全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十五章

神の出現はすでにすべての教会で現れている。語るのは霊である。神は燃え盛る火であり、神は威厳を持ち、裁きを行っている。神は人の子であり、足までたれた上着を着、胸に金の帯をしめている。その頭と髪の毛とは、羊毛のように白く、目は燃える炎のようであった。その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、声は大水のとどろきのようであった。その右手に七つの星を持ち、口からは、鋭いもろ刃のつるぎがつき出ており、顔は、強く照り輝く太陽のようであった。

人の子は証しされ、神自身が公に現された。強く照り輝く太陽のように神の栄光が現れた。神の栄光の顔が眩しく輝く。あえてそれに反抗的な目を向けるのは誰か。反抗は死を意味する。どんなことを心に思おうが、どんな言葉を言おうが、どんなことを為そうが、ほんの僅かの憐れみも示されはしない。あなたがたが得たものが何であるかを、あなたがたは皆理解し、見るようになるだろう──それはわたしの裁き以外には何もない。あなたがたがわたしの言葉を飲み食いすることに努力を注がず、むやみに妨害してわたしが建て上げたものを破壊するなら、わたしはそれに我慢できようか。わたしはこのような人間は手加減しない。これ以上深刻な事態になるなら、あなたは炎の中で焼き尽くされるだろう。全能なる神は、頭から足の先まで繋がる肉や血は少しもない霊の体に現れる。神は宇宙と世界を超越し、第三の天にある栄光の玉座に座り、万物を治めている。宇宙のすべてのものはわたしの手の中にある。わたしが語ると、そのようになり、わたしが定めると、それは成る。サタンはわたしの足の下にあり、それは底なしの穴にいる。わたしの声が発されると、天と地は滅び、無に帰す。すべてのものは新たにされ、これは真実以外の何ものでもない不変の真理である。わたしは世に打ち勝ち、すべての悪い者たちに打ち勝った。わたしはここに座り、あなたがたに語っている。耳のある者はみな聞くべきである。生ける者はみな受け入れるべきである。

この日は終わりを迎え、世のすべてのものは無に帰す。そしてすべてのものが新たに生まれる。このことを覚えておきなさい。これを覚えておきなさい。曖昧なことは何もない。天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。再びあなたがたに忠告する。無駄な走り方をしてはならない。目を覚ましなさい。悔い改めなさい。救いはもうすぐそこまで来ている。わたしはすでにあなたがたの間に現れ、わたしは声を上げた。わたしはあなたがたの前で声を上げ、あなたがたと日々顔を合わせ、それは毎日新鮮で新しい。あなたはわたしを見、わたしはあなたを見る。わたしは顔を合わせて常にあなたに話す。それでもあなたはわたしを拒み、わたしを知らない。わたしの羊はわたしの声に聞き従うが、あなたがたはまだ躊躇している。あなたがたは躊躇している。あなたの心は鈍くなり、あなたの目はサタンによって盲目にされて、わたしの栄光の顔を見ることができない──何と哀れなことか。何と哀れなことか。

わたしの玉座の前にある七つの霊は、地の隅々にまでつかわされ、わたしは教会に語るようにわたしの使者をつかわす。わたしは義であり、信実である。わたしは人の心の奥底を調べる神である。聖霊は諸教会に言う。そして、わたしの子の中から流れ出るのはわたしの言葉である。耳のある者はみな聞くべきである。生ける者はみな受け入れるべきである。ただそれを食べ飲みしなさい。そして疑ってはならない。わたしの言葉に従い耳を傾ける者は皆、大いなる祝福を受ける。わたしの顔を誠実に求める者は皆、必ず新たな光と新しい啓示と新しい識見を得るだろう。すべてが新鮮で新しくなるのだ。わたしの言葉はどんな時にもあなたに示され、それらはあなたの霊の目を開き、それによってあなたは霊的領域のすべての奥義を知り、神の国が人間の間にあるのを見るようになる。避難所に入りなさい。そうすれば、すべての恵みと祝福があなたの上に臨み、飢饉や疫病はあなたに触れることができず、狼や蛇、虎や豹もあなたを害することはできない。あなたはわたしと共におり、わたしと一緒に栄光の中へ歩いて行くだろう。

全能神よ。彼の栄光の体が公に出現し、聖なる霊の体が現れる。彼は完全なる神自身である。世と肉は両方とも変えられる。彼の山上の変容は神の姿である。彼は頭に金の冠をかむり、その衣は真っ白で、胸に金の帯をしめる。世界のすべてのものは彼の足台である。目は燃える炎のようで、口からは鋭いもろ刃のつるぎがつき出ており、その右手に七つの星を持っている。神の国への道は限りなく明るい。そして神の栄光が現れ、輝く。山々は喜び、水は笑う。太陽や月、星のすべては、秩序ある配置によって動き、勝利の再来によって六千年の経営(救いの)計画の完成を告げる、唯一の真の神を歓迎する。すべての者たちは喜んで跳び上がり踊る。歓喜せよ。全能なる神は栄光の玉座に座っている。歌え。全能者の勝利の旗は威厳ある壮大なシオンの山の上に高く掲げられている。すべての国々が歓喜の声を上げ、すべての人々が歌っている。シオンの山は喜び笑い、神の栄光が現れた。夢の中でさえ、神の顔を見ることができるとは思わなかったが、私は今日それを見た。日々神と顔を合わせ、私は神に私の心を露わにする。神は食べる物、飲む物をすべて豊かに与える。いのち、言葉、行動、思い、考え──神の栄光がそれらすべてを照らす。神は行くべき道を一歩一歩導き、誰かの心が反抗的であるなら、すぐに神の裁きが下るだろう。

神と共に食べ、共に過ごし、共に暮らし、神と共にいて、共に歩み、共に楽しみ、共に栄光と祝福を得、神と王位を共有し、共に神の国にいる──おお、何という喜びだろう。おお、何と甘美なことか。日々顔を合わせ、毎日語り、常に話し、日々新しい啓示と新たな識見を得る。私たちの霊の目が開かれ、私たちはすべてを見、霊のすべての奥義は私たちに明らかにされる。聖なる生活は実に気楽である。速く走り、止まることなく、ひたすら前へ突き進みなさい。もっと素晴らしい生活が待っている。ただ甘い味に満足していてはならない。常に神の中に入ることを求めなさい。彼はすべてを包み込み、満ち満ちており、私たちに欠けているあらゆる種類のものを持っている。積極的に協力し、神の中に入りなさい。そうすれば、すべては変わるだろう。私たちの生活は超越し、どんな人間も、物事も、私たちを邪魔することはできない。

超越。超越。真の超越。神の超越したいのちは内にあり、すべてのものは実にゆったりとしている。私たちは世界と世俗を超越し、夫や子供たちへの愛着を少しも感じない。私たちは病気や状況の支配を超越する。サタンも私たちを邪魔しようとはしない。すべての災いを完全に超越する──これは神に王位を委ねることである。私たちは足の下にサタンを踏みにじり、教会のために証しに立ち、徹底的にサタンの醜い顔を暴露する。教会を建て上げることはキリストの中にある。栄光の体が現れた──これこそが携挙の中に生きることである。

前へ:第十四章

次へ:第十六章

他のお気に入り

  • 道……(3)

    私自身の生活において、私は常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすれば私の良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これは前提条件である。私は兄弟姉妹が私と共に「神よ、私の心が全てあなたに向かい、私の霊があなたに動かされ…

  • 唯一の神自身 5

    神の聖さ(2) 前回わたしたちはとても重要な主題について交流しました。それは人々が以前によく話し合ったことのある主題で、神を信じる過程でよく出てくる言葉です。けれど、それは人々にとって親しみがあり、かつ馴染みのないように思える言葉です。では、なぜそうなのですか。それは人間の言語から来る言葉ですが、人…

  • 受肉の奥義(1)

    恵みの時代に、ヨハネはイエスのために道を整えた。ヨハネは神自身の働きをすることはできず、ただ人の本分を尽くしただけであった。ヨハネは主の先駆者であったが、神を表すことはできなかった。彼はただ聖霊に用いられた人間であった。イエスのバプテスマに続いて、「聖霊がはとのような姿をとってイエスの上に下り」、そ…

  • キリストと融和する道を探せ

    わたしは人々の間で多くの働きをしてきた。わたしがその間に発した言葉は数多くある。これらの言葉は人間の救済のためで、人間がわたしと融和するようにと発したものである。しかし、わたしと融和する者は、地上ではほんの数名しか得ていない。だから、人間はわたしの言葉を重んじないとわたしは言う。人間はわたしと融和し…