真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

人類が安息に至る唯一の道

1

懲らしめと裁きによる神の最後の聖めの間もしっかり立つ者は最後の安息に入る。サタンの影響から解き放された者は神のものとなり、最後の安息に至る。裁きと懲らしめの真髄は最終の安息に備えて人を聖めることである。この業がなければ、全人類は各々が種類によって分類されることができない。それが安息に入る唯一の道である。

2

この聖めだけが不義を取り除く、この裁きと懲らしめは人間の不従順を明るみに出し、救われる人と滅ぼされる人、残る人と残らない人とを分ける。裁きと懲らしめの真髄は最終の安息に備えて人を聖めることである。この業がなければ、全人類は各々が種類によって分類されることができない。それが安息に入る唯一の道である。

3

神は、最後には悪しきものを罰し、良きものに報いを与え、人類を完全に聖め、永遠の安息にともなう。これは神の業を完成するための最後の重要な段階である。もし邪悪なもの達が残れば、人類は安息に入ることはできない。一度神がその業を成し遂げれば、全人類が聖いものとなる。その時神は平穏に安息の中に住むことができる。裁きと懲らしめの真髄は最終の安息に備えて人を聖めることである。この業がなければ、全人類は各々が種類によって分類されることができない。それが安息に入る唯一の道である。

前へ:二千年に及ぶ切望

次へ:サタンによって堕落し切った人類の現状

他のお気に入り