言葉は肉において現れる

目次

働きと入ること(9)

深く根付いた民族的伝統と精神的姿勢は、人間の純粋な子供のような心に影を落として久しい。またそうした事柄は、あたかも感情や自我の意識が全く欠如しているかのように、一抹の慈悲もなく人間の魂を攻撃してきた。そのような悪魔のやり方は極めて残忍であり、それはあたかも「教育」と「育成」が、魔王が人間を殺す伝統的方法であるかのようである。魔王は自らの「深遠な教え」を用いて、その醜悪な魂を隠し、羊の皮を被って人間の信頼を得てから、人間が寝ている隙を利用して、人間を完全にむさぼり食う。人間は何と哀れであろうか。自分が育った大地が悪魔の大地であることや、自分を育てた者が自分の敵であり、自分を傷つける者であることを、どうして人間が知り得ようか。しかし人間は全く目覚めない。人間は、飢えと渇きにいやと言うほど苛まれながら、自分の「両親」が自分を育て上げた「厚情」に報いる用意をする。人間とは、そうしたものである。現在、人間は、自分を育てた王が自分の敵であることを、未だに知らない。地には死者の骨が散在し、悪魔が絶え間なく浮かれ騒ぎ、「暗黒の地」で人間をむさぼり食い続け、墓で人間の骸骨と共に居て、いたみ切った人間の身体が残されていればそれを食べようと無駄な努力をしている。しかし、人間は無知なままであり、悪魔を敵として扱ったことが無く、むしろ心から悪魔に仕えている。そうした堕落した者は、全く神を知ることが出来ない。神にとって、受肉して人間の中に来て数多くの救いの業を行うのは、容易であろうか。既に陰府に陥った人間が、どうして神の要求を満たすことが出来ようか。人間の業のために神が眠れぬ夜を過ごした夜は、極めて多い。神は、遙かな高みから、人間が生活する深い底の生き地獄まで降りて、人間と共に過ごし、決して人間の卑しさに不平を漏らしたり、人間の不従順を咎めたりせず、神自信が業を行う際に最大の屈辱を受けた。どうしたら神は地獄に居られたのだろうか。どうしたら神は地獄で生活できたのであろうか。しかし、全人類のため、全人類が早く安らぎを得られるように、神は屈辱を受け、地に来るという不義を受け、自らが「地獄」と「陰府」、すなわち虎穴に入って人間を救った。どうして神に反抗する資格が人間にあろうか。どうして神に再度不平を述べる理由が人間にあろうか。どうして人間は厚かましくも神を再び見上げられるであろうか。天の神は、最も不浄な悪徳の地に来て、決して不満を漏らさず、人間について不平を言わず、人間の略奪[1]や迫害を黙って受けた。神は、人間の不合理な要求に報復することも、人間に対して過度の要求や不合理な要求をすることも、嘗て無かった。神は単に、教えること、啓くこと、咎めること、言葉を精錬すること、注意を喚起すること、勧告すること、奨励すること、裁くこと、現すことなど、人間により要求される業を、不平を言わずに行う。神の業の段階のうち、どれが人間のいのちのためでは無かったであろうか。神は人間の見通しや運命を取り去ったが、神が行った業の段階のうち、どれが人間の運命のためでは無かったであろうか。神の業の段階のうち、どれが人間の生存のためでは無かったであろうか。神の業の段階のうち、どれが夜のように黒い闇の軍勢がもたらす苦難や迫害から人間を解放するためでは無かったであろうか。神の業の段階のうち、どれが人間のためでは無かったであろうか。愛情溢れる母のような神の心を、誰が理解できるというのか。神の熱心な心を、誰が理解できるというのか。神の情熱的な心と熱心な期待は、冷酷な心と冷淡かつ無関心な眼差しと、人間による非難と侮辱の繰り返し、辛辣な言葉と皮肉、酷評、嘲笑、無視と拒否、誤解と愚痴、拒絶と拒否、裏切りと攻撃、そして敵意で応じられている。暖かい言葉に対し、無数の者がそれに冷徹な表情で反対している。神は、それを忍んで頭を下げ、未熟な者どもの牛となるしか無い。[2] 神はいくつの陽と月、いくつの星を見上げたことであろうか。神は何度日の出と共に去り、父の元を去った時の苦しみの数千倍におよぶ苦難と、人間の攻撃と破壊、取り扱いと剪定に堪え忍び、日の入りと共に戻って眠れぬ夜を過ごしたことであろうか。神の謙遜と慎ましさは、人間の偏見[3]、不当な意見や処遇で応じられ、また神の匿名性と忍耐強さ、寛容さは、人間の強欲な眼差しで報いられ、人間は遺恨無く神を踏みにじり、殺そうとする。神を扱う人間の姿勢は、「希な聡明さ」の類いのものであり、人間に虐待され、侮蔑された神は、無数の人間の足で踏みつぶされ、その下で平らになっている一方で、人間は意気揚々として立ち、それはあたかも城に住む王のようであり、そして絶対的な権力の掌握を望むかのようであり、銀幕に登場して人気を博し、神を誠実で規則に従い、逆らったり問題を起こすことを許されない裏方の監督にしようとしているようである。神は『末代皇帝』の役を演じる、何の自由も無い操り人形[5]となる必要がある。人間の所行は筆舌に尽くしがたい。それならば、どうして神に対してあれこれと要求する資格が人間にあろうか。どうして神に対して提案する資格が人間にあろうか。どうして人間自身の弱点に同情することを神に対して要求する資格が人間にあろうか。どうして人間が神の恵みを授かる資格があろうか。どうして人間が神の寛大さを何度も得る資格があろうか。どうして人間が神の赦しを何度も得る資格があろうか。人間の良心は、どこにあるのか。人間は遙か昔に神の心を傷つけ、それを砕け散ったままにして久しい。神は、それが多少の温厚さであったとしても、人間が神を思いやると期待し、生き生きと眼を輝かせ、溌剌として人間の中に来た。しかし、神の心が人間により安らげられるのに手間取っており、神が受けてきたのは、激化を続ける[6]攻撃と苦悩のみである。人間の心は過度に貪欲であり、人間の望みは高すぎるものであり、人間は決して飽き足りることが無く、常に悪意を抱き、無鉄砲であり、神に対して言論の自由や権利を決して与えず、神に対して恥辱に屈服し、人間が神を好きなように操らせることを余儀無くしている。

創造時から現在に至るまで、神は極めて大きな痛みと無数の攻撃を受けて来た。しかし、現在も人間の神に対する要求は衰えることなく、神を研究し、神に対して容赦せず、神に対して勧告し、批判し、鍛錬するだけで、それはあたかも神が誤った道を歩み、地にある神が残忍で不合理であったり、奔放に振る舞ったり、結局無意味になったりするのを大いに恐れているかのようである。人間は、神に対して常にこうした姿勢であった。そうした姿勢のために神が悲しまないことが、どうしてあろうか。神は、受肉することにより甚大な苦痛と恥辱を受けたが、その上に、神に人間の教えを受け容れさせることは、どれほど酷いことであろうか。神は、人間の元へ来たことが原因で、全ての自由を奪われたが、それはあたかも神が陰府に捕らわれ、人間による分析を全く抵抗せずに受け容れたかのようである。それは恥辱ではないだろうか。常人の過程に来るにあたり、イエスは最大の不義を受けた。それにも増して恥辱的なこととして、主はこの汚れた世に来て、深みの底までへりくだり、至って普通の肉を受けた。至高の神は、劣った人間となるにあたり、苦難を受けたのではなかろうか。そしてそれは、全て人間のためではなかろうか。主が自らのことを考えたことがあっただろうか。主はユダヤ人に拒否されて殺され、愚弄され、嘲笑されても、天に不平を言ったり地に反抗したりすることは無かった。現在、こうした数千年前の悲劇が、ユダヤ人のような人々の間で再発している。そうした者は、嘗てと同じ罪を犯しているのではなかろうか。神の約束を人間が授かる資格が、どうしてあろうか。人間は神に反抗した後に、神の恵みを授からないのではなかろうか。人間が正義と向き合い、真理を探し求める事が決して無いのは、何故だろうか。人間は何故、神の業に関心を抱いたことが決して無いのだろうか。人間の義は、どこにあるのか。人間の公正さは、どこにあるのか。人間は厚かましくも神を代表する者となって来たのではなかろうか。人間の正義感は、どこにあるのか。人間が愛する物事のうち、どの程度が神に愛されているであろうか。人間はチョークとチーズを見分けることが出来ない[7]ようであり、常に白黒を混同し、義と真理を抑圧し、不公平と不義を空高く掲げる。人間は光を退け、闇の中で踊る。真理と正義を求める者は、それに反して光を退け、神を求める者は神を踏みつけて自らを空高く昇らせる。人間は盗賊[8]同然である。人間の理知はどこにあるのか。誰が善悪を区別できようか。誰が正義を守ることが出来ようか。誰が真理のために苦しむことを望むというのか。人間は悪徳かつ邪悪である。人間は神を十字架に架けて喝采し、奇声を上げ続ける。人間は鶏と犬のように結託して共謀し、自分達の国を建て、人間の干渉が及ばない場所は無く、また人間は目を閉じてくるったように吠え続け、皆一緒に閉じ込められて仰々しい雰囲気が充満し、騒々しく活気がある。また他人を慕う者が絶えず、そうした者は皆祖先の「輝かしい」名声を掲げている。こうした犬と鶏は、遙か昔に神を心の奥へ押しやり、神の心境に対して配慮したことは一度も無い。人間は犬や鶏のようであり、他の犬も吠えさせる、吠える犬のようである、と神が言ったのも不思議ではない。そのようにして、神の業がどのようなものか、正義があるかどうか、神には足がかりとなる余地があるか、明日どうなるか、自分の卑しさや汚れを無視して、仰々しい謳い文句で神の業を現代にもたらした。人間は物事をそれほど深く考えたことも、明日以降のことを懸念したことも無く、有益で貴い物事を自分のものとし、神には屑と残飯[9]しか残さなかった。人間は何と残忍なことであろうか。人間は神に対して何も感じる事が無く、神の物全てを隠れてむさぼった後、神を自分の後ろに放り投げ、神の存在にそれ以上留意することは無い。人間は神を享受しつつ神に背き、神を踏みつける一方で神に感謝し、神を称える。人間は神に祈り、神をよりどころとしつつ、神を欺く。人間は神の名を「讃え」て神の顔を見上げるが、それと同時に厚かましく恥知らずに神の王座に座り、神の「不義」を非難する。人間は口では神に負債があると言って神の言葉を読むが、心の中では神を罵る。人間は神に対して「寛容である」が、神を迫害しつつ、口ではそれが神のためと言う。人間は神の物事を手に握り、口では神に与えられた食べ物を噛むが、人間の眼はあたかも人間が神をむさぼり尽くすことを望むかのように神を冷酷で無情な眼差しで神を見る。人間は真理を見るが、それがサタンの謀だと言う。人間は義を見るが、それを強制的に節制させる。人間は自らの行いを見るが、それが神というものであると言い張る。人間は自らに与えられた天賦の才を見るが、それが真理であると言い張る。人間は神の業を見て、それが傲慢さであり、自惚れであり、虚勢であり、独善であると言い張る。人間が神を見る時、人間は神を人間であると決めつけ、サタンと共謀する創造物であると決めつけようとする。人間は、神が述べた事を十分承知しているが、それが単に人間の書き記したものであると言う。人間は、神の霊が肉となって現れていること、神が受肉していることを十分承知しているが、単にその肉はサタンの末裔[10]であると言う。神は慎ましく隠れていることを十分承知しているが、単にサタンが恥辱を与えられ、神が勝利したと言う。なんと役立たずな者達であろうか。人間は番犬として仕える価値さえ無い。人間は白黒を見分けることが出来ず、さらには黒を白だと故意に曲解している。人間の軍勢と人間による包囲は、神の解放の日を持ち堪えることが出来るだろうか。人間は神に対して故意に反抗し、神への配慮は既に最低限に達しており、さらには神が自らを現す隙さえ与えずに神に与えず、神を死に追いやることさえある。義は、どこにあるのか。愛は、どこにあるのか。人間は神の傍らにありつつ、神に対して跪いて許しを請い、人間の采配に全て従い、人間の策略に黙って従うよう迫り、神の業全てにおいて人間の指示に従わせており、そうならなかったならば人間は激昂して[11]怒り狂う。黒を白へとねじ曲げるような闇の影響下にあって、どうして神が悲しみにうちひしがれないことがあろうか。どうして神が懸念せずに居られようか。神が最新の業を始めた時、それが新時代の夜明けのようであると言われるのは何故だろうか。人間の行いは極めて「豊潤」であり、「枯れない生ける水の泉」が人間の心の土を間断なく「潤す」一方、人間の「生ける水の泉」は何のためらいも無く神と争う。[12] 両者は折り合いが付かず、その泉は何の疑念も無く神に代わって人間に恵みを与える一方、人間はそれに伴う危険に対して何の懸念することなく、その泉に加担する。それはどのような効果を得るためであろうか。人間は、神が人間の注意を引くことを恐れ、また神の生ける水の泉が人間を誘って得ることを深く懸念して、神を冷淡に隅へ追いやり、人間が神に全く配慮しない所まで遠ざける。こうして、この世の不安を長年にわたり経験した後、人間は神に対する謀略を企て、さらには神を非難対象とする。それはあたかも神が人間の目の中の丸太となったかのようであり、人間は神を掴んで火にくべて精錬し、清めようと必死になっているかのようである。神の苦難を見て、人間は罪を感じつつ笑い、喜んで踊り、神も精錬するに至ったと言い、またあたかもそれが天の公平かつ公正なやり方であるかのように、神の不浄さを罵って浄化すると言う。人間のこうした暴力的行為は、意図的かつ無意識のものであると考えられる。人間は自らの醜い顔を現し、また忌まわしく汚れた魂と卑しむべき乞食の姿を現す。人間は、遍く猛り狂った後、哀れを極めたパグのように絶望的な様相で天の赦しを乞う。人間は常に予想外の行動を執り、「虎の威を借りて他人を脅し」[a]、暇があれば享楽に浸り、神の心に少しも配慮せず、自らの状態と比較することも無い。人間は黙って神に反抗し、それはあたかも神が人間を虐待しており、神は人間をそのように扱うべきではないかのようであり、また天が目を持たず、故意に人間にとって物事が困難となるようにしているようである。したがって、人間は悪徳な謀りを企て、神に対する要求を僅かでも譲ることが無く、物欲しげな眼差しで神の一挙一動を睨み、決して自らが神の敵であるとは考えず、神が霧を晴らして物事を明瞭にし、「虎の口」から人間を救い、人間のために報復する日が来ることを願っている。現在に至っても、人間は自らが依然として神の敵を演じているとは考えて居ないが、何時の時代も無数の人間が神の敵を演じてきている。人間は、自らの全ての業において久しく邪道を行き、自らの知識は海に囲まれていることを、どうして知ることが出来ようか。

今まで、誰が真理を受け容れたというのか。今まで、誰が神を両手を広げて歓迎したというのか。今まで、誰が神の出現を快く願ってきたというのか。人間の行動は長期にわたって腐敗し、人間の汚れのために神の宮が確認できない状態となって久しい。一方で、人間は自らの業を依然として続け、神を蔑み続ける。それはあたかも、神に対する人間の反抗が石のように固まり、変える事が不可能であり、その結果、自分の言動を虐げるよりも呪われた方が良いかのようである。こうした人間が神を知る事が、どうしで出来ようか。こうした人間が神と共に安らぎを見出すことが、どうして出来ようか。また、こうした人間が、神の前に来る資格が、どうして有り得ようか。神の統御計画に献身することには全く問題無いことは間違い無いが、人間は何故、神の業と神の全てを心の奥へと追いやりつつ、自らの血と涙を無私に捧げるのだろうか。人間の無私な献身の精神が貴重であることは間違い無いが、人間はどのようにして、自分が紡いでいる「絹」により神の実体を現すことが全く不可能であると知ることが出来るであろうか。人間の善良な意図は貴く希であることは間違い無いが、どうして人間は「計り知れない価値のある宝」[13]を呑み込むことが出来ようか。あなたがたは、それぞれ自分の過去を考える必要がある。すなわち、あなたがたが無情な罰と呪いから未だに逃れられないのは、何故だろうか。人間がそうした威厳ある言葉や義なる裁きと常にそうした「親しい間柄」にあるのは何故だろうか。神は本当に人間を裁いているであろうか。神は故意に人間を精錬しているであろうか。そして人間は精錬の中で如何にして真摯に取り組むであろうか。人間は本当に神の業を知っているであろうか。神の業と自らの真摯な取り組みから人間が得た教訓は何だろうか。私は、人間が神の勧告を忘れず、神の業に関する識見を得て、それを揺るぎなく信じ、自らの真摯な取り組みを適切に管理することを祈る。

注:

1. 「略奪」は人間の不従順さを現すために用いられている。

2. 「無数の者がそれに冷徹な表情で反対している。神は、それを忍んで頭を下げ、未熟な者どもの牛となるしか無い。」は元来1文であるが、明瞭さを向上させるため、ここでは2文に分けてある。最初の文は人間の行為を指し、次の文は神が受けた苦難と、神が慎ましく隠れていることを示している。

3. 「偏見」は人間の不従順な態度を指す。

4. 「絶対的な権力の掌握」は人間の不従順な行動を指す。人間は自らを誇りとし、他の者を束縛し、自分に従わせ、自分のために苦難を受けるようにさせる。そうした者が神に敵対する軍勢である。

5. 「操り人形」は、神を知らない者を揶揄するために用いられている。

6. 「激化を続ける」は、人間の卑しい行動を強調するために用いられている。

7. 「チョークとチーズを見分けることが出来ない」は人間が神の旨を歪めてサタンのようにする場合のこと、広義には神を拒む人々の行動を指す。

8. 「盗賊」は人間が不合理であり、人間の識見が欠如していることを示すために用いられている。

9. 「屑と残飯」は、人間が神を虐待する行動を示すために用いられている。

10. 「末裔」は嘲笑的に用いられている。

11. 「激昂して」は、激怒し、憤慨した醜悪な人間の顔を指す。

12. 「何のためらいも無く」とは、人間が無謀になって神に対する畏敬の念が一切無くなった状態を指す。

13. 「計り知れない価値のある宝」とは、神の実体を指す。

a.) 中国語の慣用句。