全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の国の福音に関する代表的な質問と解答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

質問15.中国の指導部は、カトリックを始めとするキリスト教を邪教と定め、聖書を邪教本と定めていることは、周知の事実です。なぜ中央政府がキリスト教の家庭教会、特に全能神教会を邪教としているのか?私の理解によると、その定義は、次のようなものになるでしょう。神が万物を創造したと証しするもの、神こそが人類を創造した、創造主であるとするもの、神こそが万物の支配者であり、神こそが宇宙の支配者である、そう証しするもの、人類は、神だけを崇め、神に従うべきだと主張するもの、それは邪教です。神が義にして聖なる偉大なものであると証しするもの、神の愛と人類の救いを証しするもの、サタンの邪悪な力が人類を堕落させて、世界を支配すると非難するもの、特に中国共産党を直接攻撃・非難するものは、みな邪教です。イエスが再臨したと証しするもの、受肉したキリストを証しするもの、普通の人間の言動を救世主の出現と働きのように語るもの、キリストの言葉がすべて真理であると喧伝し、証しをするもの、神を受け入れ、神を信じ、神に従うよう呼びかけるもの、共産党に従わないものは、みな邪教です。神の言葉が真理であり、何よりも崇高であると証しするもの、また聖書が神の言葉であると証しするもの、『言葉は肉において現れる』が真理だというもの、マルクス・レーニン主義と、中国共産党の思想と理論を排斥するものはすべて、邪教と言えます。終わりの日のキリストについて説き、神が再臨したと言うもの、人類に神の救いを受け入れよと言うもの、神の国に入るために一切合切を捨てて、神に従えと言うものは、すべて邪教です。この定義が、政府の考えるキリスト教の家庭教会でしょう。特に全能神教会は、邪教と考えられています。中国は、共産党が支配しています。共産党は、マルクス・レーニン主義の無神論政党で、有神論に反対の立場です。共産党は、神を信じるすべての宗教を邪教として断罪しています。これは中国共産党の絶対権威をはっきり示すものです。共産党こそが、偉大であり、輝かしく、正しいんです。マルクス・レーニン主義に反するものや、敵対するものは、間違っています。中国共産党は、そのようなものを禁止します。中国では、マルクス・レーニン主義と、共産党を敬うべきです。その点に何か問題はありますか?全能神の信者は、全能神はイエスの再臨だと、終わりの日のキリストだと言う。全能神は、人を清めて救うため、真理を表していると、神の国はすでに来たと言う。そのせいで宗教界に激震が走り、数百万人の信者が全能神の元に帰った。それが中国で、大騒動を巻き起こし、社会不安と、大きな混乱をもたらしたんだ。公共の秩序を乱していないか?だから中央政府は、全能神教会を邪教と断罪して、大々的に弾圧している。君たちはみんな騙され、邪道に走った。みんな一刻も早く、心を入れ替え、全能神教会を辞めて、三自教会に入れ、そうすれば、君たちの刑事責任は追及されない。

解答: 今のご説明で、共産党の邪教の定義はよく分かりました。ですが私は、共産党が教会を非難するのは、間違いであり、バカげていると思います。何が真に正しいか、何が邪悪かは、それが真理と一致しているかどうか、神の御言葉が根拠にあるかで決まります。まず知っておくべきことは、万物を創造した唯一の真の神だけが真理であること、神は至高の存在で、人類が崇拝すべきものです。ことわざにあります、「頭を挙ぐれば三尺に神明あり」、「人は行動し、天は見守る」、「天意に背くべからず」、「正義は人の心にあり」、「善は善に報い、悪は悪に報いる」、「罪を天に獲れば、祷る所なきなり」、これは神様が万物の支配者である証し、そう言えるでしょう。神様は真理です。肯定的なものはすべて神様から来ます。人間社会の法規と道徳のすべては、神様の働きと御言葉に由来します。創世以来、神様はずっと真理を示し、人を導き罪を贖い救ってきました。神様は人間の偉大な贖い主です。神様への信仰・服従・崇拝・教えの遵守は、すべて肯定的なことであり、正しい道であり、神様の祝福に値します。反対に、間違ったもの、邪悪なものは、すべてサタンに由来します。神様を拒んだり、逆らったり、敵対したりするものは、すべて邪悪なものです。結局邪教とは何でしょう?確かなことは、神様に刃向かうものや、神様が示した真理に反するもの、神様を否定し、神様の働きを非難するものや、人を暗闇へと導き、神様から遠ざけ逆らわせ、かつてないほどに、人を堕落させ邪悪にさせ、神様の怒りに触れ災いを引き起こす、このような組織や邪悪な勢力が邪教だということです。共産党は政権を取って以来、無神論と進化論を広めて人民を惑わせ堕落させています。そのため人民は神様を否定し、神様に背く道を歩んでいる。神様の性質を侵し、呪われているんです。共産党は神様に逆らい、国家に災いをもたらしました。人民は奈落の苦しみに耐えかね、次々と海外に脱出しています。中国共産党は長年、神様を憎んで刃向かってきました。そして数えきれないほどの悪事を重ねてきました。すなわち、中国共産党こそが真の邪教。キリスト教を邪教と断罪することで、共産党は真理と嘘をすり替え、事実を曲げています。

 どのような基準でもって、邪教と正道を分けるのか、それはよく考えるべきことです。何千年間も、サタンはさまざまな異端と偽りを広めて人類を堕落させてきました。人は神様を否定し、逆らい、背いています。人間の世界は、暗く邪悪になり混沌としています。中国共産党は政権を取って以来、無神論と進化論を広めてきました。スローガンは、「この世界に神は存在しない、救世主などいたことはない」、「天上天下、唯我独尊」、「人は自然を制し、天地と戦う」、ことわざにも、「人の運命は己の手中にあり」、「己を怠る者は天地が滅ぼす」、「地獄の沙汰も金次第」などひどい言葉ばかり、人民を惑わす誤った教えです。人々はますます、傲慢で自己中心的で、不誠実で貪欲で、卑しくなって、良心と人間性を失っていきます。けがれた悪魔や野獣のように邪悪になって、殺し合いさえします。今の中国は、赤い大きな龍がのさばる最も暗く卑しい場所、そこに神様が現れて働かれ、人類を清めて救おうとなさっています。人はサタンの力による闇の支配を逃れ、神様を信じ、光の道を進むんです。これはすべて肯定的なことです。でも信者は共産党から弾圧と迫害を受けています。これは、中国共産党が頑なに天に逆らうことではないですか?良心がある人はみんな、信仰は正しいと知っています。神様の出現と働き、示される真理だけが人類を救えるんです。ですから、唯一の真の道は、真理を示して人類を救えるお方です。人類を惑わせて、堕落させ、闇と悪の道を歩ませるものは、間違いなく邪教です。これこそ邪教と正道を区別する基準でしょう。神様の働きと真理を受け入れる教会を邪教と断罪するとは、全く事実無根であり、バカバカしい話です。神様だけが真理であり、道であり、命です。その出現と働きが、人類に真理と光をもたらし、サタンの影響から解放し、罪から救い出して、すばらしい終着点に連れていけるんです。神様の働きを受け入れる教会を邪教と断じることほど、邪悪な行いはありません。こんな悪行を平気で行うのは共産党だけです。神様は段階的に人類を救われます。例えば、恵みの時代には、初めて主イエスとして受肉されました。主イエスは一見普通の人でしたが、人類の罪を贖うための真理を示されました。罪のための生贄として磔になり、人を律法の断罪と呪いから解放しました。恵みと祝福をくださったんです。当時のユダヤ教は、支配勢力と共謀し、主イエスを罪に問おうとしました。そして主イエスを磔にしたんです。それで狙いどおり、主の働きに終止符を打てる、そう思ったんでしょう。結果はどうですか?今では、人類を贖う主イエスの福音が世界に広がっています。何億人もが神様の祝福を得ているんです。宗教界も認めているように、主イエスはキリストであり救世主です。主の降臨によって誕生したキリスト教こそが、真の道であり、正教なんです。共産党の無神論者だけが、キリスト教を邪教として非難しています。そして聖書を邪教本呼ばわりしています。それが事実でしょう。中国共産党は主の出現と働きを非難し、キリスト教を邪教に指定しました、驚きはしません。中国共産党は、真理と神様を憎む、サタンの体制だからです。神様が出現して働くのを目の敵にしています。これは完全にサタン的本性のなせる業です。終わりの日に、全能神として、主は再び受肉されました。人を清めて救うために真理を示し、終わりの日の裁きをなさっています。人を神の国に導き、暗闇と邪悪の時代を完全に終わらせるんです。神様が出現して働かれた事実だけで、その各段階が人類を発展に導いていることは明らかです。神様が示すすべての真理が、人類を光へと導いています。神様の御言葉と働きなしに、人類は前進しません。罪の中に深く沈み込んで、自滅してしまいます。神様の働きを邪教と断罪する人たちがいるとは、一体どうしたことでしょう?これは、よく考えてみるべき問題です。現在、真理を愛し光を求めるさまざまな宗派の人々が、全能神の御言葉を真理と認め、全能神の御言葉は神様の声だと確信しています。全能神は、終わりの日の、救世主の出現です。その御言葉と働きは真の道であり、ますます多くの人々が、受け入れ、証しし、広めています。どうして共産党は、神様の働きを拒み、教会を激しく、弾圧・迫害するんですか?なぜ神様の働きであり、真理であり、良いことであればあるほど、共産党は、ますます非難して取り締まるんですか?それこそ天に刃向かう、反逆的な行いでしょう。今なら、誰にでも分かるはずです。真理を憎んで求めず、神様を拒んで逆らい、敵対する政党や組織こそが、邪教なのだと。あらゆる嘘やうわさを捏造し、人類を堕落させるものが、邪教なんだと。キリスト教会を非難・弾圧し、キリストに敵対するものが、邪教なんだと。キリストを否定するもの、真理を認めず、キリストに敵対するものは何であれ、邪教なんです。中国共産党は最も神様を拒み、神様に逆らい、真理を憎み、キリストを憎む政党です、すなわち、中国共産党は、典型的な本物の邪教なんです。

『共産主義の妄言』の映画台本から

前へ:質問14.信仰については、各人の考えがあります。皆さんの考えや理論は、主観的なもののように思えます。幻想の領域と言ってもいいでしょう。我々共産主義者は、唯物論と進化論が正しいと信じます。なぜなら、科学に合致するからです。中国では小学校から大学まで、唯物論・進化論の教育を施します。なぜでしょうか?子供たちに早くから、無神論や進化論の考え方を教え込むためです。そして宗教や迷信から遠ざかるように、科学的で理性的な思考が身に着くようにです。例えば、生命の起源はどうでしょう?昔の人々は無知でした。中国神話では、神・盤古が天地を分け、女神・女媧が人を創った。西洋諸国では、創造主が人を創ったとされます。しかし、これらはすべて神話や伝説で、科学の裏付けはありません。進化論の登場によって、人類の起源や進化が説明されました。つまりヒトは猿から進化したということです。進化論は、神が人を創ったという神話を覆しました。世界の万物は、自然に進化してきました。これこそ真理です。ですから、我々は科学と進化論を信じなければなりません。皆さんは、教育を受けた知識人です、なぜ神などを信じるんです?皆さん、見解を聞かせてもらいましょうか。

次へ:質問16.君たちは、全能神は終わりの日の神の出現であり、真の道だと言う。そしてまた神がこの世界を創造して、この世界を支配していると。人々を導き救ってきたのは、神の働きだと。どんな根拠があって、そんなことが言えるんですか?中国共産党は、無神論を基本としている。神の存在や、神の主権などは、全く認めない。受肉した神の出現や働きも認めません。キリスト教が信じるイエスは、明らかに人間だ。両親もいたし、兄弟もいた。キリスト教では、なぜイエスを神として崇拝しているのか?全く理解できない。君たちの信じる全能神はイエスと同じく、明らかに普通の人間だ。君たちはどうしてそれを受肉した神だなどと、言い張るのか?なぜそれを終わりの日の救世主キリストだと証しするのか?あまりにも愚かではないですか?この世界に、神などは存在しない。ましてや受肉した神などはいないんです。君たちは、普通の人間を受肉した神だと、頑なに言い張っている。その根拠は何ですか?信仰を裏付ける根拠と理由を言えますか?