全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十四章

まことに時は迫っている。聖霊は神の言葉の中にわたしたちを導き入れるために様々な方法を用いる。あなたはすべての真理を身に着け、聖別され、わたしとの真の親密さと交わりを持つべきである。あなたには何の選択の余地も許されていない。聖霊の働きに感情はなく、あなたがどのような人間であるかは考慮しない。あなたが進んで探し求め従う限り──あなたが言い訳をせず、自分の損得について議論せずに飢えと渇きを持って義を探求するなら、わたしはあなたに啓示を与える。あなたがどれだけ愚かであろうが、無知であろうが、わたしはそんなことは気にかけない。わたしはあなたが肯定的な面でどれだけ懸命に働くかに目を留める。あなたがまだ自己の観念にしがみ付いて、自分の小さな世界で堂々巡りしているなら、あなたは危険にさらされていると思う……。携挙とは何か。見捨てられるとはどういうことを意味するのか。今日あなたは神の前でどのように生きるべきなのか。どのように積極的にわたしと協力すべきなのか。自分の観念を取り除きなさい。自分を吟味し、仮面をはずし、自分のほんとうの姿をはっきりと見て、自分自身を忌み嫌いなさい。飢えと渇きを持って義を探求する心を持ち、自分はほんとうに何の価値もないと思いなさい。進んで自分自身を放棄し、自分のやり方をすべて止めることができるようになりなさい。わたしの前で静まり、もっと祈りを捧げ、心を尽くしてわたしに拠り頼み、わたしを仰ぎ見なさい。わたしに近づいて交わりを持つことを止めてはならない──これが鍵である。人々はしばしば自分自身に没頭するあまり、神の前にいない。

聖霊の現在の働きは、人々には実に想像し難いが、それはすべて現実の中に入る。あなたが軽率であるならあなたの為にならない。あなたの心と考えが正しくなければ、出口は見つからないだろう。最初から最後まで、あなたはあらゆる時にも見張り、怠ることのないように用心しなければならない。常に見張り、待ち望み、わたしの前に静まっている者は幸いである。いつも心からわたしを仰ぎ見、注意してわたしの声に耳を傾け、わたしの行動に注意を払い、わたしの言葉を実践する者は幸いである。時はまさに遅れることを許さない。あらゆる種類の疫病が蔓延し、洪水のようにそのどう猛な血まみれの口を開け、あなたがたを皆呑み込もうとしている。子どもたちよ。時は来た。もう考え込んでいる暇はない。あなたがたをわたしの保護の下にもたらす唯一の方法は、わたしの前に戻ってくることである。あなたがたは男児のような強い資質を持っていなければならない。気弱になったり落胆したりしてはならない。あなたがたはわたしの歩調について来なければならない。新たな光を拒んではならない。そして、わたしがあなたがたにどのように食べるのか教えるとき、あなたがたは従い、適切に食べなければならない。勝手気ままに争ったり競い合ったりしている時間がまだあるのか。自分の分を食べず、充分に真理を身に着けていないまま、あなたは戦うことができるのか。宗教を克服したいなら、充分に真理を身に着けていなければならない。もっとわたしの言葉を飲食し、わたしの言葉をもっと熟考しなさい。あなたはわたしの言葉を自発的に飲食し、神に近づくことから始めなければならない。これをあなたへの警告としなさい。あなたは注意を払わなければならない。賢い者たちは、はやく真理への目を覚まさなければならない。あなたが手放したくないすべてのものを棄て去りなさい。もう一度あなたに言う。これらのものは本当にあなたのいのちに有害であり、無益である。わたしは、あなたが行動する中でわたしに拠り頼むことを願う。さもなければ、前途にあるのは死の道だけである。その時あなたは、いのちの道を探し求めるためにどこへ行くのだろうか。外側のことにばかりに勤しむことを好むあなたの心を断ちなさい。他の人たちに服従しないあなたの心を断ちなさい。あなたのいのちが成熟できず、あなたが見捨てられるなら、あなたは自らを躓かせる者になるのではないか。聖霊の働きは今、あなたが想像しているようなものではない。自分の観念を放棄することができないなら、あなたは大きな損失を被るだろう。その働きが人間の観念に基づいているなら、あなたの古い性質や観念が明るみに出されることはあるだろうか。あなたは自分自身を知ることができるだろうか。たぶん、あなたはまだ何の観念も持っていないと思っているのだろう。しかし今回は、あなたの様々な醜い側面のすべてがはっきりと明るみに出されるのだ。慎重に自問してみなさい。

あなたはわたしに従う者であるか?

あなたには自分を捨てわたしに従う気持ちと準備ができているか?

あなたは清い心でわたしの顔を求める者であるか?

あなたはどのようにしてわたしに近づき、わたしと交わりを持つのか知っているか?

あなたはわたしの前に自分を静め、わたしの旨を求めることができるか?

あなたはわたしがあなたに明らかにする言葉を実行しているか?

あなたはわたしの前で正常な状態を維持することができるか?

あなたはサタンの狡猾な策略を見抜くことができるか?それを暴露する勇気があるか?

あなたはどのようにして神の重荷を思い遣るのか?

あなたは神の重荷を思い遣る者であるのか?

あなたはどのように聖霊の働きを把握するのか?

あなたは神の家族の中でどのようにして調和しながら仕えるのか?

あなたはどのようにしてわたしのために力強い証しをするのか?

あなたはどのようにして真理のために善き戦いを戦うのか?

あなたは時間を取って、これらの真理について充分に熟考しなければならない。その日がとても近いことを証明するに十分な証拠がある。災いが来る前にあなたは完全にされなければならない──これは早急に解決しなければならない非常に重要な問題である。わたしはあなたがたを完全にすることを望むが、わたしにはあなたがたが実に御し難い者であることが分かる。あなたは気骨を持っているが、それを最大限に活かしていない。また、最も重要なことは把握しないで、ささいなことばかり把握している。これらのことを研究して何の役に立つというのか。これは時間の無駄ではないか。わたしはこのようにあなたがたに優しさを示しているが、あなたがたは何の感謝も示さず、ただ互いの間で争い合うだけである。わたしのすべての苦心の努力は無駄ではなかったか。あなたがたがこのまま続けるなら、わたしにはあなたがたをなだめている暇はない。わたしはあなたがたに言う。あなたがたが真理に目覚めない限り、聖霊の働きはあなたがたから断たれる。あなたがたにはもう食べるものが与えられないであろう。そして、あなたがたが良いと思うように信じればよい。わたしの言葉はことごとく語られている。聞くかどうかはあなたがた次第だ。あなたがたが混乱し、行き詰まって、真の光を見ることができない時が来るとき、あなたがたはわたしを責めるのか。何という無知だ。あなたがたの自己にしっかりとしがみつき、手放すことを拒むなら、その結果はどうなるのだろうか。あなたがたの働きは無益な業ではないのか。災いが降りかかって、見捨てられるとき、それはどんなに惨めであることか。

今が教会を建て上げることにおいての重要な段階である。積極的にわたしと協力し、全身全霊で自分自身をわたしに捧げ、すべてを捨てることができないなら、あなたがたは損失を被るだろう。あなたがたはまだ他の意図を持つことができるか。わたしはこのようにあなたがたに寛容を示し、あなたがたが悔い改めて、新たに始めるのを待った。しかし、時間はほんとうにもうこれを許可しないので、わたしは全体像を考慮しなければならない。神の経営(救いの)計画の目的のために、すべてが前進しており、わたしの歩みは、日々刻々と、時を追って、前進している。ついて来ることができない者は見捨てられるだろう。日々新たな光があり、新たな行為が行われ、毎日新しいことがある。光を見ることができない者は盲目である。ついて来ない者は排除されるだろう……。

前へ:第十三章

次へ:第十五章