真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第三十二章

光とは何か。過去にあなた方は実際、聖霊の働きの変容を光とみなしていた。真の光は常に存在する。それはあなた方が、わたしに近づいてわたしと交わることを通して、神そのものを得ることを含み、神の言葉への明察を持ち神の言葉の中にある神の旨を把握することを含む──つまり、飲食する中で、あなた方は神の言葉の霊を感じ、自分の中に神の言葉を受け取り、経験を通じて神が何であるかを把握し、神との交わりの中で神の照らしを受ける。また、黙考と熟思の中で、常に啓示を受け、神の言葉への新しい明察を得るのだ。もしあなたが神の言葉を把握し、新たなる光を感じるなら、あなたはあなたの奉仕の中に力を得ないだろうか。あなた方は奉仕する中で実によく思い煩う。それは、あなた方が現実に触れていないからである。あなた方には本当の経験や明察がないからである。あなたにほんとうの明察があったなら、あなたはどのように奉仕すればよいか分かるはずではないか。あなたに何かが降りかかるときは、あなたはそれを懸命に体験しなければならない。もしあなたが、容易で快適な環境でも神の顔の光の中に生きることができるなら、あなたは毎日神の顔を見るであろう。あなたがもし神の顔を見て、神と交わったならば、あなたは光を持つのではないか。あなた方は現実の中に入らないで、いつも外側で探し求めている。その結果、あなた方は何も見つけず、いのちにおけるあなたの進歩は遅れる。

外側に焦点を合わせてはならない。あなたが心の中でひたすら神に近づく、深く交わり、神の旨に沿って感じるならあなたの奉仕において道を見出すのではないだろうか。あなた方は入念に注意を払って従う必要がある。すべてのことをただわたしの言葉に従って行い、わたしが指し示す道に入るならば、あなた方は道を見出すのではないか。あなた方が現実の中に入る道を見出したら、神に仕える道も見つかるだろう。それは簡単である。神の前にもっと出なさい。神の言葉をもっと熟考しなさい。そうすれば、あなたに欠けているものを得るだろう。あなたはまた、新しい明察、新しい啓示を得、そして光を得るであろう。

前へ:第三十一章

次へ:第三十三章

他のお気に入り

  • 千年神の国は訪れた

    この一団に神が行おうとしている働きが何かを見ただろうか。千年神の国にあってもなお、人々は神の言葉に従い続けなければならず、将来も神の言葉はカナンの良き地で人々の生活を直接導くであろうと神は言った。モーセが荒野にいたとき、神は直接彼に指示を与え、語った。神は天から人々に食べ物と水とマナを送り与えた。今…

  • なぜ進んで引き立て役になろうとしないのか

    征服された者は引き立て役であり、完全にされて初めて、人々は終わりの日の働きの規範や見本となる。完全にされる前は、征服された者は引き立て役であり、道具であり、奉仕のためのものである。神によりすっかり征服された者は神の経営(救いの)の働きの結晶であるとともに、その規範にして見本である。人々に与えられるこ…

  • 信者はどんな見解を持つべきか

    人が初めて神を信じてから、受け取った物は何だろうか。あなたは神について何を知っただろうか。神を信じて、あなたはどれほど変わっただろうか。今、あなたがたは皆、人が神を信ずることは、ただ単に魂の救いや、肉の幸福のためでもなく、神を愛することを通してその人の人生が豊かになることなどでもないと分かっている…

  • 自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか

    神の働きは前進を続けており、その目的が変ることはないが、神の働きの実行手段はたえず変化しており、それによって神に従う人々も変化していく。神の働きが増えれば増えるほど、人はさらに徹底的に神を知るようになり、それに応じて人の性質も神の働きとともに変化する。しかし、神の働きがたえず変化しているため、聖霊の…