真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第三十二章

光とは何か。過去にあなた方は実際、聖霊の働きの変容を光とみなしていた。真の光は常に存在する。それはあなた方が、わたしに近づいてわたしと交わることを通して、神そのものを得ることを含み、神の言葉への明察を持ち神の言葉の中にある神の旨を把握することを含む──つまり、飲み食いする中で、あなた方は神の言葉の霊を感じ、自分の中に神の言葉を受け取り、経験を通じて神が何であるかを把握し、神との交わりの中で神の照らしを受ける。また、黙考と熟思の中で、常に啓示を受け、神の言葉への新しい明察を得るのだ。もしあなたが神の言葉を把握し、新たなる光を感じるなら、あなたはあなたの奉仕の中に力を得ないだろうか。あなた方は奉仕する中で実によく思い煩う。それは、あなた方が現実に触れていないからである。あなた方には本当の経験や明察がないからである。あなたにほんとうの明察があったなら、あなたはどのように奉仕すればよいか分かるはずではないか。あなたに何かが降りかかるときは、あなたはそれを懸命に体験しなければならない。もしあなたが、容易で快適な環境でも神の顔の光の中に生きることができるなら、あなたは毎日神の顔を見るであろう。あなたがもし神の顔を見て、神と交わったならば、あなたは光を持つのではないか。あなた方は現実の中に入らないで、いつも外側で探し求めている。その結果、あなた方は何も見つけず、いのちにおけるあなたの進歩は遅れる。

外面を重視してはならない。心の中でひたすら神に近づき、十分深く交わり、神の旨を把握しなさい。そうすれば、あなたは自分の奉仕において道を見出すのではないだろうか。あなた方は入念に注意を払って従う必要がある。すべてのことをただわたしの言葉に従って行い、わたしが指し示す道に入るならば、あなた方は道を見出すのではないか。あなた方が現実の中に入る道を見出したら、神に仕える道も見つかるだろう。それは簡単である。神の前にもっと出なさい。神の言葉をもっと熟考しなさい。そうすれば、あなたに欠けているものを得るだろう。あなたはまた、新しい明察、新しい啓示を得、そして光を得るであろう。

前へ:第三十一章

次へ:第三十三章

他のお気に入り

  • 現実性に一層重点を置くこと

    神により完全にされる可能性は全員にあるので、どのような神への奉仕が、神の旨に最適であるかを、全員が理解すべきである。殆どの者は、神を信じることの意味を知らず、自分が神を信じるべき理由について見当もつかない。つまり、殆どの者は神の働きや神の経営(救いの)計画に関する知識が皆無である。現在に至るまで殆ど…

  • 聖書について(2)

    聖書は旧約・新約聖書とも呼ばれる。あなたがたは「約」の意味を知っているだろうか。「旧約」の「約」は、ヤーウェがエジプト人を殺し、イスラエル人をパロから救ったときの、ヤーウェとイスラエルの民との契約に由来する。もちろん、この契約の証しは鴨居につけた子羊の血であり、神はそれをもって人間との契約を立てた。…

  • 序文

    神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神を知らないすべての人々…

  • 神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である

    あなたがたはみな、自分が生涯を通じてどのように神を信じてきたかを吟味し直す必要があります。神に付き従う中で、自分が神を真に理解し、真に認識し、真に知るようになったかどうか、そして神がさまざまな種類の人間に対しどんな姿勢で臨むのかを真に知っているかどうか、さらに神が自分にどのような働きを行なっているか…