全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第五十章

すべての教会、すべての聖徒は未来に目を向けるのと同時に、過去も振り返って考えるべきである。例えば、あなた方の過去の行動のうち、適格とみなされるものはいくつあるだろうか。過去の行動のうち、神の国の建設において役割を果たしたものはいくつあっただろうか。自信過剰になってはいけない。あなたは自己の欠点をはっきり認識し、自分自身の状態を理解するべきである。あなた方のうち、進んで努力をし、そのために時間を費やす人など誰もいないことはわかっている。だからあなた方は何も達成することはできない。あなた方は飲んだり食べたり、遊んだりして、すべての時間を無駄に費やしている。あなた方は数人集まると遊び回り、生活上の霊的問題を分かち合ったり、お互いにいのちを提供し合ったりすることにはまったく注意を払わない。あなた方が話す時、笑ったり、冗談を言ったりするのを見るのは耐え難い。それなのに、あなた方は本当にばかげている。わたしは何回も言ったのに、あなた方はわたしの言う意味がわかっていない――これはあまりにも明らかなことで、まさにあなた方の鼻先にぶらさがっているようではないか。このようなことは以前にも言ったことがあるのに、あなた方はまだ納得せず、わたしの言うことを認めず、それどころか、わたしがあなた方を誤解しており、わたしの言うことは本当ではないと考えている。その通りであろう。

あなたがわたしをおざなりに取り扱うなら、わたしはあなたを脇へ置く。あなたは再び投げやりになるだけだ。再び無分別で不注意にしているだけだ。わたしの言葉は肉切りナイフのようなものである。わたしの意図に適合しないものは何であれ、このナイフで切り取られるだろう。そしてあなたは自尊心を過度に思い遣る必要はない。わたしはあなたが形になり、わたしの意志に従うことができるように、あなたを刻んで形作る。わたしの心を誤解してはいけない。受け入れることのできる唯一の方法は、あなたができるだけわたしの心を思いやることである。あなたがほんのわずかでも思いやりを示せば、わたしはあなたに背を向けたりはしない。いつも軽率にそのことを無視してはいけない。受け入れることのできる唯一の方法は、わたしの意志がいつもあなたに対して実行されるようにすることである。

多数の聖徒はみな異なる立場に位置しているので、もちろんあなた方はみな、異なる機能を持っている。しかし、あなた方はわたしのために誠実に全力を尽くして労すべきであり、あなた方の本分はできるかぎりのことをすることである。あなた方はこの点に忠誠を示し、快く厭わずに取り組むべきであり、及び腰になってはならない。そうでなければ、わたしの審判が下り、あなた方の肉体、霊と魂はそれに耐えることができず、涙し、歯ぎしりすることになるだろう。

前へ:第四十九章

次へ:第五十一章

他のお気に入り

  • キリストの本質は父なる神の心への従順

    受肉した神をキリストと呼ぶ。キリストは神の霊が肉をまとった姿である。この肉はいかなる肉ある人間とも異なる。キリストは肉と血でできているのではなく、神の霊が受肉したものだからである。キリストは普通の人間性と完全なる神性の両方を持っている。キリストの神性はいかなる人も持っていないものである。キリストの普…

  • 救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た

    数千年もの間、人は救い主の到来に立ち会えることを熱望してきた。何千年もイエスを切望し、渇望してきた人々のもとにイエスが白い雲に乗って直接降りてくるのを見ることを望んできた。救い主が戻って来て人々と再会すること、すなわち、救い主イエスが何千年もの間離れていた人々のもとに戻ってくることを望んできた。そし…

  • 信者はどんな見解を持つべきか

    人が初めて神を信じてから、受け取った物は何だろうか。あなたは神について何を知っただろうか。神を信じて、あなたはどれほど変わっただろうか。今、あなたがたは皆、人が神を信ずることは、ただ単に魂の救いや、肉の幸福のためでもなく、神の愛を通してその人の人生が豊かになることなどでもないと分かっている。そのよう…

  • すべてが神の言葉によって達成される

    神は主に自身の言葉を話すために地上に来た。あなたが関りをもつのは神の言葉である。あなたが知るのは神の言葉である。あなたが聞くのは神の言葉である。あなたが従うのは神の言葉である。あなたが経験するのは神の言葉である。そしてこの肉となった神は、人を完全にするのに、主として言葉を用いる。