全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百七章

わたしの言葉がある程度厳しい時、ほとんどの人はわたしの言葉故に退く。まさにその時が、わたしの長子たちが現される時である。わたしは、指一本上げることなく、わたしの言葉だけを用いて全てを成し遂げると言った。わたしはわたしが憎む全てのものを言葉によって破壊し、また言葉を用いてわたしの長子たちを完全にする。(わたしの言葉が語られると、七つの雷が轟き、その時にわたしの長子たちとわたしは姿を変えて霊的領域に入る。)わたしの霊が直接働くとわたしが言ったのは、わたしの言葉は全てを達成し、それによって人はわたしが全能であることを知るという意味である。よって、人はさらに明確に、わたしの一文一文に込められた目標と目的を知るのである。わたしがその人間性にあって言うことは、全てわたしの現れの一側面であると、わたしは以前言った。それ故、わたしが普通の人間性にあって言うことに確信を持てない者や、それを心から信じない者はみな、排除されねばならない。わたしの普通の人間性は、わたしの完全な神性の欠かせない側面であると繰り返し強調してきたが、あまりに多くの人々が未だにわたしの完全な神性に焦点を当てて、わたしの人間性を無視している。あなたは盲目なのだ。わたしはあなたの観念に合わない、とあなたは言う――わたしという人間はあなたの持っている神のイメージに[a]合わないと。そのような人々がわたしの国に残れるだろうか。わたしはあなたをわたしの足で踏みにじるだろう。あなたは何としてもわたしに反抗しようとする。あなたはどうしようもなく頑固なのだ。わたしの微笑みはあなたの観念には合わず、わたしの語る言葉はあなたの耳には心地よくはなく、わたしの行いはあなたに益とはならない、そうではないか。これらのものはみな、あなたの好みに合わなければならない――それは神だと言えるだろうか。それでもこれらの人々は、わたしの家に留まり、わたしの国で祝福を受けることを願う。あなたは夢でも見ているのではないのか。どうしてそんな素晴らしいことがありえようか。あなたはわたしに逆らいたいのだが、それでもわたしの祝福を受けることを願う。あなたに言おう。それはならない!わたしの国に入り、わたしの祝福を受ける者は、わたしが愛する者でなければならないとは、これまで何度も言ってきたことである。なぜわたしはそれらの言葉を強調するのか。わたしは全ての者たちが心の中で何を思っているかを知り、理解しており、彼らの思いを指摘する必要などない。彼らの正体は、わたしの裁きの言葉によって露わにされ、わたしの裁きの座の前でみな悲しみに泣き叫ぶ。これは誰も変えることのできない明白な事実である。最終的に、わたしは彼らを一人ずつ底なしの穴へと入らせる。これが悪魔であるサタンへのわたしの裁きの最終的効果である。一人ひとりを扱うために、わたしは裁きと行政命令を用いなければならない。これがわたしの刑罰の方法である。あなた方にはこの事に関する本当の識見があるだろうか。わたしはサタンに説明する必要はない。ただわたしの鉄の杖を使い、死ぬ一歩手前で情けを請うまでサタンを打つだけだ。それだから、人々がわたしの裁きの言葉を読んでも少しも理解できないが、わたしの観点から見れば、わたしの言葉のひとつひとつ、文章のひとつひとつは、どれもわたしの行政命令の遂行なのである。これははっきりとした事実である。

今日わたしは裁きについて語るので、それは裁きの座に関連する。あなた方は以前何度も、自分たちがキリストの玉座の前で裁きを受けると言っていた。あなた方は裁きに関して理解しているが、裁きの座を想像することはできない。裁きの座とは、物理的なものと考える人たちもおそらくいるだろう。彼らは、大きなテーブルを想像したり、この世の裁判の席を想像したりするかもしれない。もちろん、今回のわたしの説明では、わたしはあなた方が言ったことを否定はしない。だがわたしに言わせれば、人々の想像するものにはいまだに象徴的な意味がある。したがって、人々の想像とわたしの元来の意味の間にある溝には、依然として天と地ほどの距離がある。人々の観念によれば、大勢の人たちが裁きの座の前で地に横たわり、泣き叫びながら憐みを請うというようなものである。人間の想像はそこまでが限界で、それ以上を想像できる者はいない。では裁きの座とは何であろうか。わたしが奥義を解き明かす前に、あなた方はこれまでの考えを全て否定しなければならない。そうして初めて、わたしの目的が達成されるのだ。この領域にあるあなた方の観念と考えを一掃するにはこの方法しかない。わたしが話すときは、あなた方はいつも注意を払わなくてはならない。不注意であってはならない。わたしの裁きの座は、世界の創造以来ずっと確立されている。時代を超え、世代を超えて、多くの人々がわたしの裁きの座の前で死に、多くの人々が立ち上がり、甦った。最初から最後まで、わたしの裁きは止まることがないので、わたしの裁きの座は常に存在するとも言える。わたしの裁きの座が言及される時、人間はみな一抹の不安を感じる。勿論、今わたしがすでに語ったことから、あなた方は裁きが何であるか全く理解していない。裁きの座と裁きは共存するが、それぞれ別のものである。(ここで言う「もの」は物理的な物ではなく、言葉を意味する。人間には全く見えないものである。)裁きはわたしの言葉を意味する。(厳しいものであれ優しいものであれ、すべてがわたしの裁きの中に含まれている。従って、わたしの口から出るものは全て裁きである。)以前人々は、わたしの言葉をいくつもの異なる種類に分けていた。裁きの言葉、優しい言葉、いのちを与える言葉というように。今日、わたしは裁きとわたしの言葉が互いに関連していることをあなた方に明確にする。つまり、裁きはわたしの言葉であり、わたしの言葉は裁きである。あなた方はそれらを別々のものとして語ってはならない。人々の想像では、厳しい言葉が裁きだが、それは部分的な理解に過ぎない。わたしの言うこと全てが裁きである。以前述べた裁きの始まりとは、わたしの霊があらゆる場所で正式に働き始め、わたしの行政命令を実施することを意味する。ここでの「裁き」は現実的なものを指す。それでは裁きの座について説明しよう。わたしは何故、裁きの座はとこしえからとこしえまで存在し、わたしの裁きとともにあると言ったのか。あなた方は、裁きに関するわたしの説明からそれを理解できるだろうか。裁きの座とはわたし自身を指している。とこしえからとこしえまで、わたしは常に声を発し、語っている。わたしは永遠に生きている。それ故わたしの裁きの座とわたしの裁きは永遠に共存する。この事を今明瞭に理解しなければならない。人々は自分の想像の中でわたしを物として扱うが、そのことについてわたしはあなた方を咎めも非難もしない。わたしはひたすら、あなた方が従順な心でわたしの啓示を受け入れ、それによってわたしが全てを包括している神自身であると知ることを願う。

わたしの言葉は人々には全く理解できず、わたしの足跡は人々には見つけることができず、わたしの旨は人々には把握することができない。従って、あなた方の今の状態(わたしの啓示を受け、その中にあるわたしの旨を把握し、それを通してわたしの足跡を辿ることができている)は、全てわたしの奇しい業、わたしの恵みと憐れみの結果である。いつの日か、わたしはあなた方にわたしの知恵さえ知るようにさせ、わたしがこの手で為してきたことを見せ、わたしの働きの奇しさを見させる。その時、わたしの経営(救いの)計画全体の青写真が完全にあなた方の前で明らかにされるだろう。宇宙世界全体に日々わたしの奇しい業の現れがあり、その全ては、わたしの経営(救いの)計画が達成されるために役立つ。それが完全に明らかにされた時、あなた方は、わたしがどのような人々に奉仕させ、どのような人々にわたしの旨を成就させることを定め、わたしがサタンを利用することで何を成し遂げ、わたし自身が何を達成し、どのような人々が泣き、どのような人々が歯ぎしりし、どのような人々が滅びを体験し、どのような人々が地獄の苦しみを味わうかを知るだろう。ここで「滅び」とは、わたしが火と硫黄の湖に投げ入れ、焼き尽くされる人々のことを指し、「地獄」とは、底なしの穴に投げ入れられて永遠に苦しむ人達のことを指す。だから、滅びと地獄を同じものとして誤解してはならない。それどころか、それらは全く異なるものである。今日わたしの名を離れる効力者たちは地獄の苦しみを経験することになり、わたしの名によらない者は滅びへと陥る。それだから、わたしは、地獄を経験する者は裁きの後にわたしに永遠の讃美を捧げると言ったのだ。だがこれらの人々はわたしの刑罰を決して逃れることはなく、常にわたしの支配を受け入れることになる。底なしの穴が人々に刑罰を加えるわたしの手であるとわたしが言ったのはそれ故である。また、わたしは、全てはわたしの手の中にあると言う。底なしの穴とはサタンの影響のことを指しているけれども、それはまた、人々を罰するわたしの手の中にもある。だから、わたしが全てはわたしの手の中にあると言うとき、そこに矛盾はないのだ。わたしの言葉は無責任なものではない。それは適切で一貫性のあるものである。でっちあげでも、ばかげたものでもなく、誰もがわたしの言葉を信じるべきである。このこと故に、将来あなた方は苦しむだろう。わたしの言葉故に、多くの人々が冷たくなり、失望し、落胆し、泣いたり涙したりする。実に様々な反応の仕方があるだろう。ある日、わたしの憎む全ての人々がいなくなった時、わたしの働きは完成する。将来、多くの人々は長子たちが理由で躓き、最終的には一歩ずつ離れて行くだろう。つまり、わたしの家は徐々に聖くなり、あらゆる悪魔はわたしの傍らからゆっくりと退く――静かに、服従して、不平ひとつ言わずに。その後、わたしの長子たちが明らかにされ、わたしは働きの次の段階を開始する。その時初めて、わたしの長子たちはわたしと共に王となり、全宇宙を支配する。これがわたしの働きの段階であり、わたしの経営(救いの)計画の重要な部分を構成する。これを見落としてはならない。さもないと、あなたは誤解することになる。

わたしの言葉があなた方に明らかにされる時こそ、わたしがわたしの働きを始める時である。わたしの言葉はひとつとして成就しないことはない。わたしにとって一日は千年のようで、千年は一日のようである。あなた方はそれをどのように見るだろうか。あなた方の時間の観念はわたしのものとはぜんぜん違う。なぜなら、わたしは宇宙世界を司り、全てを成し遂げるからだ。わたしの働きは日ごと、段階ごと、ステージごとに為され、更に、わたしの働きは一瞬たりとも止まることはなく、ひたすら前進し続ける。世界の創造以来、わたしの言葉が中断されたことはない。わたしは語り続け、声を発し続けてきて、今日も、そして今後もそれは変わりなく続く。しかしながら、わたしの時間は注意深く計画され、調整され、非常に整然としている。わたしは為すべき事を為すべき時に行い(わたしにおいては、全ては解放されており、全ては自由である)、わたしの働きの段階を妨げるものは何もない。わたしはわたしの家の全ての者を整えることができ、世界の全ての者を整えることができるが、全く忙しくはない。それは、わたしの霊が働いているからであり、わたしの霊があらゆる場所を満たすからであり、また、わたしは唯一の神自身であり、宇宙世界全体がわたしの手の中にあるからである。こうして人は、わたしが全能であり、わたしには知恵があり、わたしの栄光は宇宙の隅々に満ちていることを見ることができる。

脚注

a. 原文は「のイメ-ジに」は省略されている。

前へ:第百六章

次へ:第百八章