第十三章

あなたがたは現在の状態において、自己の観念に過度に執着しており、内心にはかなり深刻な宗教的妨げがある。そして霊で行動することができず、聖霊の働きを把握できず、新しい光を拒絶している。盲目なため真昼の太陽を見ることができず、人々を知らず、決して「両親」を離れることができず、霊的な識別力に欠け、聖霊の働きを認識できず、わたしの言葉をどう飲み食いすればよいかまったくわかっていない。自分でそれを飲み食いする方法がわからないのは問題だ。聖霊の働きは日に日に驚異的な速度で進展しており、日々新たな光があり、日々新しく新鮮なことがある。だがあなたはそれを理解せず、代わりに研究することを好み、ものごとを慎重に考慮することなく個人的な色眼鏡でしか見ようとせず、ぼんやりと聞いているだけだ。霊で熱心に祈ることもなければ、わたしに目を向けることも、わたしの言葉をもっと熟考することもない。そのためあなたが持っているものは、文字や規則や教義ばかりだ。あなたはわたしの言葉を飲み食いする方法をはっきりと知らねばならず、もっと頻繁にわたしの言葉をわたしの前に持ち出さねばならないのだ。

今日の人々は自らを手放すことができず、常に自分が正しいと考えている。彼らは自分の小さな世界から抜け出すことができず、正しい人たちではなく、間違った意図や目的を持っている。そうしたことに固執するなら必ず裁かれ、深刻な場合には排除されるだろう。あなたはわたしと絶えず交わりを持つことにもっと努力を注がなければならず、自分が好む者とばかり交わっていてはならない。自分が交わる人々のことを理解し、いのちにおける霊的な事柄について交わらなければならない。そうして初めて他の人たちにいのちを与え、彼らの不足を補うことができるのだ。説教するような口調で人々と接するべきではなく、そのような立場を取るのは根本的に間違っている。交わりにおいては霊的な問題への理解がなければならず、知恵を持ち、人々の心にあるものを理解できなければならない。他の人たちに仕えるなら、あなたは正しい人でなければならず、自分が持っているものを用いて交わらなければならない。

今もっとも重要なことは、わたしと交わり、親しく交流し、自分で飲み食いし、神に近づけるようになることだ。できるだけ早く霊的な問題を理解し、自分の環境や周りに配置されているものをはっきり見抜けるようにならねばならない。あなたはわたしが何であるかを理解できるか。重要なのは、自分に欠けているものに基づいて飲み食いし、わたしの言葉に頼って生きることだ。わたしの手を認識しなさい。不平を言ってはならない。不平を言って抜け出せば、神の恵みを受ける機会を失うかもしれない。まずわたしに近づくことから始めなさい。あなたに欠けているものは何か、どうやってわたしに近づき、わたしの心を理解すべきか。人々がわたしに近づくのが困難なのは、自己を手放すことができないからだ。彼らの性質はいつも熱くなったり冷たくなったりで一貫性がなく、少し甘さを味わった途端、思い上がって自己満足に陥る。一部の人々はまだ目を覚ましていない。あなたが言うことのうち、どれだけがあなた自身を体現しているのか。どれだけが自己防衛であり、どれだけが他人の模倣であり、どれだけがただ規則に従ったものなのか。聖霊の働きを把握も理解もできないのは、あなたがどのようにわたしに近づけばよいかを知らないからだ。あなたは外面上、常にものごとを思い巡らし、自己とその心の観念に頼っている。密かに探求してつまらない策略に従事しているが、それを明るみに出すこともできない。それはあなたが真に聖霊の働きを理解していないことを示している。何かが神から来ていないことが本当にわかっているなら、なぜ立ち上がってそれを拒むことを恐れるのか。わたしのために立ち上がり、語れる者は何人いるだろうか。あなたには男児の性格に備わっている強さのかけらすらない。

今整えられているすべてのことは、あなたがたを訓練していのちを成長させ、霊を鋭敏に鋭くし、霊の目を開いて神から来る物事を認識できるようにすることが目的なのだ。神から来るものは、あなたが能力と重荷を持って仕え、霊において固く立つことができるようにしてくれる。わたしから来ていないものはすべて空虚であり、何ももたらさず、霊を虚ろにし、信仰を失わせ、あなたとわたしの間に距離を空け、あなたを自分の心に閉じ込めてしまう。今やあなたは霊の中に生きれば俗世のすべてを超越することができるが、自分の心の中で生きることはサタンの虜となることであり、行き詰まりを意味する。それは今やとても単純なことだ。心でわたしを見上げなさい、そうすれば霊はすぐに強くなり、実践の道を得ることができる。わたしはあなたのすべての歩みを導く。わたしの言葉はいつでもどこでもあなたに露わにされる。どこにいようといつであろうと、状況がどんなに不利であろうと、わたしはあなたにはっきりと見せ、心でわたしを見上げるならわたしの心が露わにされる。そのようにすればあなたは行く手を走り抜くことができ、道を見失うことは決してない。一部の人々は、表面上は手探りで道を求めようとするが、霊の中では決してそうしない。彼らは多くの場合、聖霊の働きを把握できず、他の人々と交わるとさらに混乱して行くべき道を持たず、どうすればよいのかわからなくなってしまう。そのような人はなぜ苦しいのかわかっていない。多くのものを持ち、内面は豊かに満たされているように見えるかもしれないが、それが何の役に立つというのか。あなたは本当に行くべき道を持っているのか。何らかの光や啓示を得ているのか。何か新しい識見を持っているのか。前進したのか、それとも後退したのか。新しい光に遅れず付いていくことができるのか。あなたには従順さがなく、いつも口にする従順はただの空話に過ぎない。あなたは従順な人生を生きてきたのか。

人間の独善、自惚れ、自己満足、そして傲慢によって生じる支障はどれくらい大きいだろうか。あなたが現実に入れないのは誰のせいなのか。自分自身を慎重に吟味して、自分が正しい人間かどうかを見定めなければならない。あなたの目標や意図は、心にわたしを抱いて生み出されたものなのか。あなたの発言や行動はすべて、わたしの前で行われているのか。わたしはあなたの思いや考えをすべて調べる。あなたは罪悪感を覚えないのか。他人に見えるように偽りの姿を装い、落ち着いて独善的なそぶりを見せるのは、自身を守るためだ。そして自分の悪を隠すためにそうするだけでなく、さらにその悪を他の誰かに押しつける方法まで考え出す。あなたの心には何という欺瞞が宿っていることか。自分が言ったことをすべて思い返してみなさい。自分の魂が害を受けることを恐れてサタンを隠し、兄弟姉妹から飲み食いを無理やり奪ったのは、自分自身の利益のためではなかったのか。自分のことをどう説明するつもりなのか。サタンが今回奪った飲み食いを、次回に埋め合わせられるとでも思っているのか。今あなたにはそれがはっきりとわかっている。それはあなたに償えるものだろうか。失われた時間を取り戻すことができるのか。入念に自分自身をふり返り、ここ数回の集会でなぜ飲み食いが行われなかったのかを考え、誰がその問題を起こしたのかを確認しなさい。それがはっきりするまで、一つひとつ交わらなければならない。そのような人が強く抑制されなければ、兄弟姉妹たちは理解できないし、そういうことがまた起こるだろう。あなたがたの霊の目は開いておらず、あまりにも大勢の人が盲目なのだ。そして見える者たちはそういうことに不注意で、立ち上がって声を上げようとしない。だから、彼らも盲目なのだ。見ているのに声を上げない者は、口がきけない者だ。ここには障害を持った者がたくさんいる。

一部の人々は、真理とは何か、いのちとは何か、道とは何かを把握しておらず、霊をも理解していない。彼らはわたしの言葉をただの公式と見なしているが、それはあまりにも固いとらえ方だ。彼らは本当の感謝や讃美とは何かを理解していない。またある人々は、重要なことや主要なことを把握できず、補足的なことだけを把握している。神の経営を妨げるとはどういう意味なのか。教会建設を破壊するとはどういう意味なのか。聖霊の働きを妨げるとはどういう意味なのか。サタンのしもべとは何なのか。これらの真理ははっきりと理解しておかねばならず、曖昧にごまかしてはならない。今回飲み食いが行われなかった理由は何なのか。今日は大声で神を賛美すべきだと感じている人々もいるが、どのように賛美すべきなのか。聖歌を歌い、踊るべきなのか。他の方法は賛美のうちに入らないのだろうか。また、歓喜して誉め讃えることが神を賛美する方法だという観念を持って集会に来る人もいる。人々はこうした観念を持っており、聖霊の働きに注意を払わないため、その結果としていまだに妨げが起こっている。この集会では、飲み食いはまったく行われなかった。皆が自分は神の重荷を思いやっており教会の証しを守るつもりだと言うが、一体誰が本当に神の重荷を思いやったのか。自問してみなさい、あなたは神の重荷に配慮を示した人間なのか。神のために義を実践することができるか。立ち上がってわたしのために語ることができるか。真理を揺るぎなく実践に移すことができるか。サタンのすべての仕業に大胆に立ち向かうことができるか。わたしの真理のために、感情を脇に置き、サタンを暴露することができるか。わたしの旨をあなたの中で成就させることができるか。最も重要なときに、自分の心を捧げたのか。あなたはわたしの旨を行う者か。こうしたことを頻繁に自問し、考えてみなさい。サタンの賜物があなたのうちにあるが、それはあなたの責任なのだ。なぜならあなたは人々を理解せず、サタンの毒を識別できないからであり、自分自身を死に導いているのだ。あなたはサタンに徹底的に欺かれて、完全に困惑してしまったのだ。淫乱のぶどう酒に酔いしれ、いつも揺れ動いて確固たる観点を持つことができず、実践の道も持っていない。正しく飲み食いせず、むやみな争いや口論に参加し、正しいことと間違っていることの区別もつかず、導く者には誰にでもついて行く。あなたは一体、少しでも真理を持っているのか。また中には、自分自身を弁護し、欺瞞さえ働く者もいる。彼らは他の人たちと交わるが、それによって彼らを袋小路に追いやるだけだ。こうした人々は、意図、目標、動機、そして源をわたしから得ているのだろうか。あなたは兄弟姉妹が飲み食いを奪われたという事実を償えると思っているのか。数人の人々と交わりを持ち、質問して考えを聞いてみなさい。彼らには何かが与えられただろうか。それとも、腹一杯汚れた水を飲まされゴミを詰め込まれ、行くべき道も持っていないだろうか。それでは教会が破壊されるのではないだろうか。兄弟姉妹の間の愛はどこにいってしまったのか。あなたは秘かに誰が正しく誰が間違っているかを追求しているが、なぜ教会の重荷を負わないのか。あなたは通常、キャッチフレーズを叫ぶのは上手いが、実際に何かが起こると自信が持てなくなる。また、理解はしていても静かに呟くだけの人々もいれば、理解していることを語る人もいるが、他の誰も何も言わない。彼らは何が神から来ていて、何がサタンの働きなのかを知らない。いのちについての内なる感覚はどこにあるのか。あなたは聖霊の働きを一切把握できず、それを認識もしないので、新しいことをなかなか受け入れられない。受け入れるのは、人々の観念に沿った宗教的なことや世俗的なことだけだ。その結果、あなたは勝手気ままに争っている。聖霊の働きを把握することができる者は何人いるのか。本当に教会の重荷を背負ってきた者は何人いるのか。あなたはそれを把握しているのか。聖歌を歌うことは神を賛美する一つの方法だが、あなたは神を賛美することの真理をはっきりと理解しておらず、さらに神を賛美する方法についても柔軟性に欠けている。それはあなたの観念ではないのか。あなたはいつも頑なに自分の観念にしがみ付いていて、聖霊が今日行おうとしていることに集中できず、兄弟姉妹たちが感じていることを感じられず、静かに神の旨を求めることができない。ただ盲目的に物事を行っていて、歌は上手に歌えるかもしれないが、その結果はまったくの混乱である。これが本当に飲み食いするということなのか。実際に誰が妨げを引き起こしているのか分かるだろうか。あなたはまったく霊の中に生きておらず、たださまざまな観念にしがみ付いている。それがどうして教会のために重荷を負うことになるのか。今や、聖霊の働きがますます迅速に進展しているのを見なければならない。自分の観念に堅くしがみ付いて聖霊の働きに抵抗しているなら、あなたは盲人ではないのか。それはハエが壁にぶつかって飛び回っているようなものではないか。そのようにあり続けるなら、あなたは放り出されることになるだろう。

災害の前に完全にされる者たちは、神に従順である。彼らはキリストに拠り頼んで生き、キリストを証しし、キリストを賛美している。彼らは勝利した男児たちであり、キリストの良き兵士である。今は自らを静め、神の近くに来て、神と交わることが最も重要だ。神に近づくことができないなら、サタンに捕らわれる危険を冒すことになる。わたしに近づきわたしと交わることができれば、すべての真理があなたに明かされ、生活と行動の基準を得ることになるだろう。あなたはわたしの近くにいるので、わたしの言葉は決してあなたの側を離れず、あなたも一生わたしの言葉から迷い出ることはなくなる。サタンはあなたを利用する術がなく、辱められ敗北して逃げ出すだろう。自分の内に欠けているものを外に探し求めれば、いくらかは見つかることもあるかもしれないが、見つかるものの多くは不要な規則や物事だろう。あなたは自らを解き放ち、わたしの言葉をもっと飲み食いし、それを熟考する方法を知らなければならない。何かが理解できなければ、頻繁にわたしに近づいてわたしと交わりなさい。そうすれば、あなたが理解することは現実的かつ真実なものになるだろう。まずわたしの近くにいることから始めなければならない。それが最も重要だ。そうでなければ 、飲み食いの方法を知ることはないだろう。自分だけで飲み食いすることはできない。あなたの霊的背丈は本当に低すぎるのだ。

前へ: 第十二章

次へ: 第十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

正常な霊的生活は人々を正しい道へ導く

あなたがたはまだ神の信者としての道のりのごくわずかしか歩んでおらず、未だに正しい道のりに入っていないため、まだ神の基準にたどり着くまでにはほど遠い。現在のあなたがたの霊的背丈は神の要求を満たすには不十分である。あなたがたの力量と元来人間が持つ堕落した性質により、あなたがたは常に神…

完全にされた人々への約束

神はどのような道をたどって人を完全にするのだろうか。どのような側面を含んでいるだろうか。あなたは神があなたを完全にするのを喜んで受け入れるだろうか。神の裁きや刑罰を喜んで受け入れるだろうか。このような問いについてあなたは何を知っているだろうか。もしあなたがこう言った知識について語…

神の働きのビジョン(3)

神が初めて肉となったのは聖霊による受胎を通じてであり、それは神が行なおうとする働きに関係していた。恵みの時代はイエスの名と共に始まった。イエスが自身の職分を始めたとき、聖霊はイエスの名に対する証しを始め、ヤーウェの名はもはや語られなかった。その代わり、聖霊はおもにイエスの名のもと…

唯一無二の神自身 1

神の権威(1) 過去数回の交わりは、神の働き、神の性質、そして神自身に関するものでした。これらの交わりを聞いて、神の性質についての理解と認識を得たと思いますか。どの程度の理解と認識を得ましたか。それを数え上げることはできますか。これらの交わりによって、神に関するより深い理解を得ら…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索