全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神による人間の試練と精錬の意味

精錬の業は、人々の信仰を完全にするためであり、最終的には立ち去りたいが立ち去れず、ある人々は、わずかな希望のかけらをも奪われてもなお信仰を維持し、自分の将来にもはや希望が無くなる状態に達するためである。そして、この時点に到達してはじめて、神の精錬が完了する。人類は、生と死の間を彷徨う段階には未だに達しておらず、死を味わったことがないので、精錬はまだ終わっていない。効力者の段階にある者たちでさえ、極限までには精錬されてはいなかったが、ヨブは頼れるものが何もなくなって、極限まで精錬されたのだ。人間は、希望を失い、頼るものがなにも無くなる時点まで、精錬を受けなければならない。その時はじめて、それはほんとうの意味で精錬となる。

ヨブの試練を受けることは、ペテロの試練を受けることでもある。ヨブが試された時、ヨブは証しに立ち、最終的にヤーウェがヨブの前に現された。ヨブが証しに立った後になってはじめて、ヨブは神の顔を仰ぎ見るに相応しい者となった。「わたしは汚れた地から隠れ、聖なる国に自分の姿を現わしているのか。」ということが言われたのは何故だろうか。それは、あなたが聖くなり、証しに立つ時のみ、あなたは神の顔を見るための品位を得ることが出来る、という意味である。もしあなたが神の証しに立つことが出来ないなら、あなたには神の顔を見るための品位が無い。精錬に直面し、あなたが退いたり、神に対して不平を言い、神の証しに立てず、サタンの笑い者となったとしたら、神の出現を得ることは出来ないであろう。

『言葉は肉において現れる』の「完全にされる者は精錬されることを体験しなければならない」より編集

前へ:試練へのヨブの態度

次へ:試練へのペテロの態度