全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第八章

全能神──神の国の王──が証しされて以来、神の経営(救い)の領域は全宇宙に遍く広がっている。中国において神の出現が証しされただけでなく、全能神の名がすべての国々とすべての土地で証しされている。彼らは皆この聖なる名を呼んで、どうにかして神との交わりを持とうとし、全能神の旨を把握し、一致して教会で仕えている。聖霊はこのような不思議な方法で動くのである。

様々な国々の言語は互いに異なっているが、霊は一つである。この霊は、全宇宙の教会を一つに結び、神と一つであり、少しも違わない。そしてこれは疑いの余地のない事実である。聖霊は今、彼らに呼びかけ、その声は彼らを呼び覚ます。それは神の憐みの声である。彼らは皆全能神の聖なる名を呼んでいる。彼らはまた讃美を捧げて歌う。聖霊の働きにおいてはどんな逸脱もあり得ない。そして、これらの人々は正しい道に沿って前進するためなら、どんなことでもする。彼らは退くことがなく、奇跡は次々と起こっている。それは、人々にとって想像し難いことであり、推測するのも不可能である。

全能神は宇宙のいのちの王である。神は栄光の玉座に座り、世界を裁き、すべての上に君臨し、すべての国々を支配する。すべての人々は跪いて神に祈り、神に近づき、神と交わる。どんなに長く神を信じていようと、地位がどれだけ高かろうと、どんなに年の功があろうと、もしあなたが心の中で神に逆らうなら、あなたは裁かれなければならず、神の前にひれ伏して痛々しい懇願の声を出さなければならない。これはまさしく自身の行動の結果を刈り取ることである。この嘆きの声は火と硫黄の池で苦しめられるときの声であり、それは神の鉄の杖によって懲らしめられるときの叫びである。これこそキリストの玉座の前の裁きである。

ある者は恐れ、ある者は自信がなく、ある者は目覚め、ある者は注意を払って慎重に聞く。ある者は深い自責の念を感じ、悔い改めて新しく始める。ある者は苦痛の中で苦い涙を流し、ある者はすべてを放棄して、必死に探し求める。またある者は自分自身を吟味し、もう二度と無謀な行いはしない。ある者は神に近づくことを緊急に求め、ある者は自分の良心を調べ、何故自分のいのちが進歩しないのか問う。またある者は未だに混乱しており、ある者は足枷を振り捨てて勇敢に前進し、鍵をつかみ、一時も無駄にすることなく自分のいのちを考慮する。ある者はまだ躊躇し、ビジョンについてはっきり理解しておらず、彼らが心の中に荷う重荷は実に重いのである。

あなたの心が明瞭でないなら、聖霊があなたの中に働くことはない。あなたが重点を置くすべてのこと、あなたが歩む道、あなたの心が切望するすべてのものは、あなたの観念と独善で満たされている。わたしは業を煮やしている──あなたがたが早くわたしの役に立つようになり、わたしの重荷が軽減されるために、あなたがた全員を今すぐにでも完全にすることができたらと、わたしはどんなに望んでいることか。しかし、あなたがたを見ていると、成果を心待ちにするのは非現実的であることが分かった。わたしはただ辛抱強く待ち、ゆっくりと歩き、ゆっくりとあなたがたを支え導くことしかできない。ああ、あなたがたは頭を明晰にするべきだ。何を捨てるべきか、あなたの宝は何なのか、あなたの致命的な弱点は何なのか、あなたを妨げるものは何なのか、これらのことをあなたの霊においてより明らかにし、もっとわたしと交わりなさい。わたしが望むことは、あなたがたの心が静まってわたしを見上げることであり、口先だけで仕えることではない。わたしの前でほんとうに探し求めるなら、わたしはあなたにすべてのことを現す。わたしの歩調は速まる。あなたが心でわたしを見上げ、いかなる時にもわたしに従ってついて来るなら、わたしの旨が霊感によってあなたに与えられ、いつでもあなたに明らかにされるだろう。注意して待つ者たちは、糧を得て先へ進むだろう。思慮の無い者たちは、わたしの心を理解するのが難しくなり、行き詰まるだろう。

わたしは、あなたがたが皆早く立ち上がってわたしと協力し、ただ一昼夜だけでなく、あらゆる時にわたしに近付くことを願っている。わたしの手は常にあなたがたを引っぱり、あなたがたを駆り立て、あなたがたを押し続け、あなたがたを説得して前に進ませ、あなたがたに懇願して前進させなければならない。あなたがたはどうしてもわたしの旨を理解しない。あなたがた自身の観念とこの世のもつれがもたらす障害は大き過ぎ、あなたがたはわたしともっとの深い関係を持つことができない。率直に言うが、あなたがたは、問題を持っているときはわたしのところに来るが、何の問題も持っていないときは、あなたがたの心は悩む。あなたがたの心は自由市場のようになり、サタンの性質で満たされ、それらは世の物事で占められ、どのようにしてわたしと交わればよいのか分からない。どうしてあなたがたのことを心配せずにおられようか。しかし心配したところで、どうにもならない。時間はあまりにも切迫しており、任務は非常に骨が折れるのだ。わたしの歩みは飛ぶように進む。あなたがたは自分が持っているすべてのものをしっかりと握り締め、いかなる時もわたしを見上げ、わたしと親しく交わらなければならない。そうすれば、わたしの旨は必ずあなたにいつでも明らかにされる。あなたがたがわたしの心を理解するとき、あなたがたの前途は開けるだろう。あなたがたはもはや躊躇してはならない。わたしとの真の交わりを持ち、偽りを手段として用いたり、利口ぶったりしてはならない。それはただ自分を欺くことであり、いつでもキリストの玉座の前で露わにされるだろう。本物の金は火を恐れない──これは真実である。ためらったり、落胆したり、弱気になったりしてはならない。霊において直接もっとわたしと交わり、辛抱強く待ちなさい。そうすれば、わたしはわたしの時に応じて必ず啓示を与えよう。あなたは本当に、絶対に注意し、あなたへのわたしの努力が無駄にならないようにしなければならない。そして一時も無駄にしてはならない。あなたの心が常にわたしとの交わりの中にあるとき、あなたの心が絶えずわたしの前に生きているときは、何者も、どんな出来事も、どんな物も、夫も、息子も、娘も、あなたの心の中でのわたしとの交わりを邪魔することはできない。あなたの心が常に聖霊によって抑制され、あなたがいつもわたしと交わっているとき、わたしの旨はきっとあなたに明らかにされるだろう。あなたの状況やあなたが直面する出来事に関わらず、このようにあなたが常にわたしに近づくなら、あなたが誰に、あるいは何に遭遇しようと、あなたは混乱することがなく、進むべき道が開けるだろう。

通常あなたが大きなことや小さなことにおいて何も逃さず、あなたの心と考えが清められており、霊において静まっていれば、あなたがいつ問題にぶつかっても、即座にわたしの言葉が、あなた自身を吟味するための明るい鏡のようにあなたの中に啓示され、その時あなたには進むべき道が開かれるだろう。これは適切な病状に適切な薬を処方するということである。そして、どんな病状でも必ず癒されるだろう──神はそれほど全能であるのだ。わたしは、義に飢え渇き、誠意を持って探し求めるすべての者たちに、確かに光と啓示を与える。わたしはあなたに霊の世界のすべての奥義を示し、あなたがたに進むべき道を示し、できるだけ早く古い堕落した性質を捨てさせる。そうすれば、あなたがたはいのちの成熟に達し、わたしに役立つ者となり、福音の働きはすぐに支障なく前進するだろう。その時初めてわたしの旨は満たされ、六千年に渡る神の経営(救いの)計画はできるだけ早く達成されるだろう。神は神の国を獲得して地上に降臨し、わたしたちは共に栄光の中に入るだろう。

前へ:第七章

次へ:第九章

他のお気に入り

  • 堕落した人間は神を体現することができない

    人はサタンの影響から解き放たれることはなく、鎖につながれ暗闇の中で生きて来た。サタンに大きく影響を受けてから、人の性質はますます堕落してしまった。すなわち、人は絶えず堕落したサタンの性質を持ち、真に神を愛することもできず生きている。今後、人が神を愛したいと願うなら、独善、自尊心、高慢、うぬぼれ、そし…

  • 福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある

    すべての人々は地上におけるわたしの働きの目的、つまりわたしの働きの最終目標と、この働きが完成するまでに、それにおいてどの程度をわたしが達成しなければならないかを理解しなければならない。もし、今日までわたしとともに歩んできておきながら、わたしの働きが一体何であるのかを理解していないならば、人々はむだに…

  • 唯一の神自身 6

    神の聖さ(3) 前回の交わりの主題は神の聖さでした。神の聖さは神自身のどの側面に関連しますか。神の本質に関連するものですか。(はい。)それではこの交わりにおいて神の本質に関連する主題は何ですか。神の聖さですか。神の聖さは、神独特の本質です。前回に分かち合った主題は何でしたか。(サタンの邪悪さを識別…

  • 神の働きと人の働き

    人の働きのうち聖霊の働きはどのくらいなのだろうか、また人の経験はどのくらいあるのだろうか。今でさえ、人々はこれらの質問を理解していないと言えるが、人々が聖霊の働きの原則を理解していないことがその理由のすべてである。わたしが意味する人の働きとは、もちろん、聖霊の働きを持っている人々の働き、あるいは聖霊…