全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第五十一章

おお、全能神よ。アーメン。あなたにあって全ては解かれ、すべてが自由で、すべてが開かれ、すべてが明らかにされ、すべてが明るく、秘密や隠し事はひとつもありません。あなたは肉となった全能神です。あなたは王として君臨されてきました。あなたは公然と現されました。もはや謎ではなく、永遠に完全に現されました。まことにわたしは完全に現された。わたしは公に現れ、義の太陽として現れた。なぜなら、今はもはや明けの明星が出現する時代ではなく、もはや隠す段階ではないからである。わたしの働きは閃く稲妻のようであり、それは驚くべき速さで成就される。今日、わたしの働きはこの段階まで進行した。だから時間を無駄に過ごしたり、怠けたりする者は誰でも容赦ない裁きに遭うだけである。わたしは威厳と裁きであり、もはやあなたがたが想像しているような同情と愛ではないことを、あなたは特にはっきりと理解しなければならない。あなたがまだこの点を明確に理解していないなら、あなたが受けるのは裁きである。なぜなら、あなたが認めなかったものをあなた自身で味わうのであって、そうでなければ、あなたは今なお疑いを持ち、自分の信仰が確固たるものとはならないだろう。

あなたがたは、わたしがあなたがたに託したことを、献身的に完了することができるのか。わたしは、何かに着手することは知恵を要すると言った。しかし、あなたがたはわたしの忠告を繰り返しよく調べて、さらに考慮して行った物事がどれくらいあるか。たとえあなたがわたしの忠告の一言を理解して、それを聞いたときは結構だと思っていても、後になると、あなたはそれを気にも留めない。それを聞くときは、あなたはそれを自分の本当の状態に当てはめて、自分自身を蔑む。しかしその後、あなたはそれを些細なことだと思うのだ[a]。今日、それはあなたのいのちが成長できるかどうかの問題であり、あなたが外側に見せる顔の問題ではない。あなたがたは一人として覚悟を持っておらず、なかなか決意を持とうとせず、代価を払うことを望まない。あなたがたは地上のはかない快楽を捨てたくないが、天からの祝福を失うことも恐れている。いったいこれはどういう人間なのか。これは愚か者である。あなたがたは、不当な扱いを受けていると感じるべきではない──わたしが言ったことは事実ではないか。それはあなた自身が思ったことを指摘しているのではないか。あなたは何の人間性も持っていない。あなたには普通の人間の素質さえない。そして、これが現状であるのに、あなたは自分がどんなに貧弱であるのかまだ分からない。あなたは一日中怠けて、呑気にして、自己満足している。あなたは自分自身の不足がどれほど大きいか、また何があなたに欠けているのか知らない。なんと愚かなことか。

わたしの働きがすでにこのような時点に達したことが分からないのか。わたしの旨はすべてあなたがたの中にあるのだ。いつになったらあなたがたはそれを把握することができるのか。いつになったらそれに多少の配慮を示すのか。怠け者よ。あなたは代価を払う意欲がなく、困難な仕事をする意欲がなく、時間を費やす意欲がなく、努力する意欲がない。わたしはあなたに告げる。苦難を受けることを恐れれば恐れるほど、あなたのいのちが受ける恩恵は少なくなり、あなたのいのちが成長するにつれてあなたが直面する妨げが増し、いのちの発展の可能性は少なくなる。わたしはもう一度あなたに思い起こさせよう(わたしは再び言いはしまい)。自分のいのちに責任を持たない者には誰でも、わたしは関心を示さず、わたしはその者を見捨てるだろう。わたしはすでにこれを実施し始めたのだ。あなたにはまだこれがはっきり見えないのか。これはビジネスの取引でも商売でもなく、いのちである。それがはっきり分かっただろうか。

脚注

a.原文では「そのとき、それは些細なことだ」となっている。

前へ:第五十章

次へ:第五十二章

他のお気に入り

  • 唯一の神自身 6

    神の聖さ(3) 前回の交わりの主題は神の聖さでした。神の聖さは神自身のどの側面に関連しますか。神の本質に関連するものですか。(はい。)それではこの交わりにおいて神の本質に関連する主題は何ですか。神の聖さですか。神の聖さは、神独特の本質です。前回に分かち合った主題は何でしたか。(サタンの邪悪さを識別…

  • 信者はどんな見解を持つべきか

    人が初めて神を信じてから、受け取った物は何だろうか。あなたは神について何を知っただろうか。神を信じて、あなたはどれほど変わっただろうか。今、あなたがたは皆、人が神を信ずることは、ただ単に魂の救いや、肉の幸福のためでもなく、神の愛を通してその人の人生が豊かになることなどでもないと分かっている。そのよう…

  • 神を知る者だけが神に証しを立てることができる

    神を信じ、神を知ることは、天の法則であり地上の原則である。そして、今日、つまり受肉した神がその働きを自ら行なっている時代は、神を知るのに特に良い時である。神を満足させることは、神の心についての理解という基盤の上に築くことにより達成されるものである。そして、神の心を理解するためには、神についての何ら…

  • 堕落した人間は神を体現することができない

    人はサタンの影響から解き放たれることはなく、鎖につながれ暗闇の中で生きて来た。サタンに大きく影響を受けてから、人の性質はますます堕落してしまった。すなわち、人は絶えず堕落したサタンの性質を持ち、真に神を愛することもできず生きている。今後、人が神を愛したいと願うなら、独善、自尊心、高慢、うぬぼれ、そし…