全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の国の福音に関する代表的な質問と解答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

質問2.牧師や長老たちは皆、主に聖別され、任命されたのだと信じるべきです。彼らは主に仕える者です、牧師や長老に従うことは主に従うことなのです。牧師や長老に逆らい非難することは主に逆らうことになるのです。牧師や長老だけが聖書をよく理解し解釈できるのです。彼らだけが 私たちを導けます。牧師や長老の言うことは聖書に従っていて、聖書を基にしているので、それを守り従うべきです。牧師や長老が聖書に従っているのなら、それを受け入れ従うべきです。何が悪いのですか?

解答: 宗教には、牧師や長老はすべて主に聖別され、任命されたという考え方もあります。だから彼らに従うべきだと。この考えは聖書が基になっていますか?主イエスが証言されましたか?聖霊の証しがあり聖霊の働きによるものですか?違うのであれば、牧師や長老はすべて主に聖別され、任命されたという一般的な認識は、人の観念や想像が作り出したものでは?考えてください、律法の時代にモーセは神に任命されました。これは律法の時代の全ユダヤ教の指導者が神に選ばれたという意味ですか?恵みの時代に十二使徒全員が主イエスによって選ばれ聖別されました。それでは、当時の牧師や長老がすべて主イエスによって選ばれたことになりますか?多くの人が決まった規則に従い、事実に基づいたことはしようとしません。なぜ結果的に人を妄信的に崇拝し従ってしまうのか?なぜこういうことが分からないのでしょうか?なぜその真理を追及しようとしないのでしょうか?聖書の記録からも分かるように、神は働きを行う上で、どの段階でも人を選別して、役割を与えます。こうして、神に任命される者は聖霊の働きか神の言葉によって確証される。律法の時代に、神がモーセをイスラエル人の指導者にしたことは神の言葉が証明している。ヤーウェ神は言われた。「いまイスラエルの人々の叫びがわたしに届いた。わたしはまたエジプトびとが彼らをしえたげる、そのしえたげを見た。さあ、わたしは、あなたをパロにつかわして、わたしの民、イスラエルの人々をエジプトから導き出させよう」。(出エジプト記 3:9-10)恵みの時代に、12名の使徒を選んだことも主の言葉で証明されています。主はペテロを選んだ時こう言いました。「『ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか』。……『わたしの羊を飼いなさい』。」(ヨハネによる福音書 21:16、17)「わたしは、あなたに天国のかぎを授けよう。そして、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう」。(マタイによる福音書 16:19)神に任命されて使われる者は御言葉で証明されています。御言葉にない場合でも、聖霊の働きが証明している。彼らの働きは神に認められています、彼らの導きに従うことは神に従うこと、神に使われる人に逆らう者は神にも逆らっている。必ず神に呪われ、罰せられます。例えば、律法の時代、コラやダタンたちがモーセに逆らって、どうなりました?神による罰がくだりました。大地が開き、みな飲み込まれました。恵みの時代に、聖別された十二使徒はみな主に確証されています。では現代の牧師や長老は誰に選ばれたんです?主が選んだという証拠は?彼らのほとんどは神学の学校を出ていて、そこの卒業証書を持っています。牧師を目指して通ったわけで、聖霊の証しを受けて使われているわけではありません。そうじゃありませんか?聖霊が直接牧師に証しをするところや選ぶのを見た人はいますか?起っていないことだからです。本当に主に選ばれたのなら、絶対に聖霊の証しがあるはずですし、信者も証人になっているでしょう。ですから、宗教界の牧師や長老は主に選ばれていないんです、間違いありません。牧師によっては、主イエスが聖霊の受胎から来たことを信じないそうです。理由は「聖霊による受胎」には科学的根拠がないからです。そういう人がキリストが神の現れであると認めるでしょうか?主イエスの時代にこのような牧師がいたとしたらどうだったと思いますか?絶対に主を受け入れなかったでしょう。そんな彼らが終わりの日に、受肉した神を見たら、どう受け止めるでしょう?ユダヤ教の祭司長や律法学者やパリサイ人と同じように、主イエスを激しく非難し、反抗するでしょう。そのような牧師たちが本当に神に従う者なのでしょうか?彼らは神が受肉したことも信じず、受肉した神が示す真理など認めないでしょう。それこそ反キリストではありませんか?牧師や長老はみな主に選ばれて使われているという考え方は、まだ成立するんですか?そうやって、牧師や長老たちが選ばれた者だと言い続けるのは、神を中傷し冒涜することになりませんか?果たして、神は選んだ者を導くために、そんな人を使おうとするでしょうか?しません、絶対ないわ。これはあまりにも不合理な考えではありませんか?事実を歪め、真実を見えにくくしていませんか?神に聖別された者は直接証しをされています。少なくともはっきりした確証があり、聖霊の働きを受けています。神が選んだ人々の命を潤し、真理に導くのです。神こそが義であり、聖なるもの。ゆえに、神が選んで使う者は御心にかなった者です。偽善者であるパリサイ人のはずがありません、真理を嫌い、神に反抗する反キリストであるはずがないんです。

 現代の宗教界の牧師や指導者はどうでしょう。彼らの多くが神学学校を出た者であり、神に任命された者ではありません。ただ単に、神学と聖書を学んだだけです。彼らの説教といえば、聖書の知識と神学論に関することばかり、聖書の登場人物や物語、歴史的背景などです。彼らが教えているのは宗教儀式の実践と規則の順守のことばかり、神の御言葉が持つ真理には無関心です。まして御言葉を実践できるよう人を導くことはない、己をどう知るかとか、いのちの成長の体験は話しません、神の真の認識についてもです。こんな仕事や説教で、聖霊の働きを受けられますか?このような奉仕で、神のご意思にかないますか?真理を実践し正しい信仰の道へ進むよう人を導けますか?聖書を勝手に解釈し、彼らは神に逆らっている違いますか?すでに全能神は真理を示し裁きの働きをされています、教会の指導者は、全能神が真理を語り人を救うと明らかに分かっているはずです。でも受け入れようとしません、さらにひどいことに、信者が全能神の言葉を読むことを禁じています。自分の立場を守るために、全能神をひどく非難し、中傷しています。極悪な中国共産党と協力して、伝道者を逮捕し迫害しています。こうした牧師や長老の行為は、主イエスと対立したパリサイ人の行動とどう違うんですか?私たちが真の道を受け入れるのを邪魔していませんか?このように真理を嫌い神に反抗する者を、神はわざわざ選んで使われるでしょうか?神は真理を嫌って邪魔をするような者に、選ばれた者を導く役割を与えるのでしょうか?現実的にあり得ないんです。

               

『呪縛を解く』の映画台本から

前へ:質問1.主は終わりの日に、まずは肉として降臨され、勝利者のグループを作り、雲に乗り現れると、それは理にかなっています。だが2000年間、皆さんは主が雲に乗って来られるのを待ち望んできた。牧師や長老たちもよく言ってきた、我々が聖書の予言に従って待つことは間違いか?牧師や長老たちは皆主に仕える人々、彼らは皆主の再臨を、このように待っている、主がそんな牧師や長老たちを見捨てるのか?絶対にあり得ない!

次へ:質問3.聖書の中でパウロが言っています。「どうか、あなたがた自身に気をつけ、また、すべての群れに気をくばっていただきたい。聖霊は、神が御子の血であがない取られた神の教会を牧させるために、あなたがたをその群れの監督者にお立てになったのである。」これが証拠です。牧師や長老は聖霊に選ばれたんです。それはつまり神に選ばれたということだ。神が牧師や長老を監督に選んだのは、間違いないことなんですよ。