全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

死の床で真理に目覚めても遅すぎる

この道において、多くの人たちは多くの認識を語るが、死ぬ際には、目は涙で溢れ、生涯を無駄にして老齢になるまでいたずらに過ごしたことを嫌悪することになる。その人たちは教義を理解するだけで真理を実践することも神の証しをすることもできず、代わりにあちこち走り回ったり、蜂のように忙しくしているだけである。いったん死を目前にして、自分に真の証しがないこと、自分が神をまったく知らないことがようやくわかる。これでは遅くないだろうか。なぜ今日、自分が愛する真理を追い求めないのか。なぜ明日まで待っているのか。もし真理のために苦しまず、真理を得ることを求めないなら、死ぬ間際に後悔することを望んでいるのだろうか。もしそうなら、何故神を信じるのか。

実際、もし人が少しでも努力するなら、真理を実践でき、神に満足してもらえる事柄が沢山ある。人の心は絶えず悪魔に占領され、神のために行動することができない。むしろ、絶えず肉のためにあくせくして走り回り、最終的には何の利益も生まれない。人が絶えず困難や苦悩を抱えるのはこれらが理由である。それらはサタンからの苦痛ではないか。これは肉の堕落ではないか。あなたは口先だけで神を騙すべきではない。むしろ、実質的行動を取らなければならない。自分自身を欺くべきではない。そんなことをして何の意味があるのだろうか。肉のために生き、名声や富を得るために骨を折って、一体あなたは何を得ることができるだろうか。もしそうなら、何故神を信じるのか。

『言葉は肉において現れる』の「あなたは神を信じているので真理のために生きるべきである」より編集

前へ:神によって完全にされる機会を逃がせばあなたは生涯後悔するだろう

次へ:真理を追求しない者は最後まで従えない