真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第三十一章

わたしは心からわたしを欲するすべての者たちを愛する。あなた方がわたしを愛することに集中すれば、わたしは必ずあなた方を大いに祝福しよう。あなた方はわたしの意図を理解しているのか。わたしの家では、高い地位、低い地位の区別はない。誰もがわたしの子どもであり、わたしはあなた方の父であり、あなた方の神である。わたしは至高の者であり、唯一である。わたしは宇宙のあらゆるものを支配している。

あなたはわたしの家で「へりくだって目立たずにわたしに仕える」べきである。このフレーズをあなたのモットーとすべきである。木の上の葉ではなく、木の根となり、いのちの中に深く根ざしなさい。いのちの真の経験の中に入り、わたしの言葉によって生き、あらゆることにおいてもっとわたしを探し求め、わたしに近づき、わたしと交わりなさい。何であれ外側のことには注意を払ってはならない。また、どんな人間や出来事や物にも支配されてはならない。ただ、わたしが何であるかについて、霊的な人々と交わりなさい。わたしの意図を理解し、わたしのいのちをあなた方の間に流れさせ、わたしの言葉を生き、わたしの要求に従いなさい。

わたしがあなたに託したことに、あなたの全力を注ぎなさい。わたしの心を満足させるためにあなたのすべての能力を発揮しなさい。わたしはあなたの力であり、わたしはあなたの喜びである…わたしはあなたのすべてである。ただわたしを追い求めなさい。わたしはあなたの心の本当の願いを知っており、あなたがわたしのために心から尽くしていることを知っているが、あなたは、わたしの家でどのように自らをわたしに捧げ、どのようにして最後までわたしについて来ればよいのか知るべきだ。

教会はわたしの心であり、わたしは、わたしの教会を建て上げるための切望に燃えている。あなたは、少しも惜しむことなく自らを捧げることによって、わたしに尽くし、わたしの心が満足するように、わたしの意図への配慮を示すべきである。

前へ:第三十章

次へ:第三十二章

他のお気に入り

  • 働きと入ること(2)

    あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要求されていないが、神…

  • ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識

    ペテロが神により罰せられた時、ペテロは祈って言った。「神よ、私の肉は不従順で、あなたは私を罰し、裁かれます。私はあなたの刑罰と裁きの中で喜び、たとえあなたが私を求められなくとも、私はあなたの裁きの中に、あなたの聖なる義のご性質を目の当たりにします。あなたの裁きの中に他の人たちがあなたの義なるご性質を…

  • 将来の使命にどのように取り組むべきか

    神が各時代に表わす性質を、あなたは具体的に、その時代の意義を適切に伝える言葉で示せるだろうか。神による終わりの日の働きを経験しているあなたは、神の義なる性質を詳しく述べられるだろうか。あなたは神の性質について、明瞭かつ正確に証しできるだろうか。あなたの見たこと、経験したことを、義に飢え渇き、あなたが…

  • 受肉した神の職分と人間の本分の違い

    あなたがたは神の働きのビジョンを知り、神の働きの一般的方向を把握しなければいけない。これが前向きにいのちに入ることである。ひとたびビジョンの真理を正確に理解したなら、あなたの入りは確かである。神の働きがどのように変化しようと、あなたの心は堅固で、ビジョンについて明確であり、入りと追求の目標を持つこと…