全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第八十二章

すべての者は、わたしの言葉を聞くと恐れ慄く。すべての者が恐怖に満たされる。あなたは何を恐れているのだろうか。わたしはあなた方を殺すつもりはない。それは、あなた方が罪悪感を持っており、発見されるのを恐れているからである。あなたがわたしの背後でやることは、とても軽薄で無意味である。これによってわたしはあなたをほんとうに憎むようになったので、わたしは、わたしが予め定めて選ばなかった者たちを、底なしの穴に投げ入れて粉々に砕くことを熱心に望む。しかし、わたしにはわたしの計画があり、わたしの目標があるのだ。わたしは、わたしへのあなたの奉仕が終わるまであなたを追い出さず、今のところは、あなたのいのちを残しておこう。わたしはこのような生き物を見たくはない。それらはわたしの名に対する恥辱である。あなたはこれを知っているだろうか。あなたは理解しているだろうか。価値の無い卑劣な者よ。これをはっきりと理解しなさい。あなたが用いられるときは、わたしがそうするのであり、あなたが用いられないときもまた、わたしの故である。すべてがわたしによって指揮され、わたしの手の中では、すべてが従順で秩序立っている。間違った順序で動く者は誰であれ、わたしの手によって直ちに打ちのめされるであろう。わたしはしばしば「打ちのめす」と言うが、あなたは、わたしが自分の手で本当にそうすると思うのか。わたしはそうする必要はない。わたしの行動は、人類が想像するようにぎこちなくはない。わたしの言葉によってすべてが確立され、完成されると言われているが、それはどういう意味であるのか。わたしが指一本上げることなく、すべてが完了する。あなたは、わたしの言葉の真の意味を理解しているだろうか。

わたしは、わたしのために奉仕する者を一人として救わない。彼らがわたしの国に与ることは一切ない。なぜなら、これらの人々は、わたしの旨を実行することよりも、外部のことにだけいそしんでいるからである。わたしは今彼らを用いているが、実際には彼らは、わたしが最も憎む人々、最も忌み嫌う人々である。今日、わたしは、わたしの旨を実行できる者、わたしの重荷に配慮を示すことができる者、真心と誠意をもってわたしのためにすべてを捧げることができる者は誰であれ愛し、わたしは常に彼らを啓き、わたしのもとから去らせない。わたしはしばしば「心からわたしに尽くす者よ、わたしは必ずあなたを大いに祝福するであろう」と言う。「祝福する」とは何を指すのだろうか。あなたは知っているだろうか。現在の聖霊の働きに関して言えば、それはわたしがあなたに与える重荷を示している。教会のために重荷を負うことができ、心からわたしのために自分自身を捧げる者のすべて、また彼らの重荷と真心は、わたしからの祝福である。それに、彼らへのわたしの啓示もわたしからの祝福である。それは、今重荷を感じていない者たちは、わたしによって予め定められ、選ばれていないからである。わたしの呪いはすでに彼らの上に来ている。つまり、わたしが予め定め、選んだ者たちは、わたしが言ったことの肯定的側面を分かち合っており、一方、わたしが予め定め、選んでいない者たちは、わたしが言ったことの否定的な側面だけを分かち合っているのだ。わたしの言葉が話されれば話されるほど、それらはさらに理解される。わたしの言葉が話されれば話されるほど、それらはより明確になる。わたしが予め定めなかった、曲がった偽り者の一人ひとりは、世界の創造以前にわたしによって呪われたのだ。あなた方が生まれた年、月、日、時、分、秒さえも、すべてがわたしによって適切に計画されていた、と言われているのは何故なのか。わたしは誰が長子の地位を得るのかをもう長い間前もって定めている。彼らには常にわたしの視線が注がれている。彼らは随分前からわたしによって貴いものと見なされ、長い間わたしの心の中を占めてきた。わたしが話す一つひとつの言葉には重みがあり、わたしの思いが込められている。人は重要ではない。長子の地位を持つ、わたしが愛する少数の者を除けば、わたしの旨に考慮を示す者がどれほど少ないことか。わたしの子らの価値はどれほどなのか。わたしの民の価値はどれほどなのか。過去には、「わたしの子ら」という言葉は、わたしの長子たちのための名称だった。しかし、恥を知らないわたしの子らやわたしの民である者たちは、それが彼らを呼ぶための敬称だと思っていた。恥知らずにも、わたしの長子の役を演じてはならない。あなたはそれにふさわしいのか。今日確認されたのは、わたしの前で重要な位置に置かれた者だけである。彼らは長子の地位を得た。彼らはすでにわたしの玉座、わたしの王冠、わたしの栄光とわたしの国に与っている。すべてのことがわたしによって入念に采配されている。今日、長子の地位を受ける者は皆、生まれて以来自分の家族や、将来の見通し、仕事、結婚などにおいて直面する、大きな苦痛、迫害、逆境を通ってきた。これらの長子たちは何の代価も払わずに、その地位を得たのではない。彼らはすでに人生のあらゆる側面を経てきた。良いこと、悪いこと、その中間。以前世の人々によって高く評価され、家で快適に暮らしていたすべての者たちは、長子に与ることはない。彼らは長子となるに値しない。彼らはわたしの名に恥をもたらすので、わたしは絶対に彼らを欲しない。わたしが選んだわたしの子らとわたしの民もまた、世で良い名声を持っているが、わたしの長子たちには程遠い。わたしは今、幾人かの人々を用いているが、そのうち多くの者は、わたしの民となる資格さえなく、永遠の滅びの対象である。彼らは、長期間の使用ではなく、一時的にわたしに奉仕するために用いられているだけである。長期的に用いられる者はすでにわたしの心の中で決定されている。すなわち、わたしが重要な地位に置いた者はわたしが愛する人たちであり、わたしはずっと前から彼らを使い始めたのである。つまり、彼らの役割は既に設定されている。わたしが忌み嫌う者たちについては、現段階では、彼らは一時的に使用されているだけである。外国人たちが来るとき、長子たちはあなたがたにはっきりと現れるであろう。

今日わたしは、あなた方が急速に成長し、わたしの重荷を考慮することを要求しているが、この重荷はそれほど多くはない。わたしは、あなた方の能力の範囲内のことだけをやらせよう。わたしはあなた方の霊的背丈を知っており、あなた方がどのような役割を果たすことができるのかを知っている。わたしはこのすべてを知っており、これらのことを理解している。わたしは、子らが進んで自らを捨て、わたしが愛するものを本当に愛し、わたしが憎むことを憎み、わたしがすることを為し、わたしが言うことを話すことをただ願っている。空間、地理、時間、またはどんな人間によっても支配されてはならない。わたしは、どこにいてもあなた方の霊が自由であり、あなた方一人ひとりが長子の位置に立つことができることを願っている。今日自らの全存在をわたしに捧げるのは誰か。誰がわたしのために忠実に尽くすのか。昼夜わたしのために目を覚ましているのは誰か。わたしのために誰がわたしの家事を営むのか。わたしのために、わたしの肩の重荷を軽減するのは誰か。彼らはわたしの子ではないのか。わたしがすることはすべて、わたしの子らを完全にするためであり、それはわたしの、子らへの奉仕である。分かるだろうか。すべてはわたしの長子たちのためであり、わたしは間違いを犯さない。わたしが人々を見誤ると思ってはならない。わたしがあなたを見下していると思ってはならない。わたしが大きな賜物を十分に活用していないと思ってはならない。わたしがあなたを予め定めていないことは間違っていると思ってはならない。むしろ、それはあなたにはもったいないものないのだ。分かるだろうか。今わたしは、あなた方のためにいくつかの事を確認しよう。頻繁にわたしの怒りを引き起こす者、頻繁にわたしの批判や取り扱いの標的である者は誰でも、間違いなくわたしの憎しみの標的である。彼らは必ず死ぬだろう。それは石に刻まれている。わたしはもはやわたしの長子を取り扱わないと言った。それは、これらの人々はすでにわたしの厳しい試験を受けており、わたしの承認を得ているからだ。わたしの厳しい表情を見る者は誰でも危険に直面するだろう。あなたは怖くないのか。わたしの言葉がわたしの口から出るやいなや、多くの人々が死ぬであろう。しかし、ある者たちはまだ肉体を維持するだろうが、それは、彼らの霊が死んでいるということである。最も明瞭な徴候は、彼らが聖霊の働きを持っておらず、彼らを留めるものは何もないということである。(彼らは既にサタンによってあるところまで堕落させられている。)彼らの肉体が消されるときがいつであれ、それは、わたしの適切な計画によって、わたしが指定した時に起こる。彼らの霊的死は、わたしにとってあまり大きな奉仕にならない。わたしは彼らの肉を用いて、わたしの業の不思議を示そう。このことから、人々は確信し、絶え間なく賛美し、わたしを敬わない者はなく、わたしを恐れない者はひとりもいないだろう。わたしはどんな細部でも軽々しく扱わない。すべての者がわたしの故に生き、あるいは死に、わたしのために奉仕を行うまでは、誰ひとり去ることはできない。サタンでさえわたしのために奉仕するまでは、底なしの穴に退くことはできない。わたしの足どりは、すべて安定しており、安全であり、固い地についている。わたしが取る足どりはすべて、ほんの僅かの浅はかさもない。

わたしと肩を並べようなどと思うのは誰か。敢えてわたしに逆らおうとするのは誰か。わたしは直ちにそのようなあなたを打ち倒す。わたしは痕跡すら残さず、あなたの肉は消滅するだろう。これは絶対である。わたしが言うやいなや、わたしはすぐにそれを行動に移し、あと戻りすることはない。世界は日ごとに崩れ落ちている。人類は毎日滅びている。わたしの国は日々形成されている。わたしの長子たちは日に日に成長している。わたしの憤りは日ごとに増している。わたしの懲罰は日増しに激しくなっており、わたしの言葉は日ごとに厳しさを増している。あなた方はまだ、あなた方についてのわたしの言葉が優しくなり、わたしの口調が明るくなるのを待っている。あり得ない。それはわたしが誰を取り扱っているかに拠る。わたしが愛する者に対しては、わたしの口調は優しく、常に慰めである。あなた方に対しては、ただ厳しく、裁くようであり、その上にさらに、懲罰と怒りを付け加える。知らないうちに、世界各国の状況は緊張を増しており、日々崩壊し、毎日混乱に陥っている。各国の首脳はみな最終的に権力を得ることを願っている。彼らは予期していないが、わたしの懲罰はすでに彼らの上に来ている。彼らはわたしの権力を奪おうとするが、彼らは夢を見ているだけである。国連のリーダーさえ、わたしから赦しをこわなければならない。彼が犯した悪行は数多い。今が懲罰の時である。わたしはそう簡単には彼を容赦しない。すべての権力者たちは彼らの冠を外さなければならない。わたしのみが、すべてのものを支配するにふさわしい。すべてがわたしにかかっている。僅かの外国人は言うまでもなく、すべての者がわたしに依存している。わたしはわたしを詮索する者たちを直ちに打ち倒す。なぜなら、わたしの働きがすでにここまで来たからだ。日々新しい啓示があり、毎日新しい光がある。すべてが日増しに完成している。サタンの最後の日は徐々に近付き、今までになく明らかになりつつある。

前へ:第八十一章

次へ:第八十三章

他のお気に入り