全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

真理を実践する人だけが神に救われる

神が過去の出来事を覚えていようといまいと、いまのあなたがたに希望がひとかけらでもある限り、このような心構えを保つべきです。「私は性質の変化と神を知ることを求めるべきだ。再びサタンに騙されたり、神の名に恥をもたらすことを絶対にしてはいけない」あなたが救われるかどうか、希望があるかどうかを決める鍵となるのは、説教を聞いたあとに真理を受けられるかどうか、真理を実践できるかどうか、変わることができるかどうかです。

後悔するばかりで、行動する時が来ても以前と同じ考え方にこだわって行動し、そのことについてまったく理解しておらず、ますます悪化するなら、あなたに希望はなく、間違いなく消し去られます。神と自分自身を理解すればするほど、自分を掌握することができます。自分の本性を十分に理解すればするほど、自分を更に掌握することができます。自分の経験をまとめ上げれば、そのことでまた失敗することはありません。

実は誰にも欠点があり、それはどれも傲慢やうぬぼれといったある種の堕落した性質をあらわし、何らかの過ちを犯したり、働きの中で間違いや失敗を犯したり、少しばかり反抗的だったりすることを示します。それは堕落した人間が避けられない事です。しかしいったん真理を理解すれば、あなたはきっとそれらを避け、過去の出来事に絶えず悩まされる必要はなくなります。恐れるべきは、真理を理解した後も変わらないこと、間違いだと分かっていてもそうし続けること、間違いだと言われても同じ振る舞いを続けることです。そのような人は贖いの対象ではありません。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ:神が肉となって初めて人は救いの機会を得る

次へ:人が過ちから立ち返るとき神は慰められる