全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

序論

一九九一年二月十一日、神は最初の言葉を教会で語り、当時聖霊の流れに生きていた人々の一人ひとりに途方もない感銘を与えた。その言葉は以下のことにふれた。「神の存する場所が現れた」、「宇宙の頭、終わりの日のキリスト――この方こそが輝く太陽である」。これらのきわめて意義深い言葉とともに、そこにいた人々はすべて新しい領域へと連れて行かれた。この言葉を読んだ人々は誰もが新たな働き、神がまさに開始せんとしている偉大な働きを暗示を感じた。この美しく、甘く、簡潔な言葉が、全人類を神の新しい働きへ、新しい時代へ連れて行ったのであり、神の今回の受肉における働きのための基礎を築き、準備をしたのである。そのとき神の発した言葉は、時代の橋渡しをするものであると言うことができる。それは恵みの時代の始まり以来、神が公けに人類に話しかけた最初であり、また二千年間隠れていた後に神が話した最初であり、またさらにそれは神がまさに神の国の時代において始めようとしている働きの前置き、決定的な出発点であった。

神が最初に言葉を発したとき、それは第三者の視点からの称賛というかたちで、優雅で洗練され、かつ平易で素朴な言葉づかいで行なわれた。それはまた、いのちの供給であり、直ちに容易に把握された。これをもって神はその集団、熱心に主イエスの再臨を待ち望みつつ神の恵みをいかに享受するかしか知らなかった人々の小集団を従え、神の経営(救いの)計画における働きの別の段階へと静かに連れて行った。このような状況において、神がどのような働きを最終的にするのか、この先の路上には何が待ち構えているのかを人類は知らず、それどころか想像しようともしなかった。その後、人類を一歩ずつ新しい時代へと連れて行くために、神はさらに言葉を発し続けた。驚くべきことに、神の言葉はその一つひとつが異なる内容で、さらに異なる形態の称賛と表現様式を使っている。これらの言葉は語調は似ているが内容は多様であり、どれも一様に神の思いやりと心づかいの感情であふれており、ほとんどすべてに内容の異なるいのちの供給と、神から人間への注意、奨励、慰めの言葉を含んでいる。これらの言葉には以下のような節が繰り返し現れる。「唯一の神が肉となり、全てを命ずる宇宙の頭である」、「勝利を収めた王は栄光の玉座に着く」、「王はその手に万物を握る」などである。これらの節にはひとつのメッセージが込められている。あるいは、人類へのメッセージを伝えているとも言うことができる。すなわち、神はすでに人間の世界に入っており、さらに偉大な働きを開始するところであり、神の国はある人々の集団のもとへすでに降りてきており、神はすでに栄光を得て、無数の敵を打ち負かした、というメッセージである。神の言葉の一つひとつは、人間一人ひとりの心を捕らえる。全人類が神がさらに多くの言葉をその声で発するのを熱心に待つ。なぜならば、話すたびに神は人間の心をその根底までゆさぶるからであり、さらに神は人間のすべての動き、すべての情緒をつかさどり、支えているので、人類はますます神の言葉に頼り、求めるようになる…このように、知らず知らずのうちに、多くの人々が基本的に聖書を忘れてしまい、時代遅れの説教や霊的人物の書いた文章にほとんど関心をもたなくなった。過去に書かれた文章に神のこれらの言葉の根拠を見つけることが出来なかったからであり、神がこれらの言葉を発する目的をどこにも見出すことが出来なかったからである。このようなわけで、人類はそれだけ余計に、これらの言葉はいまだかつて見られたことも聞かれたこともない神の声であること、誰であれ神を信じる人の手に届く範囲を超えたところにあること、過去の時代の霊的人物によって言われたあらゆること、また過去に神が発した言葉を超越していることを認めざるをえなかった。これらの言葉の一つひとつに鼓舞されて、人類は知らないうちに聖霊の働きの雰囲気の中に、新しい時代の最前列にあるいのちに入った。神の言葉に鼓舞されて、期待に満ちた人類は神の言葉により直接に導かれることの甘美を味わった。わたしは、このつかのまの期間はすべての人間が終わることのない追憶をもって懐かしむ時になると信じるが、実はこの期間に人類が享受したものは聖霊の働きの雰囲気に過ぎず、それはまた砂糖で覆われた表面の甘美と呼べるものである。なぜならば、いまだに神の言葉に導かれ、聖霊の働きの雰囲気の中にいながらにして、人類は知らないうちにこの時点以降、神の言葉の別の局面に導かれたからである。それは神の国の時代において神の言葉により作り上げられる働きの第一歩、効力者の試練であった。

効力者の試練を前に語られた言葉は、おもに指導、奨励、叱責、鍛錬というかたちで発せられたが、場所によっては、恵みの時代に使われた古い話しかけ方が用いられた。すなわち、人類が神のそばに来るのを容易にするためや、人類が神との関係を近いものとみなすように、神に従う人々を「わたしの子ら」と呼んだ。このように、人類のうぬぼれ、傲慢、その他の堕落した性質に神がどのような裁きを下そうとも、人間は「子」という身分において、「父なる神」の言葉に対して敵意を抱くことなく、裁きに対処し受け入れることができ、その上「父なる神」がその「子ら」にした約束は決して疑われなかった。この期間中、全人類は悩みのない子供のような存在を享受し、これは神の目的を達成した。つまり、人類が成人となったとき、神は人類への裁きを開始するのである。これはまた、神の国の時代において神が正式に着手する人類への裁きの働きの基礎を築いた。今回の受肉における神の働きはおもに全人類を裁き征服することなので、人間がしっかりと立ち上がったとたん、神はただちに働き、すなわち人間を裁き罰する働きの態勢に入った。明らかに、効力者の試練の前に語られた言葉はすべて、この転換を通り抜けるためであり、本当の目的は表向きのものではなかったのである。神の真剣な意図は、可能な限り早急に神の国の時代の働きに公式に着手できるように、ということであった。砂糖でくるんだ小さな菓子を与えてひたすら人類をおだて続けることを神は決して望んでおらず、それよりは神の裁きの座の前での人間一人ひとりの真の顔を見ることを願っており、さらに切望していたのは、神の恵みを失ったあとに人類全体が神に対してとるであろう本当の態度を見ることであった。神は過程ではなく、結果を見ることだけを願った。しかしその時、神の真剣な意図を理解した者は一人もいなかった。人間の心は自分の終着点と将来の展望にだけとらわれていたからである。神の裁きが何度も人類全体に向けられていたのは少しも不思議ではない。神の導きのもと、人類が人間として正常に暮らすようになって初めて、神の人類への態度は変化した。

一九九一年は並外れた年であった。「黄金の年」と呼ぶことにしよう。神の国の時代の新しい働きに神は着手し、その言葉を人類全体に向けた。同時に人類は、これまでにない温かさと、さらに神による人間へのこれまでにない裁きに続く痛みを経験した。人類はまるで一旦神を得て、また神を失ったかのように、これまで知らず感じたことがなかった甘美、そしてこれまでに知らなかった裁きと放棄を味わった。何かを手に入れていることの苦しみ、奪われていることの苦しみ――これらの感情は、それを自ら経験した者にしかわからない。それは人間には描写する能力も手段もないことである。この種の傷は神が人間一人ひとりに、触れることの出来ない経験かつ財産の一形態として与えたものである。その年に神が発した言葉の内容は、実際には大きく二つに区分できる。第一部は、神が人類に客として神の玉座の前にくるように招くためにこの世に降臨した部分である。第二部は、人間が欲しいだけ飲み食いした後で効力者として神に使われた部分である。もちろん、第一部が人類が何より大切にし熱望する部分であることは言うまでもない。人間は神のあらゆるものを楽しむことを神への信仰の目的にすることに随分前から慣れていたので、これはなおさらである。だからこそ、神が言葉を発し始めたとたんに人類は喜んで神の国に入るつもりになり、神が人々に対しさまざまな褒美を与えるのを待ったのである。このような状況にあった人々は、自分たちの性質を変化したり、神を喜ばせようとしたり、神の旨に気づかいを見せたりといった正当な代価を払うことなどしなかった。表面的には、人々は神のために努力し働いて常に忙しく動き回っているように見えたが、実際には、祝福を手にしたり王として君臨するために次に講じるべき手段を心の隠れた奥の奥で計算していたのである。人の心は神を享受しつつ、神に向かって意図されていたと言うことができる。このような状態の人類は、神の強烈なる嫌悪と憎悪にあう。神の性質は人間が神を騙したり利用することを許さない。しかし神の知恵は人間の手には届かない。神がその言葉の最初の数編を発したのは、このようなあらゆる苦しみに耐えている真っ最中であった。どれほどの苦しみに神が耐えたのか、またその時どれほどの気づかいと思いを神がしたのかは、人間には想像することは出来ない。神の言葉の数編からなる最初の部分の目的は、人間が地位や利益の接したときに見せる醜さのあらゆる形態をさらけ出すこと、人間の貪欲と下劣さをさらけ出すことである。しかしながら、神は話すときには愛情深い母親のような真摯で真剣な口調に言葉をくるむ。神の心の奥にある怒りは真昼の太陽のように燃え、神はそれを敵に向ける。いかなる場合であれ、神は正常な人類の様子に欠ける人々の集団に話しかけたくはない。そのため神が話すときはいつも心の中の怒りを抑制しつつ、言葉を発するように自らを強制しているのである。しかも、正常な人間性がなく、理知もなく、極限まで堕落し、貪欲さが習慣になり、徹底して神に対し不従順で反抗的な人間に神は話しかけているのである。人類の堕落の深さと、神の人類に対する嫌悪の度合いは容易に想像することが出来る。人類にとって想像するのが難しいのは、自らが神に与えた痛みであり、それは言葉では表現できない。しかし、このような背景があってこそ、つまり神の心がいかに苦しんでいるかということを誰も知ることが出来ず、さらに人類がどれほど不分別で更正不可能であるかを誰も知らないという背景があってこそ、ほんの少しの恥も良心の呵責もなしに、すべての人間が自分たちは神の子として神が人間のために準備した褒美をすべて受け取る権利があると当然のように思い、互いに競い合って誰も遅れをとりたくなくて負けることを激しく恐れるほどである。当時のこのような人々が神から見てどのような地位を占めていたかはいまや明らかであろう。このような人類がいかにして神の褒美を受け取ることが出来るであろうか。しかし、神から人間が受け取るのは、いつでも何よりも貴重な宝であり、反対に神が人間から受け取るのは最大の痛みである。神と人間の関係が始まって以来、これが神から人間が常に受け取り、そしてその礼として神に人間が常に与えてきたものなのである。

神は燃えるほど苦悶したものの、芯まで堕落した人類を見たときに、人類が精錬されるようにと火の湖に投げ入れるほかに手がなかった。これが神の言葉の第二部であり、そこでは神は人類を効力者として使っている。この部分で、神はやさしかったのが厳しく、また方法と長さの両面で少数から多数へと移行し、「神の本体」の地位を餌として利用して人間の堕落した本性を暴露すると同時に、人類にそこから選択させるべく効力者、民、子たちの別々の範疇[a]を提示した。神が予測したとおりに、誰も神のための効力者になることを選ばず、代わりに皆が神の本体になろうとした。この期間中は神の話し方の厳しさは人々が想定していなかったばかりか、これまで聞いたこともないものであったが、地位について過剰に関心をもち、その上、祝福を得ることに没頭していたために、人々は神の話し方の調子や態勢について観念を形成する時間もなく、その代わり自分の地位や将来どうなるのかといったことにがむしゃらにこだわったままであった。このように、人類は知らないうちに、神が人類のために設営した迷宮に神の言葉によって連れてこられた。誘惑され、好むと好まざるとに関わらず、将来と運命にひきつけられた人間は、自分たちが神の本体となるには不適切であることを知ったが、神の効力者として行動する気にはならなかった。この矛盾する考え方の板ばさみになり、人々は神が人類のために割り当てたこれまでにない裁きと刑罰を無意識のうちに受け入れた。当然ながら、この種の裁きと精錬は人類がまったく受け入れる覚悟がないものであった。しかし、この堕落した人類からおとなしい服従を引き出すための知恵、力は神のみにあり、それゆえ、人々は自らすすんであるいはその逆であっても、最終的には屈した。人類には選択肢がなかったのである。神だけが最終的発言権をもち、そして神だけがこのような方法を用いて人間に真理といのちを与え、方向を示すことが出来る。この方法は、神の人間への働きが避けられないものであるがゆえであり、また疑いや議論の余地なく、人間にとって不可欠で必要なものでもある。神は人類にこの事実を伝えるために、このような方法を用いて語り、働きを行なう。つまり、神が人類を救うのは、愛と慈悲ゆえであり、また経営のためである。人類が神の救いを受けるのは、神が直接に話さずにはいられないところまで人類が落ちたからである。人間が神の救いを受けるのは、最も偉大な恵みであり、また特別な好意でもある。つまり、神が直接に声を出して言葉を発していなければ、人類の運命は絶滅であったであろう。神が人類を嫌悪するのと同時に、神はまだ人間の救いのために代価を払う準備も覚悟もある。一方、人間は自らの神への愛やいかに人間がすべてを神に奉献するかをしつこく繰り返しつつ、神に反抗したり、あらゆる種類の恵みを神からゆすりとったり、同時に神を傷つけたり、言いようのない痛みを神の心に与えている。これが神と人間の関係における利他的なものと利己的なものの際立った対照である。

働き語ることにおいて、神は何らかの特定の方法に従わなければならないといった制約はなく、ただ成果を達成することを神の目的とする。このため、神の発する言葉のこの部分において、神はその身分を明確にさらけださないことを重視してきたが、それでも「終わりの日のキリスト」や「宇宙の頭」などの語句を幾つか、明らかに使ってきた。これがキリストの職分にも人類の神についての認識にも影響を与えることはなく、特にその当時の人は「キリスト」と「受肉」の概念に関しては完全に無知であったため、神は自らを低くして「特別の機能」をもつ人となって言葉を発しなければならなかった。これは神の労を惜しまない意図のひとつの例である。なぜならば、当時の人々はこのような形態の呼びかけしか受け入れることが出来なかったからである。神がどのような形態の呼びかけを使おうと、神の働きの成果に影響することはない。神が行なうすべてのことにおいて、人間が変われるように、人間が神の救いを得られるようにすることを神は目的とするからである。何を行なおうと、神はつねに人間の必要とすることを心に留めている。これが神が働き語る背後にある意図である。神は人類のあらゆる側面を徹底的に注意深く考慮し、行なうすべてのことにおいて完全に知恵深くとも、わたしは次のように言うことが出来る。神が神自身を証ししなければ、被造物である人類のうちに神を認識したり、神への証しを立てられる者は誰もいない。もしも神がその働きにおける呼びかけの形態として「特別な機能をもつ人」を使い続けていたならば、神を神とみなすことができる人間は一人としていなかったであろう。これは人類にとっての悲しみである。つまり、被造物である人間のうちには、神を知ることの出来る者、神を愛し、神のことを思い、神のそばに近づくことの出来る者は一人としていないということである。人間の信仰はひとえに祝福を得るためだけのものである。神の特別な機能をもつ人としての身分は、すべての人間に手がかりを与えた。人にとっては、神を被造物である人間のうちの一人と捉えるのは簡単である。人類が神に与える最大の痛みと屈辱はまさに、神が公然と出現し働いていても、いまだに人間に拒絶され、忘れられさえするということである。神は人類を救済するためにこの最大の屈辱に耐える。すべてを与えることにおいて、神の目的は人間を救い、人間の承認を得ることである。これらのことすべてのために神が払った代価は、良心をもつ人ならば本当によくわかるはずのものである。人類は神が話し働くということと、神の救いを得た。しかし同時に、では神が人類から得たものは何であろうか、と尋ねようとは誰も思っていない。神の言葉の一つひとつから、人類は真理を得、変化することに成功し、人生の方向性を見出した。しかし、神が得たものは、人が神に対する負債を表現するために用いる言葉と、消え行きそうな数少ない讃美のささやきだけである。まさかこれが神が人間に要求する恩返しではあるまい。

神の言葉の多くが今まで表わされたが、人々の大部分はその神についての認識と理解においてはまだ神の初めの言葉に代表される段階に立ち止まったままで、そこから前進していない。これは本当につらい問題である。「キリストの初めの言葉」のこの部分は、人の心を開くための鍵に過ぎず、ここで立ち止まることは、神の意図を満たせずにいることである。神がその言葉のこの部分を語る目的は、人類を恵みの時代から神の国の時代に連れて行くことだけである。神は人類が神の言葉のこの部分で立ち止まったり、この部分を指針とみなすことなど願ってもいない。そうでなければ、神の将来の言葉は不要、あるいは無意味になってしまう。神がその言葉のこの部分において人間が達成するように要求することにいまだに入っていけない人がいるのであれば、その人が入っていけるかは未知のままである。神の言葉のこの部分は、神の国の時代における人間に対する神の最も基本的な要求事項であり、これが人が正しい道に入る唯一の方法である。何も理解していない人は、この部分の言葉を読むことから始めるべきである。

脚注

a.原文に「の別々の範疇」の語句は含まれていない。

前へ:序文

次へ:第一章

他のお気に入り

  • 唯一の神自身 1

    神の権威(1) 前回までの話は、神の業、神の性質、そして神自身に関するものであった。前回までの話で、あなた方は神の性質について認識を得た実感があるであろうか。どれ程多くの認識を得たであろうか。数で表すことが出来るであろうか。前回までの話により、神に関する一層深い認識が与えられたであろうか。そうした認…

  • 唯一の神自身 9

    神は万物のいのちの源である (3) この期間、神を知ることに関する様々な事項について話をしているが、最近はそれに関して極めて重要な事項を話した。その主題は何か。(神は万物のいのちの源である。)わたしが語った内容と主題は、皆さんにはっきりした印象を与えたようだ。前回は神が人間のために造った生存環境と…

  • 神を信じているなら神に従うべきだ

    どうして神を信じるのか。ほとんどの人はこの質問に戸惑う。彼らは常に実際の神と天の神について2つのまったく異なる観点を持っている。そのことから分かるのは、彼らが神を信じるのは神に従うためではなく、何か恩恵を被るため、あるいは災難の苦しみから逃れるためなのである。その時だけ彼らは多少従順になるが、その従…

  • 神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを知っているか

    古い時代は過ぎ去り、新しい時代が到来した。年々歳々、来る日も来る日も神は多くの働きを行ってきた。神はこの世にやって来て、またこの世から去っていった。そのような周期が幾世代にもわたって続いてきた。今日も、神は以前と同じように、神は為さねばならぬ働き、まだ完了していない働きを続行している。何故なら今日ま…