肉の中で生きることは神の意志か


人々は皆、神を軽々しく考えている。もっとたくさんの栄養剤を取ることは知っていても、神のために不安を感じることはない。これが神に仕えるということなのであろうか。これが神を愛することなのであろうか。どうりで一日中のんきにぶらぶらと何もせず過ごしているわけである。そのようであっても、一部の人はまだ満足しきれず、自ら悲しみを作り出す。これが自分自身について感傷的になるということなのである。あなたを悲しませているのは神なのであろうか。これこそ自分自身に苦しみをもたらす例なのではないか。神の恵みのいずれもあなたの幸福の源となり得ないのだろうか。これまでずっと、あなたは神の心に注意しなかった。悲観的で、弱々しく、悲しんでばかりいた。それはなぜか。


あなたを肉体のうちに生かせることは神の心なのか。あなたは神の心を理解していない。心の中に不安を抱え、不平不満を漏らし、一日中うなだれて過ごし、肉体の苦痛と苦悶に悩まされる。あなたは、他の人は刑罰のさなかに神を褒め称え、刑罰を乗り越えて、それに縛られないことを求めるのに、あなたは刑罰に陥り、それから逃れられない。董存瑞(とうそんずい)の「自己犠牲の精神」を見習うには何年もかかる。あなたが教えと教義を説くとき、恥を感じないだろうか。自分自身を知っているのだろうか。自分を脇に置いたのだろうか。心から神を愛しているだろうか。自分の将来の展望や運命を脇に置いたのだろうか。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第四十章」より編集

前へ: 神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

次へ: 四つの格言

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

神の愛はいつも私の心の中にある

Ⅰ 神に従う私の旅路で 、私は神の愛の全てを楽しんだ。神のみ言葉と要求は全て神の守りと愛である。私が弱り果てて涙する時、み言葉は私を励ましてくれる。私が失望する時はいつも、み言葉が私を立ち上がらせてくれる。(神よ)あなたの愛は貴く、後悔などない。私の中にあなたの愛を深く感じる。…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索