全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

私たちが主の御名を守り、偽のキリストたちの欺瞞を受け入れなければ、主はご自身の到来の時に間違いなく私たちに啓示を与えられるでしょう。今日、主が戻ってこられたことを説教する人たちはすべて、間違いなく偽物です。私たちはそのような話は何もかも、聞くべきではないし、受け入れるべきではありません。"

44

朱:楊牧師は正しいです。私たちが主の御名を守り、偽のキリストたちの欺瞞を受け入れなければ、主はご自身の到来の時に間違いなく私たちに啓示を与えられるでしょう。今日、主が戻ってこられたことを説教する人たちはすべて、間違いなく偽物です。私たちはそのような話は何もかも、聞くべきではないし、受け入れるべきではありません。

劉姉妹:主イエスは既に私たちに語られました。終わりの日に、偽りのキリストたちと偽りの預言者たちが私たちを騙すためにやってくるだろうと。私たちは彼らの欺きを恐れているので、主の黙示を待っているのです。このように実践することが間違いだなんて皆さん思っていませんよね?

周:あなたは主の再臨を証言する者はすべて偽りだと言いますが、それは間違っています!主イエスはご自身がお戻りになるだろうと仰いました。あなたはあの主は偽りだったと敢えて言われるのでしょうか?あなたがたは神に逆らうことを恐れないのですか? それは問題だと思います。

李佳音:そうです。聖書はそのことを予言していました。「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と叫ぶ声がした。」(マタイ25:6)あなたがたはそれをどう説明しますか?主イエスは明らかに私たちに仰しゃいました、つまり、神の羊は神の声を聞き分ける、と。主がやってこれられた時、主は間違いなく話をされ、働きを行われます。人間が主を歓迎し主を受け入れるのは正に主の声を聞くことを通してなのです。もし、人々が主がやって来られたことを証言したとして、私たちが彼らの証言について何の精査もしないのなら、私たちは主の御声をどのようにして聞きわけることができるでしょうか?もしあなたがたが、自身で部屋に閉じ込もって、啓示を待っているならば、それは主を目を覚まして、待っているとは言えません!これは不親切に聞こえるかもしれませんが、あなたがたはまさしく死を待っているのであり、あなたがたは、自身の破滅を引き起こしているのです。主の声を捜し求めず、耳を傾けない私たちは間違っているように思えてきました。

陈玲:兄弟姉妹たち、主イエスは実際、終わりの日に偽のキリストたちと偽預言者が現れるだろうと預言されました。これは事実です。しかし、主イエスはまた、ご自身が帰ってくるだろうということも、何度も明確に預言されました。私たちはこれを確かに信じていますね?主イエスの再臨についての預言を調べると、多くの人々は偽りのキリストや偽りの預言者を警戒することを優先させて、花婿の到着を迎え入れる方法や、花婿の声を聞き分ける方法を一切考慮しません。そのことにおいては、何が問題でしょうか。喉につかえるのを恐れて、食べないと言うのと同じではないですか?実際には、偽りのキリストと偽預言者に対して、どんなに我々が警戒しようとも、主の再臨を歓迎せず、神の御座まで連れて行かれないならば、我々は神によって見捨てられた愚かなおとめであり、主に対する我らの信仰は完全な失敗なのです!私たちが主の再臨を迎え入れることができるかどうかの鍵は、神の御声が聞き分けられるかどうかなのです。私たちが、主キリストが真理であり、道であり、命であると正しく認めている限り、私たちが神の声だと認識するのは全く難かしいことではないでしょう。もし我々が真理をはっきりと識別することができず、神のしるしや不思議な業に目を向けるだけなら、我々は間違いなく偽のキリストや偽預言者に騙されるでしょう。我々が真の道を捜し求めて調べることを行わなければ、決して神の声を聞き分けることができないでしょう。我々は死を待っているのではないでしょうか、自分自身の破滅を招いてはいないでしょうか?私たちは、主の御言葉を、神の羊は神の声を聞き分けると信じています。真の賢さがあり、能力があり、神の声を聞き分けることができる人たちは、偽りのキリストたちや偽預言者たちに騙されることはないでしょう。なぜなら、偽のキリストや偽預言者は、真理を持たず、神の働きを行うことができないからです。このことは、私たちが気にかけなければならないことではありません。混乱している人たちだけが偽キリストや偽預言者に騙されるのです。賢いおとめたちは、偽キリストや偽預言者に騙されることはないでしょう。なぜなら、彼女たちには神の御配慮と保護があるからです。神が人を作ったとき、賢い乙女たちには人の魂が与えられ、神の声を聞き分けることができました。ですから、神の羊たちは神の声を聞き分けるのです。これは、神が定めたことなのです。愚かなおとめたちだけが、偽のキリストや偽預言者から自分自身を守ることばかりに気を取られて、主の再臨を捜し求めることや調べることを怠るのです。私たちが主の再臨を歓迎したいと思い、偽キリストと偽預言者に騙されたくないと願うなら私たちは偽キリストがどのようにして人々をだますのかを理解しなければなりません。それで、彼らはどうやって人々を騙すのでしょうか?私たちも知りたいです。実際に、主イエスは、偽のキリストや偽預言者の実践について、既に私たちに語っておられます。主イエスは言われました「にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。」(マタイ24:24)主イエスが私たちに示されたのは、偽のキリストと偽預言者は、神の選ばれた人々を騙すために、しるしや不思議な業を実行することに頼るということです。これが、偽のキリストの欺きの主な現れ方です。(主イエスはずっと昔に、偽のキリストは、人々を騙すためにしるしや不思議な業を用いると私たちに言いました。)ここで、私たちは理解しなければなりません。なぜ偽のキリストが人々を騙すために、しるしや不思議な業を用いるのか、ということを。(はい、なぜ彼らはそうするのでしょうか?)何よりも、偽のキリストと偽預言者は真理を全く欠いているからです。性質的にも実質的にも彼らは極度に邪悪な悪霊なのです。だから、彼らは人々を騙すために、しるしや不思議な業に頼る必要があるのです。もし偽のキリストや偽預言者が真理を所有していたとしたら、彼らは人々を騙すために、しるしや不思議な業を用いたりしないでしょう。このように考察するなら、偽のキリストや偽預言者がしるしや不思議な業を実行して見せるのは、彼らにできることはこれが全てだからです。もし私たちがこのことを理解していないなら、彼らが私たちを騙すことはいとも簡単なことでしょう。キリストのみが、真理であり、道であり、命なのです。真理を表し、人々に道を示し、彼らに命を与えることができる方はキリスト以外にあり得ないのです。真理を表現することができない人たちは、間違いなく偽のキリストです、彼らは詐欺師なのです。これが偽のキリストや偽預言者を見極めるための基本的な原則です。真の道を捜し求め調べようとする人たちはすべて、神の御声を求め確めるために、この原則に従うべきです。そうすれば、間違いを犯すことはないのです。

「待つ」より