全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第八十一章

ああ、この邪悪で淫らな古い時代よ。わたしはあなたを呑み込もう。シオンの山よ。わたしを称えるために起き上がりなさい。わたしの経営(救いの)計画の完成のために、わたしの偉大な働きを成功裏に完了するために、立ち上がって歓呼しないのは誰か。立ち上がって、止むことなく喜んで跳び上がらない者は誰か。彼らはわたしの手によって死ぬだろう。わたしは、少しの憐みも慈愛もなく、また感情も表さずに、すべての者の上に義を行う。すべての人々よ。立ち上がってわたしを讃美し、わたしに栄光を与えよ。すべての終わりなき栄光は、とこしえからとこしえまでも、わたし故に存在し、わたしによって確立された。自分のために栄光を得ようとするのは誰か。わたしの栄光を物のように扱う者は誰か。彼らはわたしの手によって殺されるだろう。ああ、残酷な人間たちよ。わたしがあなた方を創造し、あなた方のために施し、また今日まであなた方を導いてきたのに、あなた方はわたしのことを少しも知っておらず、わたしを全く愛していない。どうしてあなた方に再び憐みを示すことができようか。どうしてあなた方を救うことができようか。わたしはあなた方をわたしの憤りによってしか扱うことができいない。わたしは、滅びによってあなた方に報い、永遠の懲罰によってあなた方に報いる。これこそが義であり、こうするしか道はない。

わたしの国は堅固で不動である。それは決して崩壊することなく、永遠までも存在する。わたしの子らとわたしの長子たちとわたしの民は、わたしと共に永遠に祝福を楽しむ。霊的なことを理解せず、聖霊から啓示を受けない者は、わたしの国から遅かれ早かれ切り離される。彼らは自らの意志で去るのではなく、わたしの鉄の鞭の支配とわたしの威厳によって無理やり追い出され、さらには、わたしの足によって蹴り出されるだろう。以前、しばらくの間(生まれて以来)悪霊に憑かれていた者はみな、今露わにされる。わたしはあなたを放り出す。あなたはわたしが言ったことをまだ覚えているか。わたし─聖なる汚れなき神─は、汚く穢れた神殿には住まない。悪霊に憑かれた者たちは自分で知っているので、わたしがはっきり説明する必要はない。わたしはあなたを予め定めなかった。あなたは古いサタンであるが、あなたはわたしの国に侵入しようとするのだ。絶対だめだ。わたしはあなたに告げる。今日あなたにそれをまったくはっきりさせよう。わたしが人類創造の時に選んだ者たちには、わたしは、わたしの資質とわたしの性質を染み込ませた。それゆえ、今日彼らはわたしだけに忠実であり、教会のために重荷を負うことができ、彼らは喜んでわたしのために自分自身を費やし、その全存在をわたしに捧げる。わたしが選んでいない者たちは、それゆえ、ある程度サタンによって堕落させられており、わたしの資質もわたしの性質もまったく持っていない。あなた方は、わたしの言葉は矛盾していると思っているが、「あなた方はわたしによって予め定められ選ばれているが、あなた方は自分の行動の結果を負うのだ」という言葉はすべてサタンを指している。ここでわたしは一つの点について説明する。今日、立ち上がって、教会の権威を担うことができる者は、教会を牧会し、わたしの重荷に配慮し、特別な機能を持っている─これらの者のひとりとしてキリストに奉仕した者はいない。皆わたしが予定し選んだ者たちなのだ。わたしは、あなた方が心配し過ぎず、あなたのいのちの成長を遅らせないように、これをあなた方に告げる。何人の者が長子の地位を勝ち取ることができるだろうか。これは卒業証書を取得するのと同じくらい簡単なことだろうか。あり得ない。もしわたしがあなた方を完全にするのでなかったら、あなた方はずっと前にサタンによってある程度まで堕落させられていたことだろう。これは、わたしはわたしに忠実な者を常に世話して守り、彼らが害を受けたり苦しんだりしないようにするであろう、とわたしが繰り返し強調してきた理由なのだ。わたしが予め定めていない者たちは悪霊に憑かれている者、無感覚で鈍く、霊的に滞っており、教会を牧会できない者(熱意は持っているが、ビジョンに関しては、不明瞭である者を意味する)である。彼らはわたしの目の前から速やかに取り除かれなければならない。わたしがあなたを見て嫌気をさして怒らないよう、なるべく早くそうした方が良い。あなたが早く去るなら、少しの刑罰を受けるだけで済むだろうが、長くかかるほど刑罰はより厳しくなるであろう。分かったか。恥知らずになってはならない。あなたは自堕落で抑制がなく、いい加減で不注意で、自分がどんなクズであるかをまったく知らない。あなたは盲目である。

わたしの国で権力を持つ者たちは皆わたしが慎重に選んで、繰り返し試験を受けた。誰も彼らを打ち負かすことはできない。わたしは彼らに力を与えたので、決して倒れたり迷ったりはしない。彼らはわたしの承認を得た。この日以来、偽善者たちは真相を現すであろう。そして、彼らは、あらゆる種類の恥ずべきことをすることができるが、最終的には、サタンを懲らしめ、燃え尽くすわたしの手から逃れることはない。わたしの神殿は聖なるもの、けがれのないものとなる。それはすべてわたしの証しであり、わたしの現れであり、わたしの名の栄光である。それはわたしの永遠の住まいであり、わたしの永遠の愛の対象である。わたしはしばしば愛の手でそれを愛撫し、愛の言葉でそれを慰め、愛の目でそれを気遣い、愛の胸にそれを抱きしめるので、それは悪い者たちの罠に陥ることも、サタンによって欺かれることもない。今日、わたしのために奉仕するが救われていない者たちは、わたしによって用いられ、それが用いられる最後の時となるだろう。どうしてわたしは急いでこれらのものをわたしの国から追い出すのだろうか。なぜわたしは彼らをわたしの目の前から追い出さなければならないのか。わたしは彼らをわたしの骨の髄まで憎む。なぜわたしは彼らを救わないのか。なぜわたしは彼らを忌み嫌うのか。なぜわたしは彼らを打ち殺さなければならないのか。なぜわたしは彼らを滅ぼさなければならないのか。(その灰も含め、彼らの片鱗さえも、わたしの目の前に残ることはできいない)それはなぜか。赤い大きな竜、古い蛇、そして古いサタンは、わたしの国でさえたかろうとしている。よく考えなさい。それらはすべて無に帰し、灰となるだろう。

わたしはこの時代を滅ぼし、それをわたしの国に変え、とこしえまでも、わたしが愛する人々と共に生きて楽しむ。それらのけがれた者たちは、自分がわたしの国にとどまることができると思ってはならない。あなたは濁った水の中で魚が捕れると思っているのか。よく考えてみなさい。あなたは、あらゆることがわたしの目によって調べられていることを知らない。あなたは、すべてがわたしの手によって定められていることを知らない。自分は高く評価されているなどと思ってはならない。あなた方の一人ひとりは、自分に適切な位置につかなければならない。謙っている振りをしてはならない(祝福されている者たちを指す)。あるいは、震えて恐れている振りをしてはならない(災いに苦しんでいる者たちを指す)。今、誰もが自ら心の中で知るべきである。わたしがあなたの名前を呼ばなくても、わたしは個々の人にわたしの言葉を向けたので、あなたはなおも確信すべきである。あなた方がわたしに選ばれた者かどうかにかかわらず、わたしの言葉は、あなた方の現在の状態のすべてに向けられている。つまり、もしあなた方がわたしに選ばれた者たちの中に含まれるなら、わたしはあなたの表明に基づいて、わたしが選んだ者の状態を述べる。わたしに選ばれていない者についても、わたしは彼らの状態に応じて話す。したがって、わたしの言葉は要点をついて話された。それぞれの人間がそれをよく感じ取るべきである。自分を欺いてはならない。恐れてはならない。その人々の数は限られており、ごく僅かなので、欺瞞はうまくいかない。選ばれているとわたしが言う者は、誰であれ選ばれており、あなたがいかにうまくその振りをしていても、わたしの資質がなければ、あなたは失敗するだろう。わたしは自分の言葉を守るので、わたしは自分の計画をいい加減に混乱させたりはしない。わたしは自分がやりたいことは何でもする。なぜなら、わたしが為すことはすべて正しく、わたしは至高の存在であり、唯一無二の存在だからである。あなたはこれについて、はっきりしているか。あなたは理解しているのか。

さて、わたしの言葉を読んだ後、悪を行い、曲がっており、欺瞞に満ちた者たちもまた、尽力して前進することを求める。求めることにおける彼らの努力は主観的である。彼らはわたしの国に忍び込むために、ただ小さな代価だけを払うつもりである。よく考えてみなさい。(わたしは彼らに悔い改める機会を与えなかったので、これらの人々には希望がない)わたしはわたしの国の門を守る。あなたは、人々が自分の思い通りにわたしの国に入ることができると思うのか。あなたは、わたしの国がどんながらくたでも受け入れると思うのか。わたしの国が価値の無いどんなゴミでも受け取ると思うのか。あなたは間違っている。今日、神の国にいる者たちは、わたしと共に王としての力を持っている人たちである。わたしは彼らを慎重に育てた。これは、ただ欲することだけで達成できることではない―あなたはわたしによって承認されなければならないのだ。そして、これは誰とでも議論できることではなく、わたし自身が采配することである。わたしが言うことは何でも通るのだ。わたしの奥義は、わたしが愛する者たちに明らかにされる。悪を行う者、すなわち、わたしが選択しなかった者には、それを受ける資格はない。たとえ彼らがそれらを聞いても、彼らは理解しないだろう。なぜなら、サタンは彼らの目を覆い、彼らの心を虜にし、彼らの全存在を滅ぼしたからである。なぜ、わたしの行動は驚くべきもので、知恵があり、わたしはあらゆるものを動員してわたしに奉仕させるということが言われているのか。わたしは、わたしによって予め定められておらず、選ばれていない者たちを、サタンに引き渡して、サタンが彼らを罰し、堕落させるようにする。わたしは何の行動も起こさない。わたしにはこのような知恵がある。誰がこのようなことを思いつくだろうか。まったく何の努力もなく、わたしの偉大な働きは成し遂げられたではないか。

前へ:第八十章

次へ:第八十二章

他のお気に入り