全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第二十九章

時が迫っていることがあなたには分かるだろうか。あなたは短い期間でわたしに拠り頼み、わたしの性質と相容れないすべてのものを捨て去らなくてはならない──無知、遅い反応、不明瞭な思い、情のもろさ、意志の弱さ、愚かさ、大げさな感情、困惑、識別力の欠如。これらをできる限り早く捨て去らなければならない。わたしは全能神である。あなたが進んでわたしと協力する限り、わたしはあなたの病むところを全て癒やす。わたしは人の心の奥深くを見る神であり、あなたの全ての病と欠点を知っている。このようなものがあなたのいのちの成長を妨げているのであり、すぐに捨て去らなければならない。さもないと、わたしの旨はあなたに成就されない。わたしの光によって照らし出されたものがあれば、わたしに信頼して捨て去り、常にわたしによって生き、わたしに近づき、あなたの行いがわたしの似姿を現すようにしなくてはならない。どうしてよいか確信がないときには、もっとわたしと交わりなさい。そうすれば、わたしはあなたを正しい行いへと導き、あなたが前に進むことができるようにする。確信がないときには、むやみに行動せず、わたしの時を待ちなさい。安定した性質を持ち、感情が熱くなったり冷めたりすることのないようにしなさい。いつもわたしを敬う心を持っていなさい。わたしの前であろうが背後であろうが、あなたの行いがいつもわたしの旨に沿うようにしなさい。わたしのために誰かを容赦してはならない──たとえそれがあなたの夫や家族であってもだ。彼らがどれほど善人であっても、それは受け入れられない。あなたは真理に基づいて行動しなければならない。わたしを愛するなら、わたしはあなたに大いなる祝福を与えよう。抵抗する者に対しては、わたしは容赦しない。わたしが愛する者を愛し、わたしが憎む者を憎みなさい。どんな人や物事にも留意してはならない。霊の目でわたしに用いられる人をはっきりと見て、霊的な人たちにもっと接しなさい。無知であってはならず、判別しなければならない。麦は育つと必ず麦になり、毒麦が麦になることは決してない。だから異なる種類の人々を見分けなければならない。あなたの語る言葉には特に注意し、わたしの心に適った道から離れないようにしなければならない。これらの言葉を注意深く思いめぐらさなければならない。わたしの心を満足させるために、あなたはできるだけ早く反抗心を捨て去り、わたしが用いるに相応しい者となりなさい。

前へ:第二十八章

次へ:第三十章

他のお気に入り

  • 神の経営の中でのみ人は救われる

    誰もが神による経営(救い)を未知のものだと感じる。なぜなら、神の経営は完全に人間と無関係だと人々は考えるからである。人々はこの経営は神だけの働き、神独自の用事だと考えるので、神の経営の働きに無関心である。こうして、人類の救いは漠然とした不明瞭なものとなり、今では空虚な言葉にすぎないものとなっている。…

  • 一人ひとりが自らの役割を果たすことについて

    現在の流れにおいては、神を真に愛する者一人ひとりに、神によって完全にされる機会がある。彼らが若いか年老いているかに関わらず、神への従順さと畏敬の念が心の中にある限り、神によって完全にされることが可能であろう。神は、各人の違った役割に応じて、人間を完全にする。あなたが全力を尽くし、自分を神の業に服従さ…

  • 神と人は共に安息に入る

    はじめ、神は安息の中にいた。その時、地上には人類も他の何物もなく、神は何も働きをしなかった。人類が存在するようになり、さらに人類が堕落してしまった後、神ははじめて経営(救い)の働きに取りかかった。その時から神はもう安息せず、人類の間で忙しく働き始めた。人類が堕落したため神は安息を失い、また大天使が裏…

  • 堕落した人間は神を体現することができない

    人はサタンの影響から解き放たれることはなく、鎖につながれ暗闇の中で生きて来た。サタンに大きく影響を受けてから、人の性質はますます堕落してしまった。すなわち、人は絶えず堕落したサタンの性質を持ち、真に神を愛することもできず生きている。今後、人が神を愛したいと願うなら、独善、自尊心、高慢、うぬぼれ、そし…