全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の国の福音に関する代表的な質問と解答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

質問2.テモテへの第二の手紙の3章16節の中でパウロが、聖書は神に霊感を受けていて、聖書の言葉は全て神の言葉だと言っている。パウロがそう言っているのに間違っているわけがないでしょう。

解答: 宗教界では多くの人がパウロが言ったように、聖書は神に霊感を受けたものだと信じています。しかし土台になっているものを、誰も調べようとしません。人々がパウロを崇拝し、盲目的に信仰するがために、生じた見解なのです。どなたかパウロの発言が、神の言葉に沿っているかどうか考えたことがありますか?主イエスの言葉にもとづいていますか?聖霊がそれを認めましたか?盲目にパウロを信じ、聖書は神に霊感を受けた物と思い込んでおられますが、それは主の言葉や真理に沿っていますか?パウロの言葉に主イエスや聖霊の言葉の裏付けがあるのならば、受け入れて従うことができます。そうすることが主の意図と一致しますから、しかし、皆が知ってのとおり、パウロは神に逆らい、主イエスに対して逆らい反対しました。主イエスの働きに対抗する首謀者だったことは事実です。主イエスはパウロを福音を伝える使徒として選びましたが、パウロはただの人間です。ですから彼の言葉は、間違いなく人間の言葉なのです。主イエスは神ですが、十二使徒や弟子は人間でした。ですから、十二使徒や弟子と主イエスと比較することは、到底できません。主イエスや聖霊の言葉に裏付けされていないのなら、それが誰であろうと盲目的に受け入れてはいけません。そうしないと、とんでもない事になりかねません。パリサイ人が 主イエスに逆らい非難したとき、多くの者がそれの非難に同調し、主イエスを拒みました。彼らは主イエスに逆らったために、神に滅ぼされ非難されました。我々はそこから学んだのではないのですか?皆さん、 聖書には ヤーウェ神の言葉、主イエスの言葉、聖霊の言葉、預言者が伝える神の言葉、ヨハネの黙示録の予言は神の言葉で、その他は、人間の記録や手紙が書かれています。つまり、神の働きの証しとして、このような物が聖書に記録されていますが、重要なのはその人間の言葉を、神の言葉と混同しないことです。人間の言葉は人間の言葉でしかなく、よって神の言葉だけが本物の神の言葉です。なので聖書にある人間やサタンの言葉も神の言葉とみなすと、神を中傷し冒涜することになります。「聖書は神の霊感を受け、すべては神の御言葉である」という考えは、事実に反しているのです。

 全能神の御言葉を少し 読みましょう。「実際、預言の書以外、旧約のほとんどは歴史的記録である。新約の書簡のいくつかは人々の経験に基づいたもので、またいくつかは聖霊の啓きによるものである。たとえば、パウロの書簡はひとりの人間の働きから生まれたもので、それはみな、聖霊の啓きを受けた結果であった。また、その書簡は教会のために書かれたもので、教会の兄弟姉妹への勧告と激励の言葉だった。聖霊の語った言葉ではなかったのである。パウロは聖霊の代わりに語ることはできなかった。また、彼は預言者でもなかったし、まして幻を見てもいない。パウロの書簡はエペソ、フィラデルフィア、ガラテヤ、その他の教会に向けて書かれた。だから、新約のパウロの書簡はパウロが諸教会に向けて書いた手紙で、聖霊の霊感によるものではないし、また、聖霊が直接語ったものでもない。……彼は当時の教会の使徒としての働きをした。彼は主イエスに用いられた働き手だった。そして、教会の責任を与えられていた。彼は教会の仕事を行なうよう任じられていて、兄弟姉妹の状況を調べなければいけなかった。そのために、主においての兄弟姉妹すべてに手紙を書いたのだ。彼が人々に向けて言った信仰を養い、確信に満ちた言葉はみな正しかったが、それは聖霊の言葉を代弁していたのではないし、パウロにも神の代理はできなかった。一人の人間の経験の記録や手紙を聖霊が諸教会に向けて語ったものとして扱うのは、ばかげた解釈であり、ひどい冒瀆である。……もし人々がパウロの書いたような手紙や言葉を見て、聖霊の言葉として神のように崇めるなら、それはあまりにも分別がないと言うことになるだろう。もっと厳しい言い方をすれば、これは冒瀆以外の何物でもないのではないか。どうして人間が神に代わって話せるのか。また、どうして人々は人間の手紙や語った言葉の記録をまるで聖なる書か天の書であるかのように、その前に額づくことができるのであろうか。神の言葉は人間が何気なく口にできるものなのか。どうして人間が神に代わって話せるのか。」(『言葉は肉において現れる』の「聖書について(3)」より)

 全能神の言葉はこのようにとてもはっきりしています。聖書には神だけではなく、さまざまな人間の言葉もあります。皆さんもご存じの通り、 それは事実なので尊重して読めばいいのです。大切なのは正しく見分け、聖書を扱うことです。しかし信者の多くが「聖書はすべて神の霊感を受けて書かれたものである」と言うパウロの言葉を信じ、聖書に記録があるものは、神の御言葉だと強く思い込み。人間やサタンの言葉まで、神の言葉だとみなしています。問題が分かりますか?神に逆らい 冒涜していることになりませんか?人間が 語った言葉は、聖書にそうだと明確に記してあるのに、なぜそれを神の言葉だと信じるのですか?もし人間の言葉が聖書に編纂されたら、神の言葉になるのですか?そんな理屈が通りますか?聖書には、古代の蛇すなわちサタンの言葉もあるのに、これも神の言葉だと言えますか?聖書の言葉が全部神の言葉であると考えている人々は完全に間違っているでしょう。たとえ真理を理解していなくても、事実を全く逆にし、捕らえるべきではありません。

 神の言葉だけが真理であり道であり、命であることはご存知の通りで、人間が語る言葉も真理に沿っていれば、神の言葉の経験と認識によるものと言えます。しかし、聖霊の啓きと光を受けていても、それは人間の言葉です。それらの言葉は神の言葉とは、とても比較になりません。神の言葉は、神の性質の表現であり、それが神のものであり。それが神の存在そのものであり、前向きで人間のいのちになるものです。真理と一致する人間の言葉は、神の言葉と真理に対する経験と理解によるものでその人の霊的背丈を表します。しかし神の言葉が表す真理は決して人間が完全に体験しえるものではないことははっきりとしておくべきです。神の言葉や真理について、いかに深い認識があっても、人間の言葉は真理の本質には及ばないのです。人間の言葉は真理に沿っていても、真理とはみなされません。真理と一致する言葉を語ったとしても、その人が真理を得ているとは言えない。その人が真理そのものだとは尚更言えない。聖霊は人間の霊的背丈に応じて働き、啓き、導き、真理を徐々に理解して現実のものとさせます。だから、神に用いられたものが語る真理に沿った言葉は、真理に対する限られた経験と理解でしかなく、真理の本質とは全く異なります。真理に沿う言葉は、人に少しの恩恵を授けますが、それが人のいのちになったりしませんし、神の言葉と比較しうるものになるわけではありません。全能神は言われます。「聖霊の啓きによる言葉はすべて神の言葉を表すものではなく、真理を表すものでもなく、真理に付随するものでもありません。これらの言葉を語る人々は真理をある程度理解し、聖霊の啓きをある程度得ているだけです……真理は神自身のいのちで、神自身の性質を表し、神自身の本質を表し、真の神の中にあるすべてのものを表します。」(『キリストの言葉の記録』の「あなたは真理が本当に何かを知っていますか」より)従って、聖書の中の神の言葉と人間の言葉は混同してはいけません。宗教界の多くの牧師の説教は、神の言葉には従っていないのです。聖書の中の人間の言葉に基づいており、聖書の人間の言葉を真理とみなして、人に実行させ遵守させています。そのため混乱が生じるのです。人間の言葉は人間の命にはなりません、神の言葉だけが人間の命になるのです。牧師は常に聖書の人間の言葉を人に実行させ遵守させていますが、これは本末転倒では?神を崇拝し、証をすることになりますか?「聖書は全て神の霊感を受けて書かれたもの」とは、パウロの言葉です。神が聖書をこのように認めたことはなく、聖霊もそんなことは言っていません。預言者も使徒もそんなことは言っていませんよ。パウロが言った、「聖書は全て神の霊感を受けて書かれたもの」とは、パウロ個人の見解であり、神の言葉では証明されていないのです。聖書は神の霊感で書かれており、全部が神の言葉なので、聖書が神を代弁すると考えるのは間違いです。この事実をはっきり確認し、正しく聖書を扱えば、神の御心に叶うでしょう。

『足枷を解いて走れ』の映画台本から

前へ:質問1.聖書でパウロはこう言ってる。「聖書は、すべて神の霊感を受け て書かれたものであって……」(テモテヘの第二の手紙 3:16)パウロの 言葉は聖書に書かれている言葉です。つまり霊感で書かれ、神様の御言葉です。主を信じるとは、聖書を信じること、宗派は関係なく、逸れているのなら、それは異端です。信じているなら、聖書に従わなければ。聖書の言葉を守るんです。聖書はキリスト教の正典であり、信仰の礎です。聖書を離れるとは、信仰から離れる。聖書から離れて、どうやって主を信じます?御言葉はすべて聖書の中です。他にそんな場所ありますか?信仰が、聖書によらなければ、何によります?

次へ:質問3.神の言葉も働きも、全て聖書に記録され、聖書の外にそれは存在しないのです。信仰は、聖書があるからこそ成り立つのです。