言葉は肉において現れる

目次

三十一番目の言葉の解釈

神の性質は神のことばのすべてに広がっているが、神の言葉の筋立ての糸はすべての人類の反逆を明らかにし、彼らの不従順、不服従、不公正、不義、本当に神を愛する能力がないことなどを暴露している。神の言葉は、人々の体の毛穴のすべてには神への反抗が詰まっているので、毛細管にでさえ神に対する反抗心が含まれていると語るまでに至っている。人々がこのことを詳しく検討しようとしなければ、彼らはいつも反抗的気持ちに気づくことができず、決して投げ捨てることができないだろう。すなわち、神に対する反抗心のウィルスが彼らの体中に広がり、最後にはあたかも彼らの白血球が赤血球を食い尽くし、全身から赤血球がまったくなくなってしまったかのようになる。結局彼らは白血病で死ぬだろう。これが人の現状であり、誰もそれを否定することはできない。赤い大きな竜がとぐろを巻いている国に生まれたので、すべての人々の中には赤い大きな竜の毒を象徴し、実証するものが少なくとも一つはある。このようにして、この働きの段階で神の言葉の至る所に張り巡らされた筋立ての糸が、自分を知り、否定し、見捨て、殺してきた。これは終わりの日に神が行う主要な働きであり、この段階の働きはすべての中でもっとも包括的で完全なものであると言える――それによって神がこの時代を終わらせようと考えていることがわかる。誰もこれを予期していなかったが、彼らが感覚的に予想していることでもある。神はそれほどはっきりとは話さなかったが、人々の感覚は非常に鋭いのだ――彼らは時間が短いことをいつも感じているのだから。人がこのことを感じれば感じるほど、時代に関する明確な知識を持つといえる。人が世界は正常だと考えているから神の言葉を否定するわけではない。そうではなく、神が働く手段を通して、人は神の働きの中には何が含まれているかを知るようになり、それは神の言葉の調子で決定される。神のことばの調子には秘密があるが、誰もそれに気づいていないし、そもそも人々がそこに入り込むことは非常にむずかしい。なぜ人々が神の言葉を理解できないのかという問題の重要な点は、彼らが神の話す調子を相変わらずわかっていないことにある――そして彼らがこの秘密を習得すれば、神の言葉を多少は知ることができるだろう。神の言葉はいつも一つの原則に従っている。つまり、神の言葉はすべてであることを人々にわからせ、人の困難のすべてを神の言葉を通して解決するという原則である。聖霊の視点を通して、神は神自身の行動をわかりやすいものにし、人の視点を通して神は人の考えをさらけ出し、聖霊の視点を通して神は、人が神の意志を心に留めていないと語り、人の視点を通して神は、人の経験の酸いも甘いも、苦さも辛辣さも味わい、風雨に晒されるような家族への迫害を経験し、人生の浮き沈みを経験したと語る。これらの言葉は異なる視点を通して語られる。神が人々に向かって神について話す時は、家政婦が奴隷に小言を言うようなやり方で、コメディータッチの寸劇のようである。神の言葉に人々は身の隠しようもなく赤面し、封建時代に権力者から自白しろと厳しい拷問を受けつつ監禁されているかのようである。神が人々に向かって神について話す時、神は、中央政府内部のスキャンダルをあばいて抗議する大学生のように、手加減なしである。神の言葉のすべてが人をあざけっているものならば、人々がそれを受け入れるのはむずかしいだろう。したがって、神が人に向かって語る言葉は単刀直入で、暗号めいたものは含まれておらず、人の実際の状態を直接指摘する――それは人に対する神の愛が単なる言葉ではなく、現実のものであることを示している。人々は現実性を評価するが、彼らの神に対する愛には現実性がまったくない。これが人に欠けているものである。神に対する人々の愛が現実でなければ、すべてのものは空虚で幻影であり、このためすべては消えてしまうかのようである。神に対する彼らの愛が全世界にまさるものなら、彼らの地位や姿も、これらの言葉さえ現実であり、空虚ではない――これがわかるだろうか。あなたは神が人に要求するものを見たことがあるだろうか。人は地位の恩恵を享受するだけではいけない。その現実性を全うしなければならない。これは神が神の人々に対して、そしてすべての人に対して要求することであり、大きくて空虚な理論ではない。

なぜ神はなぜ次のような言葉を話すのだろう? “私の行うすべては彼らを喜ばせるための試みであるかのように私の行動を無視し、その結果、彼らはいつも私の行いにうんざりする”。あなたは人が神を嫌悪する気持ちを本当に言葉にして表明することができるだろうか。人々の考えでは、人と神は「情熱的に愛し合って」おり、今日、人々が神の言葉を熱望する気持ちは神を一飲みにしてしまいたいと思うほどまでに達している――しかし、神は次のような言葉を話す。「人は私を軽蔑する。なぜ私の愛は人の憎悪という報いを受けるのか。」これは人の心の中の鉱床のようなものではないだろうか。これは掘り出すべきではないだろうか。これは人々の追求に伴う欠点であり、解決すべき主要な問題であり、神に関する人の知識の途上に立つライオンのようなものであり、人のために追い払わなければならない――これはなすべきことではないだろうか。人も豚と同じように記憶がなく、いつも快楽をむやみに欲しがるので、神は人に記憶喪失症用の薬を与える――神はさらに語り、さらに話し、人々の耳をつかんでしっかり話を聞かせ、補聴器をはめ込む。神の言葉の中には、一度聞いただけでは問題を解決できないものもある。そうした言葉は何度も繰り返し聞かなければならない。なぜなら「人々は暮らしの中でいつも物忘れに苦しみ、すべての人類の日々の生活は混乱している」からである。このようにすれば、人々は「時間がある時に読み、暇な時に聴き、時間がない時はほっておく」状態から救われる。「今日、言葉が語られると、人々は注意するが、明日語られなければ、聞いた言葉を心の片隅に追いやってしまう」。人々の本性に関する限り、今日、神が彼らの本当の状態について話し、彼らがその完全な知識を持つようになると、彼らは後悔の念で一杯になる――しかしその後従来のやり方に戻り、神の言葉を風に向かって投げ、気づかされると上記のことを繰り返して行う。したがって、あなたが働いたり、話したりする時、人のこの本質を忘れてはいけない。働く時、この本質を放棄するのは誤りである。すべての仕事をする時、人々が考えに照らして話すことは特に重要である。とりわけ、あなたは神の言葉に自分の見識を加え、それを人々と語り合うべきである。これは人々に自分をわからせるために与える方法である。神の言葉の内容に基づいて人々に与える時、彼らの本当の状態を把握することは必然的に可能になるだろう。神の言葉によれば、人の本当の状態を把握し、人に示せばそれで十分であり――そういうわけで、私は「神が招待を受けて地上の宴席につく」ことを指摘して、神の言葉についてこれ以上語ることはない。