全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第七章

我々の周りの状況は、我々が急いで霊に戻るよう促す。頑な心で行動してはならない。聖霊が心配しているかどうかを無視してはならない。利口ぶったり、独り善がりになったり、自己満足してはならない。また、あなたは自分の苦難を誇張してはならない。唯一行うべきことは、霊と真理によって神を礼拝することである。神の言葉を等閑にしたり、聞く耳を持たなかったりすることは許されない。慎重にそれらを解き明かし、デボ-ションを繰り返し、言葉の中にある命を把握しなければならない。それらを消化する時間を持たず、それらをただ丸呑みするというような無益なことはしてはならない。あなたが行うあらゆることにおいて、あなたは神の言葉に拠り頼んでいるだろうか。子供のように得意そうに話して、それから何か問題が生じる度、全くの混乱に陥るというようなことはあってはならない。あなたの霊を毎日毎時間、鍛錬しなければならない。一瞬たりとも気を緩めてはならない。鋭い霊を持たなければならない。誰に遭遇しようと、何があなたに降りかかろうと、神の前に来さえすれば、辿るべき道が見つかるだろう。あなたは神の言葉を日々飲食し、怠ることなく神の言葉を解き明かし、さらに努力し、細部に至るまで理解し、神の旨を誤解しないように、完全なる真理を身に着けなければならない。あなたは自分の経験の幅を広げ、神の言葉を経験することに焦点を当てなければならない。あなたは経験を通して、神についてより確信することができるようになる。経験がないのに、神について確信している、と言うのは空しい言葉である。我々は明晰な頭を持たなければならない。目を覚ませ。もう気を緩めていてはならない。ずさんな仕方で物事に対処し、進歩するために尽力しないなら、あなたは実に盲目である。あなたは聖霊の働きに焦点を当て、聖霊の声に注意深く耳を傾け、神の言葉に耳を開き、残された時間を大切にし、どんな代価でも払わなければならない。あなたの気骨を最大限に活かし、鍵をしっかりと握り、神の言葉を実践することに重点を置きなさい。神の言葉を後にしてから、あなたがどんなに外見上は良く行っても、そのすべては無駄である。口先だけで実践することは神には受け入れられない。変化はあなたの振る舞い、性質、信仰、勇気そして識見を通してもたらされなければならない。

時は迫っている。この世の物がどんなに良くても、すべて投げ捨てなければならない。多くの困難も危険も我々をひるませることはできない。また、空が落ちてきても我々を圧倒することはできない。このような決意がなければ、意味のある者になるのはあまりにも難しいだろう。意気地がなく、臆病にも命にしがみついている者たちは神の前に立つに値しない。

全能神は実践の神である。我々がどんなに無知であっても、神は我々になおも憐みを示し、神の手は必ず我々を救い、神はなおも我々を完全にするだろう。我々が本当に神を欲する心を持っている限り、しっかりと従って落胆しない限り、また、切迫感を持って探求する限り、神は絶対に我々を不当に扱ったりはしないだろう。神は必ず我々の不足を補い、我々を満足させるだろう。このすべては全能神の優しさである。

貪欲で怠け者で、飽き足りた怠惰な生活を送り、すべてのことに無関心な者がいるならば、彼らは、損失を被るのは避け難いことであるのを思い知るだろう。全能神は万物とすべての事象の上に君臨している。我々の心がいかなる時も神を敬い、我々が霊において成長し、神と交わる限り、神は我々が求めるすべてのことを示し、神の旨が必ず我々に明らかにされるはずだ。そうすれば我々の心は喜びと平安を得、完全な明晰さによって安定するだろう。神の言葉に従って行動できることが肝心である。神の旨を把握することができること、神の言葉に頼って生きること──これのみが真の経験である。

神の言葉を理解することによってのみ、神の言葉の真理が我々の中に入り、我々のいのちになることができるだろう。何の実践経験もなしに、あなたはどのようにして神の言葉の現実の中に入ることができるのか?神の言葉を自分のいのちとして受けることができないなら、あなたの性質は変化することができないだろう。

聖霊の働きは今や飛躍的に前進している。しっかり従わず、訓練を受けないなら、そのような聖霊の歩調に遅れずについて行くのは難しいだろう。サタンによって踏みにじられないように、また、逃れることのできない火と硫黄の池の中へ落ちないように、急いで急激な変化をもたらしなさい。投げ捨てられることがないように、最善を尽くして今求め始めなさい。

前へ:第六章

次へ:第八章