神に味方する人はあまりにも少ない


神は人に多くの働きを為した

人の救いのために

人が神に味方するために

神は多くを語った

しかし神は心を同じくする者を

ほんの少ししか得なかった

そこで神はこう言った

「人は神の言葉を大切にしない

それは人が神に味方しないからだ」

神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない

より重要なのは人が神に味方すること

神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない

より重要なのは人が神に味方すること


堕落した人は皆

サタンの罠と 肉と私欲の中生きる

神に味方する人はいない

いると言う人もいるが

彼らは漠然とした偶像を崇める

神を聖なるものと認めるが

敵対する道を歩む

彼らは傲慢に語り自負している

なぜなら 神に反し味方しないから

神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない

より重要なのは人が神に味方すること

神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない

より重要なのは人が神に味方すること

『言葉は肉において現れる』より

前へ: 神の民の一員になるに本当に値するのか

次へ: 人の本来の身分と価値

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

人の子が現れた

世界の東から一筋の輝く光が現われ 西の果てまで照らす 人の子が地に降臨した 全能神である救い主が戻って 真理を表し 新時代を始めた 人の子が現れ 神が来た 神は人類に永遠のいのちの道をもたらす 新しい天と地 新しい時代と人間 新しい道と生活 新しいエルサレムが地に降臨…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索