金を稼ぐことにばかりあくせくし、惨めな生活になっていた私を見た兄弟姉妹たちが、私にこのように話してくれました。「私たちが人生で持つ富は神様によって前もって決められていて、自分の努力で変えられるものではないのです。主イエスは言われました。『何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。』(マタイによる福音書6章25-26節) 神様は私たちを創られ、息を吹き込まれ、神様の配慮と守りの下で生きるために必要なものは全て与えて下さいます。私たちが将来を思い煩ったり心配したりする必要はないのです。普通に働いていれば、十分な衣類も食料も手に入ります。私たちは皆、お金もうけのことだけを考え、残業したり時間外に働いたりして、結果的に神様に近づく機会、集会で神様の声を聞く機会を逃し、疲れ切った体で倒れてしまう人がいるのを見ています。神様は私たちが手に入るだけの衣類と食べ物で満足するよう願われますが、サタンは私たちを堕落させようとします。私たちの心をお金で支配させ、どこまでもお金を稼ぎたくなるようにし、飽くなき欲求をあおります。これはサタンの策略以外の何ものでもありません。自分の飽くなき欲求を捨てて神様のご計画と采配に従って初めて、私たちは安らぎと解放を得ることが出来るのです」兄弟姉妹のこの言葉を聞いて思いました。「あなた方の言うことには知恵があるけど、お金が全ての今の世の中でそのような考えでいれば、昔のような惨めな生活をするしかなくなるんじゃない?いや、私にはやっぱりもっとお金が必要よ。」こうして私は、終わりの日の神の福音を受け入れはしたものの、相変わらず直販の仕事に全力を注ぎました。朝起きるとまず広告を配信したり、顧客のメールに返信したりという生活でした。霊的な成長のために費やす時間は全くありませんでした。祈る度に、自分達夫婦を大きな富で祝福してくださいと神様にたのみました。これが私の神様への信仰の有り様で、集会中にこっそりと直販の広告を掲示するほどでした。

神様の御言葉が明らかにするサタンの策略

私の状況を知った兄弟姉妹は、ある集会で神様の御言葉を私に見せてくれました。「『地獄の沙汰も金次第』はサタンの哲学であり、人類全体に、あらゆる人間社会に浸透しています。この格言は人間一人ひとりに伝えられ、今や一人ひとりの心の中に固定しているので、社会動向であると言うことができます。人はこの格言を受け入れない状態から、それに慣れ親しんでいく状態に移行したので、現実生活を知るようになったとき、格言を暗黙のうちに徐々に認め、その存在を認知し、最終的には一人ひとりが格言に承認印を押したのです。この過程は、サタンが人間を堕落させる過程ではありませんか。……サタンがこの社会動向を用いて人を堕落させた後、それは人にどのように表れますか。皆さんは金がなくてはこの世で生き残っていけない、一日でさえも不可能であると感じませんか。(感じます。)人の地位は、体面と同様に、その人がどれだけ金をもっているかにもとづいています。貧しい人々は恥ずかしさのあまり背を丸め、その一方で富裕な人々は高い地位を享受しています。彼らは胸を張って威張り、大きな声で話し、傲慢に暮らします。この格言と社会動向は人に何をもたらしますか。多くの人が金を稼ぐことは、あらゆる犠牲を払う価値があると考えていませんか。人々はもっと金を得るために自分の尊厳や高潔さを犠牲にしていませんか。多くの人が、自らの本分を尽くして神に従う機会を、金のせいで失っていませんか。これは人にとって損失ではありませんか。(損失です。)この方法と格言を用いて人間をここまで堕落させるサタンは邪悪ではありませんか。これは悪意に満ちた策略ではありませんか。」(「唯一の神自身5」より)

神様の言葉を読んだ後、ある姉妹が言いました。「かつて私は、どうして全人類がお金を崇拝し、時間もエネルギーも全て注いでお金を稼ごうとするのか、身体を壊してまでやり続けるのか、お金のことで争い合い、騙し合い、激しくぶつかり合い、殺し合いまでしてしまうのか分かりませんでした。けれども神様の御言葉を読んで、お金はサタンが人間を堕落させて害を与えるための策略なのだと知りました。サタンはこの世をあらゆる無神論の学説や偉人や有名人の書籍や物語で溢れさせ、『金が全てではないが、金がなければ何もできない』、『先立つものは金』、『誰であれ金をくれる人には逆らえない』といった観念を吹き込んで、私たちに人生でお金は何より大事だと思わせ、お金さえあれば何でも手に入ると思わせ、周りの称賛を得て何でも好きなことができ、成功すると思わせるのです。そしてお金がなければ周りから軽視され、見下され、社会に居場所がなくなると考えさせます。このような間違った考えを受け付けられた私たちは、時間もエネルギーも全てお金のために注ぎ、他のことは全てそっちのけで、健康すら犠牲にしてお金を稼ごうとし、お金の奴隷になってしまうのです。神様の救いを受け入れても、尚も際限なくお金を追い求め、真理を求めたり神様を礼拝することには興味をもたず、神様の被造物としての本分を果たすことはできず、神様の加護や守りからは遠く離れてサタンの支配下で生きるのです……」

その姉妹の言葉は私の心にストレートに響きました。お金を崇拝するこの社会で尊厳をもって生き、人から尊敬され、自分の言葉に耳を傾け尊敬させるには富が必要だと私は常に信じてきたので、大きな富を求めることは正しいと思ってきました。学校を卒業してからは色々な仕事をし、収入になるならばどんなに難しいことも粘り強くやり抜きました。息子が生まれてからは、自分の弱い身体を気にせずベッドの上で輸入の仕事を続けました。お金を稼ぐためにほぼ全ての時間とエネルギーを仕事に費やし、それが原因で私と子供達のあいだには距離が生まれ、時には子供たちが私を無視するほどになっていました。神様の救いが訪れた時、それを大切にせず、兄弟姉妹が神様の御心を語ってくれても、私のお金に対する欲望は全く変わりませんでした。集会中に直販のメッセージを送ったり、祈りの中でさえも、もっとお金儲けさせてくださいと神様にお願いしていました。私はお金を稼ぐことは正しいといつも思っていましたが、神様の御言葉を読んでから、そのような考えや観念はサタンから来るのであり、サタンがそれを使って人々に害を加えて堕落させようとしているのだと知りました。サタンはそのような観念を私たちに吹き込むのは、サタンは私たちにお金や贅沢な暮らしを求めて虚栄心を満足させるためにいつも忙しくなるように仕向けたいからです。私たちがエネルギーを使い果たして神様の配慮と守りから遠ざかるようにさせ、私たちを支配し害を加え、お金のために私たちが命さえ落とすことをサタンは願っているのです。これまで自分がどれだけお金のために働いてきたか、どうして若いうちに目を痛め、背中を慢性的に痛め、子供達からどんどん離れてしまったかを思いました。その全ての背後にある闇の力はサタンだったのではないでしょうか。

姉妹はこうも言いました。「今の社会、貧しい人達は何とかお金を得るためにどんな事でもしよう、すべてを犠牲にしようとします。一方では、人の上に立つ人や裕福な人、有名人は、資産があり贅沢な生活を送っていても、心の中は空しく生きている人もいて、中には自殺してしまう人もいるのです。それを見れば、お金は一時的な安堵と楽しみを与えてくれるだけで、お金持ちの人達はどんどん堕落し、金遣いが荒く贅沢になり、そして一時の楽しみが過ぎれば空虚と苦痛しか残らないことがわかります。私たちが神様の前に出て潤され、御言葉を頂いて真理を理解しなければ、人類を堕落させるサタンの策略を見抜くことは決してできず、どこまでもお金に縛られ続け、最後にはサタンにもてあそばれて害を受けるだけなのです。」

その姉妹の話を聞いて思いました。「その通りだ。神様は今日、真理を表されていて、人類を救う働きをされ、私たちがサタンの堕落と支配から完全に逃れて神様の配慮と守りを得るようになさっている。私が終わりの日の救いを受けるために選ばれたのは幸運だった。もし私が真理ではなくお金を追い続けるのならば、いつの日か裕福になったとしても、神様の救いの働きが終わるとき、それが何になるのだろう。大災害がやって来れば、全て無になってしまうのではないのか。イエス様が言われた通りだ。『人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。』(マルコによる福音書8章36節) それを理解した時、もうこれ以上お金ばかりを追い求めてサタンに惑わされたくありませんでした。直販の仕事では、ダウンラインを増やすためには全ての労力を費やさなくてはならないと考えていましたが、それでは子供達の世話をしたり集会に出席したり本分を尽くしたりする時間がありません。そこで直販の仕事は止めて、代行購入の仕事だけをする事にしました。それによって、時間にかなり余裕ができました。

神様の采配に従い、神様の祝福を見る

それからしばらくして、私はパートナーのひとりに問題があることに気づきました。彼女は真面目に仕事をせず、よく顧客に間違った商品を送っていました。それが原因で、私たちの顧客サービスの成績が落ち続けました。問題解決しようとしても彼女は私を無視し、売り上げは落ちて行きました。どうすることもできず、私は彼女とそれ以上仕事を続けられないと判断し、仕方なく全顧客と5つ星のWeChatの店舗を手放しました。すでに顧客数は五~六千人に達していたので、続けていればそれまでにないほどの収入を得ることができ、衣食の心配などすることなく、誰もが私を見直したであろうことを考えると切ない思いがしました。でも止めなければなりませんでした。いずれにせよ良いパートナーを見つけることはできそうにないのですから。それはまるで砂地獄にはまってしまい、ズルズルと沈んでいき、抜け出せないかのようでした。どうすることもできない苦しみの中で、私はひたすら神様に祈り導きをお願いするしかありませんでした。

私の状況を知ったある姉妹が、神様の御言葉を二節教えてくれました。 「ある者が追究する職業、ある者の生業、ある者が生涯にわたって蓄える富は、その者の両親や才能、努力、野望によって決まるものではなく、創造主により予め定められている。」(「唯一の神自身 3」より) 「人の運命は神の手で管理されている。あなたは自分自身を管理することはできない。いつも自分自身のことで忙しくしているのにもかかわらず、人は自分自身を管理することができないままでいる。あなたがもし自分の将来を知ることができ、自分の運命を管理できるなら、あなたは被造物だろうか。」(「人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より)

これらの神様の御言葉を読んだ私は、とっさに理解しました。私は被造物に過ぎず、私の将来や運命、生活は全て神様の御手の中にあるのです。私がどう生計を立てていくか、生涯どれくらいの収入を得るのかは神様が予めお決めになっています。にも関わらず、神様がいかに全てを支配されご計画されるかを私は本当には理解していなかったため、全力で金銭を追い求め、金銭の損得を心配し、WeChatショップを諦めた時にはとても苦しくなり、将来どうして存続していけるのかと不安になるほどでした。私は不安と苦しみの中で生きていました。たとえ自分の将来がどうなるか分からなくても、神様が私に相応しいご計画を持っておられると信じ、勇気をもって将来を神様に委ねなければならないのです。その事が分かった私は、ずっと気持ちが楽になりました。私は自分の仕事、人生を神様に委ね、これから進むべき道を神様に導いていただきますと祈りました。

その後、私は神様の御言葉を読む時間が増え、兄弟姉妹とともに集会に出席し、お互いの経験や理解を分かち合いました。子供達のことも神様に委ねました。毎日、子供達と御言葉を読み、讃美歌を歌っているうちに、子供達との関係も改善されました。更に私を驚かせたのは、私が仕事のパートナーと別れた後、主人の仕事が急速に上向きになったことです。神様のご計画が本当に素晴らしいことがわかり、私の心は神様への感謝でいっぱいになりました。

真理を理解して神様の御言葉によって生きることは私の最大の富

その後、私は次の御言葉を読みました。「人々が追究する人生の様々な目標や生活様式を繰り返し調査分析すると、創造主が人間を創った時点における創造主の元来の旨に適合するものがひとつも無いことが分かるであろう。そうした目標や生活様式は、全て人間を創造主による統治と慈しみから引き離すものであり、人間を陥れて地獄へと導く罠である。このことを確認した後の作業は、従前の人生観を捨て、様々な罠から離れ、自分の人生を神に託して神に自分の人生を采配してもらい、神の指揮と導きのみに従うよう心がけ、それ以外の選択肢に惑わされず、神を信仰する者となることである。」(「唯一の神自身 3」より)神様の御言葉を読んだ私は、これまで自分が歩んで来た道を思い返してすすり泣きました。神様が全てを支配されていることを知らず、お金を稼いで裕福になることばかりを考え、結局自分も子供達も苦しんできました。もし神様が救って下さらなかったならば、お金の砂地獄にどこまでも深くはまり、お金しか見えなくなって神様から遠ざかるばかりで、最後にはサタンの餌食となっていたでしょう。神様は私を救って下さり、御言葉をもって私を導き、サタンの策略を打ち破るようにして下さいました。そして、お金を使って人々を神様の配慮と守りから引き離し、支配し害を与えようとするサタンの邪悪な意図がはっきりと見えるようにし、これから進むべき正しい道が見えるようにして下さいました。私は間違った追究を捨て、未来の人生を神様に委ね、神様のご計画と采配の全てに従いたいと思うようになりました。神様の御前に出て御言葉に従って生きて初めて、真の安らぎと解放を得て、心の平安と喜びを本当に感じることができるのだと心から思いました。

今では、教会で本分を尽くし、神様の導きの下で生活しています。安らぎと平安、安心と解放を感じます。私は人生で最も価値のある富を得ました。それは、真理を理解し、神様の御言葉によって生き、創造主の愛と救いを得ることです。神様に感謝します!

関連した内容

  • 私たちの罪が許された今、私たちは天国に入れるのか?

    今日、集会の後、ある兄弟が心配そうな顔で私の所にやってきた。彼は「神は人々に聖なる人となることを求められますが、私は無意識のうちに罪を犯してしまいます。いつもこのように罪を犯しながら生きていたら、私は主が来られる時に天国に入れるのでしょうか?」と言った。

  • 神様の名前がヤーウェならば、なぜイエスと呼ばれるのか

    旧約聖書に神様の名前はヤーウェと呼ばれることを記録されているが、新約聖書に神様の名前はイエスと呼ばれることを記録されています。神様の名前はヤーウェと呼ばれるが、なぜまたイエスと呼ばれるのでしょうか。この背後にどんな奥義が隠されているのでしょうか。ご覧ください。

  • なぜ神は私たちに試練と精錬を経験させられるのか

    多くのクリスチャンが混乱しています。神は愛であり、全能です。では、なぜ私たちが苦しむのをお許しになるのでしょうか。このエッセイを読んで 答えを見つけてください。

  • クリスマスの意味を考える:あなたは本当に主イエス様を礼拝しているか

    毎年クリスマスが近くと、街では様々なクリスマスプレゼント用の商品が店先に並び、サンタクロースやクリスマスツリーが飾られます。木々や建物にはカラフルなイルミネーションが光り、街中がランタンや装飾で華やかに飾られ、誰もがクリスマスを楽しみにしてわくわくします。