全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第六章

万物の長である全能神は、玉座から王としての権力を振るう。神は宇宙と万物を支配し、全地で私たちを導いている。私たちは頻繁に神に近づき、静まって神の前に出る。私たちは一瞬の時をも決して逃してはならない。そして、いかなる時にも学ぶべき事がある。私たちの周りの環境、人々、事柄、事物のすべては神の玉座によって許可されている。心に不平不満を持ってはならない。さもなければ、神はあなたに恵みを授けない。病を患うとき、それは神の愛によるもので、神の善意が必ずその背後にあるのだ。たとえあなたの体が苦しみに耐えている時でも、サタンによる思いを受け入れてはならない。病気の只中で神を賛美し、あなたの賛美の只中で神を楽しみなさい。病気に直面しても心を失ってはならない。求め続けなさい。決してあきらめてはならない。そうすれば、神はあなたの上に光を輝かせるだろう。ヨブはどれほど忠実だっただろうか。全能神は全能の医者である。病の中に留まれば、病気になる。しかし霊の中に留まれば、健やかになるのだ。あなたに最後の息があるかぎり、神はあなたを死なせはしない。

復活のキリストのいのちが私たちの内にある。神の前で私たちは本当に信仰に欠けている。神が私たちの内に真の信仰を与えて下さるように。神の言葉はまことに甘美である。神の言葉は良く効く薬だ。悪魔とサタンを恥じ入らせよ。私たちが神の言葉を把握すれば、私たちは支えられ、神の言葉は即座に私たちの心を救うだろう。それはすべてのものを一掃し、すべてに平和をもたらす。信仰とは一本の丸太橋のようものである。卑屈になって命にしがみつく者がそれを渡るのは困難だが、自らを進んで犠牲にする者には不安なく渡ることができる。臆病と恐怖を抱いている者はサタンに騙されているのだ。サタンは私たちが信仰の橋を渡って神の中に入ることを恐れている。サタンはあらゆる手段を講じて、私たちにサタンの考えを送り込もうとする。私たちは神の光が私たちを照らすよう、常に祈らなければならない。そして、私たちがサタンの毒から清められるために、いつも神に拠り頼まなければならない。私たちは神に近づくために、常に霊において実践しなければならない。私たちは、神が私たちの全存在を支配するようにしなければならないのである。

前へ:第五章

次へ:第七章

他のお気に入り

  • 働きと入ること(4)

    人が聖霊の働きに従って本当に真理に入ることができるなら、その人のいのちは春の雨後のタケノコのように急速に成長するだろう。ほとんどの人は、現在の霊的背丈から判断すると、誰もいのちを重要視していない。それどころか人々は取るに足らない表面的な事柄を重要視している。あるいは彼らはあちこちへ突進し、どの方向…

  • 働きと入ること(10)

    人類がここまで進歩してきたことは、前例のない状況である。神の働きと人がいのちに入ることは肩を並べて進むのであるから、神の働きもまた比類の無い程の大いなる好機である。現在まで人間がいのちに入ることは、人間がかつて想像し得なかった不思議である。神の働きは絶頂を迎え、それに続いて人間の「入ること」[1]…

  • 神を知ることこそ神を畏れ悪を避ける道

    あなた方の一人ひとりが神を信じて生きる自らの生活を新たに吟味し、神を追い求めるにあたり、神を真に理解し、認識し、また本当に神を知るようになったかをどうかを確認すべきである。また、様々な種類の人間に対し神がどのような姿勢で臨むかを知っているかどうか、神が自分にどのような働きを為しているか、自分の行為を…

  • 唯一の神自身 2

    神の義なる性質 あなたがたは、神の権威に関する前回のフェローシップを伝えられているので、この問題に関する大量の言葉を得たものと確信している。あなたがたが認め、把握して理解できる量は、あなたがたがこの問題に取り組む努力の量により異なる。あなたがたがこの問題に熱心に取り組むことを願っている。決して中途半…