言葉は肉において現れる

目次

三十二番目の言葉の解釈

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりはなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の考えに向けられているのではなく、人を遠ざけているかのように思われる。数多くの理由で、神の言葉は人には理解しがたく、測り知れない。だが、これは驚くにはあたらない。神のすべての言葉のそもそもの狙いは、人々がその言葉からノウハウあるいはコツを得ることではない。それどころか、神の言葉は神が働きを開始してから今日に至るまで用いてきた手段の一つである。もちろん、神の言葉から人々は神秘的な話に関してさまざまなこと、ペテロ、パウロ、ヨブに関してさまざまな教えを受けるのは確かである――しかし、これは人々が達成するべきことであり、彼らには達成する能力があり、適性もあるから、この目標はすでに達せられている。神が達成を求めている結果は高くないのに、なぜ神はそのように多くの言葉を話したのだろう。これは神が語る懲罰に関係しており、もちろんすべては人々が気づかないうちに自然に達成される。今日、人々は神の言葉の攻撃を受けて、前より大きな苦しみに耐えている。表面的には、誰も神と取引をしたようには見えず、人々は解放されて自分たちの仕事を始め、奉仕を行う者たちは神の人々と呼ばれて高められ――こうして人々には自分たちが喜びの世界に入ったように見える。だが実は現実は異なり、彼らは皆洗練される状態からいっそう厳しい懲罰の状態に入っている。神が次のように語っている通りである。「私の働きの段階は一つの段階から次の段階へと密接に結びついており、段階ごとに高くなる。」神は奉仕を行う者たちを底なしの大穴から拾い上げ、地獄の業火の海に投げ込むが、そこでの懲罰はさらに悲惨である。したがって、彼らはもっとひどい困難に苦しみ、そこから逃げだすことはほとんどできない。そのような懲罰はさらに悲惨ではないだろうか。より高い領域に入ったのに、なぜ人々は幸福よりも悲しみを感じるのだろう。サタンの手から救い出されたのに、なぜ彼らは赤い大きな竜に引き渡されると言われるのだろう。あなたは神が「働きの最後の部分は赤い大きな竜の住み家で完了する。」と語ったのを覚えているだろうか。あなたは神が「最後の苦難は、赤い大きな竜の前で強く響き渡るように神の証しをすることである。」と語ったのを思い出すだろうか。赤い大きな竜に引き渡されなければ、人々はどうして竜の前で証しをすることができるだろう。自殺した後に「私は悪魔を打ち負かした」などと言った人がいるだろうか。自分の肉体を敵と見なした後で自殺する――このような行為に何の意味があるのだろう。では神はなぜ次のように語ったのだろう。「私は人々の傷跡は見ないで、傷のない部分を見るようにし、このことで満足する。」傷のない人々が神を表わす者となることを望んだのなら、なぜ神は人の視点に立つ多くの言葉を忍耐強く、熱心に語って人々の考えに反撃したのだろう。なぜ神はそのようなことで頭を悩ませたのだろう。なぜ神はわざわざそのようなことをしたのだろう。つまり、それは神の受肉には本当の意味があり、神は人間の姿になってその働きを完了させた後、肉体を「切り捨てよう」としなかったことを表す。なぜ「金は純金のはずはなく、人は完全なはずはない」と言われるのだろう。これらの言葉はどうしたら説明できるのだろう。神が人の本質について話す時、その意味は何だろう。人々の肉眼には肉体は何もできないものだ、あるいは、肉体には欠けが多すぎるように映る。神の目からすればこれはまったく重要ではない――しかし人々にとっては大きな問題である。彼らはこの問題を解決することがまったくできず、天の神に直接扱ってもらわなければならないと思っているかのようである――これが人々の考え方ではないだろうか。人々の目には、私は空から降りてきた「小さな星」、天の小さな星にすぎず、今日地上に来たのは神に任命されたからなのだ。その結果、「私」と「神」という言葉により多くの解釈を思いついた。人は無価値なのに、なぜ神はさまざまな視点から人の考えを明らかにするのだろう。これも神の英知なのだろうか。このような言葉は馬鹿げていないだろうか。神は次のように言う。「人々の心の中には私が定着させた場所があるのに、彼らは私がそこに住むことを要求しない。それどころか、彼らは「聖なる神」が心の中に突然到着するのを待っている。私の姿はあまりにもみすぼらしいので、人々の要求に合わず、したがって私は彼らから「削除」される。」人々が評価する神のレベルは「あまりにも高い」ので、多くのことは神には「達成不可能」であり、そのため神は「困難に」陥る。神にはできるのだからと考えて要求するのは彼ら自身の発想であることがわかっていない。これが「賢い人は自分自身の創造力の犠牲になる」ということの実際の意味ではないだろうか。これは、もともとは賢明な人の場合であるが、これでは愚か者のことになってしまう。説教する際に、あなたたちは人々に向かって彼らが考えている神の概念に固執しないようにと言うが、では、あなたたちの考える神は消えてしまったのだろうか。「私は人から多くを求めない」という神の言葉はどのように解釈したらいいのだろう。この言葉は人々を消極的で自堕落にするためではなく、人々が神の言葉を純粋に理解できるようにするためである――わかるだろうか。人の姿になった神は本当に人々が想像するような「高潔で強大な私」なのだろうか。

神が語る言葉をすべて読んで、大体の意味を示せる人々はいるが、神の究極の目的は何かを話せる人はいるだろうか。この点が人には欠けている。どのような視点から語ろうと関係なく、神の全体的目的は人の姿をした神を人に知らしめることである。人間性が何もなかったら――持っているすべてが天の神の特色だけならば――神がそんなに多くを話す必要はないだろう。人々に欠けているのは神の言葉と関連する直接的な資質であると言える。すなわち、人が心の中で理解できるのは、神が人の概念に向けて語る事柄の背景部分だけであり、したがって人々は神の語ることに奉仕する。もちろん、これは人々の概念に向けて神が語る事柄によるのだが――このようにしてはじめて、理論と現実が結びつくといえるし、そうしてはじめて、人々はより効果的に真剣に自分を知ることができるといえるのだ。人の姿になった神が人々の考えと適合し、神も人の姿となった神に証しをするとしたらその趣旨は何だろう。神が消極的な側から働き、人々の考えを用いて神の偉大な力を強調するのはまさにこのためである。これが神の英知ではないだろうか。あらゆる人のために神が行うすべてはよいことである――だから現時点で賛美しようではないか。物事がある時点に達したら、あるいはその日が来たら、あなたはペテロのように幾多の試練に囲まれながら心の奥底から祈りを発することができるだろうか。ペテロのように、あなたがサタンの手の中にいる時でも神を称えることができる場合に限り、「サタンの束縛から解放され、肉体を克服し、サタンを克服すること」の本当の意味があるだろう。これは神に対するより現実的な証しではないだろうか。これだけが「行動するために現れる神性、人に働きかける7倍に強化された聖霊」によって達成される結果であり、だからこそそれは「人の姿となった者から出てきた聖霊」が達成した結果でもある。そのような行動は現実的ではないだろうか。かつてあなたは現実に注意を払っていたが、今日現実について本当の知識を持っているだろうか。「私は人に多くを要求しないが、人々はそうは考えない。したがって、彼らの「謙虚さ」があらゆる動きで明らかにされる。彼らは私が迷うのを心から気づかい、私が山の奥深くにある古代の森にさまよい入るのを恐れて、いつも私の前を歩き、私のために道案内をしがちである。その結果、人々は私が地下牢の中に歩いて行ってしまうのを深く恐れて、いつも私を前方に導く。」これらの単純な言葉についてあなたたちはどのくらいわかっているのだろうか――あなたたちは本当に神の言葉の根源を把握することができるのだろうか。あなたたちは神があなたたちのどの考えに対してこのような言葉を話したのか注意しただろうか。あなたたちは毎日この要点について注意を払っているだろうか。すぐ後に続く次の部分の第1文で神はこう語っている。「しかし、人々は私の心を知らず、私から何かを得ようと求めて祈り続ける。まるで私が彼らに授ける富は彼らの要求に応えることができないかのようであり、まるで需要が供給を上回っているかのようだ。」この文章の中にあなたたちの心の中の考えを見て取ることができる。神はあなたたちが過去に何をしたか覚えていないし、調べもしないので、過去の事柄についてはもはや考えない。もっと重要なのは、未来へ向かう途中であなたたちが「最後の時代のペテロの精神」を作り出すことができるかどうかである――あなたたちにはこれを実現する信念があるだろうか。神が人に求めるものはペテロの模倣にほかならず、人々が最終的に赤い大きな竜に恥をかかせるための道を構築することである。これは、神が次のように語っているからである。「私は人々が私と協力しようと決意することだけを望む。彼らが私においしい食べ物を料理したり、私が頭をのせるのに適した場所をどこかに用意したり、私に素敵な服を作ったりすることを要求しない…」―世間では1990年代の「雷鋒の精神」を持つことが要求されるが、神の家では、神はあなたたちに「ペテロの独特なスタイル」を作り出すことを要求する。あなたたちは神の心を理解するだろうか。あなたたちは本当にこのために努力するだろうか。

「私は世界の上方を動き、歩きながら世界中の人々を観察する。地上の群衆の中に私の働きに適した人、あるいは私を本当に愛している人はこれまで一人もいなかった。したがって、この時点で私はがっかりしてため息をつき、人々は直ちに散り散りになり、私が「彼らを一網打尽」にすることをひどく恐れてもはや集まらない。」ほとんどの人はおそらくこれらの言葉は理解しがたいと思うだろう。なぜ神は人から多くを求めないのかと彼らは尋ねるが、神の働きに適している者はいないので、神は落胆してため息をつく。ここに矛盾はあるだろうか。文字通りに言えば、矛盾はあるが――しかし実際には矛盾はない。たぶんあなたは神が次のように語った時のことをまだ思い出すことができるだろう。「私の言葉は、すべて私が望む結果をもたらすだろう。」神が人の姿になって働く時、人々は神がまさに何をしようとしているかを見ようと、神の行いのすべてをじっと見つめる。神が霊の領域でサタンに対して新しい働きを実行する時、言い換えれば、人間の姿になった神のせいで地上の人々の間にはありとあらゆる概念が生み出される。神が落胆してため息をつく時、つまり、神が人の概念のすべてについて話す時、人々は最善をつくしてその概念に取り組もうとするし、神についての独自の概念を持っている人々はすべて神の敵だと神が言うので、自分たちには希望はないと信じる人々さえいる――そこで、いったいどうして人々はこうしたことのせいで「散り散りになる」ことがないのだろう。特に今日、懲罰が下る時、人々は神が自分たちを取り除くのではないかといっそう恐れる。彼らは、罰を受けた後に神が「彼らを一網打尽にする」と信じている。しかし事実はそうではない。神は次のように言う。「私は懲罰のまっただ中で人々の「行動の自由を奪う」ことは望まないし、決して逃げない。私の救いの計画には人の行為がほとんどないので私の働きを首尾よく完成させることは不可能であり、そのため私の働きは効果的に進められないでいる。」神の意志はすべての人々が死に至った時点でその働きを終わりにすることではない――その要点は何であろう。人々の中で働き、彼らを罰することにより、神は彼らを通してその行いをはっきりさせる。人々は神の語調にちゃんと懲罰が含まれていることをまったくわかっていなかったので、彼らはそのことを意識したことがなかった。人々には決心を表す能力がなく、したがって神はサタンの前で何も言うことができないので、神の働きは前に進むことが阻止される。したがって神は言う。「私はかつて人を客として私の家に招いたが、彼は私が要求したせいであちらこちらに走った――客として人を招待するよりむしろ私は人を処刑場へ行けと要求しているかのようである。したがって、私の家は空っぽになる。人はいつも私を避け、いつも私を警戒しているからである。このため私の働きの一部は実行する手段がないままになってしまう。」神がはっきり人への要求を提示するのは人の働きに誤りがあるからである。また、神が語りかける言葉をさらに加えるのは、人々がこの段階の働きを完成できないからである――それはまさに神が言う「人に対するこれまでとは別の働きかけ」である。しかし、私は神が話すところの「彼らを一網打尽にすること」には従事しない。なぜならこれは今日の働きにほとんど関係がないからである。もちろん、神が全世界に向けて語りかける中で、神の言葉の多くは人を取り扱っている――しかし人々は神の心を理解しなければならない。神の言うことが何であれ、神の意図することはいつも良い。神が語る手段は非常に多いので、人々は神の言葉について100%の確信はなく、神の言葉のほとんどは神の働きの必要性のために語られ、現実的なものはほとんど含んでいないと信じてしまう。そのため、自分の考えに混乱し、意気消沈する――彼らの概念の中では、神はとても賢く、完全に彼らの手の届かない存在であり、彼らは何も知らず、神の言葉をどのように消化したらよいかについてまったく手がかりがないかのようである。人々は神の言葉を抽象的で複雑なものにしてしまう――「人々はいつも私の言葉に香りをつけたがっている」と神が言う通りである。彼らの考えはあまりにも複雑で、神には「ほとんど理解できない」ので、神の言葉の一部は人によって不自然に変えられてしまうから、神は単刀直入で公明正大な方法を用いて話すしかない。人々の要求は「あまりに高く」、彼らの想像力はあまりにも豊かなので、まるで彼らは霊的領域に侵入してサタンの行いをじっくり見ることができるかのようである――このため神の言葉は減らされてしまった。神が話せば話すほど人々の顔はますます憂鬱になるからである。なぜ彼らは自分の終わりをじっと考えたりせずに、ただ従うことができないのだろう。このようなことをして、何の利益があるのだろう。