全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第三十六章

全能なる真の神、玉座の王なる神は、全宇宙を支配し、すべての国家、すべての民族と向き合っており、天の下にあるあらゆるものは神の栄光を受けて輝く。宇宙の隅々に至るまで、すべての生物は見るだろう。山々や、川、湖、陸地、海、そしてすべての生き物は真の神の表情に照らされて幕を開け、夢から覚めるように、新芽が土の下から現れるように生き返る。

ああ、唯一の真の神が世のあらゆるものの前に現れる。あえて神に抵抗する者などいるだろうか。誰もが恐怖で震える。完全に納得しない者など一人もおらず、繰り返し許しを乞う。すべての人は神の前でひざまずき、すべての人は口々に神を崇める。大陸も、海、山、川、あらゆるものは神を限りなく褒めたたえる。春と共にやって来る暖かい春のそよ風は繊細な春の雨をもたらす。小川の流れは、人々と同じように、悲しみと喜びを混ぜ併せて、神に対する負い目と自責の念に涙を流す。川、湖、打ち寄せる波もうねりも、すべては真の神の聖なる名前を褒め称えて賛美する。神をたたえる歌は鮮やかに響く。かつてサタンに堕落させられた、すべての古いものは一つ一つ新しくなり、変化し、真新しい状況に入るだろう……

これは聖なるラッパの音だ。耳を傾けなさい。とても甘美なその音色は玉座から発せられる声であり、すべての国家や民族にその時が来たこと、終末が来たことを告げる。わたしの経営(救いの)計画は終わった。わたしの王国は公然と地上に現れる。地上の諸王国はわたしの神の国になった。わたしの7つのラッパは玉座から鳴り響く。すると、なんという奇妙なことが起こることだろう。世界の片隅で暮らす人々は雪崩のような勢いと落雷のような力を持ってあらゆる方向から大急ぎで集まって来るだろう。船で海を渡って来る者たち、飛行機で飛んでくる者たち、あらゆる形や大きさの車でやって来る者たちもいれば、馬を駆って来る者たちもいるだろう。目を凝らして見なさい。注意深く耳を傾けなさい。いろいろな色の馬に乗ったこれらの者たちは、精神を掻き立て、力強く、雄大で、あたかも戦場に入るかのごとく、死をも恐れない。馬のいななき、真の神を求める人々の叫びの中で、何人もの男と女と子供がたちまちに馬の蹄に踏みつぶされる。死ぬ者、最後の息をしている者、押しつぶされる者が出て、ヒステリックに叫び、痛みでうめいても、誰も手を貸そうとしない。反抗的な子どもたちよ。これがあなた方の終末の姿ではないだろうか。

わたしの声を聞き、すべての国や地方から集まって来るわたしの民を見て、わたしは喜ぶ。すべての人々は常に変わらぬ真の神の名を口ずさみながら、褒めたたえ、喜びでとめどなく飛び跳ねる。彼らは世の中に証しをし、轟音をたてる海のような声で真の神の証しをする。すべての人々はわたしの王国に押し寄せて来るだろう。

わたしの7つのラッパは鳴り響き、眠っている人々を目覚めさせる。早く起きなさい、遅すぎはしない。自分の人生に目を向けなさい。目を開けて、今何時か見なさい。何を探し求めるのか。考えるべきものは何なのか。執着すべきものは何なのか。あなたは、わたしに従って命を得ることと、あなたが愛し、執着するものすべてを手に入れることの価値の違いを考えたことがないというのか。わがままはやめて、遊び回るのもやめなさい。この機会を逃してはいけない。この時は二度とやって来ない。すぐに立ち上がって、あなたの霊を鍛える努力をしなさい。さまざまな手段を使ってサタンのすべてのたくらみやごまかしを見抜いて阻止し、サタンに打ち勝って人生の経験をより深めるようにしなさい。わたしの性質に従って生き、あなたの人生を成熟させ、円熟し、いつもわたしの足跡をたどりなさい。落胆せず、気弱にならず、道の最終点まで絶えず一歩一歩前進しなさい。

7つのラッパが再び鳴る時、それは審判への呼び出し、反抗的な子供たちに対する審判、すべての国家、すべての民族に対する審判への呼び出しであり、すべての国は神の前に降伏するだろう。神の輝かしい顔が必ずすべての民族と人々の前に示されるだろう。誰もがすっかり納得して、真の神に向かって止めどなく叫ぶだろう。全能の神の栄光がますます輝き、わたしの子供たちは神の栄光を分かち合い、王の尊厳をわたしと共有し、すべての国々と人々を裁き、悪人を罰し、わたしに属する人々を救い、憐れみをかけ、神の王国に堅固さと安定性をもたらすだろう。7つのラッパの音を通して、多数の人々が救われ、わたしの前に戻り、たえず褒めたたえながらひざまずいて崇拝するだろう。

7つのラッパがもう一度鳴る時、それは一つの時代の終わる時の最終章となり、悪魔サタンに対する勝利を示すラッパの鳴り響く音、地上の王国の開かれた生活の始まりに際しての礼砲の音となるだろう。非常に気高いこの音、玉座の周囲に反響するこの音、天地を揺るがすこのラッパの鳴り響く音は、わたしの経営(救いの)計画の勝利、サタンの審判、この古い世界に対して、底なしの地獄へ落とすほどの完全な死を宣告する合図である。このラッパの音が意味するものは、恵みの門が閉まりつつあること、完全に正しいと認められる神の国の暮らしがこの地上で始まるということだ。神は神を愛する人々を救う。彼らがいったん神の国に戻ると、地上の人々は飢饉、ペストに直面するだろう。神の7つの鉢、7つの疫病は次々に効果を生じるだろう。天と地は消滅するだろうが、わたしの言葉は決して消滅しない。

前へ:第三十五章

次へ:第三十八章