全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百八章

わたしの中にいる全ての者たちは安息を得ることができ、自由になることができる。わたしの外にいる者たちは皆、自由と幸福を得ることができない。なぜなら、わたしの霊はそのような人々と共にはないからだ。そのような人々は霊のない死人と呼ばれる。そしてわたしは、わたしの中にいる者たちを、霊を持つ生きた人たちと呼ぶ。その人たちはわたしに属し、わたしの玉座に戻って来る。効力者たちと悪魔に属する者たちは霊的に死んだ者であり、そのような者たちは滅ぼされて無に帰さなくてはならない。これはわたしの経営(救いの)計画の奥義であり、わたしの経営(救いの)計画において人間には計り知れないことである。しかしわたしは、これを全ての者たちに公にした。わたしに属さない者はわたしに敵対するものである。わたしに属するものはわたしと相容れるに適った者である。これは疑いの余地のないことであり、サタンに対するわたしの裁きの原則である。この原則を知るべきである――サタンから来る全てもの者は裁かれ、焼き尽くされ、灰となる。これはわたしの怒りでもあり、人はわたしの性質をさらに知ることができる。今後、わたしの性質が公表される――それは全ての人々と全ての国々に次第に明らかにされ、すべての宗教、すべての教派、すべての宗派、そしてあらゆる階級の人々に徐々に明らかにされる。隠されるものはひとつもない。全てが明らかにされる。なぜなら、わたしの性質と行動の原則は人間にとって最も隠された奥義であり、(長子が、わたしの行政命令を違反することなく、わたしの明らかにされた性質を用いてすべての人々と全ての国々を裁くために)わたしはそれをしなければならないからだ。これがわたしの経営(救いの)計画であり、これらがわたしの働きの段階なのだ。だれも軽率にそれを変えることはできない。わたしは既に、わたしの神性の完全な性質をわたしの人間性において生かし出したので、誰にもわたしの人間性を侵害させない。(わたしが生かし出した全ては神としての性質である――故にわたしは、わたしが普通の人間性を超越した神自身であると以前言ったのである。)わたしは、わたしを侵害する者は誰であれ決して赦さず、永遠に消滅させる。覚えておくが良い。これはわたしが定めたことであり、言い換えれば、それはわたしの行政命令の欠かすことのできない部分なのである。全ての人は知るがよい。わたしという存在は神であり、更には、神自身である。このことを今明確にするのだ。わたしは不注意に語ることはない。わたしは、あなたが完全に理解するまで全てを明確に指摘し、明瞭に語る。

状況はたいへん緊迫している。わたしの玉座だけではなく、わたしの家の外ではもっと緊迫している。わたしはあなた方に依頼する──すべての側面においてわたしの名を証しし、わたしを生き、わたしの証人となるようにと。今はもう終末なので、全ては準備が整っており、全てはその本来の姿を維持しており、決して変わることはない。排除されるべきは排除され、保持されるべきは保持される。無理矢理しがみ付いたり押しのけたりしてはならない。わたしの経営計画を妨害したり、わたしの計画を壊したりしてはならない。人々にとって、わたしは人類に対して常に愛と憐みに満ちている。しかし、わたしにとって、わたしの性質とは、わたしの働きの段階に応じて異なるものである。なぜなら、わたしは生ける神自身であり、わたしは唯一の神自身だからだ。わたしは不変であり、また常に変化してもいる。これは誰にも理解できないことである。わたしがあなた方に語り、それを説明する場合に限り、あなた方は明確に理解する。わたしの子どもたちにとっては、わたしは愛があり、憐れみ深く、義であり、また懲らしめることもあるが、裁くことしない(これは、長子を滅ぼすことはないという意味である)。わたしの長子を別としては、わたしは段階が変わるにつれてわたしもいつでも変化する。愛があり、憐れみ深く、義であり、威厳があり、裁きを行い、怒りに満ち、呪い、焼き尽くし、最後に肉を滅ぼす。滅ぼされた者は霊と魂もいっしょに消滅する。だが奉仕を提供するものは、霊と魂のみ保たれる(これを具体的にどのように実践するかに関しては、理解できるように後ほど説明する)。しかし、彼らは決して自由を手に入れることはなく、解放されることもない。なぜなら、彼らはわたしの民の下におり、わたしの民の支配下にいるからだ。わたしがこれほど効力者を忌み嫌うのは、彼らが赤い大きな竜の子孫であり、効力者以外の者たちもまた、赤い大きな竜の子孫だからである。つまり、長子以外の者は皆、赤い大きな竜の子孫なのである。「地獄に落ちた者たちがわたしに永遠の讃美を捧げる」とわたしが言ったのは、彼らが永遠にわたしに対して奉仕するという意味である。これは予め定められたことである。それらの人々は常に奴隷であり、牛馬である。わたしはいつでも好きな時に彼らを抹殺し、思いのままに支配する。彼らが赤い大きな竜の子孫であり、わたしの性質を持ち合わせていないからである。彼らは赤い大きな竜の子孫であるので、それと同じ性質を持っている。つまり、彼らは獣の性質を持っているのである。これは紛れもない真実であり、永遠に変わることがない。これは全てわたしによって予め定められており、誰もそれを変えてはならないからである(わたしは、誰にもこの規定に反して行動を起こすことを許さないという意味である)。そんなことをするなら、わたしはあなたを打ち倒す。

あなた方は、わたしが明らかにする奥義から、わたしの経営(救いの)計画とわたしの働きが進んできた段階を知り、また、わたしがこの手で為すことを知り、わたしの裁きと怒りが誰に下るかを見るべきである。これがわたしの義である。わたしが明らかにした奥義に基づいて、わたしはわたしの働きを計画し、わたしの計画を経営する。これを変えられる者はいない──わたしの計画に従って、段階ごとに進められなければならない。奥義とは、わたしの働きが為される道であり、わたしの経営(救いの)計画の段階のしるしである。誰もわたしの奥義に何かを付け足したり引いたりしてはならない。なぜなら、奥義が間違っているならば、道が間違っているということだからだ。なぜわたしは今、わたしの奥義をあなた方に明らかにするのか。その理由は何か。あなた方の中で誰が明確に説明できるだろうか。奥義は道であるとわたしは言ったが、この道とは何を意味しているのだろうか。それは、あなた方が肉から体の中へ入る時に通る過程であり、重要な段階である。わたしがわたしの奥義を明らかにした後、人々の観念は徐々に取り除かれ、その思考は徐々に薄れて行く。これが、霊的領域へ入る過程である。それ故、わたしは、わたしの働きは段階ごとに行われると言うのだ。それはぼんやりしたものではない──それは現実であり、またわたしの働き方だ。誰もそれを変えることはできず、誰にもそれを為すことはできない。わたしは唯一の神自身だからである。わたしの働きはわたし自らによって直接完成される。宇宙と世界全体は、わたしひとりによって支配され、わたしひとりによって整えられる。わたしに聞こうとしない者などいるだろうか。(わたしによれば、「わたしひとり」というのは、「神自身」と言う意味である。なぜなら、わたしという存在は神自身であるからだ。だから、自分の観念にしがみついていてはならない。)わたしに敢えて逆らうものがいるだろうか。そのような者は厳しく罰せられる。あなた方は赤い大きな竜の結末を見たであろう。あれが結末その最後であり、それはまた避けられないことなのだ。その働きはわたし自身が行わなくてはならない。そうすることで赤い大きな竜が辱められ、二度と立ち上がることができなくなり、永遠に滅ぼされるのだ。今、わたしは奥義を現わし始める。(覚えておきなさい。明らかにされた奥義のほとんどは、あなた方がしばしば口にするものだが、誰も理解しない。)既に言ったように、人々には未完成に見えるものでも、わたしの目には完成されており、わたしの目にはまだ始まったばかりものもでも、人々には完成されているように見えるのである。これは矛盾しているだろうか。いや、矛盾してはいない。人々がそのように考えるのは、自分の観念と考えを持っているからである。わたしが計画することはわたしの言葉を通して完成される(それらは、わたしが確立されると言った時に確立され、わたしが完成すると言ったときに完成する)。しかしわたしには、わたしが言ったことが完成しているようには見えない。なぜなら、わたしのする事には時間制限があり、それ故わたしには未完成に見え、人々の肉の目には(時間観念の相違のため)、既に完成されているように見えるのだ。今は、ほとんどの人々は、わたしが現わした奥義ゆえに、わたしに対して懐疑的である。現実の到来のせいで、わたしの意図は人間の観念にそぐわないので、人々はわたしに抵抗し、わたしを否定する。これはサタンが自分で自分の罠に掛かっているのである。(彼らは祝福を得たいのだが、神が自分たちの観念からそれ程逸れているとは思わないので、退いてしまうのである。)これもまた、わたしの働きの効果である。全ての人々はわたしを讃美し、わたしに歓喜の声を上げ、わたしに栄光を帰さなければならない。全てのものはわたしの手の中にあり、全てのものはわたしの裁きの内にある。全ての人々がわたしの山に押し寄せる時、また長子たちが勝利して戻って来る時、それはわたしの経営(救いの)計画の終結点である。それは、わたしの六千年の経営(救いの)計画が完成する時である。全てはわたし自らによって直接采配される。わたしはすでにその事を何度も語った。あなた方は未だに自分の観念の中に生きているので、わたしは繰り返しこのことを強調する。だから、この点を間違えてわたしの計画を妨げないようにしなさい。人々はわたしの助けとなることも、わたしの経営に介入することもできない。あなた方は未だに肉と血によるものだからである(あなた方はわたしに属してはいるが、今も肉の中で生きている)。だからわたしは言う。肉と血によるものは、わたしの嗣業を受け継ぐことができない。これはまた、あなた方を霊的領域に入らせる主な理由でもある。

世界では、地震が災いの始まりである。まず最初に、わたしはこの世界、つまり地球を変える。その次に疫病と飢餓が続く。これがわたしの計画であり、わたしの段階であり、わたしは、わたしに仕えさせるために全てのものを動員し、わたしの経営(救いの)計画を全うする。こうして、わたしが直接関与することもなく、宇宙と世界全体は滅びるであろう。わたしが最初に肉となり十字架に付けられたとき、地は激しく揺らいだ。終わりの時にもそれと同じ事が起きる。わたしが肉から霊的領域に入った瞬間に地震が発生する。だから、わたしは、長子が災害に遭うことは絶対にないと言うのだ。長子以外の人々は災害の中に残されて苦しむであろう。それ故、人間は誰もが長子になることを望む。それは、人々の予感によると、祝福を享受するためではなく、災難の苦しみから逃れるためである。これは赤い大きな竜の企てである。だが、わたしは赤い大きな竜を逃がしはしない。わたしは赤い大きな竜が、わたしの厳しい罰を受けるようにし、その後もなお立ち上がってわたしに仕えるようにし(これはわたしの子どもたちとわたしの民を完全にすることを指す)、永遠に自分の策略に欺かれるようにし、永遠にわたしの裁きを受け入れるようにし、永遠にわたしの燃える炎を受け入れるようにする。これが効力者たちにわたしを讃美させることの本当の意味(わたしの偉大な力を示すために彼らを用いること)である。わたしは赤い大きな竜がわたしの国に忍び入ることを許さず、わたしを讃美する権利を与えはしない(それは価値のないこと、まったく価値のないことだからだ)。ただとこしえまでも、わたしに奉仕させるだけである。(滅ぼされた者たちの方が地獄にいる者たちよりもまだましである。滅ぼされることは一時的な重い罰だが、地獄にいる者たちは永遠に厳しい罰を受けるので、わたしは彼らにひれ伏せさせる。これらの人々はわたしの家に忍び込み、わたしの恵みの多くを享受し、わたしに関する認識を幾らか持っているので、わたしは厳しい罰を与える。わたしの家の外にいる者たちに関しては、無知な者たちは苦しまないと言うこともできる。)人々の観念では、滅びは地獄より苦しいと考えるが、実はその逆で、地獄にいる者たちは永遠に厳しい罰を受けなければならず、滅ぼされた者たちは永遠に無に帰するのである。

前へ:第百七章

次へ:第百九章