全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の言葉が私を覚醒させました

37

山東省済南市 苗暁

神様が「偉大な白い玉座から逃れる操り人形であり裏切り者で、……」とおっしゃったのは、終わりの日の神様の働きを受け入れるものの後退する人々のことに言及なさっている、と私は過去にはいつも思っていました。それ故、どんな理由であれ兄弟姉妹たちがこの道から退くのを見るといつでも、私の心は彼らへの軽蔑で一杯になりました。「偉大な白い玉座から逃れ、神様の懲罰を受けるべき操り人形であり裏切り者がまた一人」と思ったのです。それと同時に、私自身は神様の裁きを受け入れるうえで正しく行動しており、神様の救いを受けるのはそう遠くないと感じていました。

証し

ある日、私が霊的ディボーションを行なっていたとき、「キリストは、真理を以て裁きの働きを行う」という記事に神様の以下のような言葉を読みました。「というのも、裁きの働きの本質は、実際に神を信じる全ての者に、神の真理、道、いのちを開く働きだからだ。これが、神がなす裁きの働きである。もしあなたがこうした真理を重視せず、避けたり、別の道を考え出そうと常に考えたりしているなら、あなたはひどい罪人だとわたしは言おう。もしあなたが神を信じていても、神の真理やその心を追求せず、あなたを神に近づける道を愛さないなら、あなたは裁きを逃れようとしている者だとわたしは言おう。あなたは、偉大な白い玉座から逃れる操り人形であり裏切り者で、神は自分の目から逃れようとする反抗者を誰ひとり容赦しない。そうした人は、更に重い懲罰を受ける。裁かれるために神の前に来たもので清められている者は、永遠に神の国に住むことになる。……」(『言葉は肉において現れる』)この言葉を熟考した後、偉大な白い玉座から逃れる操り人形であり裏切り者は、この道から後ずさりする人々だけを指しているのではないということを私はついに理解しました。さらに重要なことに、それが指しているのは、神様に従いながらこれらの真理を尊重しない人々、常にこれらの真理を忌避し、そこから外れた新しい道をさがし、神様の刑罰と裁きに従う覚悟も神様によって清められることを求める覚悟もない人々だということです。私は神様の啓示と導きの下で、自らの行動を反省し始めました。神様は今、人を裁く言葉を表し、苦しみと精錬によって神様と相容れないものを人から除いておられます。しかし、神様の刑罰と裁き、苦しみと精錬に直面して、神様がこのような状況をすぐに取り除かれることを願いつつ、私はいつも逃げようとしています。これは真理を避け、真理から外れた道を探していることではないでしょうか。神様がもたらされた人々や物が私の個人的な観念に合わなかったり、あるいは私が後ろ向きな状況に陥いったりすると、たとえ兄弟姉妹たちとの交流が私の問題を解決し、神様への私の誤解を解消することができても、私はまだ抵抗し聞くことを拒否します。神様がおっしゃるように、これは真理を求めていない、私を神様にさらに近づける道を愛していないということではないでしょうか。仕事のやり方がおざなりであるために取り扱われ、刈り込まれるとき、私はいつも自らを説明する言い訳を探しています。これは真理を受け入れることを拒む本質ではないでしょうか。私は実生活で自分に都合のよいようにすることがよくあります。それが真理であることを知っているときでさえ、私は肉を裏切り真理を実践することを拒否します。これは裁きを受け入れていないだけではなく、浄化されることを求めていないのではないでしょうか。……そのことについて考えるようになったので、さらにはっきりと私は理解しています。偉大な白い玉座から逃れていると神様がおっしゃる人々は、教会を離れる人だけを指しているのではありません。もっと重要なことに、それは真理を受け入れず、神の裁きに従おうとしない私たちの心を指しているのです。今になって初めて私は恐怖や慄きを感じ始めました。私は教会を去っていませんが、問題に遭遇するたびに私の心は、いつも真理を受け入れるのを拒否し、神様の裁きを避けていました。私は正に神の裁きの座から逃れる操り人形であり裏切り者ではないでしょうか。しかし私は、自分は神様の救いを受けるのにとても近いところにいるが、教会を離れる人々だけが神の玉座から逃れる操り人形であり裏切り者であると信じていました。神様の言葉についての私の理解があまりにも一面的で浅く、神様の働きについての私の認識もあまりにも不足していたことがわかります。今や、神様の刑罰と裁きを誠実に受け入れ、性質の変化を成しえた人々だけが神の救い本当に受けます。それなのに私は自分の想像に生き、真理を渇望せず、自らのいのちに責任を持たず、危機感や切迫感が全くありませんでした。もしこのように続けていれば、私は正に神の懲罰の対象になったのではないでしょうか。

神様の言葉の啓示のおかげで、私は自らの観念や想像から目を覚まし、自分が神様の刑罰や裁きを受け入れる覚悟のある者ではないことに気づきました。それはまた、私が危機に瀕していたことを私に知らしめてくれました。これからは、やがて神様により清め、完全にしていただけるように、私は心をすべて神様に捧げ、神様の刑罰と裁きに従い、最大限の努力を行って真理と性質の変化を求めます。

関連した内容

  • 私は他人と協力する事を学びました

    教会の益のために、そして兄弟姉妹を励まして前進させるために、調和をもって協力しなければならない。あなたは相手と協力し、相手もあなたと協力し、互いに誤りを正し、働きが更に良い結果をもたらすようにし、そのようにして神の旨に配慮すべきである。そうすることのみが真の協力であり、このような人々のみが真に霊的に成長することができる。

  • 私はなぜパリサイ人の道を歩んでいたのでしょうか

    山西省 蘇醒 私は傲慢で、うぬぼれた人間です。地位は常に私の最大の弱点でした。何年もの間、私は評判と地位に縛られ、自分を解放する事ができない状態にありました。昇格されては、異動させられるという事を何度も繰り返してきました。自分の地位を担う中、何度も挫折を経験し、これまで多くの難関を乗り越えてきました…

  • 霊の束縛を解き放つ

    呉雯 河南省鄭州市 私は傷つきやすく、弱い人でした。神を信じていなかった頃は、人生で起こることに落ち込んだり、動揺したりしていました。こうなる時が頻繁にあり、人生は厳しいものだと感じており、私の心には喜びも幸福感もありませんでした。神を信じるようになり、特に、喜びや平和を感じられる時期もありましたが…

  • 放蕩息子の帰郷

    ハルビン市 シン・ワン 1999年に私は教会の仕事の要求により、リーダーとなりました。初めの頃は、私にはこの仕事をする価値がないと心底感じていましたが、しばらくすると、傲慢で独善的な性質のために、初めの慎重さが、自分自身を称賛したり、自分を証明したりすることに徐々に変化したのです。私は、食事、衣類、…