全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の国の福音に関する代表的な質問と解答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

質問13.皆さんが信じるのは神ですが、私はマルクスとレーニン、しかしさまざまな宗教の研究もしています。長年の研究で、ある問題を見つけました。どの宗教でも神を信じています。しかし誰一人として、神を見たことはありません。信仰は感覚的なものなんです。そこから、私は次のような結論に達しました。宗教信仰は、想像上のものに過ぎません。単なる迷信であって、科学的根拠がないんです。現代社会は、科学が高度に発展した社会です。常に科学を物差しにしないと、間違いが起こります。中国共産党員は、マルクス・レーニン主義を信じ、神がいるとは信じません。革命歌を知っていますね?救い主などなく、神も王も頼れず、幸福のため我らが頼れるのは自分だけ。歌詞にはっきり歌われています。「救世主が存在したことはない」と。過去に、人類が神を信じて、儀式を行ったのは、当時の人間が太陽、月や星、風雨や雷鳴、稲妻などの自然現象に遭遇した時、科学的に説明できなかったからです。だからこそ、超常的な力に対して恐怖と畏敬の念を抱きました。そこから宗教概念が芽生えたんです。そしてまた、人間は自然災害や病気などの困難を解決できなかった時、神を礼拝することで精神的ななぐさめを得ようとしました。こうして宗教が誕生したんです。明らかに、理性的でも科学的でもありません。現在は、人類も科学も、進歩しました。航空宇宙工学やバイオテクノロジー、遺伝工学・医学など各分野で、人類は目覚ましく進歩しました。昔は理解が及ばず、解決策がなかった問題も、今では、すべて科学によって説明がつき、科学で解決できるようになりました。科学技術が発達した現代に、まだ神を信じるなど、愚かで無知なことではないでしょうか。それでは時代に取り残されるでしょう。科学を信じることだけが、現実的です。

解答: 宗教を信仰するのは、科学知識がない人だと言うんですね。宗教は超常的な力への恐怖から来たものであり、迷信に過ぎないと、それは間違っています。事実無根です。教授がおっしゃる古い迷信と信仰は全くの別ものです。共産主義者は迷信批判を装い、宗教の信仰を禁じようとします。それは理不尽です。世界宗教の中でも、ユダヤ教や、カトリック・プロテスタント・東方正教会は、神様と主イエスを信仰しています。これだけが真の宗教信仰と呼べるものです。今から3千年前、律法の時代の神様の働きでユダヤ教ができました。イスラエルの民は、神様の声を聞き、神様の名を知って、ヤーウェ神に祈るようになりました。ヤーウェ神が定めた律法と戒めを遵守し、みなヤーウェ神を崇拝したんです。ですからユダヤ教が律法の時代の神様の働きによって誕生したのだと分かります。恵みの時代が来ると、神様は主イエスとして受肉し、働きを始められ、人の罪を贖うため磔になりました。主イエスの信者は増え続け、主イエスの教会が生まれました。そして数百年のうちに、カトリック・プロテスタント・東方正教会へと発展したんです。今やこれらは世界最大の宗教、それもすべて主イエスの贖罪の働きがあればこそです。全能神は終わりの日に真理を示して裁きを行い、様々な宗派の信者を救われました。本物の信者は神様の声を聞き、玉座に忠誠を誓いました。それが全能神教会の成り立ちです。この事実だけで十分です。宗教信仰は、神様の出現と働きから誕生したんです。神様の出現と働きは無数の信者が証言しています。どんな力を使おうとも、神様の教会や選ばれし民は倒せません。これは事実です。神様は、人類の誕生以来、今日まで人を導き、人を贖い、救う働きをなさっています。神様の働きにより、人類全体が進歩するんです。誰もこの事実を否定できません。宗教研究がご専門なら、それはお分かりのはずです。なぜ歴史的事実を歪めるんですか。宗教信仰が、無知で遅れた人々のものだなんて、それこそ、荒唐無稽じゃないですか。

 長年宗教研究をなさっても、迷信と宗教信仰の違いも分からないとは、宗教を理解しておられません。キリスト教徒は増え続けています。今では世界人口の3分の1以上、偉大な科学者の多くもキリスト教徒でした。ニュートンや、ガリレオ、コペルニクス、彼らも迷信深かったんですか?科学を信じなかったと? 科学は物質世界の研究で成果を挙げられます。でも霊の世界の探求には、何の力もないんです。信仰は科学ではなく、神様の御言葉と働きに基づいています。聖書は神様の働きの証し、人類がそれを経験したことの記録です。聖書の預言者たちは何千年も前に、終わりの日に何が起こるのか、預言しています。そのすべてが実現してきました。神様の出現と働きが本当であるという証拠です。神様こそが人類を支配し、宇宙を支配するんです。誰もこの事実を否定することはできません。

 神様は姿が見えないから、存在しないとおっしゃるなら、紙銭を焼いて先祖の位牌を拝む時、死者の霊魂が見えますか?厄払いや占いを受ける時、死者の国が見えますか?見えないのなら、なぜ先祖を拝んだり占いをしたりするんですか?神様など存在しないとおっしゃって、無神論を説いておられますが、その実、偽の神や霊を拝んでいます。それこそ、嘘をついて人々を騙すことではありませんか?真の神様の御言葉と働きこそ真理で、人類に光と救いをもたらすことはお分かりのはずです。それなのに頑なに否定して抵抗なさり、無神論を掲げて真の神への信仰に反対し、宗教信仰を抑圧し、キリスト教徒を迫害なさる。一体、これはどういうことですか?神様は霊です。人には霊体は見えませんが、神様が話される御言葉を聞き、働きを見ることはできます。これは絶対的な事実です。数千年来、神様は御言葉を用いて、人を導き、人を救い、その運命を支配してきました。多くの御業もなされています。それを経験した人々の知識が元となり、多くのことわざが生まれたんです。例えば、「天の意思を信ぜよ」、「計画は人にあり、決裁は神にあり」、「人事を尽くして天命を待つ」、「天が道を与える」、「人智は天意にしかず」、「人の運命は天が決する」、これらが示すのは、偉大な支配者が人間の世界を司っていること、人類を率い、祝福し、育んでいることです。こんなことわざも聞かれます。「頭を挙ぐれば三尺に神明あり」、「人は行動し、天は見守る」、「善は善に報い、悪は悪に報いる」、これらが示すとおり、神様は創造主であり、これまでずっと万物を支配し、見守ってこられたんです。人々の行いに応じて天罰が下り、運命が決まります。

 神様は誰にも見えないから、存在しないなんて、それは間違っています。神様の出現と働きは求めましたか?聖書と『言葉は肉において現れる』を読みましたか?聖書にこうあります。「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。」(ヨハネによる福音書 1:1)人が神様の霊を見たことはなくても、神様の声を聞くことはできます、神様の御言葉を読むこともできます、神様の行いを経験できます。神様の働きは3段階です。イスラエルでは、律法の時代の働きとして、民に神様の律法と戒めを発布しました。恵みの時代には受肉して贖罪の働きを行い、主イエスを信じた人々を赦されました。人は神様のもとで生き、平安と幸福を享受しました。神の国の時代には裁きのために再臨して真理を示され、人を清め救われます。神様がなした御業を、人々は知っているはずです。神様が存在しないなどと、なぜ言えるんでしょう?目に見えるから信じるのではありません、信仰の根拠は神様の働きです。受肉した神様は多くのことを語られました。神様の御言葉は人の言葉とは、全く違うものです。神様の御言葉には権威と力があります。そして常に実現します。働きの各段階で多くの人々が救われています。そして神様の存在とその性質を知ります。だから次々と神様を信じるようになる。どうして、この現実が見えないんですか?全能神の御言葉を紹介させてください。全能神の御言葉を聞けば、神様が万物を創造し支配していることを、理解できるはずです。

 全能神は言われます。「広大な宇宙に、どれほどの生ける物が、一つの不変の規則にしたがって生き、いのちの法則に何度も何度もしたがって、生き、再生しているのか。死ぬ者は生きる者の物語を抱えて行き、生きている者は死んだ者と同じ悲劇的な歴史を繰り返す。そこで、人類は自問せずにはいられない。なぜわたしたちは生きるのか。そして、なぜわたしたちは死ななければいけないのか。誰がこの世界を支配しているのか。そして、誰がこの人類を創ったのか。人類はほんとうに大自然の生み出したものなのか。人類はほんとうに自分の運命を支配しているのだろうか。…数千年にわたり、人類はこうした問を何度も何度も発している。残念ながら、人類がこうした問に頭を悩ませれば悩ませるほど、ますます科学への渇望が強くなった。科学はささやかな欲求充足と一時的な肉の楽しみを与えはするが、人類を魂の奥底にある孤独や寂しさ、かろうじて隠している恐怖と無力感から解放することなど到底できない。人類は単に肉眼で見、脳で理解できる科学的知識を用いて心を麻痺させている。しかし、そうした科学的知識は人類が奥義を探ることを止めることはできない。人類は、宇宙万物の支配者が誰であるかを知らないし、まして、人類の始まりも未来も知らない。人間はこの法則の中で、ただ生きている、否応なしに。誰一人、逃れることができないし、誰もこれを変えることはできない。あらゆる物事の間と天において、永遠から永遠にすべてを支配しているのは、ただお一方だけだからである。それは、かつて人間が見たことがないお方、人類が知ることもないお方、その存在を人類は信じたこともない。しかし、それは人類の祖先に息を吹き込み、人類にいのちを与えたお方である。人間の生存のために施し、養い、今日まで導いて来たお方である。さらに、人類が生き残るために依存する唯一のお方なのである。神は万物を支配し、天の下のすべての生ける物を支配している。神は四季を支配し、風と霜、雪、雨を呼ぶ。神は人類に陽光を与え、夜の訪れをもたらす。天と地とを整え、人間に山々と湖、川、すべての生き物を与えたのは神である。神の業はあらゆるところにある。その力はいたるところにある。その知恵はいたるところにある。その権威はいたるところにある。その法則や規則の一つひとつは神の業の具現であり、その一つひとつが神の知恵と権威とを明らかにしている。誰が神の支配を免れることができようか。また、誰が神の意図から逃れることができようか。万物は神の眼差しの下にあり、さらに、神の支配の下で生きている。神の業と力の前に人類は、神が実際に存在し、万物を支配していると認めざるを得ない。」(『言葉は肉において現れる』の「神の経営の中でのみ人は救われる」より)

 「人が存在するようになった日から、神は着実に自分の働きを行い、この宇宙を経営し、万物の変化と動きを指揮してきた。万物と同様に、人は神から甘い養分と雨と露を、そっと、知らないうちに、受け取っている。万物と同様に、人は知ることもなく神の手による采配の下で生きているのである。人の心と霊は神の手の中にあり、人の生活全ては神に見られているのである。あなたがこのことを信じようと信じまいと、生けるものも死せるものも、ありとあらゆるものが、神の思いによって、移ろい、変化し、新しくされ、消え去るのである。これが、神が万物を支配する方法である。」(『言葉は肉において現れる』の「神は人のいのちの源である」より)

 「人類は神が存在することを認めず、創造主が万物を造り、支配しているという事実を受け入れず、さらには創造主の権威の存在を認めないにもかかわらず、人文科学者、天文学者、物理学者は、宇宙における万物の存在、そして万物の運動を律する原理と法則が、巨大で目に見えない暗黒のエネルギーにより支配され、制御されているという結論に達することが益々多くなってきている。この事実により、人間は、こうした規則性の中に全能者が存在し、全てを指揮しているということに向き合い、認めざるを得なくなっている。彼の力は非凡であり、その素顔を見ることが出来る者はいないものの、彼は常に全てを支配し、制御している。彼による統治を超えることが出来る者や力は存在しない。こうした事実に鑑み、人間は万物の存在を支配する法則は人間が制御したり変えたり出来ないものであること、こうした法則は人間が完全に理解できないものであることを認める必要がある。さらに、そうした法則は自然に発生するものではなく、支配者により支配されている。」(『言葉は肉において現れる』の「唯一の神自身 3」より)

『共産主義の妄言』の映画台本から

前へ:質問12.政府の文書によると、全能神教会は東北部出身のチャオという者が創始者だ。この男が大祭司となって、全能神教会を率いている。教会の信者はこの男が聖霊に用いられる人だと言う。信者たちはその説教に耳を傾け、教会の業務についてもこの人物に従う。お前たち信者は全能神の言葉を読み、その名において祈り、『言葉は肉において現れる』を正典とみなし、全能神の言葉を語り合う。だが教会のことに決定権を握っているのはこの男だ。全能神教会をこの男が立ち上げたことは間違いない。共産党と宗教界が考えるとおり、全能神教会は人が創った組織なんだ。それを分かってるのか?

次へ:質問14.信仰については、各人の考えがあります。皆さんの考えや理論は、主観的なもののように思えます。幻想の領域と言ってもいいでしょう。我々共産主義者は、唯物論と進化論が正しいと信じます。なぜなら、科学に合致するからです。中国では小学校から大学まで、唯物論・進化論の教育を施します。なぜでしょうか?子供たちに早くから、無神論や進化論の考え方を教え込むためです。そして宗教や迷信から遠ざかるように、科学的で理性的な思考が身に着くようにです。例えば、生命の起源はどうでしょう?昔の人々は無知でした。中国神話では、神・盤古が天地を分け、女神・女媧が人を創った。西洋諸国では、創造主が人を創ったとされます。しかし、これらはすべて神話や伝説で、科学の裏付けはありません。進化論の登場によって、人類の起源や進化が説明されました。つまりヒトは猿から進化したということです。進化論は、神が人を創ったという神話を覆しました。世界の万物は、自然に進化してきました。これこそ真理です。ですから、我々は科学と進化論を信じなければなりません。皆さんは、教育を受けた知識人です、なぜ神などを信じるんです?皆さん、見解を聞かせてもらいましょうか。