道……(6)

私たちが現代に至ったのは神の働きのおかげであり、それゆえ私たちは神の経営(救いの)計画における生存者である。私たちが現在に留まっているのは神の大いなる称揚である。なぜなら、神の計画によると、赤い大きな竜の国は滅ぼされるべきだからだ。しかし、神はおそらく別の計画を立てたか、あるいは働きの別の部分を実行することを望んでいるのだとわたしは思う。そのため今日でも、わたしはそれを明瞭に説明できない。それは解けない謎のようなものである。しかし概して言えば、私たちのこの集団は神により予め定められていたのであり、わたしは今も、神は私たちに何か他の働きを行なうものと考えている。私たち全員で天にこう求めよう。「あなたの御旨が成就し、あなたがもう一度私たちの前に姿を現わされ、御隠れにならず、あなたの栄光と御顔を私たちがより鮮明に見られますように」。神が私たちを導く道は真っ直ぐでなく、深い穴だらけの曲がりくねった道であると、わたしは常に感じている。さらに、その道が岩だらけであればあるほど、私たちの愛情に満ちた心が示されると神は言う。しかし、私たちの中にそのような道を開ける者は誰一人としていない。わたしはこれまでの経験において、岩だらけの危険な道を何度も歩き、多大な苦難に耐えてきた。時として悲しみに打ちひしがれ、泣き叫びたくなることさえあったが、今日までこの道を歩んできた。これは神に導かれた道だと信じ、すべての苦難に耐えて前に進み続けている。なぜならこの道は神が定めたものであり、誰がそこから逃れられようか。わたしは、祝福を受けることは求めない。わたしが求めるのは、神の旨に沿ってわたしが歩むべき道を歩めることだけである。他者を真似て他者の歩む道を歩くことは求めない。わたしが求めるのは、わたしに定められた道を、忠誠を尽くして最後まで歩むことだけである。わたしは他者の助けを求めない。率直に言うと、わたしもまた他者を助けられない。この問題について、わたしは極めて敏感なようである。他者が何を考えているか、わたしにはわからない。なぜなら、個人がどれほど苦しなければならないのか、自身の道でどれほどの距離を歩まなければならないのかは、神によって定められており、誰も他者を実際に助けることなどできないと、わたしは常に信じてきたからである。熱心な兄弟姉妹の中には、わたしには愛がないと言う者もいるかもしれないが、これがわたしの考えである。人は神の導きを頼りに自らの道を歩むのであり、兄弟姉妹の大半はわたしの心を理解するとわたしは信じている。そして、私たちの愛がより純粋になり、友情がより貴いものとなるよう、神がこの側面においてさらに多くの啓きを私たちに与えることを望む。願わくは、この題目について私たちが混乱することなく、より明確な理解を得るばかりで、その結果、神の主導という基盤の上に人間関係が築かれんことを。

神は中国本土で長年にわたり働きを行ない、あらゆる人のために大きな代価を払い、遂に私たちを今日いるところへと到達させた。あらゆる人を正しい道へと導くために、この働きはすべての人が最も弱い状態から開始されなくてはならないと、わたしは考える。そうして初めて、人は最初の難関を突破して前進し続けることができる。その方が良いのではないか。中華民族は数千年にわたって墜落しながらも、現在まで生き延びた。ありとあらゆる「病毒」が絶え間なく進行し、至る場所に疫病のように広がっている。人々の関係を見れば、どれほど多くの「病原菌」が人々の中に潜んでいるか一目瞭然である。神にとって、そのように固く閉ざされ、病毒に汚染された地域で働きを進展させることは極めて難しい。人々の性格、習慣、物事の行ない方、生活で表わすあらゆること、そして人間関係がすべてぼろぼろになっており、人の知識と文化が神によって残らず死刑を宣告されているほどである。人々が家族や社会から得た様々な経験は言うまでもない。これらはすべて神の目から見て罪に定められてきた。なぜなら、この地に住む人々はあまりに多くの病毒を飲み食いしてきたからである。それは人々にとって日常茶飯事であり、そのことを何とも思っていない。ゆえに、ある場所で人々が堕落すればするほど、彼らの人間関係はさらに異常になっていく。人々の関係には陰謀が蔓延し、互いに策略を巡らせ、虐殺し合い、それはあたかも悪魔の共食いの城のようである。そのような幽霊のはびこる恐怖に満ちた場所で、神の働きを実行するのは極めて難しい。人々に接しなくてはならないとき、わたしは絶え間なく神に祈る。なぜなら、人々に接するのが怖く、わたしの性質が彼らの「尊厳」を侵すことを非常に恐れるからである。わたしは、それらの不浄な霊が無鉄砲に振る舞うのを心の中で常に恐れているため、わたしを守りたまえと絶えず神に祈る。ありとあらゆる異様な関係が私たちの間で顕在化しており、そのすべてを見ているとわたしの心の中に嫌悪感が生まれる。なぜなら、人々は自分たちのあいだで人間に関する「取引」に絶えず没頭しており、神について一切考えないからである。わたしはそのような人たちの振る舞いを骨の髄まで嫌う。中国本土の人々に見られるのは墜落したサタンの性質でしかないため、神がこれらの人に働きを行なうにあたり、彼らの中に価値あるものを見出すのはほとんど不可能である。すべての働きは聖霊によって行なわれているのであり、聖霊が人々の心をさらに動かし、彼らの中で働いているに過ぎない。それらの人を役立たせるのは不可能に近い。つまり、聖霊が人々の協力を加えつつ、人々の心を動かす働きを行なうことはできないのある。聖霊は人々の心を動かそうとひたすら努めるが、そうしたところで、人々は依然麻痺して感受性がないままで、神が行なっていることが何であるか見当もつかない。それゆえ、中国本土における神の働きは、天地創造の働きに匹敵する。神はすべての人を生まれ変わらせ、彼らのあらゆる面を変える。なぜなら、人々の中に価値あるものが一切存在しないからである。これは胸の張り裂けることである。悲しみの中、わたしはそうした人々のために頻繫に祈る。「神よ、あなたの偉大な力がこの者たちの中に示され、あなたの霊が人々の心を大いに動かし、麻痺して頭の鈍いこれらの病人が目覚め、もう二度とぼんやり眠ることなく、あなたの栄光の日を見られますように」。みんなで神の前に出て祈ろう。「神よ! 私たちの心が完全にあなたに向けられ、私たちがこの不浄の土地から逃れ、立ち上がり、あなたが私たちに託したことを成し遂げられるよう、今一度私たちを憐れみ、慈しんでください」。私たちが神の啓きを受けられるよう、神が今一度私たちの心を動かすことをわたしは願う。そして神が私たちを憐れみ、それにより私たちの心が次第に神を向き、神が私たちを得られることを願う。これは私たち全員の願いである。

私たちの歩む道は、完全に神に定められている。要するに、わたしはこの道を必ず最後の最後まで歩むと信じている。なぜなら、神が絶えずわたしに微笑みかけ、わたしは常に神の手により導かれているようだからである。したがって、わたしの心は他の何物にも汚されることがなく、わたしは常に神の働きを心に留めている。わたしは、神がわたしに託すことを献身的に全力で遂行し、わたしに割り当てられていない仕事に干渉することも、その仕事を行なう他者と関わることも一切しない。なぜなら、それぞれの人間は自分の道を歩むべきであり、他者に介入すべきでないと考えているからである。それがわたしの見解である。それはおそらくわたし自身の性格によるものであるが、兄弟姉妹がわたしを理解し、赦すことを願う。と言うのも、わたしは父の命令に逆らうことをするつもりは決してないからである。わたしはあえて天の旨に反抗することはしない。「天の旨には反抗できない」ということをあなたは忘れたのか。わたしのことを自己中心的だと思う人もいるかもしれないが、自分は神の経営の働きの一部を実行するため特に来たのだと、わたしは信じている。わたしは人間関係に巻き込まれるために来たのではないし、他者とうまく付き合っていく方法を学ぶつもりなどない。しかし、神から託されたことにおいて、わたしには神の導きがあり、信仰と執念をもってその仕事を成し遂げる。わたしはあまりにも「自己中心的」かもしれない。しかし、神の公正かつ無私無欲の愛を感じること、神と協調することに、誰もが進んで取り組むことをわたしは願う。神の威厳が再び降臨するのを待っていてはならない。そんなことは誰のためにもならない。私たちは次のことを考慮すべきだと、わたしは常に考えている。「私たちは神を満足させるために、あらゆる手を尽くしてなすべきことを行なわなければならない。私たち一人ひとりに神が託すことは異なる。私たちはそれをどのように成し遂げるべきか」。あなたは自分の歩む道が何であるかを悟らなければならず、それを明確に理解することが不可欠である。誰もが神を満足させることを望むなら、なぜ自分自身を神に捧げようとしないのか。わたしは初めて神に祈ったとき、自分の心をすべて神に捧げた。親、姉妹、兄弟、同僚など、わたしの周りにいる人たちは、わたしの決意によって心の奥底に押しやられ、わたしにとって一切存在しないかのようだった。なぜなら、わたしの念頭には常に神があり、神の言葉があり、あるいは神の英知があったからである。こうしたことが常に心の中にあり、わたしの心の中で最も尊い位置を占めていた。したがって、処世哲学で溢れんばかりの人にとって、わたしは冷酷で無感動な人間である。そうした人たちは、わたしの身の処し方、わたしの行ない方、わたしの一挙手一投足に心を痛める。わたしという人物が解けない謎であるかのように、わたしに奇妙な視線を向ける。わたしが次に何を行なうか分からず、心の中で密かにわたしという人物を見定めている。彼らが何をしようと、わたしの道を邪魔することなどどうしてできようか。おそらく彼らは妬んでいるか、うんざりしているか、ばかにしている。それでもやはり、わたしはひどい飢えと渇きを感じているかのように、神の前で祈ることに徹する。この同じ世界にわたしと神しか存在せず、他に誰もいないかのように。外界の力がわたしのすぐそばに絶えず群がっているが、神に心を動かされているという感覚もまたわたしの中に湧き上がっている。このジレンマに陥ると、わたしは神の前に跪いて祈る。「神よ! あなたの御旨に嫌気がさすなどどうしてあり得ましょうか。あなたの目にはわたしが精錬された金のごとく高潔に見えていても、わたしは暗黒の力から逃れることができません。わたしはあなたのために全人生をかけて耐え忍びます。わたしはあなたの働きを一生の仕事とし、この身をあなたに捧げるのに適した安息の地を与えてくださるよう、あなたに請い求めます。神よ! わたしは自分をあなたに捧げることを望みます。あなたは人間の弱さをよくご存じです。それなら、なぜわたしから隠れておられるのですか」。その瞬間、わたしは人知れず風に揺さぶられて香る山百合であるかのような感覚を覚えた。しかし天はすすり泣き、わたしの心も一層深い苦悩を抱えているかのように泣き続けた。すべての力と人間による包囲は晴天の霹靂のようだった。誰がわたしの心を理解できようか。そして、わたしはもう一度神の前に出て、言った。「神よ! この不浄の地であなたの働きを行なう術はないのですか。なぜ他者は、迫害のない快適かつ協力的な環境にいながら、あなたの心を思いやることができないのですか。わたしは自分の羽を広げたいのに、なぜ飛び去ることがこれほどまでに難しいのですか。あなたはそれをよしとされないのですか」。これについて何日も泣き続けたが、神が悲嘆に暮れているわたしの心に安らぎをもたらすだろうと、わたしは常に信じていた。わたしの懸念を理解する者はいまだかつて一人もいない。おそらくこれは神からの直観であるが、わたしは神の働きのために絶えず心の中で火を燃やしており、息つく間もないのである。わたしは今日まで依然として祈っている。「神よ! それがあなたの御旨であるなら、あなたのより偉大な働きを実行できるよう、どうかわたしをお導きください。それにより、あなたの働きが宇宙に広まり、あらゆる国と教派に開かれ、わたしの心にささやかな平和がもたらされますように。そして、わたしがあなたのために安息の地に生き、何にも干渉されずにあなたのために働き、生涯をかけて、安らぎの心であなたに奉仕することができますように」。これがわたしの心の願いである。兄弟姉妹はおそらく、わたしが傲慢で自惚れていると言うだろうが、わたし自身もそのことを認識している。なぜなら、それは事実であるからだ。若者には傲慢さしかないのである。それゆえ、わたしは事実を無視することなく、ありのままを伝えるのだ。あなたはわたしの中に、若者のあらゆる特徴を見るだろうが、他の若者と異なる面も見えるだろう。それは、わたしの落ち着きと穏やかさである。この件を題目として取り上げるつもりはない。神はわたし以上にわたしのことを理解しているとわたしは考える。これらはわたしの心からの言葉であり、兄弟姉妹が気を悪くしないことを願う。私たちが心の中の言葉を語り、各人が何を求めるかを考察し、神を愛する私たちの心を比較し、私たちが神に囁く言葉を聴き、私たちの心の中の最も美しい歌を歌い、私たちの心の中の誇りを言葉にし、それらにより、私たちの人生がもっと美しくなることを願う。過去は忘れ、未来に目を向けよ。神は私たちのために道を開くだろう!

前へ: 道……(5)

次へ: 道……(7)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなたは誰に忠実なのか

現在、あなたがたが過ごしている日々は決定的である。それはあなたがたの終着点と運命にとってこの上なく重要である。そのため、今日もっているものすべてを大切にし、過ぎゆく一瞬一瞬を大切にしなければならない。この生涯を無駄に生きたことにならないように、可能な限りの時間を作り出し、最大の成…

あなたがたは人格が卑しすぎる

あなたがたはみな優雅の座に着き、自分とよく似た若い世代に訓戒し、その全員を自分の横に座らせている。あなたがたの「子孫」がはるか以前に息切れしてわたしの働きを失ったことなど、あなたがたは知らない。わたしの栄光は東の地から西の地まで輝き渡る。しかし、わたしの栄光が大地の果てまで広がり…

神の宿る肉の本質

最初に受肉した神は地上で三十三年と半年にわたって生き、三年半の間だけ自らの職分を果たした。働きをしていた時も、働きを始める前も、イエスは普通の人間性をもっていた。普通の人間性を三十三年と半年の間宿したのである。最後の三年半の間に、イエスは自分が受肉した神であることを明らかにし果た…

宗教的な奉仕は一掃されなければならない

全宇宙における神の働きが始まって以来、神は多くの人々を神に仕えるように運命づけてきた。そこにはあらゆる社会的地位の人々が含まれている。神の目的は、神の心を満たすことと、神の地上での働きが、必ずとどこおりなく成就するようにすることである。これが神に仕える人々を神が選ぶ目的である。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索