全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

道……(8)

神が人間と付き合い、共に生活するために来る時、それは一日や二日だけではない。その間に、人々は多少神を知り、神に仕える事について顕著な識見を得て、神に対する信仰においてかなり熟達したかも知れない。いずれにせよ、人々は神の性質をよく理解し、人間のあらゆる種類の性質の表出は極めて広範に及ぶ。人々の様々な表出は、神が標本として用いるのに十分であり、人々の精神的活動は神が参考にするに十分であると、私は理解している。これは、おそらく人間が神と協力する一側面であり、人間の神に対する無意識な協力であり、神により指揮されるこの演技は色彩豊かで極めて生き生きとしている。私が兄弟姉妹にこれらのことを言うのは、この劇の総合監督としてである。私達各人は、この劇を演じ終えた後、自分自身の考えや感情に語りかけ、この劇で人生をどのように経験するかについて話し合うことが出来る。私達は全く新種の討論会を開催しても良いかもしれない。そこでは、神を落胆させないように、次回の上演時に一層高水準な演技を行い、各人が自分の役を出来る限り演じ切ることが出来るように、心を開いて私達の演技について語り合い、神が私達各人をどのように導くかを理解するのである。私は、兄弟姉妹がこのことを真剣に捉えることが出来るよう願っている。これを軽視できる者はいない。なぜなら、役を十分に演じることは一日や二日では実現できないからである。そのためには、私達が人生を経験し、長期にわたり実生活の深部に達し、様々な生活の実経験をする必要があるからである。そうして初めて私達は舞台に上がることができる。私は兄弟姉妹に対する希望に満ちており、あなたがたが落胆したり意欲を喪失したりせず、そして、神が何をしようとも、あなたがたは火のるつぼのようであり、決して生半可ではなく、神の働きが完全に現れ、神が稽古したい劇が終わるまで、最後まで貫徹できると信じている。私があなたがたに要求することは、それ以外にない。あなたがたが引き続き耐え続けられること、結果に懸念を抱いていないこと、私がなすべき働きが成功するように私と協力すること、中断させたり阻害したりする者がいないことが私の願いの全てである。働きのこの部分が完了した時、神はあなたがたに全てを明示するであろう。私の働きが完了した後、私はあなたがたの功績を神の御前に示して報告するであろう。その方が良いのではなかろうか。私達は互いに助け合って自分の目標を実現できる。これは全ての人々にとって完璧な解決策ではなかろうか。今は、あなたがたが代償を払うことを要求される困難な時代である。私が現在は監督であることで、あなたがたの中に苛立つ者がいないことを願う。これが、私が行っている働きである。もっと適切な「作業部門」に切り替え、私があなたがたに難儀させないようにする日が来るであろう。私はあなたがたが見たいことが何であれそれを見せ、聞きたいことが何であれ、それに答えるつもりであるが、それは今ではない。現在の働きはこれであり、私はあなたがたの役を自由にさせることも、あなたがたに好き放題させることも出来ない。そのようなやり方では私の働きは容易に行なえないだろう。正直に言うと、そうすることには何も効果がなく、あなたがたにとっても利益はない。したがって、今あなたがたは「苦難する」必要があり、私の働きのこの段階が完了する日が来た時、私は自由になるであろう。私はそれほど重い荷を負わず、あなたがたが私に求める物事すべてに応じるであろう。あなたがたの生活に有益である限り、私はあなたがたの依頼に応えるであろう。現在、私は重責を負っている。私は父なる神の命令に背けず、私の働きの計画を中断できない。私には本職の任務を通して私事を管理出来ない。あなたがた全員が私を理解し、赦してくれることを願う。なぜなら、私の行動は全て父なる神の意図に従うものだからである。私は神が何を望もうと、神が私にさせることは何であれそれを行い、神の怒りを刺激するようなことはしたくない。私は単にすべき事を行う。したがって父なる神に代わり、もう少しの間堪え忍ぶよう、あなたがたに忠告する。誰も懸念する必要はない。私が行うべき事を完了した後、あなたがたは望む事が何であれそれを行い、見たい物が何であれそれを見ることが出来るが、私は完遂すべき働きを完遂しなければならない。

この段階の働きにおいては、大いなる信仰と愛が私達に求められている。私達は些細な不注意から躓くこともある。なぜならこの段階の働きはこれまでのいかなる働きとも異なるからである。神が完全にしているのは人類の信仰である。それは誰も見たり触れたり出来ない。神が行なっているのは、言葉を信仰や愛、いのちへ変換することである。人々は数百回の精錬に耐えてヨブの信仰よりも強い信仰を得る段階に達しなければならない。一瞬たりとも神から離れずに、信じ難い苦難とあらゆる拷問を受けなければならない。人々が死ぬまで従順で、神への強い信仰を持った時、この段階の神の働きは完了する。私が担っているのはこの働きであるので、兄弟姉妹が私の困難を理解し、私に対して何もそれ以上のことを要求しないことを願う。これは父なる神の私に対する要求であるので、私はその現実から逃れられないのである。私はなすべき働きを行わなくてはならない。私はただ、あなたがたが不合理でないこと、あなたがたが一層多くの識見を得て問題を単純に考えすぎないことを願う。あなたがたの考えは幼稚で純朴過ぎる。神の働きは、あなたがたが想像するほど単純ではなく、神はただしたいことをするのではない。そうであるとしたら、神の計画は台無しとなるであろう。あなたがたはそう言わないであろうか。私は神の働きを行っている。私は、ただしたいと思うことを何であれ行なったり、何かを行うか否かを個人的に決めたりして、人々のために臨時の用をしているのではない。今はそんなに単純ではない。私は監督として行動するために父により遣わされた。あなたがたは、私がそれを自分で決めて選択したと思うのであろうか。人々の考えは神の働きを常に阻む。ゆえに、私が一定期間にわたり働いた後、人々からの要求が多数あったが私がそれらを叶えることが出来ず、人々は私に関する考えをすっかり変えてしまった。あなたがたは、そうした自分の考えについて明瞭に理解すべきである。私がそれらを個別に指摘する必要はない。私に出来るのは、私が行う働きを説明する事のみである。そのために私の感情は全く傷付いていない。あなたがたは一旦それを理解したら、このことについてどのように考えてもよい。私は反論しない。なぜなら、それは神が働きを行う方法だからである。私にはその全てを説明する義務がない。私は言葉の働きを完遂し、言葉の指示により働き演じるために来ただけである。私はそれ以外の事についてはほとんど語る必要はなく、それ以外のことは何も出来ない。私は言うべき事の全てを説明した。その事をあなたがたがどう思っても結構である。またそれは私にとって問題とはならない。それでもなお、神の働きは、あなたがたが想像しているほど単純なものではないことを、あなたがたに再度述べておこうと思う。人間の観念に一致しなければしないほど、その重要性は深まり、人間の観念に一致するものであればあるほど、その価値はなくなり、実際の重要性はなくなる。この言葉を注意して検討してほしい。それについて、私はこれだけしか述べないので、それ以外はあなたがたが自分で分析すればよい。私は一切説明しない。

人間は、神が特定の方法で物事を行うと想像するが、この過去一年ぐらいに神の働きに関して私達が見たり経験したりしたことは、人間の観念に本当に一致していたであろうか。天地創造から現在に至るまで、神の働きの段階や規則を的確に指摘することが出来た人間は、ひとりもいない。仮に出来たとしたならば、神が現在このように働きを行なっているということを宗教的指導者が気付かないのはなぜだろうか。今日の現実を理解している人がほとんどいないのは、なぜだろうか。このことから、神の働きを理解している者はいないことが分かる。人々は神の霊の導きに従って行動することしか出来ないのに、神の働きに厳格に規則を適用することが出来ないのである。イエスの姿と働きを、現在における神の働きと比較すると、それはユダヤ人がイエスをヤーウェの概念[a]と等しいものとして掲げているようなものである。これは損失を招いているのではなかろうか。終わりの日における神の働きがどのようなものかは、イエスでさえも知らなかった。イエスが知っていたのは、イエスが完遂する必要があるのは磔刑を受ける働きであるという事だけであったのだから、どうして他の者が知り得たであろうか。どうして他の者が神が今後行う働きを知り得たであろうか。サタンに占有されている人間に対して、神が自らの計画を明らかにすることが、どうして出来たであろうか。それは愚かではなかろうか。神が人が知り、理解出来るようにするのは、神の旨である。神は人が神の今後の働きを考慮することを許されない。神を信じ、神の導きに従い物事を行い、実際の困難を実践的に取り扱い、神に対して問題を起こしたり迷惑をかけないようにすることが、私達がなすべきことの全てである。私達はひたすら自分のなすべき事を行うべきである。私達が神の現在の働きの只中にいられるのであれば、それで十分である。これが私があなたがたを導いている道である。私達が継続的に前進するならば、神は私達のうち誰一人として虐げられないであろう。あなたがたは、昨年の素晴らしい経験から、多くの物事を得た。あなたがたはそのことをそれほど辛く感じないと思う。私があなたがたを導いている道は、私の働きであり、責任であり、私達が現在までにここに至るよう運命づけられるように、はるか昔に神により定められたものである。私達がこれを行なえたことは大いなる祝福であり、順調な道程ではなかったが、私達の友情は永遠であり、今後も時代を通して継承されるであろう。それが喝采であれ、笑いであれ、悲しみであれ、涙であれ、すべてが美しい思い出となっている。私には働きのための日数がそれほど多くないことをあなたがたは知るべきかもしれない。私は多くの働きの企画があるので、頻繁にあなたがたと共にいることが出来ない。あなたがたが理解してくれることを願う。なぜなら、私達の元来の交友関係は変わらぬままだからである。いつか私が再度あなたがたの前に現れるかもしれないが、あなたがたが私を困らせないことを願う。結局、私はあなたがたとは異なるのである。私は働きのために様々な場所へ旅をしているのであり、ただホテルでぶらぶらしているのではない。あなたがたがどのような状態であろうと、私はひたすら自分のなすべき事を行う。これまでに私達が共有したことが、私達の友情の花となることを願う。

この道は私により開かれ、その苦楽を問わず、私がその道を先導してきたと言える。私達が現在まで続けて来られたのは、ひとえに神の恵みのおかげである。私に感謝する者や、私に苦情を訴える者もいるであろうが、そのいずれも重要ではない。私が望むのは、この集団で実現すべきことが実現されることを見ることだけである。それは祝福されるべきである。ゆえに、私には私に苦情を述べる者に対する遺恨はない。神の心がすぐに安らぐよう、自分の働きをできるだけ早く完遂することが私が望む全てである。その時には、私は重荷を負うことなく、神の心に懸念はないであろう。あなたがたは、より良い方法で協力する覚悟があるであろうか。神の働きを周到に行うことは、私達の奮闘の目標としてはずっと良いのではなかろうか。この期間に私達は無数の困難に耐え、あらゆる喜びや悲しみを経験し、各人の演技は概して十分であったと確かに言うことが出来る。今後、あなたがたに要求される働きはもっと快適なものがあるかも知れないが、私のことをいつまでも考えることなく、ひたすらあなたがたのなすべき事を行うように。私が行なうべきことは、すぐそこまで迫っており、私はあなたがたが常に忠実であり、私の働きに関して懐古的とならない事を望む。私が来たのは働きのうちの一段階を完遂するためであって、神の働きの全てを行うためでは一切ないということをあなたがたは知るべきである。これはあなたがたが理解するべき事である。それについて異論があってはならない。神の働きを完了には、多くの手段が必要とされる。あなたがたは常に私に頼っていてはならない。あなたがたは私が行っていることが働きの一部にすぎないことに随分前に既に気付いたかも知れない。それはヤーウェやイエスを代表するものではない。神の働きは多くの段階に分かれているので、頑なになりすぎてはならない。私が働いている間、あなたがたは私の話しを聞かなければならない。神の働き、各段階において異なっており、常に同じであり続けることはなく、昔からの同じ歌がまた歌われているようなものではない。各段階に適した神の働きがあり、時代により変化する。ゆえに、あなたは今の時代に生まれたのだから、神の言葉を食べ飲みし、神の言葉を読まなければならない。私の働きが変わっても、あなたがたは自分がなすべき事に従って継続しなければならない日が来るかも知れない。神の働きには過誤が一切あり得ない。外部の世界がどのように変化しても、神が誤ることはなく、神の働きが誤ることもあり得ない。それは単に、時として神の古い働きが過ぎ去り、新たな働きが始まるということである。しかし、新たな働きが到来したために、古い働きが誤ったものとなるとは言えない。それは誤った考えである。神の働きの正誤を述べることは出来ず、述べることが出来るのは、それが早いか遅いかのみである。それは人間の神に対する信仰に対する導きであり、決して無視してはならない。

脚注

a.原文では「~の概念」が省略されている。

前へ:道……(7)

次へ:信者はどんな見解を持つべきか

他のお気に入り