全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の羊は神の御声を聞く(新信者必読)

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第6章 神への信仰において備えるべきいくつかの識別

2. 聖霊の働きと悪霊の働きの識別

関連する神の言葉

神は同じ業を繰り返しはしない。現実的でない働きは行なわない。神は人間に過分な要求をしない。また、神は人間の理知の外にある業は行なわない。神が為す業はみな、人間の正常の理知の範囲内で行われ、本来の人間の理知の外には及ばない。また、神の働きは人間の正常な必要に沿ったものである。もしそれが聖霊による働きであるなら、人間はずっと正常になり、その人間性はさらに正常になる。人間はサタンのような堕落した自分の性質、人間の本質についての認識を増し、真理への渇望は更に大きくなる。これはつまり、人間のいのちがどんどん成長し、人間の堕落した性質においては、より一層の変化が可能となる。これら全てが神が人間のいのちになるということの意味である。もし、ある道が、人間の本質であるこれらのものを明らかにすることができないのなら、また人間の性質を変えることができないのなら、さらにまた、人間を神の前へ導き、神についての真の理解を与えることができないのなら、あるいは、人間性をさらに卑しめ、その理知をますます異常なものにするのなら、その道は真の道ではあり得ず、悪霊の業、あるいは、古い道なのだ。要するに、それは聖霊が現在為している働きではないということだ。

『言葉は肉において現れる』の「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」より

神から出るものは何で、サタンから出るものは何かを理解しなくてはならない。神から出るものはあなたのビジョンをさらに明確にし、神にますます近づかせ、兄弟姉妹と心から愛を分かち合うようにさせる。そして神の重荷に対して配慮を示すことができ、神を愛する心は止むことがなく、目の前には進む道がある。サタンから出るものはあなたのビジョンも、それまで持っていたもの全てをも失わせる。神から離れ、兄弟姉妹に対する愛も失せ、憎しみの心を持つようになる。絶望し、もはや教会生活を望まなくなり、神を愛する心が失せる。それがサタンの働きであり、邪悪な霊の働きがもたらす結末である。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第二十二章」より

聖霊の働きとは積極的な導きと前向きな啓示の一種だ。それは人々が受け身でいることを許さない。それは慰めをもたらし、信仰と決心を与え、人々が神によって完全な者となれるようにする。聖霊が働く時、人々は盛んに成長することができる。受け身でもなく、強制されることもなく、積極的に成長する。聖霊が働く時、人々は喜んで、自ら進んで従おうとし、謙虚になることを喜び、内側では痛みや弱さがあっても、協力しようと決意し、喜んで苦しみ、従うことができる。そして人間の意志によって汚されず、人の考えによって汚されず、間違いなく人間的な欲望や動機に汚されないのである。人々が聖霊の働きを経験する時、彼らの内面は特に清い。聖霊の働きを所有する人々は神の愛、兄弟姉妹への愛を体現し、神を喜ばせることを喜びとし、神の嫌うことを嫌う。聖霊の働きによって触れられた人々は正常な人間性を持ち、人間らしさをもって常に真理を追い求めている。聖霊が人々の内側で働く時、彼らの状態はより良くなっていき、その人間性はより正常になっていく。そして彼らの協力は愚かなものの時もあるかもしれないが、彼らの動機は正しいものであり、彼らの成長は肯定的で、邪魔をしようとしたりはせず、心には悪意がないのだ。聖霊の働きとは正常で現実的なものであり、聖霊は、人の通常の生活における規則にしがたって働き、正常な人々の求めに応じて啓き、導く。聖霊が人々の内に働く時、聖霊は人々を通常の人が持つ必要に応じて導き啓示し、人々の必要に基づいて施す。そして聖霊は人々が欠いているもの、欠乏しているものに基づき前向きに導き、啓示する。聖霊が働く時、この働きは人の通常の生活での規則に調和して行われるものであり、人々が聖霊の働きを見ることができるのは現実の生活の中でのみである。もし、日常生活の中で、人々が前向きな状態であり、通常の霊的生活を送っているのなら、彼らは聖霊の働きを持っている。そういった状態の中では、神の言葉を飲食するなら信仰を得、祈るなら霊的に励まされ、彼らに何か起きたなら彼らは受け身にはならず、それが起きている最中に神が彼らに学ばせようと課している教訓が何なのか見ることができ、受け身でも脆弱な状態でもなく、現実の困難の中にあっても、神のすべての采配に自ら従おうとするのだ。

聖霊の働きによって成し遂げられる効果とは何か。あなたは愚かかもしれないし、あなたの内には識別力がないかもしれないが、聖霊はあなたの内に信仰が生まれ、あなたがいつもどれほど神を愛しても愛しきれないと感じ、先にどのような大きな困難があろうとも自ら協力したいと思えるように働くだけなのだ。問題が起こり、それらが神から来ているのかサタンから来ているのかはっきりとはわからないのだが、あなたは待つことができ、受け身にも怠惰にもならない。これは聖霊の通常の働きである。聖霊が人々の内に働く際にも彼らは現実の困難に向き合い、時には涙し、乗り越えられない問題に直面することもあるが、これらはすべて聖霊の普通の働きの一段階だ。たとえ人々がそういったことを乗り越えることができなくても、またその時には弱く不平を言ったとしても、のちになって神を絶対的な信仰をもって愛することができるようになるのだ。受け身であったとしても、それが人々の普通の経験から遠ざけることはなく、他の人々がなんと言おうと、あるいはどう攻撃しようとも、彼らは神を愛することができるのだ。祈りの中では常に、かつて神に借りがあったと感じ、そして神を満足させよう、再びそういったことに遭遇したなら肉を放棄しようと決心するのである。この力は聖霊の働きが彼らの内にあることを示すものであるし、これこそが聖霊の働きの正常な状態なのである。

サタンから来る働きとは何か。サタンから来る働きにおいては、人々のビジョンは曖昧で抽象的であり、正常な人間性を持たず、彼らの行動の背後にある動機は間違っている。そして神を愛したいと願いはしても、常に心に自責の念があり、そういった自責の念や思いが内で互いに干渉し、彼らのいのちの成長を制約し、神の前に正常な状態を持てないようにする。つまり、人々の内にサタンの働きが始まるやいなや、彼らの心は神の前に平安を失い、自分でもどうしたら良いかわからず、兄弟姉妹の集まりが目に入れば逃げたくなり、他の人が祈る時に目を閉じることができない。悪霊の働きは人と神との正常な関係を壊し、人々がそれまで持っていたビジョンや、以前のいのちの入りへの道を混乱させる。心の中で彼らは神に近くことが決してできず、いつも彼らに分裂を引き起こし、足かせとなるような事が起こり、心は平安を見つけられず、神への愛の力はなくなり、霊が沈んでいく。こういったことがサタンの働きの顕現なのだ。サタンの働きは次のような事柄に現れる。堅く立っていることができずに証しとなることができず、それがあなたを神の前に落ち度のある者、神への忠実さを全く持たない者とさせる。サタンからの干渉により、あなたは自らの内に神への愛や忠実さを失う。あなたは神との正常な関係を剥ぎ取られ、真理や自らを改善することを求めず、後戻りし、受け身となり、自分を甘やかし、罪が広がるのをなすがままにし、罪を憎まなくなる。さらに、サタンからの干渉はあなたをふしだらにし、神があなたの中で触れたものは消えてしまう。そしてあなたは、神について不平を言って神に対抗し、そして神を疑うようになり、そこにはさらにあなたが神を離れる危険性もある。このすべてはサタンの働きである。

『言葉は肉において現れる』の「聖霊の働きとサタンの働き」より

神は、優しく、愛に溢れ、繊細で、思いやりのある方法で、特別に配慮された適切な方法で働きます。神の方法は、「神は私にこれをさせてくれるべきだ」とか、「神は私にそれをさせてくれるべきだ」のような強い感情をあなたに抱かせることはありません。神は物事が耐えがたくなるような強い考え方や強い感情をあなたに与えることは決してありません。そうではありませんか。たとえ神の裁きと刑罰の言葉を受け入れるときでさえ、あなたはどう感じますか。神の権威と力を感じるとき、あなたはどう感じますか。神は神聖で害することができないと感じますか。(はい。)そのようなときに、あなたは神から遠ざけられたと感じますか。神に対する恐怖を感じますか。感じません。そのかわりに、あなたは神に対する畏敬の念を感じます。人は神の働きのおかげで、これらすべてのことを感じるのではないですか。

…神は人間に働きかけ、人間は神の態度と心の両方において大切にされています。一方、サタンは人間を大切にしますか。サタンは人間を大切にしません。サタンは人間をどうしたいのですか。サタンは人間を傷つけたいのであり、そのことしか考えていません。そうではありませんか。サタンが人間を傷つけることを考えているとき、サタンは喫緊の精神状態でそうしますか。(はい。)人間に対するサタンの業に関しては、サタンの悪意のある邪悪な本性を十分に言い表し、あなたがたがサタンの憎らしさを知ることができる二つの語句があります。サタンが人間に接近する際に、サタンは常に強制的に一人ひとりの人間を占有し、一人ひとりの人間に取り憑き、害を及ぼすところまで到達し、サタンの目的を果たし、無謀な野望を実現させようとします。「強制的に占有する」とはどういう意味ですか。それはあなたの同意の上で、それとも同意なしで起こりますか。あなたが知っていて、それとも知らないうち起こりますか。それはまったく知らないうちに起こります。あなたが意識していない状況において、おそらくサタンがまだ何も言っていないとき、おそらくまだ何も行っておらず、何の前提も脈絡もないとき、サタンはあなたを取り囲んでそこにいるのです。サタンは利用する機会を探しており、次にあなたを強制的に占有し、あなたに取り憑き、あなたを完全に支配し危害を加えるという目的を果たします。これが、サタンの人類を手に入れるための神との戦いにおける典型的な意図と振る舞いです。

『言葉は肉において現れる』の「唯一の神自身 4」より

聖霊は自分の中で常に業を行っている、という者も居る。それは不可能である。仮に、そうした者が、聖霊は常に自分と共にあると言うのであれば、それは現実的であろう。仮に、そうした者が、自分の思考や理知は常に正常である、と言うのであれば、それもまた現実的であり、それは、聖霊がそうした者と共にあることを示すであろう。だが、聖霊は常に自分の中で業を行っている、どの瞬間も、自分は神により啓かれ、聖霊に触れられ、常に新たな認識を得ている、とあなたが言う場合、それは正常ではない。それは極めて超自然的である。そうした人々が悪霊であることに何の疑いも無い。神の霊が受肉した時でさえ、時には休息し、また食事をする必要があったのだから、あなたにそのようなことが必要なことは言うまでもない。悪霊に取り憑かれた者は、肉の弱さが無いように思われる。そうした者はあらゆる物事に背いて捨て去ることが可能であり、冷淡であり、苦悩に耐えることが可能であり、肉体を超越したかのように、全く疲労を感じない。これは極めて超自然的ではないだろうか。悪霊の業は超自然的であり、人間には出来ない業である。区別がつけられない人々は、そうした者を見ると羨み、そうした者の神への信仰は極めて強く、優れており、そうした者は弱いことが決してないと言う。実のところ、これは悪霊の業の表れである。なぜなら、正常な人間には必然的に人間の弱みがあり、それが聖霊の存在が有る者の正常な状態だからである。

『言葉は肉において現れる』の「実践(4)」より

説教と交わりの参考箇所

聖霊の主な働きは啓きと照らしであり、人に神の御言葉を理解させ、それに入らせることです。すなわち、人が真理を理解し、真理に入るように導き、ありとあらゆる試練と環境の中で人を啓いて照らし、神の御心を理解させることです。もちろん、人を救いに導くという目的で、聖霊は様々な人や物事を通して、人を暴露し、刈り込み、鍛え、罰します。聖霊はすべてを支配し、ありとあらゆる状況を采配して人を変え、完全にします。神の救いの働きにおいて、聖霊の働きは多岐にわたりますが、それは例外なく救いに関わるものです。聖霊の働きは隠れており、表面的にはまったく超自然的に見えませんが、経験がある人は心の中ではっきりと理解しています。それに対し、悪霊の働きはとてつもなく浮世離れしており、目に見え、感じられ、とても異常です。悪霊の所業から、悪霊は自己顕示を特に好み、真理のかけらもなく、非常に邪悪であることがわかります。たとえ悪霊が人に何年働きかけても、人の堕落した性質は少しも変わりません。むしろますます正常でなくなり、正常な人の理知を失いさえします。これが悪霊の働きの結果です。サタンとありとあらゆる悪霊はこのようにして人を堕落させ、人を縛り、人を惑わすのです。ついには、人は幽霊となり、悪霊に惑わされた人はサタンに奪われ、呑み込まれます。聖霊の働きはすべて人類の救いに関わるものであり、聖霊の働きがあればあるほど、人は真理を理解できるようになり、ますます正常な人間性を有し、ますます人間らしくなります。最後には神の救いを得て、真理と完全な人間性をもつ人になります。聖霊の働きと悪霊の働きとの主な違いは次のとおりです。悪霊は人を堕落させ、人を縛り、結局は幽霊にすることしかできません。聖霊の働きは、堕落した人を救いにおいて清め、真理と完全な人間性を与えます。聖霊の働きは、サタンによって堕落して汚れた霊の部類に属した人を、真に聖い人にすることができます。単純に言えば、サタンによって堕落して悪魔となった人を人間に戻すのです。これが聖霊の働きと悪霊の働きの違いです

「兄弟の交わり」より

さまざまな悪霊の働きと聖霊の働きの明確な違いは具体的に次の側面に現れます。聖霊は、真理を追い求め、良心と理知をもつ正直な人を選びます。聖霊が働きかけるのはこのような人です。悪霊は、狡猾で馬鹿げた人、真理への愛がない人、良心も理知もない人を選びます。悪霊が働きかけるのはこのような人です。聖霊の働きのために選ばれた人と、悪霊の働きのために選ばれた人を比べて分かるのは、神が聖く義であること、神に選ばれた者は真理を追い求め、良心と理知をもち、比較的正直で、正義を愛していることです。悪霊に選ばれた者は狡猾で、利己的で下劣で、真理への愛がなく、良心も理知もなく、真理を追い求めることもなく、真の人類ではありません。悪霊は負の物事しか選びません。そのことから分かるのは、悪霊が邪悪さと暗闇を愛し、真理を追い求める者からは避けるように離れ、歪んだ狡猾な者、不義なことに心を奪われた魅せられやすい者にはすぐに取り憑くということです。悪霊がその中で働こうと選んだ人は救いを得られず、神によって淘汰されます。いつ、そしてどのような背景において悪霊は働きかけるのでしょうか。悪霊は人が神から遠く離れ、神に反抗している時に働きかけます。悪霊の働きは人を惑わすことです。人が罪を犯す時、最も弱っている時、特に心にひどく苦しんでいる時、混乱して途方にくれている時、悪霊はそうした機に乗じて人を惑わし、堕落させ、人と神の間に不和の種をまきます。人が神の名を呼ぶ時、人の心が神の方に向く時、人が神を必要とする時、人が神の前で悔い改める時、あるいは人が真理を求める時、聖霊は彼らに働きかけ始めます。聖霊が働くのはすべて人を救うためであり、聖霊は人を救う機会を探していますが、それに対して悪霊は人を堕落させ、欺く好機を狙っています。悪霊は下劣で邪悪、陰険で悪意があります。悪霊のなすことはすべて、人を呑み込み、堕落させるためであり、聖霊のなすことはすべて愛のため、人の救いのためです。聖霊の働きの効果とは、人が清められ、堕落から救われ、自分自身とサタンのことが分かるようになり、サタンに逆らえるようになり、真理を追い求め、最終的には人間らしく生きられるようになることです。悪霊は人を堕落させ、汚し、束縛します。悪霊は人をますます深く罪に陥れ、人の暮らしにますます大きな痛みをもたらします。そのため、悪霊が人に働きかけると、人は一巻の終わりです。ついにはサタンに呑み込まれてしまいます。それが悪霊の働きによる結果です。聖霊の働きの効果とは、人が最後には救われ、本当のいのちを生きるようになり、完全に解放されて自由になり、神から祝福を受けることです。悪霊は人を暗闇にいざない、奈落の底へと連れていきます。聖霊は人を暗闇から連れ出し、光の方へ、そして自由へといざなうのです。聖霊の働きは人を啓いて導き、人に機会を与え、人が弱っていて過ちを犯している時、慰めをもたらします。聖霊により人は自分自身を知ることができ、真理を追い求めることができます。また、聖霊は人にこうせよと強要するのではなく、自分の進む道を自分自身で決めさせて、最終的には光へと導くのです。悪霊は人にこうせよと強要し、あれこれと命令します。悪霊の言うことはすべて偽りであり、人を惑わし、欺き、束縛します。悪霊は人に自由を与えず、選ばせることもなく、破滅への道に押しやり、ついにはますます罪へと深く陥れ、死へと導きます。

『いのちの入りについての説教と交わり(II)』の「聖霊の働きを知ることは、人間の救いにとって最も重要である」より

悪霊の働きの最も顕著な特徴は、それが超自然的であること、悪霊が話す言葉や人々に行うよう求めることは異常で、非論理的であり、正常な人性と人間関係における基本的道徳に反することさえあり、それらはただ人々を欺き、混乱させ、堕落させることのみを目的としているということです。悪霊が取り憑くと、大きな恐怖を感じる人もいれば、異常になる人もおり、また、放心状態に陥ったり、ものすごい不安に襲われて、じっと座っていられなくなる人もいます。いずれにせよ、悪霊が人間に取り憑くと、人は変わり、人間でも悪魔でもないものになり、正常な人性を失ってしまいます。これは悪霊の本質が邪悪で醜悪であることを証明するに十分であり、まさにそれはサタンの本質なのです。悪霊は人々に嫌悪感と軽蔑感を与え、絶対に人々の益になることも助けになることもありません。サタンとあらゆる種類の悪霊どもが唯一できることといえば、人々を堕落させ、害し、食い尽くすことだけです。

悪霊が働いている者たち(悪魔に憑かれている人々)の主な兆候は次のとおりです。

第一の特徴として、悪霊はこうしろ、ああしろと人々に命じたり、誰かに何かを告げたり、人々を誘導して偽りの預言をさせたりします。

第二の特徴として、人々はしばしば祈りの中で誰にも理解することのできない、いわゆる「異言」を話すことがあり、話している本人ですらそれを理解できないのです。異言を話す者たちの中には、いわゆる「異言の解釈をする」ことができる人さえいます。

第三の特徴として、非常に頻繁に啓示を受け、ある時はこのように、次の瞬間にはあのように、といった具合に悪霊によって振り回され、絶え間なく続く不安状態に陥る人がいます。

第四の特徴として、悪霊が働いている人々は、急にこれをやりたい、あれをやりたいと、居ても立ってもおられなくなり、状況の良し悪しも考慮することなく、真夜中に外へとび出すことさえあり、その行動は極めて異常です。

第五の特徴として、悪霊が働いている人々は、ものすごく傲慢で、理性に欠け、何を話しても人を見下すような態度をとり、他人に指図する立場でしかものを言うことができません。彼らは人々を途方にくれさせ、悪魔と同じように人々に物事を強制します。

第六の特徴として、悪霊が働いている人々は、真理について交わることができず、ましてや神の働きに注意を払うことなどなく、神に対して反抗的な態度をとり、勝手気ままに行動し、あらゆる種類の暴挙を働いて教会の通常の秩序を乱します。

第七の特徴として、悪霊が働いている人は、何の理由もなく自分を誰か他の者として押し通し、あるいは、自分は誰かに遣わされて来たのだから、自分の言うことに耳を傾けるべきだと主張します。彼がどこから来たのか、つきとめることのできる人はいません。

第八の特徴として、悪霊が働いている人々は、たいてい正常な理性を持っておらず、どんな真理も理解することがありません。彼らは何かを受け取る能力を持ちあわせておらず、聖霊によって啓示を受けることもありません。また、誰の目にも明らかなのは、これらの人々は、何かを受けたとしても、余りにもでたらめで、正しいことが一切ないということです。

第九の特徴として、悪霊が働いている人々は、働きの最中、他の人に講義することに特に重点を置きます。彼らはいつも乱暴にふるまい、常に妨害と混乱を引き起こします。彼らは何をやっても何を言っても、他の人たちを攻撃し、束縛し、堕落させることしかせず、人々の決意をくじいて否定的にならせ、再び立ち上がることができないようにします。彼らは正真正銘の悪魔であり、他の人に危害を加え、他人を弄び、食い尽くします。そして彼らは、事が自分の思い通りにいくと、ひそかに喜んでいるのです。これが悪霊の働きの主な目的です。

第十の特徴として、悪霊が働いている人々は、極めて異常な生活をしています。彼らの目は人殺しのようにぎらつき、彼らが話す言葉は、あたかも悪魔が世界に舞い降りたかのように、非常に残酷です。このような人の生活にはまったく秩序がなく、彼らは非常に不安定で、飼い慣らされていない野獣のように気まぐれです。他の人々にとって、彼らは極めておぞましく、鼻持ちならないのです。まさしくこれが悪魔によって縛られた人間の特徴です。

上に挙げた十の特徴は、悪霊の働きの主な表象です。これらの表象の一つでも顕れている人には、必ず悪霊が働いています。もっと正確に言えば、上記の悪霊の働きの表象を示している者は皆、それがどのような表象であれ、悪霊の働いている人々なのです。

悪霊の働きのある人は、聖霊が働いている人、真理について交われる人をしばしば憎み、その人から遠ざかります。多くの場合、相手が優れているほど攻撃と断罪の対象にしたいと思います。相手が愚かなほど媚びへつらおうとし、特に接触しようと思います。悪霊は働くとき、常に真理を偽りと混同し、正を負、負を正と言います。これがまさに悪霊の所業です。

『全能神教会内の働きに関する取り決め記録選集』の「各教会が解決を急ぐべき十二の問題」より

働きが明らかに超自然的である霊は悪霊であり、霊が人において行う超自然的な働きと発言はどれも悪霊の働きです。 悪霊の働き方はすべて異常で超自然的であり、主に次の六つの形で現れます。

1.人の発話を直接操る。その人自身が正常に語っているのではなく、悪霊が語っている明らかな証拠です。

2.悪霊が人に指示を出し、あれこれ命令しているのではないかという感覚。

3.部屋にいるとき、誰かが入って来るのがわかる。

4.他人には聞こえない声が自分に語りかけているのが頻繁に聞こえる。

5.他人が見聞きできないものを見聞きできる。

6.常に落ち着きがなく、独り言を言い、人と正常な会話ややり取りができない。

悪霊が働いているすべての人には必然的にこれらの六つの兆候があります。そのような人は理知がなく、そわそわしており、他人と正常な付き合いができません。まるで理知が通用しないかのようで、どこか超然として現世離れしたところがあります。そのような人は悪霊に取り憑かれているか、悪霊が働きかけているのであり、悪霊の働きはすべて目に見え、超自然的です。これは悪霊の最も顕著な働きです。悪霊は取り憑いた相手をもてあそび、すっかり蝕みます。その人はゾンビのように理知を失います。このことは、悪霊が本質的に人を堕落させて呑みこむ悪しき霊である証拠です。悪霊の発言は容易に見極められます。それは悪霊の悪しき本質を見事に表しており、よどんだ水のようで、濁っており、臭いがひどく、死臭も発します。優れた素質の持ち主にとって、悪霊の言葉は空虚で面白みも啓発性もなく、うそと駄弁に過ぎず、混乱していて難解で、戯言だらけように感じられます。これは悪霊の戯言の最も顕著な特徴の一部です。高等な悪霊の中には、人を魅するために、神やキリストのふりをして語るものや、天使や有名人のふりをするものもいます。このような悪霊は神のある特定の御言葉や言い回し、語調を真似て語ることに長けており、真理を理解していない人はそのような高等な悪霊に騙されがちです。神の選民は、悪霊とは本質的に邪悪で厚かましく、たとえ高等な悪霊であっても、真理がまったく欠けていることを理解しなければなりません。悪霊は結局のところ、悪霊であり、悪霊の本質は邪悪であり、サタンと同類なのです。

『全能神教会内の働きに関する取り決め記録選集』の「悪魔の戯言と悪霊の邪説、偽キリスト、反キリストをいかに見抜くか」より

前へ:神の働きと人の働きの識別

次へ:真のキリストと偽キリストたちの識別

他のお気に入り

  • 序文

    神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神を知らないすべての人々…

  • 神の現れによる新時代の到来

    六千年間にわたる神の経営(救いの)計画が終わりを告げようとしている。そして、神の国の門は神の現れを求める人々にすでに開かれている。兄弟姉妹たちよ、何を待っているのか。あなたがたが探し求めているものは何か。神の現れを待っているのか。神の足跡を探し求めているのか。ああ、神の現れがどれほど慕わしいものか。…

  • .終わりの日の神の裁きの意義は、達成される成果に見ることができる

    神は裁きと刑罰の働きを行うが、それは人が神についての認識を得られるようにであり、また神の証しのためである。人の堕落した性質を神が裁くことなしには、犯すことを許さない神の義なる性質を人は知ることはできず、神についての古い認識を新しいものに変えることもできない。

  • 宗教界はすべての聖書の言葉は神の啓示を受け、すべて神の言葉であると信じているが、この意見をどのように判断するべきか

    聖書にあることがみな、神が直接語った言葉の記録だというわけではない。聖書はただ、神の働きのうちの前の二段階を文書で記録しているに過ぎない。そこには預言者たちの預言と、各時代で神に用いられた人々の経験と認識を記したものが含まれる。