第五十三章

わたしは初めであり、終わりである。わたしは復活した完全なる唯一の真の神である。わたしはあなた方の前でわたしの言葉を語る。そしてあなた方はわたしが言うことを固く信じなければならない。天地は滅び行くが、わたしが言うことの一点、一画としてすたれることはない。これを憶えておきなさい!憶えておきなさい!いったんわたしが語れば、一言も取り消されることはなく、一つひとつの言葉が成就されるのだ。今、その時が来た。あなた方は直ちに現実において成長しなければならない。あまり時間がないのだ。わたしはわたしの子らを神の栄光の国へと導く。そして、あなた方が努力して求め、切望してきたことは実現するであろう。わたしの子らよ。早く立ち上がって、わたしについて来なさい。あなた方がくよくよ考えている暇はもうない。失われた時間は戻って来ない。暗闇の後には光があり、携挙があなた方の目の前に迫っている。あなた方は分かるか。目を開きなさい。早く目を覚ましなさい。交わりの中で、つまらないお喋りをしたり、教会建設のために有益ではないことを話したりすることは今許されない。重要なことは、あなた方の実体験や、どれ程神の前に照らしを受けて、あなた方自身を知ったかを兄弟姉妹に伝えることである。これを施すことができる者は誰でも十分な霊的背丈を持つであろう。今恐れていない人たちもいる。わたしが何を言っても、どれほど心配しても、あなたはまだ恐れることがない。あなたの古い自我は触れられることを許さないので、あなたはただこのまま続けてゆく。誰が滅ぼされるのか見てなさい。あなたは常に世界をつかむことを考え、富を渇望し、自分の息子や娘や夫に強い愛着を感じている。それなら愛着を感じ続けるがよい。わたしの言葉があなた方に告げられなかったということではない。あなた方の好きなように続ければよい。近い将来、あなた方はすべてを理解するだろう。しかし手遅れになり、あなた方を待っているのは裁きだけである。

前へ: 第五十二章

次へ: 第五十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神と人は共に安息に入る

はじめ、神は安息の中にいた。その時、地上には人類も他の何物もなく、神は何も働きをしなかった。人類が存在するようになり、さらに人類が堕落してしまった後、神ははじめて経営(救い)の働きに取りかかった。その時から神はもう安息せず、人類の間で忙しく働き始めた。人類が堕落したため神は安息を…

道……(7)

私たちの実際的な経験において、神自らが何度も私たちのために道を切り開くのを目にしてきた。私たちの足下にある道がさらに強固で現実的になるようにである。それは神がはるか昔より私たちのために切り開いてきた道であり、何万年もの時を経て私たちの世代へと受け継がれてきた道だからである。このよ…

第二十六章

誰がわたしの家に住んだのか。誰がわたしのために立ち上がったのか。誰がわたしのために苦しんだのか。誰がわたしの前で誓ったのか。誰が今までわたしに従い、それでいて無関心にならなかったのか。なぜ人間はみな冷たく無情なのか。なぜ人間はわたしを捨てたのか。なぜ人間はわたしに飽いたのか。なぜ…

神に対するあなたの認識はどのようなものか

人々は長いこと神の存在を信じてきたが、ほとんどの人は「神」という言葉を理解していない。単にぼんやりと後について行くだけである。彼らは一体なぜ神を信じるべきなのか、あるいは一体神とは何かについてまったくわかっていない。人々が神を信じ、従うことだけは知っていても、神が何かを知らなけれ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索