終わりの日の征服の働きの内幕

堕落した人は神を知らず敬わない

アダムとエバが造られた時

ヤーウェの栄光が地に満ちていたが

人は堕落して神に背き畏れず

栄光と証しをなくした

今日の働きは栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き


人はどう征服されるのか?

言葉の働きが人を裁き、罰し

呪い、従わせ、納得させる

人の背きを暴き

抵抗を裁いて

不義と汚れを示し

神の義を現す

今日の働きは

栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き


言葉は人を征服し納得させる

征服を受ける者は言葉の裁きを受ける

己の道を行かず

この言葉に従うなら

神の言葉によって征服されるだろう

今日の働きは

栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き

終わりの日の征服の働き


『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内幕(1)」より編集

前へ: 神の裁きは人間を完全にする主要な方法

次へ: 受肉した神は全宇宙の働きをする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

私は一生涯を神に捧げたい

時に、神と過ごし 時に離れたが 神は誰より愛して下さる 神よ、私は反抗して 何度もあなたを悲しませた どうして忘れられよう 私の中のあなたの業と託されたことを心に留め 御業によって最善を尽くしてきた 神は私に出来ることをご存知だ 私は生涯をあなたに捧げたい 何も求めず、希望も計…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

私は神の愛に報いよう

長年にわたり私は 世界の 海原を漂ってきた 私は心の底から堕落し 魂は汚れに満ちている しかし神は恵みの手を差し伸べ 憐れみをもって私を救った 今、私は感謝に溢れ 全能神の家に戻っていく たとえ今、神に救われていても 私は自分の性質を変えていくべきだ 鍛錬や苦痛が伴うとしても 私…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索