全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第三十章

兄弟たちよ、目覚めなさい!姉妹たちよ、目覚めなさい!わたしの日は遅れることはない。時は命であり、時を掴むことは命を救うことである。その時はそう遠くない。大学の入学試験を受けて不合格であれば、猛勉強して再挑戦することができる。だがわたしの日にはそのような先延ばしはない。覚えておきなさい。もう一度言う、覚えておきなさい。これらの善き言葉をもって強く説く。あなたの目の前でこの世の終わりが始まり、大きな災害が急速に迫る。あなた方にとって、いのちが大切か、それとも寝ること、食べること、飲むこと、着ることが大切か。あなた方がそれらのものを慎重に推し量る時が来た。これ以上疑っていてはならず、確信することを避けてはならない。

何と惨めなことか。何と哀れなことか。どこまで盲目なのか。どこまで人類は非情なのか。わたしの言葉に耳を貸さないとは。わたしは無駄に話しかけているのか。なぜそれほどまでに不注意なのか。どういうことなのか。これまでその事を考えたことはあるのか。わたしは誰のためにこれらの言葉を語っているのか。わたしを信じなさい。わたしはあなた方の救い主である。わたしはあなた方の全能の神である。見なさい。しっかり見ていなさい。失われた時は二度と戻らないことを覚えておきなさい。悲嘆を和らげる薬など、地球上をくまなく探しても見つからない。それならば、あなた方にどう伝えればよいのか。わたしの言葉はあなた方が熟考し、繰り返し思い巡らすには値しないのか。あなた方はわたしの言葉に対してあまりに不注意で、自分のいのちに対して無責任過ぎる。それをわたしが我慢しろというのか。我慢などできるだろうか。

正しい教会生活ができるようになるのに、なぜそれほど時間がかかるのか。それはあなた方が信仰に欠け、代価を払う覚悟がなく、自分を捧げる意志がなく、わたしの前で努力したがらないからである。息子たちよ、目を覚ましなさい!息子たちよ、わたしを信じなさい。愛するものたち、なぜわたしの心の中にあるものを考慮できないのか。

前へ:第二十九章

次へ:第三十一章

他のお気に入り

  • 唯一の神自身 3

    神の権威(2) 本日は、引き続き「唯一の神自身」に関して伝える。この主題については、1回目の神の権威関連、2回目の義なる性質関連と、既に2回にわたって話をした。これら2回の話を聞いて、あなたがたは神の身分、地位、そして本質について新たな理解を得たであろうか。これらの見識は、神の存在の真理に関するより…

  • 道……(7)

    わたしたちのために神が自ら新しい道を拓いたことが何度もあり、そのためわたしたちは一層堅く現実的な道を歩み続けている。このことは、わたしたち全員が自分の実践的経験から理解できる。それは、この道はこの世の初めから神がわたしたちのために拓き、何万年もの時を経て現在の世代に継承されたものだからである。したが…

  • 信者はどんな見解を持つべきか

    人が初めて神を信じてから、受け取った物は何だろうか。あなたは神について何を知っただろうか。神を信じて、あなたはどれほど変わっただろうか。今、あなたがたは皆、人が神を信ずることは、ただ単に魂の救いや、肉の幸福のためでもなく、神の愛を通してその人の人生が豊かになることなどでもないと分かっている。そのよう…

  • キリストは真理をもって裁きの働きを行う

    終わりの日の働きとは、すべての人をその性質に応じて区分し、神の経営(救いの)計画を締めくくることである。時が近づき、神の日が来たからである。神の国に入る人すべて、すなわち神に最後の最後まで忠実な人すべてを、神は神自身の時代に連れて行く。しかし、神自身の時代が来る前は、神の働きは人間の行いを観察したり…