全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神は何に基づいて人の最後の結末を決定するのか。

関連する神の言葉

今こそ、わたしは一人一人のために終わりを決めるときであり、人に働きかける段階ではない。わたしの手帳にひとりひとりの言葉や行動、わたしに従った道、本来の属性や最後の行いなどを書き留める。こうすることで、どのような人であってもわたしの手から逃れることはなく、あらゆる人たちはわたしが定めるように同類の人たちと共にいることになるだろう。わたしは、一人一人の終着点を、年齢や年功序列、苦しみの量、とりわけ憐れみを誘う度合いではなく、彼らが真理を持っているかどうかに基づいて決める。これ以外の選択肢はない。神の心に従わない人たちはすべて懲罰されることをあなたがたは悟らなければならない。これは不変の事実である。よって、懲罰される者たちすべては神の義ゆえに懲罰されるのであって、彼らの数々の邪悪な行為への報いである。

『言葉は肉において現れる』の「終着点のために、善行を十分積まなければならない」より

人類が安息の中に入る前に、各々の種類の人が罰せられるか、それとも報われるかどうかは、彼らが真理を求めるかどうか、神を知っているかどうか、目に見える神に従うことができるかどうかによって決まる。目に見える神に奉仕してきたが神を知らない人や従わない人はみな真理のない人である。このような人たちは悪を行う人であり、悪を行う人は間違いなく罰を受ける対象である。しかも彼らは、彼らの悪行に応じて罰せられる。神は人による信仰の対象であり 、また人が従うに値する存在である。だが、漠然とした目に見えない神だけを信じる人たちはみな神を信じない人たちである。その上、彼らは神に従うことができない。もしこのような人たちが神の征服の働きが終わるときに、依然として、目に見える神を信じることができず、しかも目に見える肉の神に従わず、逆らい続けるなら、このような「漠然派」は疑いなく滅ぼされる。それは、あなたがたのうちにも見られる。つまり、あなたがたのうち、口先では肉となった神を認めるが肉となった神に従うという真理を行うことができない人は誰でも、最後には排除され、滅ぼされる。また、口先では目に見える神を認め、しかも目に見える神が表現した真理を食べ飲みするが、漠然とした見えない神を追い求める人はなおさら将来滅ぼされる。このような人々の誰も、神の働きが終わった後の安息の時まで生き残ることができない。このような人はだれも安息の時まで生き残ることができない。悪魔の類の人はみな真理を実行しない人である。彼らの本質は神に逆らい、不従順なものであって、彼らは神に従う意図が少しもない。この様な人々はみな滅ぼされる。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

わたしは地上において、わたしの追随者となるように多くの人々を求めてきた。これら追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、子となる人々、民を形成する人々、奉仕をする人々がいる。彼らがわたしに見せる忠実により、わたしは彼らをこれら異なる種類に分ける。すべての人々がそれぞれの種類に従って分類されたとき、つまり人間の各種類の本性が明らかにされたとき、人類の救いというわたしの目的を実現できるように、わたしは人間一人ひとりをそのしかるべき種類の数の中に入れ、各種類をその相応しい場所に置く。

『言葉は肉において現れる』の「招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」より

神は試練を使って人間の結末を決定する。試練の使用により人間の結末を決定する際の基準は、2つある。第1の基準は人間が経験する試練の数であり、第2の基準はその試練における人間の成果である。これら2つの基準が、人間の結末を決める指標である。ここでは、その2つの基準について詳述する。

(中略)

あなたが未熟な時、神はあなたに極めて低い基準を与え、あなたの背丈がそれより多少大きい場合、神は少し高い基準を与える。しかし、あなたが全ての真理を理解した後、神はどうするであろうか。神はあなたを、さらに大規模な試練に直面させるであろう。これらの試練で神が得たい物事や見たい物事は、あなたの神に関する認識の深化と真の畏れである。この時、神のあなたに対する要求は、あなたの背丈が未熟だった時よりも高く、そして「厳しく」なる。(注:人間はそれを厳しいと捉えるが、神はそれを妥当であるとみなしている。)神が人間に試練を与える時、神が造りたい現実は、どのようなものであろうか。神は、人間に対して自分の心を神に渡すよう、常に求めている。…神があなたに試練を与える時、神はあなたの心が神と共にあるか、肉と共にあるか、サタンと共にあるかを調べる。神があなたに試練を与える時、神はあなたが神に敵対する立場に立っているかどうか、神に味方する立場に立っているかどうか、あなたの心が神と同じ側にあるかどうかを調べる。あなたが未熟な状態で試練を受ける時、あなたの真理に関する認識は限られているため、あなたの自信は極めて少なく、神の心意を満足させるために何をする必要があるかを、正確に把握できない。それでもなお、あなたは心から誠実に、神に対して祈り、率先して神に自分の心を渡し、神をあなたの君主とし、最も貴重だと思う物事を神に捧げることが可能である。既に自分の心を神に渡している、とは、このことを指す。あなたが一層多くの説教を聞き、一層多くの真理を理解するようになると、あなたの背丈は次第に成熟してゆく。この時に神があなたに要求する基準は、あなたが未熟だった時の基準とは異なり、神はそれよりも高い基準をあなたに要求する。人間の心が次第に神へと渡された時、その心は次第に神へと近づいて行く。人間が真に神のもとへ近付いた時、人間の心は神を益々畏れる。神は、このような心を求めている。

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の業の結果を知る方法」より

心に留めるべき格言がある。この格言は極めて重要だと思う。なぜなら、わたしはこの格言を毎日何度も思い出すからである。それは何故であろうか。それは、誰かと会う度、そして誰かの経験談や神への信仰の証しを聞く度、必ずわたしはこの格言を用いて、その者が、神が求め、好むような人間であるかを測るからである。それでは、その格言とは何であろうか。…それは「神の道を歩みなさい。神を畏れ、悪を避けよ」である。これは極めて簡潔な言葉ではないだろうか。しかし、この格言は簡潔でありながら、この格言を深く理解する者は、この格言は非常に重みがあり、実践する際に価値が高く、真理の現実が含まれるいのちの言葉であり、神に満足してほしいと望む者にとって一生涯の努力目標であり、神の心意を配慮する全ての者にとって一生涯の道である、と感じるであろう。…わたしがこの格言について話をするのは、何故であろうか。あなた方の観点や、あなた方が何を考えるかを問わず、この格言について話をする必要がある。なぜなら、この格言は神が人間の結末を決定する方法に極めて密接に関係しているからである。あなた方が現在この格言をどのように理解し、取り扱っているかを問わず、あなた方に伝えることがある。ある者がこの格言を正しく実践して神を畏れ悪を避ける基準を満たすことが出来るとしたら、その者の生存と好ましい結末は保証される。この格言で定められた基準に達せなかった場合、あなたの結末は不明であると言える。したがって、心の準備をするため、また神があなた方を評価する時に用いる基準を知ることが出来るようになるために、あなた方にこの格言を伝える。

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の業の結果を知る方法」より

人が滅ぼされるかどうかは、その人の本質によって決まる。すなわち、彼らが事を行い、真理を追い求める過程で外に現れる本質によって決まるのである。同様に働きをし、しかも同じ程度の量の働きをする人々のうち人間性の本質が善であり真理を持っている人々が生き残る人々であり、人間性の本質が悪であり、目に見える神に背く者は、滅ぼされる人々である。人類の終着点に向けられた神の働き及び言葉の何もかもが、人類を、各人の本質に従って適切に取り扱う。そこには何の偶然も無ければ、無論僅かな誤りもない。人が働きを遂行するときにのみ、人の情感あるいは意味が入り込むのである。神が行う働きは最適である。神はいかなる被造物についても事実を歪曲して罪に陥れることは決してない。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

関連した内容