言葉は肉において現れる

目次

道 (7)

私達のために神が自ら何度も道を拓いてきたので、私達が一層堅く現実的な道を歩み続けていということは、私達全員が自分の実践的経験から理解できる。それは、この道は当初から神が私達のために拓き、何万年もの時を経て、現在の世代に継承されたものだからである。したがって、私達は、その道を最後まで踏破しなかった先人から受け継ぎ、その最後の部分を歩むために神に選ばれた者である。ゆえに、その最後の部分は特に私達のために用意されたものであり、私達が恵みを受けるか、災いを受けるかを問わず、他にその道を歩むことが出来る者は居ない。これについて、私が自分の識見を付け加えるならば、逃げ出したり、逃げ道を探したり、地位を求めたり、自分の国を建てたりしてはならない。そうした物事は、全て幻である。そうした言葉にあなたがたが何らかの偏見を抱いているならば、あなたがたに困惑しないよう勧告する。そのことを再検討するのが最善であり、利口になろうとしすぎたり、善悪を区別し損ねてはならない。神の計画が実現するとき、あなたがたはそのことを後悔するであろう。つまり、神の国が来るとき、神は地上の国家を打ち砕くが、その時あなたがたは、自分の計画も消え去っていること、罰せられているのが打ち砕かれた者であることを知るであろう。その時、神は自らの性情を完全に明らかにする。私はこの問題について熟知しているので、将来あなたがたが私に苦情を言わないよう、あなたがたに伝える必要があると考える。現在まで私達がこの道を歩むことが出来たことは神が定めたものであるので、あなたがたは自分が特別だ、あるいは不幸だと考えてはならない。打ち砕かれないように、神の現在における業に関して断定してはならない。既に神の業により私に光が来ており、何があろうと、神はこの集団の人間を完全にするであろう。また神の業は変えられることは有り得ない。神はこの集団の人間をその道の最後まで到達させ、地における神の業を完了する。これはあなたがた全員が理解すべき事柄である。大部分の人々は常に進取的であり、飽くことが無い。そうした人々は皆、神が現在切望している意向に関する知識が欠如しているので、逃避願望を抱いている。そうした人々は野に出て、手綱から解き放たれた野生の馬のように走り回ることを常に望んでいる一方、良きカナンの地に定住して人間的生活を求める者は希にしか居ない。そうした人々が乳と蜜の流れる地に入ったならば、乳と蜜を授かることしか考えないのではなかろうか。率直に言って、良きカナンの地の外は、どこも荒野である。人間は安息の地に入った時でさえ、自らの本分を維持することが出来ない。そうした人間は単なる淫らな者ではなかろうか。そうした環境において、あなたがたが神により完全にされる機会を失うならば、それは余生を通して悔いる事となり、あなたがたは計り知れず遺憾に思うであろう。結局あなたがたは、カナンの地を見つめるだけでカナンを得られず、拳を堅く握って、後悔で満たされて死んだモーセのようになるであろう。あなたがたは、それを恥だと思わないだろうか。あなたがたは、他人に嘲笑われるのを恥辱だと思わないだろうか。あなたがたは、他人に辱められることを望んでいるであろうか。あなたがたには、立派になろうと努める精神があるのではなかろうか。あなたがたは、神により完全にされる、誉れある正直な人間になりたいのではなかろうか。本当にあなたがたは決断力に欠けている者であろうか。あなたがたは他の道へと進むことを望まないが、神が定めた道を歩むことも望まないのだろうか。あなたがたは敢えて天の旨に反して進むのであろうか。あなたがたは、自分の技能が如何に優れていたとしても、本当に天に逆らうことが出来るだろうか。私は、自分を知るのが私達にとって最善であると思う。神のひと言で天と地は変化するのであるから、貧相で小さな人間は神にとってどのように見えるであろうか。

私自身の経験から見ると、あなたがたが神に対して対抗的であればあるほど、神は神の威厳ある性情を一層多く示し、神があなたがたに「与える」罰も一層重くなる。あなたがたが神に従えば従うほど、神はあなたがたを一層愛し、守る。神の性情は拷問器具のようなものであり、従えばあなたがたは無事であるが、従わず常に目立ちたがって悪戯をしているならば、神の性情は曇りの日の太陽のように急変し、神はあなたがたから隠れて怒りを示すであろう。またそれは、晴天が何里となく続き青い小波が水面に広がっているところへ突如として大きな威力で高波が立つ六月の天気にも似ている。こうした神の性情を考慮した時、あなたがたは敢えて野放図に行動するであろうか。聖霊が業を行う日、殆どの兄弟姉妹は自信に満ちているが、神の霊は知らぬ間に兄弟姉妹を突然見捨て、不安で夜眠れずに神の霊が消えた方向を探し回るような状態へと陥れることは、殆どの兄弟姉妹が自らの経験の中で理解している。しかし、神の霊が何処へ行ったかは、どうしても突き止められない。そして神の霊は知らぬ間に再び兄弟姉妹の前に現れるが、それはちょうどペトロが突然主イエスに再開した時に有頂天となって大いなる歓喜の叫んだようである。あなたがたは、何度もそうした経験をした後も、それを忘れることが有り得るだろうか。受肉して十字架に架けられた後に復活されて天に上った主イエス・キリストは、常にあなたがたから隠れたり現れたりしている。主はあなたがたの義によってあなたがたの前に現れ、あなたがたの罪によって怒り、あなたがたから去るのだから、あなたがたは主を一層嘆願すべきである。ペンテコステの日以降、主イエス・キリストには地における新たな委託があることを、あなたがたは知らないであろうか。あなたがたは、主イエス・キリストが受肉し、地に来て磔刑となった事しか知らないが、あなたがたが従前信じていたイエスは、遠い昔にその業を誰かに託したことに、あなたがたは気付いていない。主の業は遠い昔に完了したので、主の業の別の部分を行うために、主イエス・キリストの霊が肉の姿で再び地に来た。ここで、ある話を差し挟む。あなたがたは現在この流れの中に居ることは事実である。しかし、敢えて述べるが、あなたがたの中で、その肉の姿をした者は主イエス・キリストによってあなたがたに授けられたことを信じる者は、寡少である。あなたがたは主を享受することしか知らず、神の霊が再び地に来たことを認めず、したがって現在の神は数千年前のイエス・キリストであることを認めない。あなたがたは全員目を閉じて歩いていると私が述べるのは、このためである。あなたがたはどのような状況になってもそれを受け容れるだけであり、それに対する真剣さが全く無い。そのため、あなたがたは言葉でイエスを信じるが、現在は敢えて神により証しをされた者をあからさまに拒否する。あなたがたは愚かではなかろうか。現在の神はあなたがたの過ちを気にかけず、あなたがたを咎めない。あなたがたがイエスを信じると言うならば、あなたがたの主イエス・キリストがあなたがたを見捨てることが出来るだろうか。あなたがたは、神のことを気晴らしの場ないし嘘をつくための場であると考えているのではなかろうか。あなたがたの主イエス・キリストが再び現れた時、主は、あなたがたの現在の行いに基づいて、あなたがたが義であるか邪悪であるかを判断するであろう。殆どの者が私の言う「私の兄弟姉妹」という言葉に関する観念を思い浮かべるであろう。そうした者は、神が業を行う方法が変わるであろうと考えている。そうした者は死を招いているのではなかろうか。神はサタンが神自身であると証をするであろうか。あなたがたは神を咎めているのではなかろうか。あなたがたは、誰もが何気なく神自身として振る舞うことが出来ると考えているであろうか。本当にあなたがたにその知識があるならば、あなたがたは観念を抱かないであろう。聖書には、次に挙げる聖句がある。「万物の帰すべきかた、万物を造られたかたが、多くの子らを栄光に導くのに、…それゆえに主は、彼らを兄弟と呼ぶことを恥とされない。」おそらくあなたがたは、この言葉について私よりも深く理解し、容易に暗唱することさえ出来るであろうが、その実際の意味を理解していない。あなたがたは、目を閉じたまま神を信じているのではなかろうか。

私達の世代は恵まれているので、従前の世代の人々が踏破しなかった道を受け継ぎ、数千年前から再び現れる神、私達の中に居て、あらゆる物事を満たす神を目の当たりにすることが出来るのだと、私は考える。あなたがたは、この道を歩むことが出来るなどとは決して考えなかったであろう。あなたがたは、その道を歩めるだろうか。この道は、聖霊により直接導かれ、強さが7倍になった主イエス・キリストの霊により導かれ、また現在の神により、あなたがたのために拓かれた道である。あなたがたは、自分の最も突飛な夢の中でさえも、数千年前のイエスが自分の前に再度現れるとは想像し得なかったであろう。あなたがたは、嬉しいと感じないであろうか。神と直面出来る者は、誰であろうか。私は、私達の集団が一層大いなる恵みを神から得られるように、神により好まれ、神により得られるようにと頻繁に祈っているが、それと同時に、私達の集団のために悲しみの涙に暮れ、神が私達を啓いて一層大いなる啓示を目の当たりにすることが出来るようにと願うことも、現在まで無数にあった。人々が常に神を欺こうとし、決意せず、肉のことを考え、富や名声を得て注目の的となるために奮闘努力しているのを私が目の当たりにした時、どうして私が心を深く痛めずに居られようか。人々は、どうしてそこで無情になれるのだろうか。私の業は全く結実しないのだろうか。あなたがたの子が全員反抗的で不孝行であって、無分別で自分の事だけを考え、あなたがたに全く共感せず、成長してあなたがたを家から追い出したとしたら、あなたがたはその時どう感じるであろうか。あなたがたは涙に暮れ、子育てのために払った大きな代償を惜しむのではなかろうか。それゆえ、私は神に幾度となく「神よ、私があなたの御業の中で負担する物事があるかどうかを知っているのは、あなただけです。あなたの御旨に則していない私の行いがある部分の全てにおいて、あなたは私を鍛え、完全にされ、私に気付かせます。あなたに対する私の願いは、間もなくあなたが栄光を得て、そうした人々があなたにより得られるよう、あなたがそうした人々を一層感激させられること、そしてあなたの御業があなたの御旨を満たし、あなたがご自身の計画を間もなく完了されることだけです。」と祈りを捧げてきた。神は罰により人間を征服することを望まない。神は常に人間を強制することを望まない。神は、人間が神の言葉に従い、鍛錬された要領で業を行い、よって神の旨を満たすことを望んでいる。しかし、人間は恥知らずで、常に神に反逆する。私達にとって最善なのは、神を満足させる最も簡明な方法を見出すこと、すなわち神の采配の全てに従うことであると私は考える。そして、あなたがたが真にそれを実現できるならば、あなたがたは完全にされるであろう。これは平易で楽しい事ではなかろうか。他人の言葉を気にせず、考えすぎずに、自分の歩むべき道を進む必要がある。あなたがたは、自分の将来や運命を自ら掌握しているであろうか。あなたがたは常に逃げ出してこの世の道を進みたがるが、そこから抜け出せないのは何故だろうか。あなたがたが分かれ道で何年も躊躇し、結局またしてもその道を選ぶのは何故だろうか。あなたがたが長年彷徨い続けた後に、自分自身ではなく、その家に戻っているのは何故だろうか。それは単にあなたの個人的問題だろうか。この流れの中に居る者いとって、このことを信じないならば、私の言葉を聞くように。すなわち、あなたがたに立ち去る計画があるならば、待ち、あなたがたが立ち去るのを許すかどうか、そして聖霊がどのようにあなたがたを感激させるかを確認し、それを自分で経験するように。はっきり言えば、あなたがたが不幸に見舞われたとしても、あなたがたはこの流れの中でその不幸を受ける必要がある。そして苦難があるならば、あなたがたはその苦難を今ここで受ける必要があり、逃げ出すことは出来ない。あなたがたは、そのことが明瞭に理解できるだろうか。あなたがたは、何処へ向かうだろうか。これが神の律法である。あなたがたは、神がこの人間の集団を選ぶことは無意味だと考えているであろうか。現在の神の業において、神は容易に怒ることが無いが、人間が神の計画を阻害したならば、神は表情を変え、即座に晴天を曇天へと変えることもある。ゆえに、腰を据えて神の計画を尊重すること、そして神が自分を完全にできるようにすることを、あなたがたに進言する。賢者となるには、この方法によるしかない。