神の受肉の権威と意義

I

人の霊的器、認識、愛、忠誠、従順さ

そして人が見る全てのものは

神の言葉による裁きからきた

あなたの信仰は、神の言葉の上に成り立ち

それを通して神の驚くべき業を見る

神の多くの業は 人間には不可能だった

また大いなる奥義と奇跡で溢れる

そう、だから多くの者が服従した

神の言葉による裁きをしのぐ者も

彼の権威にまさる闇も無い

神の受肉と権威

そして言葉による裁きの故に人は服従する

II

神の言葉の前では、かつて服従したことのない者さえ跪く

神の言葉による裁きの前に彼らはひれ伏し

その言葉を詮索せず

自らの舌で裁くこともしない

神の肉を見ると、まるで神が平凡であるかのよう

だが、神の言葉は人に見せる

彼が権威に満ち溢れていることを

彼が神自身であることを言葉は表す

彼に背ける者はいない、彼は肉なる神そのものである

III

受肉の神は言葉を語る

耳のある者全てが聞き彼の裁きを受けるために

神は霊の姿で人をおびえさせて服従などさせない

人の奥深くの隠れた古い性質が

この真実で類ない業により明示される

人がそれを認め自分を改めるために

神の裁きは実践的で言葉により下される

これが神の受肉の権威と重要性だ

これが神の受肉の権威と重要性だ

神の言葉による裁きをしのぐ者も

彼の権威にまさる闇も無い

神の受肉と権威

そして言葉による裁きの故に人は服従する


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 肉と聖霊の業は、同じ本質から成る

次へ: 受肉の神を通して人は神をより知ることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

私は一生涯を神に捧げたい

時に、神と過ごし 時に離れたが 神は誰より愛して下さる 神よ、私は反抗して 何度もあなたを悲しませた どうして忘れられよう 私の中のあなたの業と託されたことを心に留め 御業によって最善を尽くしてきた 神は私に出来ることをご存知だ 私は生涯をあなたに捧げたい 何も求めず、希望も計…

私は神の愛に報いよう

長年にわたり私は 世界の 海原を漂ってきた 私は心の底から堕落し 魂は汚れに満ちている しかし神は恵みの手を差し伸べ 憐れみをもって私を救った 今、私は感謝に溢れ 全能神の家に戻っていく たとえ今、神に救われていても 私は自分の性質を変えていくべきだ 鍛錬や苦痛が伴うとしても 私…

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索